nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2099 水槽の脳
EuclidSCP-2099 水槽の脳Rate: 177
SCP-2099

アイテム番号: SCP-2099

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2099を構成するオブジェクトは、回収サイトにて管理されます。すべての通信設備(電話線、LANケーブル等)は分断されています。すべての無線通信機器は発見され、破壊されました。補遺2099-4を参照。

収容サイト上の倉庫は現在、財団のフロント企業であるスミス-キャンベル出版によって所有・管理されており、偽情報の頒布が行われています。SCP-2099-Bのサイト外への搬出の事例は、印刷物の出荷を装って行われます。

収容サイトへの入り口は、開錠に二名の職員を要する鋼鉄製の扉によって閉鎖されています。使用時以外は施錠されていなければなりません。

SCP-2099-Aの周辺における活動中の周辺機器は職員によって監視されていなければなりません。許可された範囲を逸脱する動作を見せた周辺機器は報告され、破壊されねばなりません。

説明: SCP-2099は2003年にミシガン州・デトロイトにおける遺棄された倉庫の地下より、一般人による探索とインターネットへの画像投稿により発見されました。投稿者のアカウントは削除され、適切な記憶処理はなされましたが、SCP-2099の画像のいくつかは異なる文脈のもとでインターネット上に残存しています。これらの収容に対する影響は少ないと見られています。

収容サイトは13の部屋からなる地下構造物であり、各部屋の大きさは3m×3m×2mから30m×20m×10mにまで及びます。いくつかの部屋は保管室として機能し、数千もの機械・電子機器・部品の収められた棚が設置されています。他の部屋は広く開けられており、実験に用いるものと推測されます。一つの部屋には収容サイトの掘削に用いたと思われる重機が置かれています。すべての部屋にはメモ書きの成された数百から数千の紙片があります。これらには断片的な速記が用いられています。それぞれの紙片の上部には一列の英数字が記されており、紙面の内容を参照する目的があるものと推測されていますが、厳密な解読は成されていません。

SCP-2099はジェレミー・ヴァルデズの脳と収容サイト内の関連する機器・設備の全体です。

ヴァルデズ氏の脳(以下SCP-2099-Aと呼称)は液体に満たされた水槽の中で保存されています。液体は、電解質、糖、緑色色素、人工香料を含む水溶液です。これらが如何にしてSCP-2099-Aの生存を維持しているのか、そもそも表面的な意味以上のものを持つのかどうか、は現在不明です。SCP-2099-Aは財団職員に対して非常に協力的ですが、その返答の内容は概して有用性に欠けます。

個別のSCP-2099-BはSCP-2099-Aによって作成された装置で、その作成時期は氏が現在の状態に至る前後に及びます。これらの装置は複数の材料が用いられています。事実上すべての装置は技術的に進歩したものと観察されますが、現在知られている科学では動作しないはずの物です(動線の接続、材料の限界、光速を始めとする物理定数の無視等が挙げられます)。装置のいくつかは”周辺機器”と称され、SCP-2099-Aによって直接操作されています。これらはSCP-2099-Aが環境とやり取りするのに用いられます。周辺機器の多くは収容の際に破壊されました。現在動作している周辺機器は五基で、これらはSCP-2099-Aの持続的な協力に免じて残されています。これらにはロボットアームや執事服を着用した人型ロボットが含まれ、メモの発見やSCP-2099-Aへの運搬を主に行っています。

SCP-2099-Bの例

  • 高密度のX線を放射するピストル。単三電池二本を電力とし、レーザーの増幅には一般的な水晶が用いられています。
  • 6m大の人型ロボットで、クロムと鋼鉄を主材料としています。用いられている材料の引張強度により、自重を支えられないものと予想されます。
  • サボット弾を発射する大砲。弾より、剣やヌンチャックを装備した人サイズのロボットが発生しますが、その大きさはサボット弾の体積を超えることが付記されます。
  • ”サイボーグパーツ”と記された容器。容器より、人工の四肢・感覚器官・他の身体部位が発見されました。いずれも”接続”されていなかったため、動作は確認できていません。いずれの部位からも、神経の接点と思しき要素は確認されませんでした。
  • 打ち上げ式のロケット。滑走部の付着物が月面のサンプルと一致しました。どのように収容サイトより外に達したのかは不明です。
  • バリアを生成する装置。SCP-2099-Aが装置を停止させる方法を忘れた為、観察は成されていません。
  • 太陽系外の星を砂の一粒までシミュレートするように見えるコンピューターシステム。2ギガバイトの空き容量を用いて計算が行われています。
  • 713種類のレーザー銃(”713種類のレーザー銃”と記された容器より発見されました。)

電力は複数の相互に接続された導線によって供給されています。導線をたどると、それ自体に繋げられた導線に接続されています。接続を外すと施設全体から電源が失われます。

インタビューログ SCP-2099-A-1

█████博士: あなたは誰ですか?
SCP-2099-A: 私はかの聡明なV博士であり、量子ピストル、宇宙船サジタリウス、異世界への窓の発明者だ。名前はジェレミー・ヴァルデズ。以前に一度ジェレミーという奴に会ったっけか、いや、何人か会っているが一人思い出してな。随分と頭の切れるセールスマンだった。小指の先ほども信用ならん奴だが、そいつは私じゃない。
█████博士: あなたはどのようにしてこの施設を作ったのですか?
SCP-2099-A: まあ、掘り返したのさ。支持層には少し手こずったがね。支持層はヴァルデジウムを使った、自分の発明品だ。商標登録も特許取得もばっちりだ、申請を送り忘れていなければだが。
█████博士: あなたの発明品はどのように動くのですか?
SCP-2099-A: 私は天才だからね、言ったっけ?確か言ったはずだ。メモにもそう書いてある、うん。そうそう、メモは読んだだろう?そこら中に散らばっているからね、見逃すはずがないだろう。
█████博士: いつから発明を始めたのですか?
SCP-2099-A: どれどれ、93'年、94'年だったかな?ちゃんとメモにしておかないと自分の頭だって忘れちまう。クローゼットだったか、いや、それじゃない。あったあった、歴史。本当か、91'年だとよ。そんなに長かったか?どれだけやっていたんだ?今は何年だ?まあ良いか。そんなわけで、ある日突然アイデアが降ってき出したわけだ。とにかくアイデアが、そこら中から漏れ出しているんだよ。シャベルを見れば掘削機が思い浮かぶし、コンピュータを見ればそれが電気羊の夢を見ているかのようだ。あ、ドリルの代わりにレーザーを使えるな、メモしておこう。私は子供の頃からひらめくタイプでね、ロケット模型とか光線銃なんかで遊んでるそんな子供だったよ。店やら通販やらいろんな所から手に入れたものだよ。
█████博士: この施設はどのように電源が供給されているのですか?
SCP-2099-A: そりゃあ、コンセントで繋ぐだけさ、単純明快だ。最終的にはエーテルから引っ張ってきているよ。人はそんなの無いというがね、見るべきところを見ればちゃんとあるものだよ。量子力学とかの中に書いてある。いや、虚数論だったか?まあそこらへんだ。メモを確認してみないとだな。
█████博士: 我々はあなたのメモを読み解くのに苦労しているのですが。
SCP-2099-A: それなら簡単だ、ちゃんと読み方を知ってれば問題ない。読み方はどこかのメモに書いてあるはずだ。
█████博士: あなたのメモは…少し不完全に見受けられますが。
SCP-2099-A: そりゃ残念だね。自分なりにまとめようとはしているんだが、どうしてもそこかしこに散らばってしまう。メモが無けりゃ何にも出来やしない。ちょっとメモを確認させてくれ。あーそうだね、メモ無しじゃ何も出来ない。ちゃんとここに書いてある。メモにあるんだから間違いない。

インタビューログ SCP-2099-A-7

█████博士: どのようにして発明品に使う為の材料を購入したのですか?
SCP-2099-A: あれこれ、それこれやってるのさ。人の為に物を作っているんだ。それを販売したり物々交換したりね。それに至るまでは堅気の仕事もしていたさ。昔は研究所に勤めていたし、製造プラントの開発もやっていた。火災報知器や玩具や、他にも色々だ。どれもこれもきちんとは、最近は出来てないがね。
█████博士: これといった注文は?
SCP-2099-A: 今は特に無いな。けど新しいビジネスはすぐそこに転がっているからね、需要は常にある。音声銃、催眠レンズ、ジェットスキー。光がなくても見える暗視ゴーグル。一般の小市民ではあるがね、ちゃんとお代は払ってくれるさ。最近は見てないが近いうちに連絡をよこしてくるだろう。

インタビューログ SCP-2099-A-19

█████博士: 今の状態については把握しますか?
SCP-2099-A: え、天才?ハンサム?水槽の脳だって?もちろん把握してるさ。
█████博士: どのようにしてあなたは今も生きているのですか?
SCP-2099-A: バランスの取れた食事と運動、健康的な生活リズム。あと電解質だね。メモのどこかにあるはずだ、仕組みが全部。マッシュポテトを見る目がガラリと変わるよ、間違いなく。
█████博士: あなたの家族や友人はあなたの状態について知っていますか?
SCP-2099-A: いや、知らないよ。家族とは元々疎遠だったし、最近の友人は大体ネット上のだからね。インターネットじゃ相手が水槽の脳かなんて分かりやしない。猫かも分からない、あれだ、聞いたことあるだろう?
█████博士: どのように起こったのですか?
SCP-2099-A: 正直、今ははっきりと覚えてないな。死にかけてた訳ではないと思う。身体はまだ使える状態であるはずだ、場所さえ思い出せたらね。いつやったのかも何故やったのかも分からない。その時は名案だと思ったとはずだ、いつもそうだからね。どういうわけか予定通りとは行かなかったようだがね。いや、成功したのかもしれない。なんにせよどうにかやってるよ。

メモの例

WB MkIIで HGWと会議。一時のぐらつきについて。流動直すのにEBと話すのを提案

RT304 カボライト不足で失敗。組成に改善の余地あり。

MKとLS曰く SFが知るかも。スゴイVトカゲプロトコル六日目に効果あり。

核炉でカスケード不良。施設全壊しかける。NA 多し。メモは二度確認。

僕はジャックの労働安全衛生の欠如だ

いつから水槽の脳?忙しいのであとで調べる。

EHP280 より不満ながらプロジェクト20083の支払いくる。すまん。

努力空しくカタツムリのc.融合は失敗。兵器化可能?

SF閉まる、脳を調べられるまでに基地V2に移す。

秘密エージェントがみえる

補遺2099-1: 収容以来、複数のSCP-2099-Bオブジェクトが部外者の手から発見されています。これらのオブジェクトがかつてSCP-2099-Aにより作られ売却されたものなのか、それとも他の由来を持つのかどうかは未だもって不確定です。

補遺2099-2: SCP-2099-Aは複数回に渡り、SCP-2099-Bオブジェクトの実験や取引に使ったと証言する地域について言及しています。詳細はSCP-2099回収ログを参照して下さい。

補遺2099-4: SCP-2099-Aは2012年に行われた神舟9号の打ち上げについて言及しました。これをどのように知ったのか尋ねた所、”V波標準アンシブル”によるインターネット接続が形成されていること明らかにしました。その場所について尋ねた所、棚のどこかにあるが場所を覚えてないこと、ヴァルデズ波検出器によって発見され得ることを証言しました。現在のところ、このような装置は発見されていません。SCP-2099-Aに関連することが知られているインターネットアカウントからは、情報を得ることは出来ませんでした。しかしながら、この装置の収容と解体はSCP-2099担当職員にとっての優先目標に設定されています。

補遺2099-5: SCP-2099-Aの”アンシブル”は以前として未発見なものの、その動作は断続的なマイクロ波の放射により妨害が可能なことが分かっています。しかしながら、これは同時にSCP-2099-Aの会話を阻害する作用があり、生命維持機能に干渉する可能性があります。財団の管理外のSCP-2099-Bを収容する手段の確保の観点から、マイクロ波の使用は非常時に限られます。

場所: SCP-2099-Aが以前に所有していた住宅、納税記録により判明。
SCP-2099-Aによる事前の説明: 「ああ、あの古い場所か。いい住み心地だったよ、管理組合が宇宙ロケットに関してうるさかったけどね。あと、恐竜の飼育も許してくれなかったよ。恐竜もダメだなんてどんな全体主義の荒地だ、全く。機械式のはなおさらダメだとさ。一応公園は良かったね、よく鳩にエサをやっていた。あそこにも何か残していったかもしれないね、天井裏の小部屋なんかに。まだ残っているかもしれない。」
回収: 現在の所有者はハワイ旅行で不在だったが、収容エージェントにより捜索が行われ、宇宙船や宇宙人の落書きで占められた古いノートが回収された。
反応: 「私の落書きじゃないか!よく学校で描いてたものだよ。教師どもは怒り狂ったが、私はあくまで”優等生”だったからね。成績表も残っているはずだ。どこかの棚に、多分ね。メモを確認しよう。」

場所: マサチューセッツ州・ボストンの路地
SCP-2099-Aによる事前の説明: 「MAがちゃんと包みを受け取ってくれているといいんだがな。出来上がったらいつもの場所に置いておいたんだが、結局返事はなかったよ。良かったらあなたがたにちょっと確認してきてもらえないかい?今のところ足の一二本が不足しているものでね。」
回収: 予定時刻を過ぎていたため何も見つからないと予想されていたが、フィールドチームが派遣された。しかしながら捜索開始よりまもなく、現地で取引の監視を行っていたCI部隊による攻撃を受けた。CI部隊は武装抵抗を予想していなかったとみられ、財団側の負傷は最小限に抑えられた。
反応: 「そいつらのことか、え?以前にも遭遇したことはあるよ。ひどい客だ。商品の一つや二つを売ったが、そしたら私の玩具を全部盗もうとしやがった。ボストンを監視しているとは知らなかったよ。まあ、あなたらが対処してくれたなら良かった。MAに問題を起こしていないことを祈ろう。」

場所: ワシントン州・シアトルの炊き出し施設、異常な大きさの食品が提供されていることが報告されていた。
SCP-2099-Aによる事前の説明: 無し
回収: フィールドチームは場所を特定し、”V光線式拡大器”の表札の掲げられた屋台を用いた食品を従業員がホームレスに提供していることが確認された。インタビューを受けた従業員は、マナによる慈善財団の活動家によって持ち込まれたものであることを明かした。
反応: 「拡大器ね、覚えているかもしれない。あいつらに売ったのだったか?多分そうしたんだろう。ようやく使って回ることにしたんだろうな。取引はしばらくしていないよ。」

場所: アイダホ州南部の旧ミサイル格納庫。アメリカ政府によって売却された記録は存在しない。
SCP-2099-Aによる事前の説明: 「ああ、中西部に暮らしていたことならあるよ。私は、…居着くというより上品な表現は無いかな?少し待ってくれ。そうそう、私はその古いミサイル格納庫の一つに生息していたんだ。誰も使っていなかったから、中に引っ越して、電気を付けたんだ。別荘以外の何物でもないよ。ただ立ち退く前にゴミを捨て忘れてしまったかもしれない。良ければ頼まれてくれないかな?」
回収: フィールドチームは、複数のダイヤル錠により施錠された格納庫を発見し、SCP-2099-Aにより提供されたパスコードを使用して開錠した。内部において、乾燥した人体が三体、Mammut americanumの剥製、仮死状態と思しきゴリラが発見された。DNA検査により、人体のすべてはSCP-2099-Aのものであると判明した。机の引き出しの底より、断片的な住所と鍵が発見された。
反応: 「ああ、私はちょうどクローン作製をやっていたんだな。ジュラシックパークにかかりきりで女の子に会っていなかったからね。ただ蚊のトリックはうまくいかないよ。得られるものがあったとしても蚊だけだ。」付記として、住所と鍵はSCP-2099-Aの注意を引きませんでした。

場所: メキシコ・プエブラの倉庫、V2企画と題されたダークネット上のサイトから追跡された。いくつかの物品はAnomalousな性質を持つことが確認され、その性質はSCP-2099-Bの事例と似ている。
SCP-2099-Aによる事前の説明: 無し
回収: 倉庫内の従業員は、すべての所持品を転送器ないし処分装置と思しき装置に運び入れている最中であった。身柄確保より装置に飛び込むことを選んだ従業員の行動から、転送装置であると推測された。装置は、十分な調査がなされる前に自壊した。複数のSCP-2099-Bらしき物品が以前として倉庫内に残存。チラシにはヒスパニック風の男性による、"invenciones futuristas increíbles del Profesor V"との説明が見られた。他のV2企画関連と考えられる場所は空室の状態で見つかった。
反応: 「最近メキシコに行ったか?うーん、いや、祖母が死んで以来は言っていないはずだ。これは明らかに偽物の仕業だね。取引していいのは本物のV博士だけだ、模倣犯も後継者も不要だ。」

場所: アイダホ州・ボイシの廃品置き場
SCP-2099-Aによる事前の説明: 「客を訪ねたことなら一度あるよ。アイオワだったかな。待て、メモを確認しよう。すまない嘘だ、実際はアイダホだ。いつも間違うんだ。彼女に会いたいかい?きっとあなたらの来訪を喜んでくれることだろうよ。」
回収: フィールドチームは数時間かけて、山積みにされた廃バイクのなかの部屋を発見した。内部は長らく放置された住居であるように観察された。天文図、天文関係の書物、蛇の手との関係が知られる著作が内部で発見された。また、内部にはヴァルデポートXTとラベリングされたSCP-2099-Bが発見された。収容時には、動作不能な状態にあった。
反応: 「もうあそこにはいない?まあ彼女も行くところまで行けていればいいが、あるいは別のどこかに。誰だってどこかに行きたいものだろう、そうじゃないかい?少なくとも私はそうだ。」

場所: ロンドンのオフィス街の一室。三つ目の場所より発見された断片的な住所の探索の試みのうちの14回目であった。
SCP-2099-Aによる事前の説明: ''無し
回収: フィールドチームは、少なくとも80年代後半から使用されていないと思われる手術室を発見した。回収された資料には行われた医療実験の内容が記述されていた。最後の二つの記述は二人のアメリカ人留学生の検死が記述されている。二人の大学生のイニシャルはJVであり、いずれもジェレミー・ヴァルデズのプロファイルと合致する。すべての記録・レポートはEMの名で署名されていた。
反応: 「悪いけど特に心当たりはないね。正確に言えば私はもう自分自身でもないけど、少なくとも死んではいないし、そんなことがあれば覚えているはずだ。どこかにメモしてあるだろう。」

- Scavenger Hunt

ページリビジョン: 1, 最終更新日時: 04 Sep 2016 10:18
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website