nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1459 子犬マシン
SafeSCP-1459 子犬マシンRate: 219
SCP-1459
Puppy.jpg

SCP-1459-1の個体

アイテム番号: SCP-1459

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1459はセクター-25のSafe棟-Cにある標準収容金庫内に収容します。██/05/16現在、レベル-1メンテナンス技術員であるバレーラのみ、SCP-1459の目視と接触が可能です。バレーラ技術員には実験期間中、感情の増大を改善する為の軽度の記憶処理を受ける機会が設けられています。バレーラ技術員が更なる実験を実施できなくなった場合、現場の主任カウンセラーは新しい個人を選別します。

説明: SCP-1459は2.3m×1.2m×1.5mの大きさの改造されたクロー・クレーン・アーケード・ゲーム機です。この種類の多くの機体と同様に、正面と側面は透明な3枚の壁で、背面は黒い不透明の壁である中央が長方形の空間があります。しかし、SCP-1459は内部容器に固体の木製パネルがあり、通常設置されている賞品の落とし口が無いという特徴があります。

正面のパネルには2つのコイン投入口、大きな赤いボタン、マイク、デジタルナンバーディスプレイ、"クッキーを手に入れよう"1と書かれた看板、前述の焼き菓子を分配する細い横スロットがあります。機体の背後に電源コードは取り付けられておらず、またおそらく異常な手段によって動力を得ている為、必要としません。SCP-1459が非活性の時、中央の容器には何もありません。SCP-1459を無理やり開放することはできず、またどのような手段でも損害を加える事はできません。

25¢コインをSCP-1459に投入すると、中央容器の天井のハッチが開き、1体のSCP-1459-1を運んでいる爪がそこから降りてきます。時折SCP-1459が生成するSCP-1459-1とその他物体は、通常機体の上部に嵌めこむにはあまりにも大きい場合があります;ゲームの開始でこれら物体がSCP-1459から顕現するのか、別の場所から転移してきたのかは不明です。

SCP-1459-1の個体が置かれた後、デジタルナンバーディスプレは前回のプレイの数字2を表示し、録音音声がプレイヤーにボタンを押すよう促して、SCP-1459-1を破壊する方法を説明します。このメッセージが再生された後、正面パネルのボタンが光り、ナンバーディスプレイは15秒のカウントダウンを始めます。それからプレイヤーはボタンを押して、SCP-1459-1に実行する致死行為を口述しますが、唯一以前のゲームで使用した方法を選択できないという制限があります。

SCP-1459-1は未成熟のイエイヌ(Canis lupus familiaris)で、種類と性別は様々です。通常SCP-1459はプレイヤーが最も愛着のある犬種を選びます。SCP-1459の一見無限の収容量を除き、SCP-1459-1の個体は異常特性を示さず、その犬種に一致する行動をします。

プレイヤーが与えられた15秒以内に殺害方法を述べると、内部容器の天井のハッチが開いて多数の機械式アームが降り、プレイヤーの説明に必要な処置を実行します。この容器内では実行できない殺害要求は、SCP-1459が要求を実行するための更なる異常特性を示す原因になります(拡張記録参照)。一旦SCP-1459-1の個体が死亡すると、1枚のクッキーが機体の正面スロットを通じてプレイヤーに配られます。配られるクッキーの味はチョコレート、バニラ、オートミール、レーズン、イチゴ、レモン、ホワイトチョコレート、ピーナッツバター等です。大抵プレイヤーに配られるクッキーは最も好みではない種類です。

プレイヤーが殺害方法を述べられなかった、または方法が不十分な場合、ロボットアームがSCP-1459のハッチから降りてきて死亡するまでSCP-1459-1個体を叩きます。この場合クッキーは配られません。

全てのゲームの後、SCP-1459は自動的に内部容器を掃除します。まず、箒を持ったアームが降りてきて、SCP-1459-1の死体を落とし口まで掃きます。次に、SCP-1459は平らなゴム製の道具、石鹸が入ったスプレーボトル、清潔な白タオルが取り付けられているアームで容器の表面を拭き取ります。この工程が行われている間、録音メッセージがプレイヤーに言います、"やあ、こんなことするなんて君は全くもって地獄に落ちるべき奴だな。もう一回遊ぶ?"。

実験#: 0001
プレイヤー: ヤートリー博士
口述: "刺せ。"
結果: SCP-1459は殺害方法が以前に使用された事を示す効果音を再生しました。

実験#: 0002
プレイヤー: ヤートリー博士
口述: "チェーンソー。"
結果: 前回の実験と同様。

[余分な実験記録の編集]

実験#: 0048
プレイヤー: ヤートリー博士
口述: "鮫が噛み付く。"
結果: ハッチが異様に伸びると、ホオジロザメ(Carcharodon carcharias)が現れてSCP-1459-1の頭部を噛み千切り、機体の中へと戻りました。

実験#: 0049
プレイヤー: ヤートリー博士
口述: "轢け。"
結果: SCP-1459はタイヤがついた回転機械を出します。この機械が2000rpmまで加速した後、SCP-1459-1と接触します。

実験#: 0050
プレイヤー: ヤートリー博士
口述: "超高度からの落下。"
結果: SCP-1459-1はSCP-1459の落とし口に落ちます。15分後、上部のハッチからSCP-1459-1が落下し、即死します。

実験#: 0051
プレイヤー: ヤートリー博士
口述: "現実的なTV。"
結果: 1958年型ゼネラル・エレクトリックのTVセットがSCP-1459-1に落下します。それからこのTVは電源が付き、この出来事の映像を映します。

実験#: 0052
プレイヤー: ヤートリー博士
口述: "ブレンダーでの殺害。"
結果: SCP-1459は████████製のブレンダーを出してSCP-1459-1を入れます。SCP-1459-1は3分間この装置の中で無傷のままでしたが、その後ロボットアームは"ピューレ"を押します。この絞りの後、ブレンダーはカバーを取ります。

実験#: 0053
プレイヤー: ヤートリー博士
口述: "そのつがいからの殺害。"
結果: SCP-1459は2体目のSCP-1459-1を出し、失血死するまで1体目を引掻き、噛み付きました。2体目の個体はSCP-1459の標準の撲殺方法で殺害されました。
メモ: 配られたクッキーは1枚のみでした。

実験#: 0055
プレイヤー: ヤートリー博士
口述: "殺害、自殺。"
結果: 実験の初め、2体目のSCP-1459-1が1体目を殺害しました。この後、SCP-1459は2体目のSCP-1459-1にハンマーを渡し、この個体は繰り返し衝突しました。
メモ: 2枚のクッキーが配られました。

実験#: 0056
プレイヤー: ヤートリー博士
口述: "痴情のもつれによる犯罪。"
結果: ハッチが伸びると、赤いイヴニングガウンを着たコーカソイド女性が現れました。この女性(まだ特定されていません)は繰り返し"この犬が"というフレーズをすすり泣きながら叫んで、SCP-1459-1を絞殺しました。女性は15分間ずっとこの行動を行いました;その後、女性と死亡したSCP-1459-1は落とし口に落ち、見えなくなりました。

実験#: 0057
プレイヤー: ヤートリー博士
口述: "子犬達を溺死させる。"
結果: 容器がいっぱいになるまでSCP-1459-1が出ます。残りの空間には水が注がれます。
メモ: 多くのクッキーが配られました。

[余分な記録の編集]

実験#: 0231
プレイヤー: ロフクヴィッツ博士
口述: "南北戦争。"
結果: 歴史的に正しい、1863年のアメリカ連合国軍軍服を着た男性がSCP-1459-1を素手で切断します。

実験#: 0232
プレイヤー: サイドル博士
口述: "司法制度。"
結果: 15体のSCP-1459-1が追加され、うち1体は小さな白いカツラと黒い外套を身に纏い、2体は小さなスーツを着ています。1体目の個体の頭部に輪縄が降ろされ、括りつけられます。同じ工程が残りの14体にも行われました。
メモ: 15枚のクッキーが配られ、全てレーズン味でした。

実験#: 0233
プレイヤー: キルヒナー研究助手
口述: "クッキーの材料。"
結果: 料理道具と一般的な材料を使って、SCP-1459-1は切断され、チョコレートチップのクッキーの中に混ぜ込まれました。SCP-1459の内部温度がおよそ摂氏300℃にまで上昇します。それからSCP-1459はキルヒナー研究助手に無言で微笑み、クッキーを食べる赤いイブニングガウンを着たコーカソイド女性を出します。
メモ: チョコチップクッキーが配られました。この菓子の中に動物の痕跡はありませんでした。

実験#: 0234
プレイヤー: リーシュマン下級研究員
口述: "ジェットコースターからの落下。"
結果: SCP-1459の機械式アームは3時間かけて内部容器に小型のジェットコースターを製造しました。一旦完成すると、SCP-1459-1はループエリアまで正常に登場していましたが、ループエリアでジェットコースターは停止し、SCP-1459-1は容器の床に落下します。それからSCP-1459-1はSCP-1459の標準の撲殺方法で殺害されました。
メモ:クッキーは配られませんでした。

実験#: 0235
プレイヤー: ホシ博士
口述: "バットマン。"
結果: そのフィクションのキャラクターの胸像が容器の天井から放たれ、そしてSCP-1459-1を押しつぶします。床は無傷のままでした。

実験#: 0236
プレイヤー: フィルモア博士
口述: "知り得ない情報。"
結果: O5-██に似た実体が内部容器の落とし口から現れ、SCP-1459-1を拾い上げると、見えない場所まで連れて行きました。
メモ: 質問すると、O5-██はこの事案の関与を一切否定しました。

実験#: 0237
プレイヤー: D-5923
口述: "俺の素手。"
結果: SCP-1459-1は絞め殺されているかのような反応を示しましが、容器に更なる存在は確認できませんでした。D-5923はその手に死亡したSCP-1459-1の毛皮を感じると報告しました。

実験#: 0238
プレイヤー: D-5923
口述: "自然発火。"
結果: SCP-1459-1は進行が加速したSCP-081の症状を示しました。

実験#: 0239
プレイヤー: D-5923
口述: 核爆は-"(被験体は口述の途中で処分されました。)
結果: この爆発は完全にSCP-1459によって収められました。
メモ: これ以上D-クラス職員を用いた実験は実施していません。出す要請がK-クラスシナリオに繋がる可能性が低いとして、メンテナンス技術員バレーナが今後の実験の為に選出されました。
メモ2: 急激に368枚のクッキーが配られました。この意味は不明です。

実験#: 0240
プレイヤー: バレーナメンテナンス技術員
口述: "幸せな考え。"
結果: SCP-1459-1は黒い物質を注射されると、痙攣を起こして、倒れました。

実験#: 0241
プレイヤー: バレーナメンテナンス技術員
口述: "愛。"
結果: 赤いイブニングガウンを着たコーカソイド女性がSCP-1459の容器上部から現れ、SCP-1459-1の顔に座ると、快楽的な表情で呻きました。この活動を更に5時間続けた後、両個体はSCP-1459の爪によって排除されました。

実験#: 0242
プレイヤー: バレーナメンテナンス技術員
口述: "加齢。"
結果: SCP-1459は殺害方法が以前に使用された事を示す効果音を再生しました。バレーナメンテナンス技術員は別の方法を思い付けず、SCP-1459-1は標準の方法で処理されました。

実験#: 0243
プレイヤー: バレーナメンテナンス技術員
口述: "お願い、犬を殺さないで。"
結果: SCP-1459-1は枕、食事が与えられると、手の形を機械で頭を撫でられました。15分後、SCP-1459の爪によってこのSCP-1459-1は回収されました。その直後、SCP-1459は未成熟のイエネコ(Felis catus)を出し、その頭部をスレッジハンマーで1回叩いて殺害しました。
メモ:塩味のクラッカーが配られました。

[余分な記録は編集されています;更なる記録は拡張記録を参照してください。]

補遺: 以下はSCP-1459の背面にある製造所の記号です:

Y.W.T.G.T.H.F.Tの素敵な人達提供。
Sugarcomb Confectionery協賛。

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 23 Dec 2015 15:25
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website