nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-206 旅人
EuclidSCP-206 旅人Rate: 153
SCP-206

アイテム番号: SCP-206

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-206は現在確保不可能なので、その存在を隠匿するために情報隠蔽計画が実施されています。SCP-206によって使用されることが分かっている周波数はモニタされ、他の探査機や衛星を介して地球に送られた映像はすべて回収後、非財団施設からは削除されます。工学系および天文系のウェブサイト、機関紙、雑誌(完全なリストは文書206-AA12参照)は探査車や異常な写真を受け取ったことについて議論していないかどうかモニタされます。SCP-206の存在に気付いた人には記憶処置が執行されます。

更新 - 20██年11月30日: 軌道上からのSCP-206の監視が可能なことが分かりましたので、衛星・航空画像を扱う組織に居るエージェントは継続的にSCP-206実例を監視し関連画像を除去するよう指示されます。「映像が破損した」というカバーストーリーの展開が提案されます。

説明: SCP-206は火星探査車両(識別名 - インヴィクタス)で、ロシア宇宙科学研究所と欧州宇宙機関(ESA)の共同研究の一部として20██年8月12日に打ち上げられました。(正確な対象の仕様は文書206-AA1に記述されています。)ソユーズFGロケットに搭載され打ち上げは成功しましたが、20██年1月16日にはおよそ火星まで半分のところで遠隔データが消失しました。通信を再確立する試みは失敗し、20██年2月10日、宇宙艇は喪失したと公表されました。

20██年6月8日(インヴィクタスが火星地表に到達する予定日の1日後)、ESAの管制室に探査車に割り当てられた周波数の通信が入りました。通信源から切断されるまでに38枚の写真が送信され、それらはヴィクトリアクレーターの想定着陸地点の光景を示しているようでした。3日後、さらに11枚のひとまとまりの映像が送られ、それらはまるで異なる場所を示していました(後に、約2500km南のシドニア・メンサのものと特定されました)。

ESAに居た工作員がその少し後に事案を財団に通知し、財団は調査する方向へ動きました。収容手順は20██年6月21日に開始され、このときESA管制は明らかに衛星ダイモスから撮影された火星地表のパノラマ写真5枚をまとめて受け取りました。どのようにして探査車(設計では最大でも速度は平地で時速90mと評価されていました)がこれらの位置に移動したのかは現時点では不明です。

SCP-206は散発的にその固有のチャンネル[データ編集済]を用いて地球と通信します。一旦通信が確立すると、それは様々な形式で大量の画像を送信します。受信された画像はもともとインヴィクタスに搭載されたハードウェアと常に一致するわけではありませんが、署名とセッション開始のパケットはプログラムされた通りです。

追跡基地は全部で████枚の画像を受信済みです。これらの画像の大多数(およそ38%)は地球か、それと似た(細部で異なる)世界で撮影されたように見えます。残りの写真は様々な天体上ないしその領域内で撮影されたようであり、ごくわずかな割合のみが現在特定できていません。転送の間の期間はかなりばらばらで、最短記録は26時間、最長は511時間です。

探査車に似たなにものかの存在が映像で確認されていますが(補遺206-1参照)、受信した画像には反射性の表面を含む光景であっても、軌跡が見つかりません。さらに写真の多くは極めて到達困難な地点を示しています――インヴィクタスの探査車のサイズと形状から言って到達不可能とはいわないまでも。

補遺206-01: 収容手続きが開始された時、転送が探査機自体から発信されたのか、単に周波数を合わせて探査車を装う未知の実体に由来するものかは分かりませんでした。

しかし20██年8月13日、SCP-206は月測距用再帰反射器の一部と判明したものの写真を転送しました。付近の天文施設が関連区域を調査するよう任務再設定され、インヴィクタスの探査車のサイズ・形状が残すであろうものと良く似た軌跡を発見しました。20██年11月30日には日本の月調査機かぐや(SELENE)がカメラの調整中コペルニクスクレーター上に探査車それ自体を捕捉しました。4時間後、SCP-206は同じ区域の光景を示す新しい画像を送信しました。これ以降、SCP-206はさまざまな場所のいくつかの衛星によって捕捉されています。SCP-206目撃記録を参照してください。

補遺206-02: SCP-206は通常[データ編集済]を使用しますが、少なくとも5回、映像は民間ないし軍用の宇宙施設へ向けて(あるいはそこを介して)転送されました。問題の映像セット群の間には何の関連も見つかっていません。詳細はSCP-206事案記録を参照してください。

日付 画像の数 説明 画像
20██年6月7日 38 この画像セットはSCP-206の火星着陸を記録するもののようである。画像1はビクトリアクレーターを北東に見て地表からおおよそ3kmからの光景を示している。画像2~37は徐々に高度を下げつつ同じ区域を示す。画像38は地表面で撮られたものと思しく、計画の想定着陸点から約500m南西の地点である。 [データ喪失]
20██年6月10日 11 火星、シドニア・メンサ [データ喪失]
20██年6月17日 5 火星大気圏外の光景。局部星団の天体の配置に基づき、画像はダイモスから撮られたものである。 [データ喪失]
20██年6月21日 1 初の単独画像。当時グセフクレーターを調査していたスピリット探査車の後ろ姿を示す。スピリットからは特に異質な表示や画像は報告されなかった。 206-1.jpg
20██年7月7日 1 マルス・ウルトル神殿遺跡(イタリア・ローマ)。これはSCP-206が送った画像で地球上の場所を示す最初のものである。 206-2.jpg
20██年8月13日 1 月測距用再帰反射器の左上の部分を示す一枚。後、アポロ15号に属するものと判明した。画像はハッセルブラッド500/ELデータカメラによる撮影と一致する品質を示すが、インヴィクタスにはその装置は搭載されていない。 206-3.jpg
20██年8月29日 7 シュモア山(アメリカ・サウスダコタ)のさまざまな光景。 [データ喪失]
20██年10月1日 1 沈没船の船尾部分。L、S、T、Nの文字が読み取れる。 [データ喪失]
20██年12月14日 1 アメリカ、デスヴァレー、レーストラック・プラヤ。画像は「さまよう岩」のひとつの軌跡を示している。画像の下部と石の軌道から判断して、画像はさまよう岩の一つ{の上}から撮られたようである。 [データ喪失]
20██年2月7日 1 電球の入った29個の箱。場所は実際のところ特定されていない。扉から判断するに、北半球のどこかの都市の地下鉄入口であろう。 206-4.jpg
20██年2月11日 1 A馬に似た四足動物に乗った人間状の形の金属構造物。「乗り手」「馬」ともども複数の小さな小部品でできているようである。 img2s.jpg
20██年4月21日 1 ロシアのベルゴロド郷土研究博物館(原語:regional study museum)入り口にあるトラクター(後、ユニバーサル製と判明)。 206-6.jpg
20██年9月11日 41 画像の内13枚は教会(後、オランダ・ノールトウェイクの聖ジェローム教会と特定)での告別ミサを示す。残りの画像は前述の教会の墓地に男が埋葬される様子を描写している。男は後にインヴィクタス火星探査車計画の主任構造技術者だったD█████ I████████と特定された。 [データ喪失]
20██年9月12日 1 D█████ I████████の墓石。画像はにじんでおり、撮影の時点でカメラのレンズに暗色の液体の汚れが存在していた。後の調査で墓地の付近のSCP-206の軌跡と、未知の品種の2つの[編集済]が見つかった。 [データ喪失]
20██年2月24日 1 エイブラハム・リンカーンの代わりにジェファーソン・デイビスの顔があるラシュモア山。「オリジナル」とは異なる地球を描写する最初の写真の一つ。 206-7.jpg
20██年7月3日 1 モスクワ、クレムリン。大石橋から撮られたようである。壁と塔は白色だが、写っている植生や人々から推察すると画像が撮られた時間は受信時間と一致する。 206-8.jpg
20██年8月1日 1 小さなフットボール場。正確な位置は不明。描写された全ての人といくつかの物体には影がないことに注意。 206-9.jpg
20██年9月15日 1 インド、アグラ、タージ・マハル。眺望から、画像は主塔から撮られたと判断される。建物は我々が知っているものとなんら異なる様相はないが、ドームはいかなる既知のアルファベットにも属さない金色のシンボルで飾り付けられている。 [データ喪失]
20██年11月30日 8 月、コペルニクスクレーター。日本の宇宙探査機かぐやがほぼ同時刻にここでSCP-206をカメラに捉えた。 206-10.jpg.206-11a.jpg
20██年1月1日 1 [データ削除済] 206-12.jpg
20██年1月11日 1 内部から見た核反応炉の一次冷却装置。 [データ喪失]
20██年3月9日 1 [データ削除済] 206-13.jpg
20██年3月13日 1 エジプト、ギザ、カフラー王の神殿。眺望から、画像は大スフィンクスの鼻の付け根から撮られたと判断される。 [データ喪失]
20██年6月7日 1 二つの壊れたテレビと、そのひとつの上に乗って横のほうを見ているイエネコ(Felis silvestris catus)。 206-14.jpg
20██年7月24日 1 棺様のものに横たわる死亡した男。男は著名な俳優のP████ F███と推定されるが、画像が撮られた時点では彼は生存していた。 [データ喪失]
20██年7月29日 1 散り散りになる鳩の群れ。場所は後にロシア・ベルゴロドの大聖堂広場と判明した。 206-15.jpg
20██年8月16日 1 不明な場所の大量の死んだ魚。 [データ喪失]
20██年10月31日 1 戦車の運転席。内装は旧ドイツVIII号マウス重戦車に似ているが、遥かに現代的である。 [データ喪失]
20██年12月19日 1 [データ削除済] [データ喪失]
20██年3月26日 9 アウグストゥスのフォルム(イタリア・ローマ)に似た建築物の集合だが、綺麗な状態である。写真の一枚はマルス・ウルトル神殿と推測される建物の隣に据え付けられた電光掲示板を描写している。画像には未知の中国語方言が画面上をスクロールしているのが写っている。部分的な翻訳は以下の通り: 「[???]を導き天空の帝国[???]を興せし偉大なる舵取手にして救世主マルス万歳。[???]百の花[???]。汝の槍は[???]を貫き、盾は我らを守れかし。」 [データ喪失]
20██年4月2日 3 チェコ共和国クトナー・ホラのコストニツェ教会の内部。内部は実際の教会に似て見えるが、いくつかの頭骨には3つの眼窩があるのが見える。 206-18.jpg
20██年4月4日 1 ハリコフ国立大学の窓から見たロパン河。眺望からは建物が実際のそれよりも少なくとも10階は高いと判断されるが、背景は写真が撮られた日に一致している。 [データ喪失]
ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 12 Jan 2017 22:28
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website