nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-3045 bzzip.exe
SafeSCP-3045 bzzip.exeRate: 58
SCP-3045
bee_big-nose.png

SCP-3045のロゴ。

アイテム番号: SCP-3045

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-3045のインストール用パッケージはフラッシュドライブに保存し、現地の安全な保管ロッカーに収容します。研究者は実験目的でSCP-3045を隔離コンピュータにインストール可能です。実験が終了次第、このコンピュータ(および全ての周辺機器)は破壊されます。SCP-3045を収容しているコンピュータ、建造物、施設は全てTEMPEST認定を受けていなければいけません。

如何なる状況でも、直接的にハチに言及しているメディアファイルに対してSCP-3045を使用するべきではありません。

説明: SCP-3045は特定種のメディア(プレーンテキスト、書式付きテキスト、MOV、AVI、MP4)のサイズを縮小できる異常なアプリケーションです。SCP-3045は、内容を刈り込んで“単純化”した新しいファイルを生成することによってこれを実行します。こうして生成されたファイルはさらに同じ手順で縮小可能です — しかしながら、ある程度繰り返すと、結果として得られるファイルにデータは殆ど/全く含まれなくなります。更なる縮小の試みは、この最後のファイルを複製するだけに終わります。

補遺3045.1: 実験ログ

説明: シェイクスピアの“ハムレット”を収めた書式付きテキストファイル。

序: スペース節約のため、最初の3回分は第一幕のみが提供された。4回目以降は劇全体が提供されている。

第一幕

場面: 城壁の上の通路。

警備兵たちとホレイショー入場。

警備兵たち: ホレイショー! 亡霊が出た。

ホレイショー: 信じられない。

亡霊入場。

ホレイショー: 信じよう。

警備兵たち: お前は賢い。話しかけてみろ。

ホレイショー: 何か言え、亡霊。

亡霊退場。

ホレイショー: あの亡霊は死んだ王の物を着ていた。

亡霊入場。

警備兵たちとホレイショー: 戻ってきた。

亡霊退場。

ホレイショー: ハムレット様に亡霊はお父上の物を着ていたと伝えなければ。

場面: 城の広間。

クローディアス王、ガートルード王妃、ハムレット、ポローニアス、レアティーズ、男たち入場。

クローディアス王: 我が兄は王だったが死に、私は彼の妻と結婚した。私は非常に賢く有能な王だ。諸君、賢く有能な事を行うよう命ずる。

男たち: 仰せの通り。

男たち退場。

レアティーズ: フランスに行きたいです。

クローディアス王: 父の許可を得たのか?

ポローニアス: 許可しました。

クローディアス王: なら行け。

ハムレット: 憂鬱だ。

ガートルード王妃: 憂鬱なのを止めなさい。

クローディアス王: 母の言う事を聞きなさい。

ハムレット: もう憂鬱じゃない。

クローディアス王: 万事順調だな。

ハムレット以外全員退場。

ハムレット: 万事順調じゃない。俺はまだ密かに憂鬱だ。

ホレイショーと警備兵たち入場。

ホレイショー: 亡霊があなたのお父上の物を着ていました。見に行きますか?

ハムレット: ああ。

場面: ポローニアス家の一室。

レアティーズとオフィーリア入場。

レアティーズ: ハムレットとセックスはするな。

オフィーリア: 分かりました。

ポローニアス入場。

ポローニアス: レアティーズ、お前自身に利するようにだけ行動せよ。

レアティーズ: 分かりました。

レアティーズ退場。

ポローニアス: ハムレットとセックスはするな。ハムレットと話をするな。

オフィーリア: 分かりました。

場面: 城壁の上の通路。

ハムレット、警備兵たち、ホレイショー入場。

ハムレット: 色々な事が起きている。

亡霊入場。

ハムレット: あれは父上の亡霊だ。

亡霊がハムレットを手招きする。

ハムレット: 彼が望んでいる事を見たい。

警備兵たちとホレイショー: 行かないでください。

ハムレット: 俺は行くぞ。

亡霊とハムレット退場。

警備兵たち: 何かが腐っている。

場面: 通路の別の場所。

亡霊: クローディアスは私を殺してお前の母と結婚した。

ハムレット: 仇を討ちます。

亡霊: よろしい。

亡霊退場。

ハムレット: 俺は憂鬱だったが今では怒っている。

警備兵たちとホレイショー入場。

ハムレット: 見たものは誰にも話すな。

亡霊: (舞台外から) 誓え。

ハムレット: 俺は狂人を装う。知らぬふりをすると誓え。

亡霊: (舞台外から) 誓え。

彼らは誓う。

説明: “インディ・ジョーンズ/最後の聖戦”(オリジナル劇場公開版)全編を収めたMP4ファイル。

序: ロジャース研究員は、各試行を視聴し、特筆に値する相違点を要約するよう指示された。

主要登場人物: インディアナ・ジョーンズ、ヘンリー・ジョーンズ、エルサ・シュナイダー、サラー、ウォルター・ドノヴァン、フォーゲル大佐、聖杯の騎士

あらすじ: 映画はウォルター・ドノヴァンがインディに聖杯探索を持ちかける場面から始まる。ドノヴァンは、彼の父(ヘンリー)にも依頼したものの、失踪していることに言及する。インディはヴェニスへ飛び、エルサと出会う。両者は協力して隠された十字軍騎士の墓を発見し、聖杯がアレクサンドレッタにあることを突き止める。エルサとインディはブルンワルド城に監禁されているインディの父を救出しようとしてフォーゲル大佐に捕まる。エルサはここで裏切り者であることを明らかにする。インディとヘンリーは逃げ出して — サラーと合流した後 — アレクサンドレッタへの途上でナチス軍と戦う(フォーゲル大佐敗北)。聖杯の神殿で、ドノヴァンは自身が裏切り者であることを明かし、インディの父を撃って、インディが彼を救うために三つの試練に挑むことを強制する。インディは三つの試練を乗り越え、エルサとドノヴァンは後に続く。聖杯の騎士と出会ったインディは、正しい聖杯を選び取らなければならない事 — そして聖杯は寺院から持ち出せない事を聞かされる。ドノヴァンが到着し、エルサは彼が偽の杯を選ぶように誘導する(結果としてドノヴァンは死亡)。インディは正しい聖杯を選び、それを使って父親を癒す。エルサは聖杯を持って寺院を離れようと試み、寺院の崩落(そして自らの死)を招く。インディ、ヘンリー、サラーは馬に乗って夕陽に向かって駆けてゆく。

特筆すべき違い: マーカス・ブロディとカジムの出番、および“十字剣の兄弟”にまつわるサブプロットが消失。ヘンリーの日誌は物語のどの時点でも言及されない — インディ一行は日誌回収のためにベルリンを訪れず、ドイツ脱出のために飛行船に乗ることも無い。オープニングの出来事(コロナドの十字架を追う青年期および大人のインディ)は完全にカットされている。対話が数多くの場面で大幅に簡略化され、余計な会話が殆ど無くなっている。

上映時間: 85分

説明: サミュエル・ベケットの喜悲劇“ゴドーを待ちながら”の全体を収めたプレーンテキストファイル。

登場人物たち入場。

登場人物たち: 俺たちはゴドーを待っている。

ゴドーは現れない。

説明: ドリームワークス・アニメーションのアニメ映画、“ビー・ムービー”の全編を収めたMOVファイル。

序: シャオジン研究員は、各試行を視聴し、特筆に値する相違点を要約するよう指示された。

主要登場人物: バリー・B・ベンソン、ヴァネッサ・ブルーム、ケン、花粉レンジャーたち

あらすじ: バリー・B・ベンソン(ミツバチ)は大学を卒業したばかりで社会になじめずにいる。ハチたちの社会から与えられた仕事を放棄して“花粉レンジャー”(これもハチ)たちの仲間入りをした彼は、ヴァネッサ(人間の花屋)とケン(ヴァネッサのボーイフレンド)に出会う。ケンはバリーを殺そうとするが、ヴァネッサがそれを助ける。バリーは後ほど戻ってヴァネッサに感謝の意を示し、やがて両者は親密な関係になる。人間がハチから蜂蜜を搾取していると知ったバリーは人類を訴える — そして、一連の騒動を経て裁判に勝利する。しかしながら、余りにも多くの蜂蜜を手に入れた(?)ハチたちは働くのを止めてしまい、結果的に世界中の花が枯れる。バリーとヴァネッサは生き残りの花があるカリフォルニア州の街へ向かい、花を満載したパレード用の山車を盗み出す(??)ことによって、ハチが世界中で受粉を再開できるようにする。バリーと他のハチたちは花を使って被害を回復させ、映画は全てのハチが人間と協力して働く様子を映して終わる。

特筆すべき違い: 無し。

上映時間: 97分

補遺3045.2: 回収

2010/02/16、財団Web解析Bot(I/O-SAURON)が、とあるカリフォルニア州のスタートアップ企業(“HiveFind”)による幾つかの大規模なオンライン購入を不審なものとして検出しました。同社のWebサイトは“次世代アルゴリズム、クライアント中心のソリューション、そして最先端の圧縮ソフトウェア”を提供すると主張していました。

3日後、機動部隊ミュー-4(“デバッガー”)がHiveFind社の事務所のガサ入れを実行しました。建物は最近になって放棄されたようでしたが、数点の機材 — 大型QRスキャナー14機、デスクトップコンピュータ15機、保存処理された蜂蜜900ガロン以上 — が発見されました。詳細な分析の後、ミュー-4はQRスキャナーが各々1台ずつコンピュータを制御するために配線されていたと断定しました。SCP-3045はコンピュータのうち1台のハードドライブから見つかりました。

後の捜索で、50匹以上の(異常性を持たない)apis mellifera(セイヨウミツバチ)の死骸がオフィス全体に散らばっていたことが明らかになりました。

HiveFind社に関する調査は進行中です。

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 10 Dec 2017 13:14
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website