nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2928 第弐拾壱之秘儀
EuclidSCP-2928 第弐拾壱之秘儀Rate: 125
SCP-2928

アイテム番号: SCP-2928

オブジェクトクラス: Euclid (元Keter)

特別収容プロトコル: 全世界規模で法執行機関およびタブロイド紙メディアに潜入しているエージェントは、SCP-2928の可能性がある目撃情報および活動に関しての、入ってくる情報を監視します。SCP-2928の疑いがある目撃情報は機動部隊ベータ19(“小夜啼鳥”)によって調査され、個体が可能であれば収容、または必要に応じて終了されることを確実にしてください。SCP-2928の各個体は、サイト██内の標準ヒト型生物収容ユニットに、別々に封じ込めされます。SCP-2928と直接接触する職員は、機動部隊ベータ19の隊員も含め、オペレーション葛1の構成要素によって概説される存在としてのSCP-2928に対する精神的理解を保ってください。

オペレーション葛は無期限に有効状態を保ちます。オペレーション葛は、SCP-2928に対する抗ミームとして効果的に作用する既存メディアを作成・拡張することを目的に設定されたものです。適格とされるメディアの制作者には、彼らの仕事の期間を延長するための努力の一環として連絡を取りますが、財団またはその目標に関しての事実情報は与えられません。獲得後は、葛のコンテンツ制作者は財団の保護下に置かれるべきです。

違反の正確な日付は不明ですが、1996/12/02、SCP-2928の影響が全てのSCP-2928関連ドキュメントに拡散していることが判明しました。このため、本文書内のミーム的トリガーは職員の知覚変化を防ぐため抹消されており、全ての将来的なトリガーもまた同様に消去されます。十分なクリアランスを持つ者、およびSCP-2928の影響に対して効果的な接種を受けている者は、その他の消去されたデータを含む未編集インタビューへのアクセス権を与えられています。

説明: SCP-2928は、そのアルファ相において、彼らを観測する人物に幻覚症状2を引き起こすヒューマノイドです。アルファ相は自発的な行動であり、SCP-2928の姿を、影響を受けた対象が概念的に[データ削除]として理解している存在として見せます。この効果は映像・写真にも引き継がれます。最も一般的な幻覚効果は、[データ削除]の一般的なステレオタイプに伴い、SCP-2928を発見することができなくなるというものです。SCP-2928は、これ以外の点においては、解剖学的および遺伝的に異常性を持たない人間と同一です。ほとんどのSCP-2928は、他の異常存在に関する基本的な知識を保有しており、ごく稀にAnomalousアイテムを武器または道具として装備しています。

SCP-2928による、検出不可能性の意図的な効果を永続するための情報の公開は、15世紀初頭には確認されています。アメリカ合衆国においては、1980年代に[データ削除]に関するメディアが、主に映画産業において劇的に増加しました。SCP-2928の活動は、[データ削除]に対する一般大衆の認識と、その結果としてのSCP-2928非検出特性の有効性の向上という刺激を受けて著しい増加を示しました。

1999年、████ ████は██████シリーズの連載を開始しました。このシリーズのコンテンツは、読者に対して[データ削除]を遥かに目立つ存在として印象付け、SCP-2928の異常性が意図するところの影響力を弱めました。作者がSCP-2928に対抗する意図を持っていたかは不明ですが、財団はオペレーション葛の発足と共に、シリーズの連載期間を成功裏に引き延ばしました。オペレーション葛が適度な成功を継続的に収めていることから、オブジェクトクラスは正式にKeterからEuclidへと変更されました。

SCP-2928-13: 俺はニンジャだぞッ!

スズキ博士: <含み笑い> ええ、分かってますとも。まだちゃんと見えてますよ。私には日本演劇の黒子にしか見えませんけどね。

SCP-2928-13: <笑い> やってみる価値はあるだろ。1回は管理人をビビらせたんだぜ。<SCP-2928-13はアルファ相を解く> さて、話を先に進めようか。

スズキ博士: あなたの組織が何を遂行しようとしているのか、教えていただけますか?

SCP-2928-13: まず第一に、俺はもう構成員じゃない。あんたも知ってる通りね。俺たちが何をやってきたかって言えば、食いつないできただけだよ。殺し、盗み、報酬を受け取る。ホントにそれだけだ、少なくとも俺みたいな戦闘要員には。俺たちは魔法の傭兵、それ以上の何物でもない。何百年もの間同じ事さ。それをただ気付かれないように続けてきただけの話。だからあんた達のデータベースを弄くる事も…ありゃ95年だっけか?

スズキ博士: 1996年ですね。ありがとう、いくつかの仮説が証明できましたよ。幻覚の原因であるアルファ相について教えていただけます?

SCP-2928-13: 忍術の秘儀さ。表向きは18しかないんだが、こいつは21番目。俺たちはこの儀式を通して、自分自身をイデアに結びつける。だから俺たちは超ステルス状態になってたはずだぜ、分かるだろ? それこそが、忍者とは斯くあるべしと皆が思っているものだからだ。

スズキ博士: 最近のポップカルチャーの発展は、組織にどのように影響してるんですか?

SCP-2928-13: 全く馬鹿げてるよ。俺の親父はこんな事に対処しなくたってよかったんだ。親父はマスターアサシンでさ、夜の闇に生きる人間だった。俺もそうだったんだよ、しばらくの間は。やがて2000年代初めに様子が変わって、どんな任務であれ、周りにまずい奴が居ようものなら巨大ネオンサインめいて悪目立ちする危険が付き纏うようになった。古き良き手法で解決しようともしたけど、相変わらず俺たちは問題にぶつかり続けてたよ。あぁ、確かにそうだ。その後、ソマリアでの暗殺でドジ踏んで、俺は隠れ家を探す羽目になった。俺が知ってるのはクランでの生活だけだし、今や連中は俺に死んでほしいときてる。

スズキ博士: それで、私達と連絡を取る事を試みたと言うんですか?

SCP-2928-13: ああ。友達の友達を頼ってな、あれやこれやがあって、UIUから押しつけられる体であんたらの所に来た訳だ。

スズキ博士: ああそうだ、もう1つ。1984年に製作されたプロパガンダ・シリーズの事なんですが…

SCP-2928-13: あのカメか? 俺は知らないね。あれの製作には山ほどコカインが絡んだそうだが。

スズキ博士: ふむ。そうでしたか。それじゃ、彼らは実際には存在しないんですか?

SCP-2928-13: え? あぁ。いや、奴らは実在するよ。俺が言ったのは、実際に奴らを創り出した奴らがコカをキメてたってことさ。マンガの方はその言い訳みたいなもんだな。

ページリビジョン: 1, 最終更新日時: 15 Feb 2016 18:19
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website