nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2231 共有人格
SafeSCP-2231 共有人格Rate: 20
SCP-2231

アイテム番号: SCP-2231

オブジェクトクラス: Safe Neutralized

特別収容プロトコル: 改訂 2014/05/02: SCP-2231-1から-3をサイト-17医療棟の生命維持装置に繋ぎ、180日間の観察期間を設けます。状態の変化が記録されなかった場合は、残るSCP-2231個体を生命維持装置から外し、遺体を廃棄します。SCP-2231-4の死亡以降、SCP-2231は如何なる異常特性も示していません。

SCP-2231-1、SCP-2231-2、SCP-2231-3はサイト-17の第3棟にある標準的なヒト型生物収容ユニットに居住させます。財団の収容に協力的であることから、SCP-2231-1から-3は勤務時間外のセクション3カフェテリアにおいて毎週1時間、警備員による厳重な監視の下に交流することが認められています。

POI-2231-1は、異常な活動やSCP-2231との接点を示唆するものが無いかを財団職員から遠隔監視されます。

改訂 2014/03/07: SCP-2231-4はサイト-17の第8棟にある標準的なヒト型生物収容ユニットに居住させます。如何なる状況でもSCP-2231-4をSCP-2231-1、-2、-3に会わせたり、彼らの存在や対象自身が留置されている理由を悟らせてはいけません。

説明: SCP-2231は、3名の異常性を持たないヒト(SCP-2231-1、-2、-3と指定)が共有している人格です。この人格は“ジョナサン・トラン”という名で生活しており、1983年6月17日生まれで、現在はアイダホ州ボイシに居住していると主張しています。

SCP-2231-1は41歳の韓国人男性、SCP-2231-2は13歳のナイジェリア人女性、SCP-2231-3は56歳のパキスタン人女性です。SCP-2231-1、-2、-3はそれぞれ他2名、並びにSCP-2231間で共有されているとされる人格の経験や経歴について幅広い知識を有していました(SCP-2231が主張する経歴は個体-1~-3の検証可能な経歴とは全く一致しません)。

全てのSCP-2231個体は過去についての質問に対し、自らの肉体的な経歴とは対照的に、SCP-2231-4の経歴に関連する情報を用いて回答することを強く好みました。2013年のSCP-2231-1~-3収容以降、各個体は自らや他2名の肉体的経歴への顕著な結び付きを示し、頻繁に他個体や自らの経歴の詳細を断定的に述べて回答するようになりました。

SCP-2231-4は個人として実在するジョナサン・トランです。今日までSCP-2231-4はSCP-2231-1~-3に関する知識や接点を示していません。

SCP-2231-4はかつて個人として実在していたジョナサン・トランです。SCP-2231-4は2014/05/01に死亡し、火葬されました。

補遺2231-1: 回収ログ

2013/10/30 追加


SCP-2231-1、-2、-3の存在は、SCP-2231-1がボイシ空港(BOI)への片道航空券をSCP-2231-2および-3のために購入した時に、非定型飛行パターンの標準コンピュータ解析によって発見された。財団社会交流フィッシュボーン(FSIF)実験ソフトウェアで3名に事前の繋がりは確認されず、個体群はシカゴ・オヘア国際空港での乗り継ぎに際して現地の財団職員から尋問のため拘留された。

SCP-2231の異常性は尋問中に容易に発覚した。SCP-2231-1、-2、-3は問題なく必要処理を経て収容された。

インタビュー2231-3:
インタビューはSCP-2231-1を対象に、パテル研究員によって実施された。これはSCP-2231-1~-3が収容された6日後の、公式に記録された3回目のインタビューである。

2013/11/02 実施


パテル博士: 記録のためにお名前を述べてください。

SCP-2231-1: ジョナサン・トラン。

パテル博士: 貴方はこれまで他の名前や偽名を用いた事はありますか?

SCP-2231-1: あー、あるな。アデュノラ・オモラデ、チェ・ジョンジェ、サジダ・タルファー。

パテル博士: 4つの異なる名前を持っているのは奇妙だと思いませんか?

SCP-2231-1: それほど妙でもないだろ、メアリー=ベス・テレサ・ジョンソンとかいう名前の奴だっているんだしよ。

パテル博士: (前述の質問に対する対象者の理解力の欠如を書き留める) 国籍はどちらですか?

SCP-2231-1: 俺はアメリカ人だよ、でもパキスタンと韓国とナイジェリアの国籍も持ってる。

パテル博士: 生まれたのは何処ですか?

SCP-2231-1: アイダホフォールズで生まれた。

パテル博士: では、パキスタン国籍を得たという話はどうなります?

SCP-2231-1: だって俺はカラチで生まれたからな。

パテル博士: どうやってカラチとアイダホフォールズの両方で生まれたのですか?

SCP-2231-1: カラチの後にアイダホフォールズで生まれたんだよ。実は厳密に言うと、カラチで生まれた後はソウルで、その後にアイダホフォールズだ。

パテル博士: 貴方の社会保障番号は?

SCP-2231-1: ███-██-████ (更なる情報は補遺2231-2を参照)

パテル博士: (SCP-2231-2と-3の写真を出す) この2名に心当たりはありますか?

SCP-2231-1: ジョークのつもりか? これは俺だよ。

簡潔にまとめるため、インタビューの残りは省略されている。SCP-2231-1は、3つの別個の身体と4つの別個の人格で自らを識別しているのが何かしら奇妙であるという点を根本的に把握し損ね続けた。その後、SCP-2231-1は、SCP-2231-2とSCP-2231-3の個人的かつ肉体的経歴についての、詳細かつ密接で一貫した回想記憶を示した。

インタビュー2231-11:
インタビューはSCP-2231-1、-2、-3を対象に、パテル研究員によって実施された。これはSCP-2231が収容下に入って以来初めての全3体合同インタビューである。

2013/11/10 実施


パテル博士: 記録のためにお名前を述べてください。

SCP-2231-3: ジョナサン・トラン、それと次の質問が予想できるから言うが、アデュノラ・オモラデ、チェ・ジョンジェ、サジダ・タルファー。

パテル博士: 結構です。数字を数えながら、一度に1本ずつ手を挙げていって、自分が何本の手を持っているかを確認してください。好きな手から初めて構いませんよ。

(SCP-2231-2が“1”と言いながら左手を挙げ、続けてSCP-2231-3が右手を挙げると共にSCP-2231-1が“2”と言う。対象は短い間を取った後、このようにして6まで数えた。)

パテル博士: では、自分に何本の手があるか述べてください。

SCP-2231-2: 2本。

パテル博士: 左側を向いて、何が見えるかを教えてください。

SCP-2231-1~-3は同時に左側を向く。

SCP-2231-3: 俺の後頭部と壁が見える。

パテル博士: 次が最後の質問になります。貴方は自分が現在いる場所をご存知ですか? 包括的な答えをよろしくお願いします。

SCP-2231-1: アイダホ州ボイシの██████████ドライブ18番地、それと、あー、この建物が何処に立ってるかはまだ分かんねぇな、イリノイ州のどっかだと思うが、そこの第3棟インタビュー室C416だ。 (更なる情報は補遺2231-2を参照)

パテル博士: よろしい、これで全部です。グリッグズ警備員が貴方の部屋まで案内しますよ。

SCP-2231は彼らの人格に関する顕著な認知不協和を示している。内面的には概ね一環しているものの、SCP-2231は自らが3人の別個の個人であるという基本的な事実を認識していないようであり、さらにそれら3人のいずれも主人格とは見做そうとしない。幾つかのインタビューを経て、SCP-2231個体群は提供することを好む異常な情報と合わせて、彼らの肉体的経歴についての正確と証明された情報を提供することにかなり熟達した。

補遺2231-2: POI-2231-1指定

Added 11/12/2013


ジョナサン・トランについてSCP-2231-1から-3によって提供された個人識別情報の調査で、情報は正確であることが証明された。SCP-2231は常時ジョナサン・トランの現在地、およびトラン氏の包括的背景情報やリアルタイムでの精神状態に関する情報を提供できる。

トラン氏は現在POI-2231-1に指定されている。

実験2231-1:

2014/01/19 実施


目的: SCP-2231の各個体にまたがって経験される肉体的ストレスの影響を観察し、その反応がPOI-2231-1まで及んでいるかを確認する。

手順: SCP-2231-1は、任意的高閾値熱試験を含む、ストレス誘発刺激を伴う財団標準拷問に掛けられた。SCP-2231-2および-3の反応は彼らの収容ユニット内で同時に監視された。POI-2231-1の反応は財団フィールド要員によって遠隔から観察された。

結果: 実験拷問の完了までの合計時間は11分21秒。各々の収容室に拘禁されていたSCP-2231-2および-3は、SCP-2231-1が実験手順を受けている間に有意なストレス反応と動揺を見せた。注目すべき応答調和には瞳孔散大、発汗、身震い、そして拷問の進行に伴う全般的副腎反応が含まれる。応答の非対称性は、実験拷問の4A部分においてSCP-2231-2と-3のどちらも筋伸張反射応答を示さなかった際にのみ確認された。実験中止から約90秒後、ストレス反応はSCP-2231-2および-3に認められなくなったが、SCP-2231-1はその後45分間にわたって非異常性の人間に典型的なストレス休止パターンを示し続けた。

この実験のどの段階においても、POI-2231-1は全く反応を示さなかった。

結論: SCP-2231-1、-2、-3間の精神的な繋がりは、他個体が受けた物理感覚への本能的反応にまで及んでいる。各個体が他個体と完全に独立した自律行動(歩く・話す・基本的生命維持活動を行うなど)が可能であることを鑑みると、この感覚的・感情的データが各個体の一人称経験と統合されているメカニズムは不明確である。

POI-2231-1の反応の欠如は、SCP-2231とPOI-2231-1の間に非対称的な異常経験リンクが存在することを示唆する。ストレス誘発刺激型の標準拷問は意図的に対象者の自律神経反応を引き出すよう設計されたものであり、仮にPOI-2231-1がSCP-2231個体群の経験から何らかの感覚を得ている場合、そのリンクはSCP個体群間の異常リンクと比較して大幅に緩和されていると考えられる。

補遺2231-3: SCP-2231-4 指定

2014/03/07 追加


アシュリー研究主任のオフィスから発行された指示に従い、POI-2231-1を無期限に財団の収容下に置き、SCP-2231-4と指定する。この決定の根拠は、SCP-2231-1~-3が共有する対照的な精神感応の秘匿にSCP-2231-4が成功していた場合、もしくはやがて繋がりを発展させた場合に、機密情報(とりわけ財団とサイト-17の存在に関わるもの)が流出する容認し難いリスクである。

SCP-2231-4にはSCP-2231-1~-3の存在を知らせないものとする。パテル研究員はSCP-2231の新方式収容導入(NCI)主任として現在の地位に留まる。

補遺2231-4: オブジェクト無力化

2014/05/02 追加


SCP-2231-4はインタビュー室H203からの護送中に警備員を暴行し、保安職員によって致命傷を負った。攻撃を加えた保安職員には適切な懲戒処分が検討されている。SCP-2231-1~-3の監視映像の見直しは、SCP-2231-4が死亡した瞬間、3名全てが同時に昏倒したことを示している。医学的検査でSCP-2231-1、-2、-3は高次脳機能の完全な停止が確認され、サイト-17医療棟に搬送されて生命維持装置に繋がれた。

SCP-2231はNeutralizedに再分類された。

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 19 Feb 2018 15:32
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website