nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2095 ギャロス包囲戦
SafeSCP-2095 ギャロス包囲戦Rate: 91
SCP-2095
rsz_1024px-edmontosaurusmummy_zpsd4db2d38.jpg

1948/8/7に発掘された後のSCP-2095。

アイテム番号: SCP-2095

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 遺物サイト-26がSCP-2095の周囲に構築され、アクセスを防止し、景観から遮断しています。サイト-26は気象観測所を装っており、ギリシャ政府内のエージェントは、サイトが公に観測所として認識される事を確実にしてください。

説明: SCP-2095はエーゲ海の不毛な無人島・ギャロス島に位置する、大部分が地下に埋もれた寺院です1。この構造物は、以前から存在が知られていた島内の遺跡よりも年代的に先立つものです。内部で発見された碑文にはクレタ聖刻文字、線文字A、ヒッタイト楔形文字、そして以前には未知だった複雑に変化する螺旋形の絵図から成る文字が含まれています2

SCP-2095は全体が生物学的素材で構築されており、かつては生きた生物だったと想定されています。SCP-2095から取ったサンプルには骨・キチン質・筋肉・脂肪・内臓が含まれていました。放射性炭素年代測定は、対象の死亡時期を西暦紀元前1200-1000年(1σ)と位置付けており、軟組織には防腐処理された形跡があります。

寺院の各房は、構造的かつ細胞質的にヒトの腸管内壁に類似したトンネルで接続されています。ドアを務めていたと思われる大きな括約筋は恒久的に緩んだ状態にあり、生前は必要に応じて開閉が可能であったと想定されています。

最大の部屋には、SCP-2095の生体組織の一部である、骨で構成された祭壇があります。法医学的な証拠は、これが生贄を捧げる目的で使われた事を示唆しています。生きた犠牲を捧げることによってSCP-2095が生存するために必要な栄養素が提供された可能性があると考えられており、床自体には酸による腐食の兆候が見られます。祭壇の基部には、SCP-2095の制作者にとって宗教的に重要な象徴と思われるウロボロスが彫り込まれています。

29巻の巻物がSCP-2095の北端にある房で発見されました。ヒッタイト楔形文字で書かれていたのは4巻のみで、他は解読不能のままです。4巻のうち3巻は哲学的/精神的な性質のものと思われ、残りの1巻は目録のようです。

財団の考古学者は、島全体に戦争の痕跡を発見しました。これら痕跡の中には、爆縮・内燃機関・分解・放射能中毒・致命的な物理的再構成などの異常な死因を明らかにしている骨格の残骸が含まれます。

財団は、ギャロス島で大型古墳の研究を行っていたギリシャの考古学者チームによって発見された”骨の大聖堂”の報告を受けて、SCP-2095の事を知りました。考古学者たちはクラスB記憶処理を施されて一般社会に返されました。SCP-2095の確保は容易であり、遺物サイト-24の建築は1949/12/9までに完了しました。

物資:

[判読不能]

奴隷 1340人 ― うち10人、黒き月が天の主権を握りし時、消費の社にて没

純金 12ビルトゥ3

山羊 1200頭

豚 300頭

[断片的欠落]

我らが神聖なる軍勢:

ウィルサ人4 1000名

サルジニア人 400名

カスキア人 250名

カフトリムの陰謀家 100名 ― 身内をこれほど簡単に裏切る輩の忠誠を信用して良いものか?5

ミケーネ人 2000名

武具:

骨製の剣と盾 2550組

骨製の弓 2000張

骨製の矢 10000本 ― ヘレボラスの花と蛇毒で汚したるもの

[判読不能] 60アンフォラ

“液火” 200アンフォラ

“呪われたる石板” 20枚 ― 島の周辺に配置

“紅き死” 1アンフォラ

私は15の階梯の降下と[判読不能]の位階への上昇を遂げた。それこそは我が身体の下劣さを剥落させ、新生させる聖絶の司祭、そして要あって捧げられたことで、私は霊魂と化した。

苦行にある全ての者に忠告する。落ち着いて彼の手の内にある[判読不能]を取り、彼の手によって記し、その両の眼を上に向かせ、口を開かせるのだ、[判読不能]まで。

君の見ていた[判読不能]男は犠牲の司祭にして生贄にして自らの肉体を吐き出せし者。彼を通じて、血族と苦行にある者たちに権威が与えられる。

[酷く汚れており、段落が判読不能]

そして彼がこれらの物事を私に語り、私が彼に話すよう強いたその時、まるで彼の目は血へと変じ彼は自らの肉全てを吐き出したかの如くになった。私には彼が四肢を断たれた小男の像として見え、彼は血と[判読不能]とに引き裂かれていた。

[酷く汚れており、段落が判読不能]

そして私は再び神の顕れと穢れた祭壇を目にし、黒衣を纏う一人の司祭が同様の恐るべき秘儀を挙行する様を見て、私は言った。「あなたは何者か?」

私は彼に言った、「私は[判読不能]で道に迷い、此処に立っております。」

彼は言った、「私の後に続け。」

と彼は外に出て、私は彼の後を追った。そして苦行の場の近くで、私を私を導く司祭を見た。そして彼は苦行の場へと飛び込み、彼の全身は焼き尽くされた。

これを見て、私は逃げ、恐怖に震えた。そして目を覚まし己に問うた、「私が見ているこれは何だ」。そして再び私は考え、この司祭こそは神なる肉の者であると判断した。最初の段階として彼の者を苦行の場へと投げ込む事が必要なのだ。私の魂は再び上昇を望んだ ― そして第三の段階をも。そして再び、一人きりで、私は道に沿って進んだ。そして苦行の場へ近付くにつれ、私はまた迷い、道を見失い、狂気に囚われて立ち尽くすのであった。

私はイオン、アディトゥムの崇高なるカルキストにして、尋常ならざる力を帯びたもの。ある朝私の下へ無謀にもやって来た何者かによって、我が身は剣で切断され千々に引き裂かれた、これは調和の厳しさによるものだ。それから、剣により斬首され、彼の者に私の肉体と骨は叩き潰され、火によって焼き払われて、ついに我が身体は変容し、霊魂になる術を会得したのだろう。そして同様の尋常ならざる力を受け止めたのだ。

補遺: 2014/5/24、エーゲ海で地震が発生しました。遺物サイト-26に損害は出ず、異常なオブジェクトも建設以来そのままの状態を保っていました。SCP-2095は幾つかの構造的損傷を受けましたが、これは偶然の出来事であると証明されました。石灰化によって封印され、隠されていた未知の括約筋が祭壇室内で破裂し、開いているのが見つかりました。

房内を探査した結果、人間男性1名の死体が発見されました。この人物は腐敗の兆候を示しておらず、検出可能な心臓の鼓動を欠いているにも拘らず、脳波スキャンは低レベルの脳活動を明らかにしました。対象とSCP-2095の関係性については現在調査中です。

房内からは、1巻の保存状態良好な巻物も見つかりました。これは不用意に転がしてあり、恐らく内部に封印するつもりでは無かったと思われます。手紙の内容から推測して、これはSCP-2095を支配していた権威者によって書かれたものの、文中で触れられている出来事が直接原因となって送付されないままに終わったと想定されています。文書は翻訳され、現在は財団職員が閲覧するためにアクセスが可能です。

崇高なるカルキスト・イオンへ

この書状を貴方がキティラ島で見つけたとなれば、これは私の最後の書状でもあります。私たちの敵は島へと攻撃を開始しましたが、保存の儀は完了しました。寺院は眠りに就き、アディトゥムの子らの復活を待つ事になるでしょう。

堕落の王国とMekhaneの信望者たちは、国崩れて尚、私たちに向けて団結しています。今も彼らは、その先には袋小路の運命しかないというのに、この界隈における私たちの全ての勝利を敗北へと変えていきます。

紅血流したる心臓はエーゲ海における私たちの最後の砦ですが、間違いなく私たちの東方の地は貴方の悠久の眼差しの下に強く保たれている事でしょう。今日の日に受けた傷は癒えます ― 時代から時代へと。私たちは不滅です。

彼らの此処での勝利は、空しいものとなるでしょう。私がこれを書いている今も、彼らの冒涜的な器械たちが、彼らの船がキティラ島からやって来たとカルキスト・メキサが言っています。

一人たりともこの島を生かして逃さぬ事を誓います。彼らの名は消されねばなりません。彼らの肉は消費されねばなりません。

紅き死を召喚します。

異教徒の血のため、私たちは自らを贄として捧げようと思います。アディトゥムでまた会いましょう。

敬白
カルキスト・トゥンダス

rsz_ercole_hydra_76001812_zps8ea5bf10.png

手紙に付いていた封。

ページリビジョン: 4, 最終更新日時: 31 Jan 2017 15:06
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website