nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2136 完全に乗っ取られた科学者
EuclidSCP-2136 完全に乗っ取られた科学者Rate: 123
SCP-2136

警告:

これらの標準収用手続きを財団データベースへ提出することは、所定の初期研究隔離期間を完了させます。

もし続行を希望する場合は、草稿の入力事項に対して行われた変更を受け入れ、関連する箇所に適切なアクセスレベルを付与して下さい。

アイテム番号: SCP-2136

オブジェクトクラス: Euclid NEUUtrallized

特別収容プロトコル: ローカルな収用プロトコルが決定されるまでの間、MTFイータ10およびシータ5がセンチネル島の周囲の海上を警備します。

SCP-2136に感染した3名のDクラスホストが、2重ドアの付いた広い監房の中に収容されます。全ての壁及び内側のドアの表面には鏡が張られ、監房は常に照明で照らされます。視線を妨げる事を防ぐために監房内には限られた家具しか置かれません。全ての寝具は透明または半透明な素材で作られたものでなくてはならず、ホストの服はあらゆる角度から皮膚が見える様なものでなければなりません。ホストは交代で睡眠を取り、1度に1名のみが睡眠をとります。あるホストが死亡した時は、SCP-2136の効果について説明を受けた後、可能な限り早く新たなDクラス被験者が監房内に投入されます。他の全ての職員は外側のドアの内部に入ることが許されず、また食料を受け取る際やDクラスの交換の際に内側のドアが開けられる前に、外側のドアは閉めなければなりません。監房内は監視カメラによってのみ監視されます。

すベテのDクラスホストはしんだ..SCP-2136はむこう かされた。

説明: SCP-2136は人間に感染する能力を持つ病原体です。病原体は感染したホストを感染していない人間が見ることにより伝染します。病原体は電子顕微鏡により視認することができません1

感染すると病原体はホストの運動ニューロンと融合し、そのホストが別のホストの視線内に存在しない時に効果(SCP-2136-A)を発生させます。SCP-2136-Aの特徴的な症状は注視されていないホストの突然の硬直であり、その後完全に体を動かすことが出来なくなります。この間に別のホストによって再び見られることによって症状は無くなり、ホストは筋肉の制御を取り戻すことができます。呼吸器系や循環器系の機能停止のため、注視されていないホストは5分以内に死亡します。

死亡したホストは感染力を失い、その調査では脳細胞内部に異常な小器官の存在が明らかになっています。小器官は死亡したホストの内部で機能を停止していますが、病原体の成長した姿であると推定されています。この段階では、病原体の構成要素がホストのニューロンが生成する電子インパルスの一部、あるいは全てを吸収する能力があることが示唆されています2

さらなる調査では上述の様に説明される病原体は、その病原体の完全なライフサイクルでは無いことが判明しています。解析が進行中です - 当面の間はハイドク博士の日誌の注を参照して下さい。

発見: SCP-2136は最初、センチネル島から連れ出された2名の人間に発見されました。先住民のセンチネル人は衛星での観察の際、その行動に変化が見られたことから調査の対象となっていました。観測任務に任命されたエージェントとの通信を財団がロストした後、視覚災害が予期されたため、機動部隊イータ10("See No Evil")が"Blnd Ops"(盲目の任務)の条件の下で送り出され、研究のために2名の対象を捕獲した。

補遺 "観測日誌" を削除しますがよろしいですか?
削除を確定するためにはパスワードを入力して下さい。


ハイドク博士の観測日誌 - アノマラスの可能性あり (暫定的な指定 - 2136)

1日目

1400
新たなSCPの可能性のあるものの担当となり、フレッチャー博士(宇宙生物学者)とマスラー博士(生化学者、通訳者)と共に働く事となった。私を初めての監督仕事に任命してくれたことに対するリチャード博士への感謝をここに記したい。96時間の隔離を終えた後に、報告を行なうことを楽しみにしたい。

MTFイータ10は2名の被験者(-1および-2)を収用室に保護し、またその被験者と共に発見された人間の死体から組織サンプルを回収した。MTFのリーダーは被験者は捕獲と輸送の際、2人一緒に居続けることを強く希望したことを述べている。

2130
監視カメラによる観測を開始した。被験者はベッドに座り、互いに向き合って会話をしている。マスラー博士は被験者の話す言葉がベンガル語の方言であり、被験者がネイティブなセンチネル人でないことを指摘した。被験者は室内のスピーカーシステムを使用して尋問され、彼らがインド政府から派遣されたエージェントであることを認めた。我々が彼らを解放することを拒否すると、彼らは質問に答えることを止めた。

インドもエージェントを送った?目的は何だ?

ページリビジョン: 1, 最終更新日時: 29 Oct 2016 23:41
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website