nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2331 DJ・カカシ
EuclidSCP-2331 DJ・カカシRate: 109
SCP-2331
rave.png

あるSCP-2331-Pの写真

アイテム番号: SCP-2331

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2331は現在、機動部隊カッパ-シータ("Get Lucky")および研究チームシータ-シータ("Afterparty")の両方により追跡されています。SCP-2331-Pの発生が確認された場合、機動部隊カッパ-シータがSCP-2331を捕獲を試みるためにSCP-2331-Pへ潜入します。研究チームシータ-シータは現在、SCP-2331-Pの発生を予想する方法を調査しています。SCP-2331-Pの全参加者には記憶処置が施されます。

説明: SCP-2331は一般的にカカシとして知られている、牧草地に置かれるマネキンの外観をしているヒューマノイドです。SCP-2331はその彫刻を施されたカボチャの頭により特定する事が可能であり、それは暗い所で内部が蛍光ブルーに光ります。SCP-2331はSCP-2331-Pを発生させる能力があり、それを発生させるためだけに出現すると考えられています。SCP-2331は10月の間最も活動的になります。

SCP-2331-PはSCP-2331が出現するエリアで発生する現象です。SCP-2331-Pは中規模のレイブと呼ばれる、典型的にはライトセットやエレクトロミュージックを含むフェスティバルのための機材の生成と構成が自発的に発生する事を指します。SCP-2331はディスク・ジョッキーの役を引き受けます。SCP-2331はSCP-2331-Pが起こる空間を制御する能力があり、しばしば空気中の湿度を変化させて自然に無害な色付き煙を作り出し、壁のテクスチャや大きさを変えたりします。それはまたペンライトやキャンディといった物体を作り出します。

SCP-2331-Pは通常18才から30才の間の人間を引き寄せますが、最も若くて13才、最も高齢で73才の人間が参加したことがあります。参加者はインタビューを受けるとソーシャルメディアや口コミの事をよく言及しますが、ソーシャルメディアへの情報が少ないときであっても、大勢の参加者が集まってきます。SCP-2331-Pの参加者は特定の精神影響下にあると考えられていますが、潜在的効果の詳細については依然として調査が進行中です。

それぞれのSCP-2331-Pは5時間から24時間程度続き、これはレイブの規模や、財団あるいは地元警察による中断に依存します。SCP-2331-Pが終了すると、SCP-2331は消失し、72時間以内に通常アメリカ大陸において新たなSCP-2331-Pを引き起こします。SCP-2331自体を除いて、SCP-2331-Pの参加者に異常な活動や振る舞いは見られません。

SCP-2331はレイブのために十分な空間のあるエリアならばどこでもSCP-2331-Pを引き起こすことが出来ますが、室内の場所を好みます。それは高い人口密度のエリアに出現する可能性が高く、特に商業学校や大学といった高等教育機関の周囲に現れます。

事件2331-01 2014/10/09

注: これはMTFカッパ-シータとSCP-2331-Pの初めての接触である。
関係する職員: エージェント・アジア、エージェント・ミヒャルスキー、研究員ヴィッケ

[記録の開始]

<21:19> エージェント・アジア、エージェント・ミヒャルスキー、研究員ヴィッケが████████ ████████大学の学生会館で行われていたSCP-2331-Pに到着する。

<21:20> 研究員ヴィッケはガスマスク、ペンライトのネックレス1、ピンクのウィッグを付ける。エージェント・アジアとミヒャルスキーは武器の中にペンライトと蛍光紐を加え、それらがまだ機能することを確認する。

<21:30> 約10分の探索の後、エージェント・ミヒャルスキーはバルコニーにSCP-2331を発見する。研究員ヴィッケは参加者にインタビューを行なう。SCP-2331はその頭を外すと群衆に向かってそれを投げる。それは群衆に到達する前に蛍光グリーンの煙へと爆発したが、カボチャの破片は見られない。次にSCP-2331はテーブルから当たっらしいカボチャの頭を作り出し、肩に乗せる。SCP-2331はカボチャの頭の下には頭や首が無いようである。

<21:31> エージェント・ミヒャルスキーとエージェント・アジアはSCP-2331へ近づこうとする。SCP-2331はテーブルの上で、音声機器の音量の調整を行っている。

<21:32> エージェント・ミヒャルスキーは2名の大学生に妨害され、ダンスへ引っ張られる。エージェント・アジアは誤って他の学生を強く押してしまい、口論となる。SCP-2331はこの騒ぎに気づき、マイクを調節する。

<21:33> エージェント・ミヒャルスキー: "私は興味が無いんだ、分かったか?" エージェント・ミヒャルスキーは周りの人を押しのけようとする。周囲の人: "いいから黙って踊れ!"

<21:34> SCP-2331はエージェントに頭を向ける。それは別の曲を流しながら指を指し、振る。次にSCP-2331は左手を壁を超えて振り、その手は元の場所に戻る前に斜めに伸びたように見える。

<21:35> 複数名の大学生がDJに近づきすぎた、DJを脅かした、混乱行動をしたなどといった理由を述べながら、エージェントをエリアの外へ押しやりる。研究員ヴィッケは残った。

<21:40> 研究員ヴィッケはインタビューを終え、SCP-2331-Pより離れる。SCP-2331は両手を使って下向きの動きをしている。天井から自然に蛍光色の葉っぱが出現して離れていき、これらは床へ到着する前に消える。

<21:45> MTFカッパ-シータがSCP-2331-Pの観察を継続する。SCP-2331-Pはその後事件無く10時間後に終了した。

[記録の終了]

インタビュアー: 研究員ヴィッケ
インタビュー対象: 後にスーザン・ケラーと特定された民間人

[記録の開始]

研究員ヴィッケ: ハロー!ちょっとお話しませんか?何と呼べばいいでしょう?

スーズ: スーズって呼んで![クスクス笑い] ええ、いいわ。

研究員ヴィッケ: DJについて教えてもらえない?彼は、うーん、とってもいい音楽センスをしているわね?

スーズ: ええ本当にそう!私達は彼をDJ・カカシと呼んでるわ。だって彼があの素敵な衣装を着ているから。実は私は彼について知らないの。友達がレイブが起こっているって教えてくれて、それを見過ごすわけにはいかなかったの!

研究員ヴィッケ: …衣装?

スーズ: これはびっくりね。あなたは本当にこれが始めてみたいね?Daft PunkとかDeadMau5みたいに、ああする人たちがいるわ。

研究員ヴィッケ: 分かったわ。彼は、ええと、TwitterとかFacebookとか、何かやってるかしら?

スーズ: 分からない、でも大した問題じゃないわ。後でググって - あら!向こうにいる男性が私達を見てるわ。何か彼の気の惹くためにやってみない?

研究員ヴィッケ: いいえ、遠慮しとくわ。

スーズ: そう、とにかくあなたにキスするほどには酔ってないわ。[笑い] もう少し飲んでくる。じゃあね!

[記録の終了]

事件2331-04 2014/10/13

注: 地元警察は介入することのないように、明示的に支持を受けた。
関係する職員: エージェント・ルー、エージェント・ハンセン、研究員ヴィッケ

[記録の開始]

<11:02> エージェント・ルー、エージェント・ハンセン、研究員ヴィッケは████████ ████████にある倉庫で発生したSCP-2331-Pに潜入する。全員注目を防ぐために適切な服装をしている。

<11:04> 研究員ヴィッケは倉庫の遠くの側にSCP-2331を特定する。彼女はSCP-2331へ近づこうとする。SCP-2331はテーブルの上で嘔吐の動きをして口からペンライトを作り出し、それを群衆へ配る。

<11:10> エージェント・ルーとハンセンはコーラスに合わせてペンライトを振る。研究員ヴィッケは彼女に電話番号を尋ねる民間人と、続いて彼女に飲み物を買おうと申し出る別の民間人によって妨害される。

<11:25> 研究員ヴィッケは最終的にSCP-2331へ到着する。エージェント・ルーとハンセンもまたSCP-2331へ近づこうとするが、ダンスを要求する3名の民間人に妨害される。

<11:30> 研究員ヴィッケはSCP-2331に話しかけようとする。SCP-2331は彼女に青いインクで電話番号の書かれた名刺に見えるものを渡すが、それ以外は彼女に反応せず、その代わりにDJを続ける。

<11:31> 地元警察が現場に到着する。警察を見ることが不可能であるにも関わらず、SCP-2331は彼らを見つけ出したようである。それは曲を変えると顔にマイクを押し付ける。SCP-2331の周囲の影のサイズが増し、濃い霧が室内を満たす。

<11:32> 若い英国人男性の声がSCP-2331の口から聞こえる。SCP-2331: "本当か?畜生… 実は、少年少女よ、これを信じることは私にとっても辛い。そう、だから - だからブーイングしたり混乱して行動したりしないでくれ - しかし実は、警察がパーティーを終わらせようとしている。"

<11:33> 警察官が車から出てSCP-2331-Pへ近づく。SCP-2331-Pの参加者はダンスを止める。SCP-2331は頭を掻いているようである。SCP-2331: "いや、私は知っている。奇妙に聞こえるだろう。しかし、君立つは警察が何かをやめさせる時どうするか知っている。もし私達が整然と落ち着いて行動しなければ、彼らは全てのチンピラに催涙ガスを噴射して連行し、一部の人々は牢屋で一晩過ごすことになるだろう。

<11:35> 地元警察官はSCP-2331-Pの入り口を開け、彼らがレイブを停止させることを宣言する。エージェント・ルーとハンセンが警察官に近づき、恐らくそれ以上彼らがSCP-2331-Pを乱さないようにする。室内の霧は大気中で合体し始め、出口を指し示す蛍光ピンク色の矢印を作り出す。

<11:36> SCP-2331: "紳士淑女の皆さん、私にはあなた方が何をすべきかわかりません!わたしはきっと人々は- " SCP-2331の声は機械的な口調へ切り替わる。SCP-2331: "-アフターパーティーへ行かなければならないと思います!" (注: その後の調査により、全てのSCP-2331の会話はボイスサンプルであることが判明した。)

<11:37> SCP-2331はSCP-2331-Pの参加者に向かって空中で手を振る。SCP-2331が音声機器、アルコール、ドラッグ、電灯機器と共に消えると、全てのライトが消える。参加者は整然と落ち着いて離れる。研究員ヴィッケはもらった番号に電話をかけようと試みる。

<11:57> 機動部隊カッパ-シータはそこから約10km離れた地点で新たなSCP-2331-Pが発生したことの報告を受け取る。直前のSCP-2331-Pに参加したほとんどの参加者が新たなSCP-2331-Pにも参加したことが報告される。

<12:02> エージェント・ルー、エージェント・ハンセン、研究員ヴィッケは新たなSCP-2331-Pへ入場しようと試みる。彼らは入り口付近の数名の参加者によってプライベートパーティーであるからとして、入場を拒否される。この新たなSCP-2331-Pはそれ以上の異常活動無くおよそ8時間続いた。

[記録の終了]

インタビュアー: 研究員ヴィッケ
インタビュー対象: 特定されていない民間人。電話の追跡は最終的に公衆電話へ辿り着いた。

[記録の開始]

民間人: もしもし?

研究員ヴィッケ: あら、もしもし!この番号はS.C - ええと、[しかめ声で] DJ・カカシ? という人から聞いたのだけれど。

民間人: [笑い] ああ、そいつは知っているよ。私は彼ではないがね。ただの古い友人さ。彼は忙しいやつだからね、私がいつも彼の代わりに電話を受けているんだ。何が必要なんだい?

研究員ヴィッケ: 彼についてもっと教えてもらえますか?どうやってあなたは彼に会いましたか?私は地元の新聞の職員で、彼にインタビューをしたいんです。

民間人: なるほど、私は彼についていっぱい話すことがあるけれど、きっとあなたは信じないだろうな。彼はかつてジャックと呼ばれていた、知ってるだろう?ランタンのやつさ2。たくさんの仕事をして、葉っぱの色を変えて暗い夜には物を霧で覆った。もしあなたが私の言っている事が分かるなら、彼は少し季節労働者だったな。

研究員ヴィッケ: なぜ彼は最近… DJ・カカシとして知られているのですか?

民間人: 時は変わる。1年でこの時期のお祝いは… [ため息] 自分が何より大事にしていたものがそのかつての残骸へなるのを見るのは辛い。ジャックは疲れたのだ。彼は悲しんだ。彼はリタイアしかつて物事がどのようであったのかを思い出させてくれる物に移ったのだ。

研究員ヴィッケ: 良く分から - ではあなたと彼の関係は何ですか?

民間人: [小さな笑い] 一度だけ彼にとても親切なことをしたことがあってね。それから交友関係が続いているのさ。どちらにしろ、あなたが記者であるという話しを私は信じないよ、お嬢さん。

研究員ヴィッケ: あら。名前か何か必要ですか?私の勤め先の番号を -

民間人: あなたが本当は何であるかは知らないが、あなたが何を代表していようとも、彼が何のトラブルも望んでいないといことは是非伝えてもらいたい。彼は誰も傷つけず、彼のパーティーは決して暴力的にならない。彼は昔に消えてしまった感覚を探し求めているただの老いた男なのだ。[電話は切れる]

[記録の終了]

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 30 Oct 2016 02:59
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website