nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-547 デカルト門派の名刺
SafeSCP-547 デカルト門派の名刺Rate: 92
SCP-547

アイテム番号: SCP-547

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-547は██████博士のオフィスにある金庫の中に、無地の黒い封筒に入れられた状態で保管されます。財団職員は██████博士の許可なしにSCP-547を扱ってはいけません。また、SCP-547は対象の実験を行う場合にのみ取り扱ってください。SCP-547の異常性に曝露させる人物は、担当のDクラス職員に限ることを留意してください。

説明: SCP-547は、英国の███████████公認の催眠療法士、███████・██████の物である、灰がかった白色をした85mm×55mmの一般的な大きさの名刺です。表側には異常は確認されません。裏側には、「我思う故に……?(Je pense donc…?)」というフレーズが、黒いボールペンで書かれています。SCP-547の変更されている側は認識災害であり、予防措置を行った上で扱われなければなりません。

全てのケースにおいて、このフレーズを読んで理解すると、最終的な結果として、個性の完全な喪失と自己認識の著しい減退が確認されました。実験の対象は多くの基本的な作業を行うことが可能であり、ほとんどはまだ言葉を話すことが可能でした。しかし、合理性や即決性を越えた、主観的な考えや感情を持つことはできませんでした。SCP-547の効果は退行性であり、曝露よりおよそ10週後に完全に発露します。進行の段階は以下のように確認されています。

曝露より1週目: 個性の目立つ変化はありません。対象は時折自身の詳細について忘れますが、自分以外の人物の名前については答えることが可能です。

1~6週目: 対象は、自身の人生の中に置ける自身のアイデンティティの鍵となる事実に対し、混乱を示し始めます。詳細についてはインタビュー記録SCP-547-Aを参照してください。

6~9週目: 対象の意識は最終段階に退行し始めます。対象に関連する癖や独特の言い回しが消失し始め、言葉からは抑揚や感情が欠如し始めます。

10週目以降: 前述した精神的で認識的な影響が完全に発露します。詳細についてはインタビュー記録SCP-547-Bを参照してください。


対象のD-547-タウは、35歳の白人男性です。SCP-547に曝露してから5週と2日が経過しています。

██████博士: おはようございますタウ、私は██████博士です。記録では、あなたの名前は████・█████████ということになっています。これは正しいですか?

D-547-タウ: ああ、そうだ。

██████博士: とてもよいですね。では自分自身のことについて少し教えて下さい、████。

D-547-タウ: どこから始めればいいんだ?

██████博士: そうですね、ではあなたが小さい頃のことはどうでしょう?なにか幸せな思い出は?

D-547-タウ: ああ、いいぜ。毎年夏は、親がメイン州のあるところを借りてたんだ。俺はそこが大好きだった。砂浜があって、そこに趣のある小さな灯台があってな。夕食にロブスターも出てた。俺の母さんが俺を呼ぶ声が思い出されるよ。「ヘンリー、もし……」

██████博士: 待ってください、そこで止めてもらえますか?どうしてあなたの母親はあなたのことをヘンリーと呼ぶのですか?

D-547-タウ: それが俺の名前だからだよ。

██████博士: あなたは30秒前に自分の名前が████・█████████であることを確認したはずですが。

D-547-タウ: 俺がか?俺は……

██████博士: どうぞ、続けてください。

D-547-タウ: 俺がさっき言ったように、俺の母さんは「マーカス、もし地球上に楽園があるのだとしたら、それはここのことなんでしょうね」っていつも言ってたよ。まあ、俺もそこの澄んでる空気と青々とした緑が大好きだったよ。春のBCとは思えなかったね。

██████博士: それはブリティッシュコロンビア州のことですか?

D-547-タウ: 俺の知ってるBCはそれだけだよ。

██████博士: では親について教えて下さい。

D-547-タウ: 礼儀正しい人たちだよ。2人ともケンタッキー州の█████████出身だった。生まれも育ちもな。俺の父さんはバイクが大好きで、俺にその内の1つの名前をつけたんだ。そのおかげで学校ではそれをからかわれてたよ、ハーレーなんて一般的な名前じゃねえからな。でもいい人だったし、俺は父さんが大好きだ。父さんが██████に戻るために搭乗ゲートで離ればなれになったのは人生の中で最も悲しい日だったよ、でも父さんがいなくなっても進んでいかなきゃならないって思ったんだ。

██████博士: 彼は██████から移住してきていたのですか?

D-547-タウ: そうだよ。

██████博士: しかし彼の出身はケンタッキー州なのですよね?

D-547-タウ: もちろんだ。

██████博士: では最後に名前と最近まで住んでいた場所を教えていただけますか?

D-547-タウ: ヤコブ・マドックス、テキサス州のオースティンだ。

██████博士: もう一度よろしいですか?

D-547-タウ: ポール・ジョーンズ。カーディフの出身だ。場所は英国の……

██████博士: もう一度。

D-547-タウ: デイヴィッド・ポロック、ユタ州のバーズアイ。なんでこんな質問するんだよ、もうあんたに教えて……

██████博士: もう一度。

[残りのインタビュー記録を確認するにはO5クリアランスが必要です]


D-547-タウに対する4回目のインタビューです。曝露より12週が経過しています。

██████博士: おはようございます、タウ。

D-547-タウ: おはようございます。

██████博士: 今日はいくつかテストを行います。あなたの前に置いてあるシートに書かれた指示に従ってください。持ち時間は15分です。

[タウはどんな認識機能の損失も判明するようになっているいくつかのテストに取り組む。結果は陰性だった]

██████博士: よいですね。では今からあなたにいくつかの写真を見せます。この写真には何が写っていますか?

D-547-タウ: 青い空と雲です。

██████博士: これについてどう思いますか?

D-547-タウ: 私は……私は……すいません、分かりません。

██████博士: これには何が写っていますか?

D-547-タウ: 男が写っています。彼は死んでいます。彼の喉は切られています。

██████博士: これについてなにか思うことはありませんか?この写真はあなたがかつて嫌っていたものです。

D-547-タウ: それは高級な写真印刷紙に刷られた死んだ人間の写真です。光沢が強いです。

██████博士: 私はそういうことを訊いたのではありません。あなたはこれについてなにか意見はないのですか?

D-547-タウ: いいえ。

██████博士: ではこのテストは終わりましょう。あなたのプロフィールによると、あなたはクモ恐怖症で苦しんでいたようですね。

[██████博士はタウの腕の上に、大きいが人には危害を加えないタナグモを乗せた。心拍数は1分に65回のペースより上回ることはなかった]

██████博士: 何ともありませんか?つい3週前にはあなたから人間らしい反応を引き出せたのですが。何か他のことを試しましょう。あなたはこれが何であるか分かっていますか?

D-547-タウ: トーチランプです。

[██████博士はトーチランプを動かしてタウの腕の近くに寄せ、対象を驚かせた。タウの心拍数は1分に135回のペースにまで跳ね上がった]

██████博士: ふうむ。

[残りのインタビュー記録を確認するにはO5クリアランスが必要です]

From: ██████・██████博士
To: O5-█
Subject: SCP-547
あなたが以前送られた電子メールに関する返信ですが、対象は感情的な前後関係に基づいて以前のどんな経験も思い出すことができず、また主観的な思考が完全に行えません。彼らの予想できる振る舞いから、SCP-547に曝露した対象による、他の精神汚染や認識災害に対抗するための完全な集団を組織することを提案します。
よろしくお願いします。
██████

From: O5-█
To: ██████・██████博士
Subject: Re- SCP-547
対象となるD-547-アルファからD-547-ガンマまでの輸送の準備を、明日の午前7時までに完了させよ。君はこれより本質的な更なる要請を期待することができる。

ページリビジョン: 1, 最終更新日時: 12 Jul 2016 05:50
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website