nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-3112 インディ・メール
SafeSCP-3112 インディ・メールRate: 50
SCP-3112
SCP-3112.jpg

最初の出現事象を調査するため、SCP-3112-A実例を集めるエージェント███

アイテム番号: SCP-3112

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-3112は地球規模の電磁放射検出を目的とする財団衛星によって監視されます。7a x 7.7a7a Hzの周波数を示すことが確認された地点は、GOI-312に関連する活動が行われている可能性があるかを更に監視します。

出現したSCP-3112-Aを収集するため、財団職員が常時サイト-81スタッフ休憩室の監視に割り当てられます。SCP-3112-A実例は速やかに検査・分類します。SCP-3112-A実例の急激な流入が発生した場合は、追加の財団職員および装備品が当該エリアに割り当てられます。収集されたSCP-3112-A実例は保管サイト-81の標準的な収容ロッカーに保管されます。

財団が作成したSCP-3112実例を用いての実験が、2016/07/21を以て█████博士に承認されています。SCP-███に関連する電磁干渉のため、実験はサイト-79で実施されます。

説明: SCP-3112は、周波数が7a x 7.7a7a Hzである電磁放射線の異常な一形態です。SCP-3112は手紙および葉書の次元間転移を可能とすることが観察されています。SCP-3112の周波数と異常効果を再現する財団の取り組みは成功しています。(参照: 実験ログ-3112-01)

サイト-81のスタッフ休憩室における、SCP-3112-Aと指定される封筒や葉書の自然発生的な出現は、SCP-3112周波数の妨害によって引き起こされていると想定されます。このSCP-3112周波数の唐突な中断は、SCP-3112中断電波の終端に到ったSCP-3112-A実例の予期せぬ放出に繋がります。SCP-3112周波数の妨害は、同サイト内で発見されたSCP-███の異常特性によるものと確証されました。SCP-3112-A実例は本質的には異常でないことが確認されています。SCP-3112-Aは未知の筆記体や言語で記された文章を示しますが、一部の実例には判読可能な書き込みが含まれます。宛先と返送先住所は各SCP-3112-A実例ごとに固有のようです。

“インディ・メール”を名乗る、恐らくは異次元由来の郵便事業プロバイダ、指定名称GOI-312が、SCP-3112およびSCP-3112-A出現事象の要因であると主張しています。GOI-312は過去2回、財団との接触に成功し、最初の接触においてSCP-3112-Bの構築に関する指示を提供しました。 (参照: 文書-3112-01および文書-3112-02) GOI-312との更なる接触の試みが行われています。

SCP-3112-Bは、Quercus macrocarpa、通称バーオークの木の幹に埋め込まれた50cm×50cm×50cmの木箱です。1本の小枝が接着剤で箱に取り付けられています。特定の条件に従ってSCP-3112-Bに投函された手紙や葉書は、SCP-3112周波数に曝露すると即座に転送されます。SCP-3112-Bは、GOI-312への連絡にSCP-3112を利用するため、█████博士の許可の下で財団によって構築されました。


SCP-3112-A実例の分類中に、財団を直接の宛先とする手紙が発見されました。以下は手紙の転写です。

InDi-MAIL

どんなに遠く離れていても、繋がっています


財団の皆様へ

私どもインディ・メール一同より、ご不便をお掛けしておりますことを深くお詫び申し上げます。皆様の領域を通過するために確立した配達路の一本において、鴉波への予期せぬ干渉に直面し、結果としてメッセージが皆様の所在地に早期投下されました。私どもインディ・メールはこれを深く反省すると共に、可能な限り早急な問題解決に向けての取り組みを進めています。

私どもインディ・メールはお客様のプライバシーを尊重しております。私どもがこの事案を解決できるまでは、皆様宛となっていない手紙の開封を控えていただきますよう、ご協力をお願い致します。

繰り返しになりますが、私どもインディ・メールは本件を心よりお詫び申し上げます。この状況への対処に関しては、どうか皆様からも格別のご配慮を宜しくお願い致します。

敬具、
ハロル・ヘイレル
インディ・メール カスタマーサービスセンター

続きは裏面に書かれています。ここには、SCP-3112-Bと指定される単純な装置を用いてSCP-3112の異常効果を潜在的に利用・複製するための指示が記されています。GOI-312の連絡先情報と思しきものも記載されています。


更なるお問い合わせやご提案は、私どもの郵便宛先までご連絡ください。

インディ・メール、郵便業、ID-Mボックス0001、キングステルトシン SX 000-19239-109234


私どもの配達路に接続するのは初めてですか? あなたのボックスが適切に幹に埋め込まれていることを確認してください。オークの木を使うと接続が強力になる場合があります。あなたのボックスが鴉波を検出できるかを確かめ、もしそうでないようならば、より高い場所に設置してください。より強い接続を得るためにはボックスに小枝を取りつけてください。



このファイルには、次元間転送のためにSCP-3112を利用する全ての試みを記録します。以下のフォーマットを使用してください。

研究者:
日付:
手順:
結果:
注記:

以下は、2016/07/25現在まで、以下全ての実験に用いられている手紙の転写です。

インディ・メールの皆様へ

ご連絡ありがとうございます。私ども財団は皆様からの通知を受領し、状況を完全に理解致しました。皆様のご要望に極力配慮し、従わせていただく所存です。

私どもは現在、皆様の郵便転送手段を利用する試みとして実験を行っております。皆様が手紙の次元間転送に電磁放射線を使用していることが、私どもの関心をかきたてました。私どもはインディ・メールについてより深く知ることを望んでいます。この手紙が皆様の下へ届いたのであれば、返信を宜しくお願い致します。

敬具、
█████博士
財団研究員


文書-3112-01の回収に際して、█████博士の承認の下、SCP-3112-Bと複製SCP-3112実例の実験が開始された。

研究者: █████博士
日付: 2016/07/21
手順: 10cm×10cm×10cmの箱に入れたRattus rattus、通称クマネズミをSCP-3112-B内に配置して、SCP-3112に直接曝露させる。箱には文書-3112-01に掲載されていた特定の郵送先住所が記されている。
結果: 箱は短時間消失し、約3.50秒後に再出現した。再出現時、以下のメモが箱に添付されているのが発見された。

無効な配送物: 生きている生命体の出荷は私どもの次元間輸送規定に違反しています

実験後の検査で、Rattus rattus標本の状態は普通であるように思われた。


研究者: █████博士
日付: 2016/07/22
手順: 10cm×10cm×10cmのプレキシガラス箱に入れた起動中のデジタル記録機器を、SCP-3112-B内に配置して、SCP-3112に直接曝露させる。箱には文書-3112-01に掲載されていた特定の郵送先住所が記されている。
結果: 箱は短時間消失し、約3.50秒後に再出現した。再出現時、以下のメモが箱に添付されているのが発見された。

無効な配送物: 配送物が大き過ぎます

実験後の検査で、機器から得られた記録には砂嵐が映っていた。


研究者: █████博士
日付: 2016/07/23
手順: 3cm×3cm×3cmのプレキシガラス箱に入れた起動中のデジタル記録機器を、SCP-3112-B内に配置して、SCP-3112に直接曝露させる。箱には文書-3112-01に掲載されていた特定の郵送先住所が記されている。
結果: 箱は短時間消失し、約3.50秒後に再出現した。再出現時、以下のメモが箱に添付されているのが発見された。

無効な配送物: 配送物が大き過ぎます

実験後の検査で、機器から得られた記録には砂嵐が映っていた。

注記: 平らな郵便を使おう、私が手紙を書くことにする。 -█████博士


研究者: █████博士
日付: 2016/07/25
手順: 標準的な封筒に入れた手紙1通を、SCP-3112-B内に配置して、SCP-3112に直接曝露させる。封筒には文書-3112-01に掲載されていた特定の郵送先住所が記されている。
結果: 手紙は短時間消失し、以前の実験と同じように約3.50秒後に再出現した。再出現時、以下のメモが手紙に添付されているのが発見された。

無効な配送物: 郵便トークンが必要です

注記: この“郵便トークン”なる物の正体を特定しなければならない。恐らくSCP-3112-A実例を調べれば何かしら分かる事もあるはずだ。 -█████博士


検査されたSCP-3112-A実例の100%に、Sambucus nigra(通称セイヨウニワトコ)由来の葉が封入されていた。これが問題の郵便トークンであると仮定されている。

研究者: █████博士
日付: 2016/07/28
手順: 標準的な封筒に入れた手紙1通とSambucus nigraの葉1枚を、SCP-3112-B内に配置して、SCP-3112に直接曝露させる。封筒には文書-3112-01に掲載されていた特定の郵送先住所が記されている。
結果: 手紙は短時間消失し、以前の実験と同じように約3.50秒後に再出現した。再出現時、以下のメモが手紙に添付されているのが発見された。

あなたの手紙は間もなく送付されます。インディ・メールをご利用いただきありがとうございました。

注記: ようやく、初めての成功した試みだ。後は結果を待つのみだな。 -█████博士


財団によるSCP-3112を通した次元間転移の試みが初めて成功した翌日、SCP-3112-A実例の分類中に、文書-3112-01と類似する手紙が発見されました。以下は手紙の転写です。

InDi-MAIL

どんなに遠く離れていても、繋がっています


財団の皆様へ

皆様の手紙を受領致しました。私どもインディ・メールにお問い合わせいただきありがとうございます。チーム全体を代表して、最近の事件にも拘らず、皆様が私どものサービスの利用に関心を寄せておられることを心より感謝致します。

皆様は既にご自分の鴉波接続を完了していらっしゃるようです。私どもに代わって設定プロセスを短縮してくださったことに感謝致します。今の私どもがすべき事は、ただ皆様の鴉波を、皆様の領域のために開発される新たな配送路に接続するだけです。一旦それが完了すれば、皆様は正式に、拡張され続けている私どもインディ・メールのユーザーリストの一部となります。

皆様の領域に私どものサービスを拡張する可能性を切り開いてくださったことを、領域3876-ßの代表者である財団に感謝致します。皆様がいなければこれは成し得なかったでしょう。

今後お近くに開かれるインディ・メールの支店にご期待ください!

敬具、
ネールレン・ザ・グレート
インディ・メール社長 兼 創始者


ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 28 Jul 2018 18:08
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website