nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1549 逆方向共感者
EuclidSCP-1549 逆方向共感者Rate: 47
SCP-1549

アイテム番号: SCP-1549

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1549は自動化された清掃、食品供給機能を備えた標準ヒト型生物収容セルに収容されます。対象にはウルドゥー語の本が5冊与えられており、これは要求に応じて交換されます。さらに、対象はウルドゥー語訳付きのアラビア語コーランと、標準的な礼拝用敷物の利用が許可されています。セル内にはメッカの方角を示す矢印が彫られています。1名のDクラス職員(D-1549と指定)を隣接するセルに留めおきます。D-1549は常にSCP-1549から25メートル以内の距離を維持してください。ただしSCP-1549とD-1549の接触は禁止されます。D-1549-1と指定される第2のDクラス職員を、D-1549のセルと隣接するセルに留めおきます。SCP-1549の収容セルはいかなる財団職員からも60メートル以上離してください。知覚力を持つ、または感情に関連するSCPはSCP-1549のセルから30メートル以内に近づけてはなりません。事件1549-17eを受け、SCP-1549は日に15 20 25gの抗精神病薬を経口投与されます。

説明: SCP-1549は30歳前後のパキスタン人女性で、未知の手段によって感情を「投射」する能力を有します。対象は、対象から最も近い意識を持つ人間(SCP-1549-01と指定)の感情状態を上書きして新たな感情を刷り込みます。この作用はSCP-1549-01がSCP-1549に最も近い意識を持つ人間である間のみ継続します。財団職員が共感することで問題が発生することを防ぐため、D-1549と指定された1名のDクラス職員を常に対象から最も近い個人として配置します。D-1549が死亡した際に発生する潜在的な研究者の汚染を防ぐため、第2の個人であるD-1549-1を対象から2番めに近い位置に配置します。実験とインタビューはビデオ接続を介して行われます。SCP-1549の異常特性は本質的には有害ではありませんが、対象の心理状態が悪化しており、妄想型統合失調症の発症も見られたため、中-長期的な曝露は強く推奨されません。

SCP-1549はいかなる刺激に対しても感情的反応を示しません。しかし、SCP-1549-01が対象に気付いているかどうかにかかわらず、SCP-1549-01は対象の状況に同情的な気分となります。エリクソン研究員は、SCP-1549-01は対象の感情を対象の代わりに感じているという仮説を立てています。さらなる実験が進行中です。

SCP-1549は当初、アフガニスタン、████████のイスラム・アーティファクト開発事務局(ORIA)が運営する収容施設で財団職員に発見されました。対象は後に、19██/██/██の財団による手入れの際に成功裏に押収されました。任務に混乱を齎すことを避けるため、SCP-1549を確認した財団職員はその場で対象を鎮静しました。対象に関する情報は全て、手入れの際にORIA職員によって破壊されました。明白な異常性質は見られませんでしたが、財団の規定に従い対象への尋問が行われました。

回答者: SCP-1549
質問者: Bajar博士
監視: Kattaura博士
Bajar博士が収容エリアに入る。SCP-1549はテーブルを向いて座っている。Bajar博士は対象の向かい側に座る。
Bajar博士: [英語で]こんにちは。英語は話せるかな?[ウルドゥー語で]ウルドゥー語は話せる?
SCP-1549: はい、ウルドゥー語なら。
Bajar博士: それは良かった。うーん……ジュースはどう?それともクッキーが欲しい?
SCP-1549: いえ、結構です。
Bajar博士: 何て礼儀正しい子だ!さて、我々はある場所から君を連れ出したわけだが、いつからそこにいたか分かるかな?
SCP-1549: 彼らは数週間前、家から私を連れ出しました。彼らは、もし来ないなら私の父母を傷つけるかもしれないと。
Bajar博士: 私は、そんな……な、なぜ彼らはそのような……
Bajar博士は泣き出す。
Kattaura博士: Bajar博士?大丈夫ですか?
Bajar博士は涙を拭う。
Bajar博士: ああ……ああ。大丈夫だ。私は何で―
Kattaura博士: ではインタビューを続けてください。
この時点で、標準AOI手順に従ってインタビュー施設のドアは施錠される。
Bajar博士: わ、分かった。よし……なぜ彼らは君を連れ去ったか分かる?
SCP-1549: 彼らは、理由は私の頭にあると言いました。私が感じていることだと。
Bajar博士: それなら、君は何を感じているのかな?
SCP-1549: [不明瞭]はどこですか?
Bajar博士: 今は……えー、頼む。質問に答えてくれ。質問に答えてくれれば、我々はどちらも……
SCP-1549: 私は、誰かがそのように振る舞っているときの感情だと思います。彼らが普通にしているときとは違っているような。
Bajar博士: 分かった分かった。君は感情を持っているのか?
SCP-1549: いいえ。私はいつも私が振る舞うように振る舞います。
Bajar博士: じゃあそれが君の問題なのか?君は何も感じないと?本当にそうなのかどうか……
Bajar博士は拳をテーブルに叩きつける。対象は身を引く。
SCP-1549: なぜそんなことをするのですか?
Bajar博士: これは実験……あのね。大きなお世話だ。
SCP-1549: 分かりました。
Bajar博士: それについてそんなビッチな考えを持つ必要はない。そして君のさっきの質問の、答えはノーだ。君は出られない。今も、これからも。
SCP-1549: 今何と?
Bajar博士: 我々は……えー、君をここに閉じ込める。君はあまりにも貴重な被―
Bajar博士は立ち上がり、インタビュー施設のドアに向けて歩き出す。
Bajar博士: 私は―大丈夫だ。完了した。インタビューは終わったから出してくれ。私は彼女に質問し、知るべきことは知ったんだ。この忌々しいドアを開けろ!
Kattaura博士: すみません、Karam。だけどあなたの振る舞い……それが何らかの影響だったら?もしも汚染されていたら?
Bajar博士は数秒間ドアを叩き続ける。
SCP-1549: 私の両親はどうなるのですか?
Bajar博士: [自分自身に]違う、違う、違う、違う、違う、違う。そんなことは起こっていない。ここから出せKattaura!そんな糞ったれなことは起こっていない!おい![SCP-1549に向き直る]貴様のせいだ!こん畜生の淫売め!
Bajar博士はSCP-1549を攻撃し、ペンで突き殺そうとする。
Kattaura博士: 一体何を―[英語で]警備員?警備員!すぐに来てください!
<記録終了>

続く争いによって、Bajar博士は財団保安要員に3発撃たれ、サイト-██の財団医療施設で2日間の昏睡状態にありました。SCP-1549とそのSCP-1549-01への影響の調査が行われ、Bajar博士はSCPオブジェクトの理解のための惜しみない努力によって財団勲章を授与されました。しかし、続くインタビュー記録の評価によってBajar博士は財団勲章を剥奪され、異常オブジェクトに機密情報を開示したことと、SCPオブジェクトに無用な苦痛を与えたことによってレベル1セキュリティクリアランスに降格されました。

20██/██/██、D-1549 (D-488831) は食物の摂取を拒み始めました。問い質したところ、被験者は財団職員が「私を毒殺しようとしている」と述べました。現在そのような予定はないことを保証したのにもかかわらず被験者は食事を拒み続け、強制摂食手続が必要となりました。保安要員がD-1549の待機場所に入ると被験者は暴力的となり、攻撃を試みました。保安要員は正常に被験者を鎮圧し、強制摂食が施されました。その後、SCP-1549はビデオ接続によってジャハーンギール博士のインタビューを受けました。

インタビューログ1549-17f 20██/██/██、ウルドゥー語から翻訳

ジャハーンギール博士: さて、SCP-1549。君は我々が君を殺そうとしていると考えているのか?
SCP-1549: いいえ。でもあなた方は私の務めを邪魔しようとしている。
ジャハーンギール博士: 務め?それは重要なことなのか?
SCP-1549: 毎日、私には彼らの声が聞こえる。主の輝きと怒りに満ちたアッラーの千の天使の。彼らは私の運命を告げる。この邪悪な地を浄化すると。七つの頭を持つライオンの背には預言者が乗り、私はこのセルを破壊してこの世界に自由を齎す。でもあなた方は邪魔しようとする。私を閉じ込め、アッラーとその被造物から遠ざけ、朽ちるに任せようとする。でも止めることは―
ジャハーンギール博士: もう十分だろう。
<記録終了>

事件1549-17eの後、SCP-1549の宗教的文書や道具へのアクセス権は取り消されました。SCP-1549とD-1549の心理分析が承認されました。

研究ノート1549-20u

分析は困難だったが、少女とD-1549の症状を総合すると妄想型統合失調症と一致している。問題を洗い出すため、SCP-1549とD-1549の協同療法を行うことを提案する。また、毎週屋外を散歩させても害はないだろう。彼女は██歳の時からずっと箱の中で生活してきたのだ。 - ウィリス博士

限られた範囲での治療を承認。いかなる場合もSCP-1549とD-1549の接触は許されない。別々の医師により同時に治療を行うことを承認する。屋外に出す要求は却下する。 - O5-█

研究ノート1549-23f

治療の試みは実りのない結果に終わった。彼女には感情がなく、どのように感じているかを伝えることができない。Dクラスとの作業も同様に無意味だった。彼らはなぜ自信が怯えたり怒ったりしているのか分からないし、どのような進展も彼女からの投射によって無に帰してしまう。治療セッションの即時中止を勧告する。代わりに、SCP-1549に抗精神病薬を投与することを要求する。多くの陽性症状(妄想や偏執)は阻止すべきだ。 - ジョンソン博士

要求を承認する。 - O5-██

研究ノート1549-38w

低用量の投薬はもう効果がない。薬物耐性がつき始めているようだ。投与量を無限に増やし続けることはできない。我々はもう、抗精神病薬の副作用を抑えるためだけに別の薬物を投与しなければならないところにまで来ている。私は、彼女を薬物による昏睡状態に置いて感情の投射を防ぐか、精神外科手術を試みてこれ以上の精神状態悪化を阻止することを提案する。 - エリクソン博士

承認は保留する。 - O5-█

ページリビジョン: 1, 最終更新日時: 16 Mar 2016 23:04
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website