nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-846 ロボ男
SafeSCP-846 ロボ男Rate: 237
SCP-846 - ロボ男
評価: +1+x
scprobot.jpg

停止中のSCP-846

アイテム番号: SCP-846

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-846はサイト██の鋼で補強された保管庫█に収容される事になっています。 SCP-846の格納エリアは常に3人の保安要員によって守られる事になっています。 SCP-846に無許可でアクセスしようとする者は拘留され、敷地内のセキュリティによって尋問されます。

SCP-846の起動は、少なくとも3人のレベル4職員によって認可されなければなりません。SCP-846についての全てのテストは、サイト内の射撃場で行われる事になっています。

説明: SCP-846は高さ20センチと幅5センチのプラスチック製おもちゃのロボットです。SCP-846の右足底面には''ワンダーテインメント博士のロボ男® (ボイスアクション付き)''と書かれています。ペンキの欠片とSCP-846についた傷跡から、およそ製造後10年であることがわかっています。SCP-846に自身に関する質問は無視されました(SCP-846へのインタビューを参照)。

SCP-846は''On/Off''ボタン、''話す''ボタンと小さなマイクが付いた''コントローラー''を使用して操作されます。SCP-846は''On/Off''ボタンを使用すると起動され、''話す''ボタンを使用する事で簡単なコミュニケーションを取ることができます。SCP-846は、とてもよくプログラムされるように見えます。意識は無いようですが、質問の大部分に回答します。

SCP-846は自身を''ロボ男''と認識し、350個の''ロボ-アクセサリー''を所有すると主張しています。これらのアクセサリーを使うよう頼まれるとSCP-846の胴が開き、そのアクセサリーが出現します。そして、それを利用し始めます。アクセサリーを使用することを頼まれる度にSCP-846の内部は完全に変わるように見えます。SCP-846は指示されない限りこれらのアクセサリーを利用することはできない様です。

SCP-846はとりわけ以下を所有していると主張しました。

  • ファイアドリル(テスト済み、火炎放射器として機能した。)
  • エネルギーレーザー(テスト済み、ピストルとして機能した。)
  • ブームレイ(テスト済み、ロケットランチャーとして機能した。)
  • メルト-O-トロン5000(テスト済み、対象に酸を吹きつけた。)
  • ウルトラプラズマライフル(テスト済み、アサルトライフルとして機能した。)
  • ハイドロキャノン(テスト済み、子供用の水鉄砲として機能した。)
  • バグスプレー(テスト済み、未確認生物を放ち、対象の木製部分を食い尽くした。)
  • レイガン(テスト済み、ガンマ線ストリームを放出した。)
  • アトミックグレネード(テスト厳禁)

経歴: SCP-846は、不明な個人によって財団のフロント企業である[編集済]に密封パッケージが持ち込まれた後に収容されました。パッケージのラベルはシンプルに''メリー・クリスマス''と読めます。エージェントはSCP-846の変わった特性を知り、彼らの上司に知らせました。その後、SCP-846は財団に譲渡されました。

インタビューを受けた者: SCP-846

インタビュアー: ███████博士

<記録開始>

(███████博士がSCP-846を起動)

███████博士: ハローSCP-846。 気分はどうだい?

SCP-846: ワンダーテインメント博士のロボ男をお買い上げ頂きありがとうございます。操作説明に従ってロボ男を操作する事ができます。ロボ男の内部を開く行為は予測できない結果になります。ワンダーテインメント博士はロボ男を使用した事により発生する、所有者、操作者、その他すべてに関する資産の破壊、損失、怪我または死亡について責任を持ちません。どんな形であれ、このアナウンスを聞いた後5秒後にロボ男の存在がそのままである事によって、あなたはこのアナウンスによって宣言された条件に同意されたものとみなされます。また、ロボ男に関するすべての責任または損失からワンダーテインメント博士を非難しない事に同意したものとされます。ワンダーテインメント博士は''ロボ男''、''ロボの仲間''、''ロボ-アクセサリー''に関するパテント、トレードマーク、コピーライトを含む全ての知的所有権を保持します。 こんにちは、ロボのお仲間さん。

███████博士: それは良いね。いまからあなたに2~3の質問をします。SCP-846、あなたはどこで生産されましたか?

SCP-846: ロボ男はワンダーテインメント博士の知的所有物です。

███████博士: わかった。で、どこで作られましたか?

SCP-846: ロボ男はワンダーテインメント博士の知的所有物です。

███████博士: (ため息)オーケー、SCP-846…

SCP-846: 当機はロボ男と称されます。ロボ男の事はロボ男と称して下さい。

███████博士: ダメだ。 あなた自身の事を教えて下さい、SCP-846。

SCP-846: ロボ男の当バージョンは100以上の新しいロボ-アクセサリーと特徴を備えています。それは''ボイスアクション''、''パワーパンチ''、''ロボダンス''を含みます。ロボ男は今からロボダンスのデモンストレーションを行います。

███████博士: いや、要らないよ。SCP-846、私は…

(ここでSCP-846は''ロボダンス''を開始し、23分間継続しました。SCP-846はその間全ての質問を無視しました。)

███████博士: 終わったかい?

SCP-846: ロボダンスは完了です、ロボのお仲間さん。

███████博士: SCP-846、あなたはどうやって新しい武器にアクセスするのですか? あなたの内部には全てを格納する方法は無いようですが。

SCP-846: ロボ男は''インテリアシフト''機能を搭載しています。これはワンダーテインメント博士による革新的なロボの特徴の1つです。

███████博士: 面白い。 あなたはどうやって私の質問に答えていますか?そうする様にプログラムされているのですか?

SCP-846: ロボ男はワンダーテインメント博士の知的所有物です。

███████博士: SCP-846、どうやって質問に回答しているのか答えて下さい。

SCP-846: ロボ男を脅迫しないでください。

<記録終了>

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 25 May 2014 06:38
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website