nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-512 重力無効傘
SafeSCP-512 重力無効傘Rate: 24
SCP-512 - 重力無効傘
評価: 0+x
512b.jpg

アイテム番号: SCP-512

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-512は全く収容手順を必要としません。セクター19の管理者3-17マーシャル博士の保護下にあります。研究を行いたいという全職員は、マーシャル博士に許可を受ける申請書を提出しなければなりません。付録を参照して下さい。

説明: SCP-512は現代的な作りをした大きな黒い傘であり、ナイロン製の傘布とつるつるした黒い曲がった持ち手があります。中棒、親骨、支骨、接合部、バネ、露先を含めた残り全ての構成部品はステンレス製です。開いた傘の最大半径は0.75m、製造者や製造会社は不明です。起源は1940年前後のイギリスに可能性があります。先端は鋭くとがっています。

通常通りに傘を上向きに開いた場合、傘の真上、垂直方向の円柱状内の重力を事実上無効化します。切断面の面積は大雑把に1.77m&sup(){2}です。予想通りにこれは使用者上に雨が落ちてこないことを保証します。SCP-512を閉じている時、または垂直方向から25度傾けた時には何の効果もありません。SCP-512の効果範囲内の落下物体は重力の影響を受けないだけではなく、それら全運動量に比例した割合で、空気抵抗が原因である以上に急速に運動量を失うようですが、より重い物体を用いた試験では、結論は出ていません。

例えば5.4kgのボーリング球はその下でSCP-512を開いた後0.46秒止まり、その真下から使用者が出て行くまで、残りの自由落下を再開すると予想される場所で、単に空中を浮遊していました。効果範囲より広い横断面を持つ物体に対してのSCP-512の効果を調べる追加試験が予定されています。試験にはグランドピアノが含まれ、特にこれはO5-3に提案されました。この試験に立ち会いたい職員は2/512-a、カパックス博士と接触して下さい。

付録: 通常の降水に対するSCP-512の有効性にもかかわらず、悪天候時にはこのオブジェクトを使用することは勧められません。効果範囲の空気は、見たところ周囲の空気よりもイオン化しやすいため、大幅に落雷の確率が増大します。文書512-eに述べたように、これは明らかに以前の所有者の死の原因です。

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 21 Dec 2013 07:51
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website