nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-092 『フィフス・ディメンション・ベスト』
SafeSCP-092 『フィフス・ディメンション・ベスト』Rate: 179
SCP-092 - 『フィフス・ディメンション・ベスト』
評価: +3+x

アイテム番号: SCP-092

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 三千百二十五枚のSCP-092は特異でない音声コンパクトディスク(CD)を収容するのに適当なケースに個別に収め、サイト37の標準非動的物体ロッカーに保管してください。それぞれにマジックで個別に番号を振ってください。

SCP-092の試験は防音室で行ってください。一度に検査するSCP-092は一枚だけにしてください。以前に検査していないSCP-092を聴くのはDクラス職員だけにしてください。非Dクラス職員がSCP-092を聴くような研究の提案にはサイト指揮官の書面による認可が必要です。

SCP-092-Bの死体は今のところその関連団体を除けば特異なところはないと見做されていますので、サイト19の死体安置冷凍庫で保存してください。

説明: SCP-092は3125枚の音声CDで、どれも『フィフス・ディメンション絶対絶対絶対絶対ベスト!!!!!(The Absolute Absolute Absolute Absolute BEST of The 5th Dimension!!!!!)』とラべリングされており、また、アメリカの歌手グループ『フィフス・ディメンション』に参加していた時期のある31人の演者の名が記されています。SCP-092は、標準的なCDプレイヤーで再生したとき、それぞれで異なる特異な作用を可聴範囲にいる全ての個人に対し及ぼします。特異な現象は74分(標準的な音声CDの長さ)で終わりますが、その間は聴取者は可聴範囲を離れられませんし、CDプレイヤーを止めることも、あるいはその他その機能を邪魔するようなこともできません。さらに、特異現象が終了したとき、全ての生き残った聴取者は揃って『ワオ、マジでクールだった(Wow, that was real cool)』というフレーズの唱和に参加することになります。この唱和が観察されるのは非英語話者、まだ話せない幼児、失神した者、麻痺した者、そして喉頭や舌や口内の損傷により物理的に発声できない者にまで及びます。

SCP-092それぞれの特異な性質は、その主題や概念において、5という数、次元、そして/あるいはフィフス・ディメンションのメンバーと結びついています。██/██/████現在、872枚のSCP-082が査定済みで、その特異な性質について正式に記述されています。完全なリストについては092-W83を、代表的なサンプルについては下記を見てください。

物品 特異な性質
SCP-092-028 聴取者は動いている物体全てが五重に見えるという経験をする。
SCP-092-041 聴取者の肉体からホウ素(原子番号5)の五角形の結晶が滲み出てくる。結晶はCDが終われば物質化を止めるが、非物質化はしない。聴取者は急性ホウ素中毒で24時間以内に死亡する。
SCP-092-042 聴取者の肉体からマンガン(原子番号25、あるいは25^2)の五角形の鋳塊が滲み出てくる。鋳塊はCDが終われば物質化を止めるが、非物質化はしない。
SCP-092-042 聴取者の肉体からセシウム(原子番号55)の五角形の瘤が滲み出てくる。全ての聴取者は八分以内にセシウムの発火に殺される。
SCP-092-079 聴取者は精神年齢五歳になる。
SCP-092-080 聴取者は精神年齢五ヶ月になる。
SCP-092-081 聴取者は精神年齢五週間になる。
SCP-092-082 聴取者は精神年齢五日になる。
SCP-092-126 聴取者は耐え難い痛みを伴なった顔面痙攣を経験するが、定常的な咀嚼動作がその特徴である――これは三叉神経痛の症候であり、第五脳神経の炎症により引き起こされる。最初の試験の間、全ての聴取者は痛みから逃がれようと試験室の壁で気を失なうまで自らを打ちのめした。
SCP-092-175 聴取者の肉体は放射状に『五分割』され、生きて動ける5つの非連結断片になる。
SCP-092-176 聴取者の肉体は左右に『五分割』され、生きて動ける5つの非連結断片になる。
SCP-092-177 聴取者の肉体は腹背方向に『五分割』され、生きて動ける5つの非連結断片になる。
SCP-092-178 聴取者の肉体は輪切り状に『五分割』され、生きて動ける5つの非連結断片になる。
SCP-092-200 聴取者はヒマリア、木星(太陽系第五惑星)の五番目に大きな衛星の表面の地点にテレポートされる。聴取者はCDが終われば戻ってくるが、低体温症、低酸素症、放射能汚染の複合作用により3時間以内に死ぬ。1
SCP-092-256 聴取者は二次元形態に変換される。
SCP-092-271 聴取者の歯が5本勝手に抜ける。歯はCDが終わった後も再び生えてくることはない。
SCP-092-272 聴取者の歯が5本を残し勝手に抜ける。歯はCDが終わった後も再び生えてくることはない。
SCP-092-273 聴取者の手の爪が5枚勝手に剥れる。爪はCDが終わった後も再び生えてくることはない。
SCP-092-274 聴取者の足の爪が5枚勝手に剥れる。爪はCDが終わった後も再び生えてくることはない。
SCP-092-285 聴取者はCDが続く間一分あたり五回くしゃみをする。
SCP-092-286 聴取者はCDが続く間一分あたり五回げっぷをする。
SCP-092-287 聴取者はCDが続く間一分あたり五回しゃっくりをする。
SCP-092-288 聴取者はCDが続く間一分あたり五回咳をする。
SCP-092-315 聴取者は2010年のラース・フォン・トリアーの映画『ディメンション(Dimension)』の中にいると気付く2。そこで彼らは舞台装置とは相互作用できるが、登場人物の行動には影響を与えられない。『ディメンション』の長さは27分だけなので、映画内の出来事は2.74回繰り返される。
SCP-092-316 聴取者は1993年の「イーストエンダーズ」と「ドクター・フー」のクロスオーバー『ディメンションズ・イン・タイム(Dimensions in Time)』の中にいると気付く。そこで彼らは舞台装置とは相互作用できるが、登場人物の行動には影響を与えられない。『ディメンションズ・イン・タイム』の長さは二つのパート合わせて13分だけなので、映画内の出来事は5.69回繰り返される。
SCP-092-317 聴取者は1963のイタリア映画『四次元の愛(Amore in Quattro Dimensioni)』の中にいると気付く。そこで彼らは舞台装置とは相互作用できるが、登場人物の行動には影響を与えられない。
SCP-092-397 聴取者は月を歩いた五人目の人物、アラン・シェパードの人生からランダムな瞬間を経験する。
SCP-092-399 聴取者は合衆国の第五代大統領、ジェームズ・モンローの人生からランダムな瞬間を経験する。
SCP-092-400 聴取者はカナダの第五代首相、マッケンジー・ボウエルの人生からランダムな瞬間を経験する。
SCP-092-401 聴取者はジャマイカの第五代首相、エドワード・シアガの人生からランダムな瞬間を経験する。
SCP-092-402 聴取者はインドの第五代首相、チャラン・シンの人生からランダムな瞬間を経験する。
SCP-092-403 聴取者は五人目のアカデミー主演女優賞受賞者、ヘレン・ヘイズの人生からランダムな瞬間を経験する。
SCP-092-466 聴取者はフィフス・ディメンションのオリジナルメンバーに物理的に変形するが、その姿は1966年のグループ創設時のものになる。
SCP-092-467 聴取者はフィフス・ディメンションのオリジナルメンバーに物理的に変形するが、その姿は1975年のオリジナルグループ解散時のものになる。
SCP-092-468 聴取者はフィフス・ディメンションのオリジナルメンバーに物理的に変形するが、その姿は1990年のグループ再結成時のものになる。
SCP-092-469 聴取者はフィフス・ディメンションのオリジナルメンバーに物理的に変形するが、その姿は現在のものになる。ロン・タウンソン(1993‐2001)に変形した聴取者はCDが終われば元の姿に戻るが、生き返りはしない。

SCP-092をパーソナル・コンピュータのCDドライブに挿入すれば、その特異な作用を発動することなくファイルにアクセスすることができます。ファイルを検査したところ、CDそれぞれには異なるコンテンツが入っていることが示されました。コンテンツは全て音声素材で、フィフス・ディメンション及びメンバー各個人がパテントを持つものです。既知の商業的に発表された歌に加え、ファイルにはライブ演奏、セッション、オーディション、メディアによるインタビュー、私的な会話が含まれています。

取得記録

████年五月五日、正体不明の男(以下SCP-092-B)が二つのスーツケースを持ってサイト19の門衛に接触、彼自身と彼の特異な創造物を財団の拘留下に引き渡すことを希望したいと述べました。スーツケースの中身は没収され、SCP-092と分類されました。SCP-092-Bは尋問のためサイト37に移送されました。

調査の間にSCP-092-Bは、SCP-092全ての間にはその主題(五、次元、フィフス・ディメンション)において繋がりがあることを明らかにし、それから自殺しました。

SCP-092-Bがサイト19に到着した際の陳述の書き起こし

守衛:もし、ここは私有地ですから、駄目ですよ――

SCP-092-B:ここは秘密の財団のサイト、ですよね?

守衛:入ることはできません、私は――

SCP-092-B:あなたがたはSCP財団だ。そして僕は失敗者だ。

守衛:……それはなんなのですか?

SCP-092-B:あなたがたはSCP財団で、僕は失敗者だ。自分で賢いと思っているのに、でも僕はそうじゃないんだ。僕は馬鹿で退屈なキョウヨウナシ3の三文文士で金と安い駄洒落が才能と閃きに成り代われると思っている。僕には才能がない。僕は鈍物だ。僕は落伍者で、僕にはスタイルってものがなくて、僕が芸術犯罪者になってない唯一の理由といったら僕が今までに作ったものはどれも芸術に近づけるものですらないからだ。あなたがたは僕を確保できる、僕を収容できる、でも誰も僕を保護はできない。どうか僕と僕のまともじゃないゴミを拘留下に置いてください。

(この時点で守衛は応援を呼んだ。SCP-092-Bは拘留されるまでこの陳述を言葉通りに繰り返した。)

第二回SCP-092-B尋問セッションの書き起こしからの抜粋

インタビュアー:ええ、我々は『五性』については理解しました、どうもありがとう、一番役に立つことです、しかし我々としてはこれらをどうやって作ったのかについてあなたが話してはくれないものかとも思っているのですが。

SCP-092-B:僕はただcoolになりたかったんです、わかります? 僕は本当にやったんだ。僕は考えた……ええと、僕は遺産とそれからコレクションを持っていて、地所があって、廃博物館があって、とてもたくさんのものが一緒くたで、そしてそれは難しいことじゃなくて、そして……見ろ、僕のアイデアはあんたのよりいいぞ! それのことだよ! 知ってたよ、それはな! 違う! それは駄目だ! 馬鹿げた容易い言葉遊びに感動するやつはいない! 上手な言葉遊びですらない、幼稚園レベルの掛詞だ、ああ見ろよ別物な五次元のこと考えられるだろう五たちに来るよ、僕は無価値だ。僕は無価値だ。

インタビュアー:のアイデアより良い、とは?

SCP-092-B:僕のしたことに深い意味はなにもない、みんなただの皮相なポチョムキン村4の肥溜め、人類の達成という河に偽物のクソを汲み出すだけ。スタイン5のクソオークランド6みたいなもの、そして僕はそんなクソ幻滅もクソ理解できやしない。僕は閃きのないワナビーで、僕は退屈で、僕はスゲエイマジネーションなんかない役立たずの三文文士だ。僕は奇跡を無駄遣いして滅ぼした。僕は沢山の生の素材を浪費した、もっと良い人たちならそれで沢山のことをできたかもしれないのに……僕はただ……僕はcoolじゃない。決してなれないでしょう。困らせて本当にごめんなさい。これは僕の腕じゃない。

(この時点で、SCP-092-Bは自分の頭を両手で掴み、首からもぎ取り、直後に自死した)

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 29 Nov 2013 11:29
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website