nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1521 聖人候補たる教皇レオ10世聖下の最上神聖銀行
EuclidSCP-1521 聖人候補たる教皇レオ10世聖下の最上神聖銀行Rate: 110
SCP-1521
sketch.JPG

観測者1521-4によって提供された情報を基に芸術家が描いた物。現在、目視確認を検証するために使用されている。

アイテム番号: SCP-1521

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1521には、24時間シフトで勤務する少なくとも2名以上の観測者と3名以上の追加のサポートスタッフが割り当てられます。SCP-1521への接近が観察された民間人は勾留し、身元を特定し、可能な限り将来的な観測者としての手順を踏んでください。SCP-1521を離れるのが観察されたいかなる人物も勾留し、尋問し、可能であれば身元を特定します。SCP-1521関連の職務は退屈であるという性質上、SCP-1521割り当てスタッフの回転は2ヶ月おきに行われます。

説明: SCP-1521はイタリア・ローマの██████ ██ ██████に位置する初期バロック様式の建築物です。建物は常に存在しているようですが、直接観察ができません。建物の方向を指差されても被験者は、その存在を認識することに失敗します。

実験における被験者の約█%は、建物を観測1できます。建物を観察することに成功している者は、正面に取り付けられた”聖人候補たる教皇レオ10世聖下の最上神聖銀行”と記された看板2を確認しています。

SCP-1521は、多くの場合ローマ・カトリックの司祭や修道女の服装をした、人間のように見える数多くの個体によって運営されています。これら個体は非敵対的であり、肉体的暴力によって脅かされている場合は、状況を鎮めようとします。これらの個体がSCP-1521を離れるのが観察された事はありません。

おそらく建物を観測できる人物は入場もまた可能ですが、SCP-1521内部への遠征は計6回のみがO5に承認されています。現在の情報のレベルでは、更なる遠征は計画されていません。

遠征について現在利用可能な機密解除情報については、補遺を参照してください。


page1_small.jpg

片面。

page2_small.jpg

もう一方の面。

補遺SCP-1521-1: 観測者1521-2の探索的遠征

観測者1521-2は、SCP-1521へ入場し基本的な偵察を実行するためにO5-12から承認された。観測者1521-2はSCP-1521へ入場し、14世紀のカトリック司祭の服装をしたヒト型の存在(以後SCP-1521ヒト型個体1 / 1521-HI1)によって出迎えられた。観測者1521-2がSCP-1521の性質について尋ねると、1521-HI1は銀行という機関がどのような物であるかについての簡単な説明を行い、その後パンフレット(SCP-1521-1)を提供した。原本は失われているため、保持されているのはコピーであることに留意すること。

観測者1521-2は、滞在中は建物の内部エリアを調査するように依頼されており、壁を飾る様々な聖人のフレスコ画と、そこかしこに居る他のヒト型存在について報告した。観測者1521-2は合計17体のヒト型生物がいたと指摘した。

1521-HI1が待っている間にパンフレットを一読し、観測者1521-2はサービスの一部の性質について尋ねた。1521-HI1は利用可能な資金の推定値を求め、この時点では、観測者1521-2は全く手持ちの資金がないと認めざるを得なかった。1521-HI1は更に、観測者1521-2に建物を離れて先ほど述べた資金を持ってくるようにと求めた。

観測者1521-2はSCP-1521を退出し、SCP-1521任務から2週間離れることを許可された。

観測者1521-2によるSCP-1521への更なる遠征は[データ削除]で利用可能である。



補遺SCP-1521-2: 探索的遠征

観測者1521-11はヨーロッパ各地の病院を訪ね歩いた後に配属された。配属時、彼は胃に悪性腫瘍を抱えている事が判明していた。観測者1521-11は、SCP-1521へ入場し奇跡を要求する事を選択した。

O5-12からの承認の後、観測者1521-11はSCP-1521へ入場し、SCP-1521ヒト型個体14に話しかけた。1521-HI14は観測者1521-11の入場目的を尋ね、この時点で1521-HI14は、観測者1521-11が癒しの奇跡を求めていたことを知った。1521-HI14は直ちにヒト型個体の一群(数は現在不明、6体より多いと推定)を呼び、アンティオキアの聖泉へと観測者1521-11を護送した。

1521-HI14への支払いを済ませた後、観測者1521-11は泉の中へと降ろされた。泉に身を沈めた後、泉の水は”渦巻いて震え”始め、1521-HI14は”天使が水を震わせておられた”と宣言した。15分の祈りを捧げた後、観測者1521-11は癒された旨を知らされ、施設から護送された。

後のMRIスキャンは観測者1521-11が未だ胃癌に蝕まれている事を明らかにしたが、観測者1521-11は自身の経験に強く影響を受けており、診断を信じることを拒否した。観測者1521-11は4週間後に癌の合併症で死亡した。


補遺SCP-1521-3: 探索的遠征

観測者1521-13は通常通り建物に入場した。入場後、彼はすぐに司祭のスモックとローブを着たSCP-1521ヒト型個体47(1521-HI47)に接近された。1521-HI47は観測者1521-13に対し、最近になって親族を亡くしたのではないかと質問した。叔父が最近死んだと観測者1521-13が回答した所、1521-HI47は直ちに跪き、観測者1521-13がラテン語と推測した言語を用いて大声で祈り始めた。観測者1521-13はこの出来事で非常に動揺をきたした。

5分間にわたって大声で祈りを捧げた後、1521-HI47は立ち上がり、観測者1521-13の叔父は地獄に堕ちて悪魔に拷問を受けていると宣言した。観測者1521-13は非常に動揺し、1521-HI47は他の司祭を集め”彼の魂が地獄の外に出られるよう祈る”ことが少額で可能だと申し出た。観測者1521-13は直ちに同意。手数料を訪ねた際、1521-HI47は現在使用できる金額の上限を尋ね、その金額で丁度だと宣言した。

観測者1521-13は追加で集まった12体のヒト型生物(暫定的にSCP-1521ヒト型個体48-59と指定、確認保留中)と共に輪を作り、彼らは観測者1521-13の叔父の名を訪ねた後、再び大声で祈り始めた。

約10分間祈りを捧げた後、1521-HI47は輪の中へと進み出て、祈りによって足以外の全ての部位を地獄の外に出すことに成功し、完了には追加の15000リラが必要だと宣言した。観測者1521-13は現地財団職員から追加資金を獲得するため、すぐ建物を離れた。

観測者1521-13はSCP-1521への再入場を却下された。


パターン判定: SCP-1521を知覚できる人物に関しては、いかなる決まったパターンも無いように思われる。長期的な実験中に幾つかの仮説が提案され、後に反証された。機密扱いを受けていない17名のSCP-1521観測者の収集データは以下で閲覧が可能である。

ナンバー 年齢 宗教 国籍 曝露の経緯
1 36歳 カトリック イタリア 偶発的曝露:対象は都市の調査員として働いていた。彼は建物を観測した際、問題の建物が地図上に記載されていないと指摘。問題を是正する試みは、対象が精神的に不安定であると他者に確信させた。対象は結果報告とSCP-1521観測のため財団に採用され、SCP-1521の初期収容の確立へと繋がった。観測者1521-1として再指定。
2 43歳 カトリック イタリア Dクラスから採用された財団の被験者。観測者1521-2として再指定。部分的な体験の記録は補遺SCP-1521-1で閲覧が可能
3 42歳 英国国教徒 イギリス 偶発的曝露:この対象の出現以前は、他宗教の信者に観測できた者がいなかった事から、SCP-1521を視認できるのはカトリック教徒のみと考えられていた。対象は著名人であったため、クラスB記憶処理を施して解放。対象は観測者1521-3として記録され、必要性が生じた場合の予備リストに加えられた。
4 36歳 メソジスト カナダ Dクラス職員。信仰心の変化要因に関する実験の際に発覚。実験対象はキリスト教徒の観測者全てを含むように拡大された。
5 44歳 カトリック イタリア 偶発的曝露:対象はSCP-1521の近くにあるレストランの肥満体の常連客。レストランを去った後、SCP-1521に寄りかかって靴を掃除しているのが観察された。直後に彼は看板を見上げて笑い、これはジョークのつもりなのかと近くの人に尋ね始めた。雑多な反応を受けて、彼は自分が何を見たのかと悩み始め、記憶処理は不要と判断された。対象は観測者1521-5として記録され、必要性が生じた場合の予備リストに加えられた。現在は故人
6 約10歳 不明 不明 偶発的曝露:対象はSCP-1521に入場し、退出せず。地域において行方不明者は報告されていない。これ以上の閲覧可能な情報は無し。対象は観測者1521-6として記録された。
7 39歳 カトリック [編集済] 財団の被験者であり、元・神父。建物がまだ立っているとは思わなかったと発言し、詳細を求められた際に明確化を拒否した。後に強要されて、あの建物を以前に見た事は一度も無く単なるジョークのつもりだったと告白。対象はその後SCP-381の実験において終了された。対象は観測者1521-7として記録された。
8 88歳 カトリック イタリア 不確実:対象は急に立ち止まってSCP-1521を見た後、 心筋梗塞を起こして胸を抑えた。SCP-1521が(対象を驚かせたのは明らかだが、それ以外の形で)これに関与していたのか、あるいは対象が自然に心筋梗塞を経験したのかは定かでない。対象は観測者1521-8として記録された。
9 25歳 カトリック [編集済] 財団の被験者であり、Dクラス職員。観測者1521-2の死後、対象はDクラスのローテーションから外され、完全なクラスA記憶処理・再訓練・化学的去勢が行われた後に、SCP-1521に再配置された。被験者はSCP-1521を知覚する能力を保持。対象は観測者1521-9として記録された。
10 56歳 東方正教会 ロシア 偶発的曝露:対象はSCP-1521の写真を撮っているのが観察され、その後ドアを開けようと試みた。対象はドアを開くのを止められ、クラスB記憶処理が施された。対象は観測者1521-10として記録された。現像された写真に、観測者と特定されている人々はSCP-1521を見つけたが、観測者以外の人々は白紙だと報告した。写真はSCP-1521の記録のため保管された。
11 79歳 カトリック イタリア 財団の被験者。体験の完全な記録は補遺SCP-1521-2で閲覧が可能
12 27歳 カトリック アルゼンチン 対象はローマ訪問中の神父と特定された。話し合いの後、対象は自発的に記憶処理を受けて、帰国するまでの彼の仕事へと戻って行った。対象は観測者1521-12として記録された。
13 5歳 バプティスト(家族が所属) アメリカ 財団の被験者。体験の完全な記録は補遺SCP-1521-3で閲覧が可能
14 13歳 カトリック イタリア 偶発的曝露:対象は地元の学校から”遠足”に来ており、中に入ろうとしているのが観察された。当初クラスB記憶処理を施されたが、耐性が判明。対象はクラスA記憶処理を施され、後の18歳の誕生日に、イタリア・ポヴェリアの病院から財団へと採用された。対象は観測者1521-14として記録された。
15 61歳 ルター派 ノルウェー 偶発的曝露:対象は建物を見て笑っているのが観察された。接触した際、対象はこれをカトリック教徒を揶揄するジョークの一種と解釈しており、粗野だが効果的な幾つかのジョークを言った。対象は現実のテレビ番組で彼のジョークを使いたいという口実の下に権利放棄書にサインを求められ、50ユーロが支払われた。対象は観測者1521-15として記録された。
16 51歳 イスラム教(スンニ派) トルコ 対象は新人職員の定期試験中に発見された。SCP-1521を観測できる最初の財団募集職員。対象はSCP-1521に恒久的に割り当てられ、休暇の期間は延長された。対象は観測者1521-16と指定された。
17 44歳 世界基督教統一神霊協会 韓国 偶発的曝露:対象はSCP-1521を指差し、大規模な団体旅行客の他メンバーと大声で言い争っているのが観察された。SCP-1521を見る事が出来ないと他メンバーに言われた対象は怒りを募らせ、後に団体を離れた。後に統一教会の牧師と特定され、SCP-1521に割り当てるべく徴集された。対象は観測者1521-17に再指定された。

SCP-1521を観測できる人物の、以前の理論には以下が挙げられる:カトリック教徒のみ、キリスト教徒のみ、男性のみ、ヨーロッパ人のみ、その他14種の可能性。これまでのところ、全て不正確と判明している。どのデータも誰がSCP-1521を観測できるか、何故利用可能なのかについてのパターンを示唆していない。

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 24 Dec 2015 05:56
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website