nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2049 次元間気象台
KeterSCP-2049 次元間気象台Rate: 159
SCP-2049

アイテム番号: SCP-2049

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 10名の財団職員を常にイギリス、マニングツリーに居住させます。SCP-2049-1からの発信が検知された場合、予報に関わる情報を直ちにサイト-294に伝達してください。異常性がマニングツリー住民に直接の影響を与える場合、機動部隊294-サメク ("俺達の名前くらい俺達に選ばせてくれないか?"1) がマニングツリーに配置されます。結果として発生した異常性にはカバーストーリーが適用され、直接の目撃者には記憶処理が施されます。

SCP-2049の放送は、英国内の不明な発信元による悪ふざけとしてマニングツリーに報告されています。

説明: SCP-2049はマニングツリーのみに定期的に発生する異常な天気予報です。ランダムな期間をおいて2、大抵は8:00から14:00の間にマニングツリーの43.5チャンネル3で放送が始まります。この時、スクリーンにはSCP-2049-1が現れ、概して異常な気象条件に関する天気予報を行います。放送終了から正確に24時間後、予報された気象条件がマニングツリーの上空または近辺で発生します(現在までの完全な予報の記録は文書2049-シータを参照)。

SCP-2049-1は青緑色の肌をしたヒト型生物です。この点を除けば、SCP-2049-1は異常性のない40代の男性のように見えます。SCP-2049-1はマニングツリーに現れる天気を予報しますが、予報の異常な影響は意図したものではないと述べています(インタビュー記録2049-Aを参照)。以下がマニングツリー住民によって記録された、SCP-2049-1の知られている最初の放送です。

SCP-2049-1: おはようございます。私、Xchtl'krnss4が月曜の天気予報をお伝えいたします。週末の熱波には皆様もお疲れのことでしょうが、前回の予報以来悪化しています! 私共の気象学者は、午後遅くに気温は40℃まで上昇すると予測しています。現在の気温は29℃くらいのようですが、これは朝のみです。しかし、火曜には色付きの風が吹き暑さは和らぐでしょう。残念ながら、雨は明日から5日間降りません。園芸がご趣味の方には悪いニュースですね。エアコンをお持ちでなければ屋根の上で眠られてはいかがでしょうか! 本日の天気予報は以上です。火曜日の天気予報をお楽しみに。

この天気予報は地球を対象としていると見られましたが、後に、これは稀なケースであることが判明しました。

予報 結果
「…火曜には色付きの風が吹き、暑さは和らぐでしょう。」 マニングツリー周辺を吹く全ての風に対し、空気中に特定の色が知覚される。北風は青みを、南風は黄色みを、西風は緑を、東風は赤みを帯びた。
「そして、Pyconeの週末を通して天気のスイートスポットが発生すると期待できます。」 全ての放送が地球を対象としている訳ではないことが示された最初の放送。マニングツリー周辺の雲は一日を通して地上へと降下し、これらが綿菓子で構成されていることが明らかになった。
「Groftslan5がやって来ると、前線から最高に聖なる雹の道が降るでしょう。あの分厚い本を準備しましょう!」 星形をした氷でできた雹が降る。SCP-████を用いてテストしたところ、水は聖水の特性を保持していた。
「今夜は乾いた塵の雨が降るでしょう!静電気の大幅な増加に続いて、皆様の多くがどこに箒を片付けたか考えることになるでしょう。」 雨粒は、固体表面に衝突した直後に塵となって飛び散った。静電気レベルが増大。
「今夜、[判別不能]の首都上空で大規模なショーが行われます。家の耐火性能を確認してください!」 雷雨が発生し、地上から発せられた雷が雷雲自体に直撃した。どういうわけか、これによって雲は炎上した。
「こんにちは、皆さん!本日はGlefschenurtの全域で、奇妙な放射性の天気になる可能性があります。とてもエネルギーの感じられるストーリーですね!ああ、これによって皮膚癌が発生する可能性があります。それと腫瘍も。どうすればいいか分かりますよね?鉛の服。それを着ましょう。 直径1キロメートル程度の螺旋状の雲がマニングツリーの真西の上空に単独で発生。雲の消失まで、地域は高レベルのガンマ線に覆われた。高速で移動する陽子が検出され、ハドロン衝突型加速器に似た効果の発生が示唆された。雲は風の影響を受けないように思われ、渦巻きながら対流圏の上層に達していた。この事象の間、異常に明るい雷も発生した。
「本日、天気を検出しようとする政府の不愉快な試みは失敗したようです。[判別不能]6の市民は外に出ずに、観測気球が落ちてくるのを見守ってください! 信用できる唯一の天気予報を、次回もまた見てくださいね。」 観測気球のような構造物が不規則な間隔で一日中空から落ち続ける。気球の質量が極めて小さかったため、建造物への被害は僅かだった。気球はネオプレン製で、軽量の観測機器が付属していた。
「うーん…ああ、分かった。今日は、多分竜巻が来るでしょう。これは、えーと…枝? なんて言ったっけ? ああ、紐のようなものでできてます。でも…強靭です。場所はGlefschenurtの外。それで、ああ、この新しい天気予報チャンネルにもし興味があるなら、ここにメールしてください7。」 生命を持った単分子繊維で構成された竜巻がマニングツリー周辺を通過。主に小屋やマニングツリー郊外の建造物に、傷や摩耗などの被害が生じた。この事象の発生中、風は微風のままだった。
「皆さん、今日の天気は特に素敵ではありません。雲は泣いてはいませんが、ぐずぐずと留まり続けるでしょう。ちょうど…ここに。暗くなるでしょう、多分。ええ、日焼け止めのことは忘れましょう。」 小さくまばらな雲がマニングツリー上空に出現。これらの雲の影となった地点は、可視光の100%を観測できなくなった。
「ええと、この時期にYanを抜けて旅をされる方々は…少し気をつける必要がありそうです。防護服とかを着てください。ええ。この季節の天候はそれほど優しくありませんよ。」 浮遊する微生物で構成された霧がマニングツリーの東に留まり、領域内の全ての有機物を破壊して吸収した。
「皆さん、長らくお待たせしてすみません8。その…最近は特に注目すべきことは起こってないと思います。Juk-jukに向かってとても忘れやすい比率の風雨が進むでしょう。ああ、それと、この番号に電話していただければ9、あなたをこの番組のスポンサーとする手続きを行います。多くの人があなたのブランド名を見るでしょう。信じてください。」 十分に長い期間が経過しているが、どの職員もこの予報の結果を確認できていない。
「…ああ、もう放送が始まってる。ええと。それで、天気は…私にはこれ以上分かりません。その…今までほどすごくはないでしょう。それはこの辺りに来るでしょうし、私も考えを変えるでしょう。みんな私を愛してる、そうじゃないですか? 」 暴雨風が起き、そこからの降雨は接触したあらゆるものを雲が消失するまで青く染めた。雨には異常に高濃度の塩分が含まれていた。

後になるほど、これらの放送の信号強度と、映像、音声の品質は劣化していることが分かりました。双方の品質はスポンサーの募集が始まると同時に急激に低下し、その後は緩やかな低下傾向にあります。

回答者: SCP-2049-1

質問者: フィッツパトリック博士

序: 放送中に表示された電話番号を用いて対象と接触。質問者は非通知で電話をかけた。

<13:24:09、ログ開始>

SCP-2049-1: もしもし? こちらは次元間天気予報センターです。

フィッツパトリック博士: これはスポンサーのための回線でしょうか。

SCP-2049-1: はい!そう、そうです! <フィッツパトリック博士は電話を耳から離す。SCP-2049-1はこれを大声で叫んでいる。>

フィッツパトリック博士: あなたが何をやっているのかについて、本当のところを教えていただけませんか?

SCP-2049-1: ああ、はいはい。私はXchtl'krnssですが。ええ、あなたはもう知ってると思いますけどね!どうしたらあなたを言いくるめられるでしょう。

フィッツパトリック博士: あなたの予報が、気象条件を作り出していることに気付いていますか?それとも、未来を予測することができるのですか?

SCP-2049-1: <笑い> そんなばかな。私は他の善良な天気予報キャスターと同じで、私が知った事実を報告しているだけですよ。

フィッツパトリック博士: 放送の品質がだんだん低下しているようですが、なぜですか?何かあったのですか?

SCP-2049-1: ああ。ああ、うーん…はい、はい。私の雇い主…えーと、彼らが、あの、私をクビにしたんです。彼らは、次元間天気予報はもううまくいっていないと。一般人は自分たちの地域の予報を好むのだと。彼らは…彼らは今、通販番組みたいなことをやってると思います。

フィッツパトリック博士: それならば、どのように放送を続けているのですか?

SCP-2049-1: ああ、私は自分のカメラを使ってるんです。この帯域を自分で買い取って、ですよね?彼らはこれをとても安く売ってくれました。それが…ええと、少なくとも私にしてやれることだ、と言って。

フィッツパトリック博士: スポンサーはつきましたか?

SCP-2049-1: ああ、はい!相当の数が。嬉しいです。

フィッツパトリック博士: その名前を教えていただけますか?

SCP-2049-1: い、いや、だって…でも…ええと、これは問題に…うん、機密情報ですよ。奥様。<フィッツパトリック博士は男性である。>

フィッツパトリック博士: 分かりました。なぜ放送を続けているのですか?視聴者は多いのですか?

SCP-2049-1: <応答なし>

フィッツパトリック博士: もしもし?Kic- <質問者はSCP-2049-1の名を発音しようとするが、遮られる。>

SCP-2049-1: いいですか?ここを出たら孤独になるだけです。少なくとも、ここにはまだほんの少しの忠実な視聴者がいます。彼らは私を愛してるようだし、チャンネルは欠かさず合わせてくれてるし、私を信じてくれてます。

フィッツパトリック博士: 分かりました、SCP-2049-1。

SCP-2049-1: …それは誰です?

フィッツパトリック博士: 以上で終わらせていただこうと思います。

<電話の向こうから、動物のようなすすり泣きが聞こえる。>

SCP-2049-1: 行かないで。

<13:31:37、ログ終了>

結: この番号に再度の電話を行ったが、番号は使用されていない、との応答が得られたのみだった。放送は未だ続いており、発生の度にこの文書に追加されることになっている。放送の品質もSCP-2049-1の態度も、この電話以降改善は見られない。

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 12 Nov 2016 08:03
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website