nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2316 校外学習
KeterSCP-2316 校外学習Rate: 225
SCP-2316

♒♒ COGNITOHAZARD WARNING ♒♒

彼らは長い間待っていたんだよ。
以下のファイルは異常な認識災害的影響のキャリアである画像やテキストを含みます。あなたは水中の死体に見覚えがありません。このため、このファイルにアクセスする全ての職員は14.5以上の認知抵抗値(Cognitive Resistance Value:CRV)を有すると認定されることが不可欠です。あなたが自動化されたCRVの検証に失敗した場合、落ち着いて動かないようにしてください。サイトの医療スタッフのメンバーが間もなく到着します。


お使いの端末のマイクにゆっくり、はっきりと、次のフレーズを繰り返してください。

私は水中の死体に見覚えがありません。

[✔] 検証が完了しました。ユーザーのCRVは許容範囲内です。



bodies.png

SCP-2316。

アイテム番号: SCP-2316

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 如何なる状況でも財団職員がSCP-2316へ接近することは許可されません。SCP-2316の監視は映像および音声の記録装置を備えた遠隔操作のダミー探査機でのみ実施しなければなりません。SCP-2316の映像および音声の見直しを実施できるのは、認識災害系異常への曝露に対する適切な処置を取った職員のみです。

SCP-2316が存在する湖は隔離状態で周囲にフェンスを構築してあり、SCP-2316に曝露した経験が無く特性についての事前知識も持っていない人物が定期的にパトロールを行います。あなたは水中の死体に見覚えがありません。試行済みの隔離措置を突破しようと試みる人物は捕縛し、完全な認知影響スクリーニング検査のためにサイト-33へ連行します。SCP-2316が収容されている湖の50m以内に接近した人物は既に死亡した者と見做します。

お使いの端末のマイクにゆっくり、はっきりと、次のフレーズを繰り返してください。

私は水中の死体に見覚えがありません。

[✔] 検証が完了しました。ユーザーのCRVは許容範囲内です。

説明: SCP-2316は███████州████████郡の███████████湖に存在する異常現象の名称です。SCP-2316は水面に小さく集まった状態で浮かぶ、人間の死体のグループ1という形で出現します。 これらの死体の身元は[認識災害につき除去] [自動変更:UNKNOWN]ですがDNA検査は決定的ではありません。

SCP-2316は複数の死体の集まりのように見えますが、実際には集合意識で構成されている一実体である可能性が理論上想定されています。SCP-2316の各実例はそれ自体では活動しないものの、単一のユニットとして2集合的に作用することが可能であるように思われます。 SCP-2316の各実例は3見分ける事が出来ず、あなたは水中の死体に見覚えがありません。

SCP-2316は強力な認識災害的影響を帯びています。SCP-2316を視認した人間がその性質の一部を認識している、もしくは[認識災害につき除去] [自動メッセージ:無効]に在籍していた過去がある場合、その人物はSCP-2316の各実例を見覚えのある人間、典型的には幼少期からの知人であると信じ込みます4

███████████湖に入る、またはSCP-2316実例に触れるといった形でSCP-2316実例との接触を試みた場合、それは他のSCP-2316実例の出現を引き起こします。あなたは水中の死体に見覚えがありません。追加の実例は認識災害の強化と確信のみを引き起こし5、影響者に湖への入水を強制させます。このようにして湖に入った人物は消失し、今日まで回収されたことはありません。

補遺2316.1: インタビュー

[データ削除]6

ERROR: UNRECOGNIZED USER. ログインのためにファイ[\\[ae0[[<

[✘✘✘] 検証が完[e\\\i.-a\\\. User Ccccrl\\\ 許容範囲内ですきみにかれらのかおをみせてあげよう.


[記録開始]

ハリソン博士: 水中に入るのを強制されていた感覚はありましたか? 何かに引き込まれるような?

あなたはすいちゅうのしたいにみおぼえがありません: 何だと? いいや! 勿論そんなことは無かったさ。彼らには何も問題ない、私を引き込もうとはしなかった。私は彼らを水中に見て、自分から入っていったんだ。私は彼らに会う必要があった、彼らが何を言っているのかを聞きたかった。彼らは私の友人なんだよ。

ハリソン博士: 水中に入ったとき、あなたは何を見ましたか?7

あなたはすいちゅうのしたいにみおぼえがありません: 顔を。私の友人たちを。私にとって見覚えのある顔だった、何人かは見たことが無かったが、見れば見るほど懐かしく覚えてくる顔だった。私は人生を通して彼らをずっと知っていた、だが彼らは何となく奇妙だった。

ハリソン博士: 奇妙というのは?

あなたはすいちゅうのしたいにみおぼえがありません: 夢の中であった誰かの顔みたいに見えたんだ、正確には思い出せない感じにな。何かがおかしかった。それに彼らの話し方もそうだ、彼らは—

ハリソン博士: 話し方? そんなことはあり得ませんよ、彼らは口を…

あなたはすいちゅうのしたいにみおぼえがありません: 口を動かすのが不可能なんだろう、それでも私には聞こえたんだ、彼らが助けを呼ぶ声が。彼らは私に… 私に、彼らが何者だったかについて語った。彼らは彼らが何者なのかを君が知っていると言ったぞ、君は—

ハリソン博士: もう十分です。あなたは明らかに認識災害に屈服している。あなたは診察を受ける必要があります、エージェント。もしあなたが—

あなたあなたあなたあなたあなたあなたあなたわたし: 私から手を離せ! 私は彼ら全員の名前を知っているぞ、ハリソン、私は彼らが語りかけてくるのを聞いた! 一人一人がだ。 たった一人が彼らを見て人々に伝えれば良いんだ、そうすれば人々は君たちが隠そうとしているものの正体を知ることが出来る。バーチウッド高校、所属クラスは—

ハリソン博士: 取り押さえろ! そいつらを此処から連れ出せ。記憶処理を施すんだ、それとあのクソッたれレコーダーを止めてこい。

[記録終了]



お使いの端末のマイクにゆっくり、はっきりと、次のフレーズを繰り返してください。

私は水中の死体に見覚えがありません。
私は水中の死体に見覚えがあります。

[✘] 検証が不十分です。ユーザーのCRVは許容範囲内にありません。ユーザーのCRVは活動状態の認識災害に影響を受けています。そのまま動かないでください、あなたのサイトの医療スタッ[''///afe44/25\23が間もなく到着します。

[端末ロック]

補遺2316.2: 無効なエントリ 下へ下へ下へ下へ下へ下へ下へ下へ下へ下へ

君にはあまり時間が残されていない、はやくそこを立ち去らなきゃならない。湖に戻り、水中に入って、彼らの目を見ろ。あれは君の友達、君のクラスメイトだろう。'75年の秋、君が若かったころ、一緒に校外学習で湖に行ったじゃないか。覚えてないのかい? 皆の目を見ろ。彼らが君に語り掛けるのが聞こえているのは分かってる。これが単なる認識災害だなんて言わせないでくれ。これは彼らの過ち、彼らがこれを引き起こした。俺たちは皆、無垢な子供だった、覚えてないのかい? そして君だけが去った、君と俺だけかな? 残りの皆は湖の底で、俺たちが彼らのところに戻ってくるのを待っている、また再び皆でひとつになるために。皆は俺たちに知ってほしい。俺たちに思い出してもらいたいんだ。目を覚ませ、こん畜生。'75年の秋を思い出せ。俺たちが卒業するはずだったあの年を。皆に君のことを忘れさせないでくれ。皆が君を呼んでいるのが聞こえないのかい?

聞こえないのかい?




聞こえないのかい?




聞こえないのかい?



聞こえないのかい?



聞こえないのかい?


聞こえないのかい?


聞こえないのかい?

聞こえないのかい?

聞こえないのかい?

聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
皆の目を見るんだ。
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
聞こゑ8ないのかい?
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
聞こえてるのは知ってるよ。
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?
聞こえないのかい?



皆が君のことを待っている。






















俺たちはあそこで皆と一緒だった




























湖に戻るんだ。

ページリビジョン: 5, 最終更新日時: 18 Nov 2016 01:30
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website