nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2118 声無き子
SafeSCP-2118 声無き子Rate: 119
SCP-2118 - 声無き子
評価: 0+x
scp2118.jpg.jpg

SCP-2118

アイテム番号: SCP-2118

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル:
SCP-2118は、今の所は通常の人間と同じ様な環境での収容がされています。通常の行動は、独房に取り付けられている監視カメラで観察され、█歳と同じ程度の食料が支給されます。
独房には、2つの縫いぐるみ(シャチと象)が置かれます。

SCP-2118には、1日に1回、9時から17時の間の1時間のみ外出が許可されています。それには最少で1人の、子供を持たず手話に精通している人が付き添うことが必要です。また、SCP-2118との対話は、承認された実験以外で許可されることはありません。

説明:
SCP-2118は█歳の人間の女性で、橙の髪と明るい灰色の両目をしています。右頬には9cmの長さの傷があり、それは開小括弧の形をしています。SCP-2118は、それは数年前に知らない人につけられた傷だと主張しますが、それの処置は頑なに拒みます。
このSCPとのコミュニケーションは、通常は手話を通して行われますが、時折筆談も使われます。にもかかわらず、首尾一貫した言葉を話すこともできます。

このSCPの特異性は、子が居る親の晒されたときに現れます。いくつかの場合で、彼女はその親の子供の死期に対応した声を発します。実例として、彼女は自分自身のものとは矛盾する声で話し始めました。その声は、前述の子供の年齢や性別を反映します(これをSCP-2118-01とします)。
SCP-2118は、親にもたらす精神的苦痛ならびにその話の内容や声のパターンに気付いています。そして、丁度その声で話しているときには様々な謝罪、決まり文句を詠唱します。行ったテストでは、SCP-2118-01が声を発しているときに思春期前18歳以下であったことを示しています。(更なるテストでは、この年齢は生物学的年齢ではなく、法定年齢であったことを示しています。よって、SCP-2118-01は『子供』と定めます)

一般的に、SCP-2118が真似る言葉は、その親の子供が最期に発する言葉もしくは音に一致しています。この点で、SCP-2118がどの様に自分の喉で溺死、仮死状態、水膨れのような音を模倣するのかは不明です。

[インタビュー 2118-01:]

回答者:SCP-2118、ダンバー博士(通訳)

質問者:ラヴォア博士、ウー博士

付記:ラヴォア博士、ウー博士(SCP-2118の最初の研究者)からの最初のインタビュー。SCP-2118からの手話による全ての声明は、[]で表される。

[録音開始]

ラヴォア博士:おはよう、SCP-2118。

SCP-2118:[それはわたしのなまえじゃないよ。わたしは████だよ。

ラヴォア博士:今、あなたはSCP-2118なの。あなたは、今いる場所について理解しているのかしら?]

SCP-2118:[けんきゅうじょ。]

ラヴォア博士:そうね。じゃあ、あなたが何故ここにいるのかは?

SCP-2118:[なにか、わるいことをした。]

ラヴォア博士:何故、そう思ったの?

SCP-2118:[わたしがはなすと、みんなくるったみたいになる。これは、はんどばっぐでわたしをなぐったおんなのひとのせいだったのかしら?ごめんなさい、もうかえっていい?]

ウー博士:急いでくれ。

ラヴォア博士:分かったわ。SCP-2118、ここはあなたの家よ。私たちは、あなたが話した人が怒ったみたいになる理由を研究するわ。

SCP-2118:[それは、わたしがあのひとたちのあかちゃんみたいだからよ。]

ラヴォア博士:えっ?

SCP-2118:[ママがいってたの。わたしがはなすとき、わたしはあのひとたちのあかちゃんみたいだって。そして、それはあのひとたちをかなしくて、おこっているみたいにしてるって。ごめんなさい。わたしにはよくわからなかった。]

ラヴォア博士:SCP―

SCP-2118:[わたしは、いちど、くちをせっちゃくしたわ。だけど、それがまたあいちゃったときに、わたしはびょういんにいかなきゃいけなかったの。ねぇ、あなたたちはせっちゃくざいをもってない?とくべつなせっちゃくざいをもってない?]

ラヴォア博士:私たちは、あなたの口を接着剤で止めるようなことをするつもりは無いわ。

SCP-2118:[おこらせちゃった?ごめんなさい。わたしとはなすのをやめないで。]

ウー博士:止めていいか?

<録音終了>

[インタビュー 2118-09:]

回答者:SCP-2118,██████(通訳)

質問者:ラヴォア博士、ウー博士

付記:D-3498(自身の妻と娘を、第二級謀殺に指定されている方法で殺害した、27歳の白人男性)を用いてのインタビュー。SCP-2118が手話によって送った声明は、[]により表される。

<録音開始>

<D-3498が室内に入る。座ると同時に、SCP-2118はぶるぶると震え始める。35秒間、SCP-2118は喋らない>

ラヴォア博士:SCP-2118?あなたは―

SCP-2118:[ごめんなさい。こうなってしまうことは、とてもざんねんなのだけれど。]

<突然、SCP-2118は、恐らくSCP-2118-01のものと思われる甲高い悲鳴(121dB)をあげる。そして、これが5秒続く。>

D-3498:おい、このくそったれは、いったい何なんだ?

SCP-2118:おとうさん!おとうさん!たすけてよ!おとうさん![ごめんなさい、ごめんなさい、わたしもいみがわからないの。ごめんなさい]

<D-3498は目に見えて苦しみ、立ち去ろうとする。SCP-2118-01の声は、呼吸するために喉を爪でひっかくようなゴボゴボという音を立てており、その喉は、それと矛盾しないように、鋭いかぎづめで切られたような虚ろな呼吸をしている。活性化したSCP-2118-01に対し、D-3498は制約に反した行動をとった>

D-3498:黙れ、クズ!クズが!それはオマエの声じゃないだろう!

<D-3498は制約から大きく逸脱した行動をとったため、エージェントS█████とエージェントM█████が部屋に入って退去させ、終了処分とした>

ウー博士:ありがとう、SCP-2118。部屋に戻りなさい。

SCP-2118:ママ?

<SCP-2118の声は、若い少年の声に変わっていた。およそ8歳ほどの声だった。エージェントM█████はエージェントS█████の手伝いをやめ、代わりにSCP-2118の前に立った。>

SCP-2118:すごくさむいよ、ママ。どこにいるの?どこにいったの?ママ![どんなふうに、そんなことをしたの?]

<音声記録には、掴みあう音、SCP-2118の泣き声(25dB)、ドアがバタンと閉まる音が記録されていた。>

<録音終了>

終了報告書:エージェントM█████は,今後は警備任務に割り当てられる。―ウー博士

[インタビュー 2118-09:]

回答者:SCP-2118

質問者:アンセルマン調査員

付記:SCP-2118とアンセルマン調査員の間で、公式の許可なく行われたインタビューで、ビデオにて撮影された記録も残っている。アンセルマンはこのSCP担当に割り当てられていない。すべての手話による声明は、[]にて表される。

<録音開始>

<23時45分、動く物体を感知して起動するセキュリティカメラ―72は、アンセルマン調査員がSCP-2118のセル(ガラスによって遮られている)の前に接近しているのを撮影した。アンセルマン調査員はSCP-2118が眠っているのをしばらく見た後、ガラスを叩き始めた。それでもSCP-2118は眠っていたが、96秒後に起床した。>

アンセルマン調査員:SCP-2118?SCP-2118。起きろ。

<SCP-2118は震え始め、32秒後に思春期の男性のような声で話し始めた。この時点で、SCP-2118はSCP-2118-01へと活性化したと思われる。アンセルマン調査員は、SCP-2118-01への接近を示した。>

SCP-2118:おとうさん?[あなたは、なんでわたしにこんなことをさせるの?]

アンセルマン調査員:デューイか?

SCP-2118こわいよ、パパ。

アンセルマン調査員:心配するな、デューイ。お前は今、SCP-2118という人によって、声だけが表れている。彼女はな―

SCP-2118:ぼくたち、しんじゃったらどうなるの?

アンセルマン調査員:えっ?

<SCP-2118の声は目に見えて苦しみ、怒ったようになった:彼女の手話には元々の流れるような動きはなくなり、より粗雑で乱暴になった。>

SCP-2118:いや、ぼくはしってるんだ。ねぇ、パパの仕事に、いや、すべてに、なにがあったの?

アンセルマン調査員:デューイ、君は逝ってしまったんだ。君は、あの時君に何があったのかを、分かっていたのか…。

SCP-2118だいじょうぶだよ、パパ。ほんとうに。あいしてるよ。[あのこはしんだ。みんなしんだ。あのこがあなたのためにだなんて、ありえない。みんながあなたのためにだなんて、ありえない。]

<アンセルマン調査員は跪き、泣き叫び始めた。彼の眼は床を向いている。SCP-2118はガラスに近づき、彼を見据えた。>

アンセルマン調査員:ごめんな。私が、もっと早く助けてやれなくて。

SCP-2118:[わたし、ここきらい!ここきらい!]おとうさん?おとうさん、ぼく―

<セキュリティカメラ03は起動され、SCP-2118の独房に繋がる北西のドアを映した。ウー博士はアンセルマン調査員とSCP-2118が話しているのを見ると、即座に中へ入る。そして、動きを止め、SCP-2118を見た。
その間、SCP-2118は喘ぎ、呼吸するのに苦労している音を模倣し始める。しかしその音は怒りというよりも、悲しげだった。58秒後、それが弱まると完全に止まり、SCP-2118はアンセルマン調査員をじっと見つめて静まった。>/

SCP-2118:[あなたを、たすけられない。]

<アンセルマン調査員は3.5分そこに留まっていたが、その後に彼は立つと、歩き出した。カメラ72からのアンセルマン調査員の姿が無くなると、カメラ03に表示される。SCP-2118は、その姿で留まっていた。>

ウー博士:**来い、アンセルマン。分かってるな?

アンセルマン調査員:あぁ。すまなかった。

<ウー博士はアンセルマン調査員を連れて出て行った。SCP-2118は額をガラスに押し付けると、カメラ03はアンセルマン調査員が立っていた場所をじっと見つめるSCP-2118を映し出した。
5分の休止の後、カメラは撮影を終了した。>

<録音終了>

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 30 May 2015 05:51
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website