nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-3336 御大事に
KeterSCP-3336 御大事にRate: 90
SCP-3336

アイテム番号: SCP-3336

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-3336は収容されておらず、発生した時点で財団の制御下から違反したものと見做されます。倫理委員会は、全世界への記憶処理で民間人によるSCP-3336への認識を抑止する案に反対しています。現行のプロトコルは主に研究を重視しています。

関連する報道は国際的に監視されます。機動部隊ロー-11(“ティッシュ箱”)はSCP-3336への尤もらしい説明および/または接点を有する人物を調査し、それらの人物の拘留、尋問、記憶処理薬の投与、また適切な場合には財団による収容努力への統合に責任を負います。

SCP-3336-Aは常に最低1名の財団エージェントによって監視されます。現在は、SCP-3336-Aが示す任意の異常性を速やかに財団に報告するため、エージェント ショーン・バットがバヤルサイハン一家の下に駐留しています。

説明: SCP-3336は、2014/04/16の協定世界時21:55に発生した世界同時嚔事象 — 即ち、くしゃみをする事が可能なあらゆる有知性生命体が同時にくしゃみをした現象を指します。SCP-3336に影響されなかった生命体が存在する証拠は提供されていません。

SCP-3336に起因するくしゃみには固有の異常性が確認されていません。統計的にありえないという点を別とすれば、SCP-3336は理論上、異常な干渉力が無くとも発生し得る現象です。国際報道機関は、主に交通事故による世界各地の民間人78名の死亡を確認しています。これに加えて、実験室での事故4件が財団職員12名の死亡を引き起こしています — これは例外なく、くしゃみによって職員の注意が短時間途絶えたことが原因です。SCP-3336はSCP-████の収容違反中に発生しましたが、実施された全ての研究はこの事案が偶然の一致だったことを示しています。SCP-3336の発生に続く収容関連の状況は全て処理されています。

SCP-3336の原因は発見されていません。有意に疑わしい人物らに対して行われたインタビューでは、SCP-3336の理屈に関する完全な結論は得られていません。SCP-3336についての一般社会の理論の大部分は、当該事象を宗教的な神格、秘密結社/軍の超兵器、あるいは地球外生命によるものとしています。如何なる要注意団体・人物もSCP-3336に関わる責任や内部知識を明かしていません。

SCP-3336-Aは、モンゴル北部のバヤルサイハン一家が所有する23頭のトナカイの群れです。SCP-3336の15日前、群れ全体のトナカイが一斉にくしゃみをしました。この出来事はドゥハ人に関するドキュメンタリーを撮影中だった映画監督ジョシュア・フーのカメラに捉えられ、フー氏はSCP-3336の直後に映像をオンラインに投稿しました。これが財団の注意を引き、フー氏の主張は速やかに確証されました。その後、エージェント ショーン・バットがバヤルサイハン一家と会うために派遣されました。一家は協力的であることが確認され、SCP-3336-AがSCP-3336および/または類似事象の警告システムとして機能する何らかの異常性を持つ可能性を監視するために、エージェント ショーン・バットが自分たちの下に留まることを認めました。

補遺3336-1:

回答者: アリソン・シェイン

質問者: ケンダル・ローレン研究員

日付: 2014年4月28日

序: シェイン女史は、くしゃみを強制されるのが作中の人間のみであるという例外を除いては同一内容の事象を描写している架空の短編小説を執筆していたため、SCP-3336の発生後に民間人の注目を集めた。彼女はSCP-3336の前日に、高校の文章教室でこの作品を書き上げ、友人やクラスメイトと共有した。友人の一人がオンラインで偶然の一致を指摘したため、小説は急速に拡散された。財団はインタビューのために、フロント企業のジャーナリストを通して彼女と接触した。

<記録開始>

ローレン: 今夜のインタビューに応じていただき、ありがとうございます。

シェイン: あー、気にしないで。インタビュー受けるほどの重要人物になるなんて思わなかった。

ローレン: 短編小説を書いた動機は何だったのでしょう?

シェイン: 主に単位かな。前はフィクションなんか書いたことなくてさ、そもそも小説書く理由なんて英語の授業で短編書けって言われたから、それだけ。何を書こうかって授業中にブレインストーミングしてたら、クラスメイトの1人と私が同時にくしゃみしたの。例の超絶くしゃみが、あれ、実際に起きちゃう2週間ぐらい前の話。そんなに変わった事じゃないよ、私たち2人ともアレルギー持ちだし、時期が春だから先生はあの日授業を屋外でやってたし。でもあれがインスピレーションになった。私はあれを次のレベルに持っていきたかった — たった2人じゃなくって、みんながくしゃみする話。そういうバカみたいな出来事に世界はどう反応するか掘り下げたら面白いかなって考えたんだ。今住んでる世界がまさにそうだと思うけど。

ローレン: 皆がくしゃみをした時、どこで何をしていたかは覚えていますか?

シェイン: うん。バンドの練習からウチに帰って、妹と夕ご飯食べてた。今日はどんな日だったかって妹が話してる最中に思いがけずくしゃみが出たもんだから、ニンジンを吐き出しちゃったよね。唐突だったし、妹はアレルギーとか無くてあの日も元気だったから、2週間前の授業中に出たシンクロくしゃみよりもっとずっと妙な感じだった。その後、ソーシャルメディアが大騒ぎしてるのに気付いて、一番最初に拡散された動画を幾つか見た — スウェーデンのメタルバンドがコンサート中に観客と一緒になってくしゃみしてるアレとか。その時から、私って超能力があるんじゃないかって思い始めたの。

ローレン: それで、超能力はありましたか?

シェイン: 絶対あると思う。だってさ、あんな事が起こるなんてめっちゃ凄い偶然の一致じゃない? イキってるわけじゃないよ、でも私より先にこのアイデアで何か書いた人はいないと思うんだよね、それに私が書き上げた実質すぐ後にホントに起きたんだし。

ローレン: あれ以来、他の物語を書いていますか?

シェイン: 勿論! 宝くじに当せんする話を書いて、次の日1枚買ってみたの。100ドルの当たり。真実の愛を見つける話を書いたら、何日か後に昔の友達からヨリを戻そうってテキストメッセージが来た。

ローレン: 執筆を試みた物語はそれだけですか?

シェイン: んー、違うよ、もっとずっとたくさん書いた。書いた物事が現実になる女の子がいたら、普通は何でもかんでも独り占めしようとするよ。でも全部に影響力があるわけじゃないみたい。ちょっとした事、例えばラジオが好きな曲しか流さなくなる話とか書いたけどそれは起きなかったし、Amazonの注文が早めにくる話も実際には起きなかった。他に上手くいかなかったのは部屋の本棚から本が1冊落ちる話、これも起きてない… 今んところ。あとはパパがせめて1回ぐらい私に優しくしてくれる話、あれはもう全然ダメ。いっぱい試してはみたんだけどね。多分私のパワーは世界中を引っ繰り返すか何かした後、真実の愛とお金で使い切ったんだと思う。

<記録終了>

結: 上記インタビューの内容は財団のフロントウェブサイト southcarolinapress.com に掲載された。見かけ上の異常性を再現する試みの失敗についてシェイン女史が述べた後、インタビューは事実上終了し、ローレンは本題から逸れてシェインを実験に勧誘した。シェインは快諾したが、6ヶ月間に及ぶ努力の後も彼女の異常性は再現できなかった。完全に普通の若い女性であることが合理的な疑いの余地無く示された後、シェインは財団の活動下から解放された。確認済の異常能力が再発した場合に備えて、アリソン・シェインの監視は近い将来も続けられる予定。インタビューでシェイン女史が言及した文章は何ら特筆に値する物ではなかった。

回答者: フロリアン・ピヒラー牧師

質問者: エージェント モニカ・シュトルヒ

日付: 2014年6月5日

序: ドイツ、プフェッフェンハウゼン市のプロテスタント聖職者であるフロリアン・ピヒラー牧師は、2014年の春に黙示録的な事象が発生すると予言していたために財団の注意を引いた。ピヒラーは遡ること2006年からこの問題に触れる説教を行ってきたと主張している。SCP-3336に続く大量の宗教的報道によって、ピヒラーはソーシャルメディアからほとんど注目されなかったが、牧師に預言的性質が想定されたため、財団は調査に踏み切った。ピヒラーは連絡を受け、彼とエージェント モニカ・シュトルヒ (ロー-11工作員、ドイツ語が堪能でありプロテスタントの背景を有することから抜擢) の会談が手配された。以下のインタビューは便宜のためにドイツ語から翻訳されている。

<記録開始>

ピヒラー: 私の教えのために遠路はるばる飛んできてくださったことを感謝します。私の言伝がより多くの人々に届くというのは、特に今日の我々が生きる時代においては実に幸せな話です。

シュトルヒ: どういたしまして。こうとも言えるかもしれませんね-

ピヒラー: 貴女がいらっしゃったのは神のお導きである、と?

シュトルヒ: 先に言われてしまいました。

ピヒラー: なに、私には先読みをする傾向がありましてな。

シュトルヒ: だからこそあなたとお話ししたかったのです。私はあなたと、あなたの預言についてもっと知りたい。

ピヒラー: 何を知りたいと仰る?

シュトルヒ: どのようにあなたがくしゃみについて知っていたか知りたいのです。

ピヒラー: おお、それは単純です。私は主なる神ご自身から言伝を受けました。

シュトルヒ: 言伝はどのようにして届きましたか?

ピヒラー: ゆっくりと。非常にゆっくりとです。かの御方は2003年、全世界で起こる大規模な疫病の短い幻視を、私に送り始めました。私はその事を自分一人の心に秘めました。接触から最初の数年間に、私は何か恐るべき、実に恐るべき病の余波の中、蒼褪めて痩せ衰え、瓦礫の中に横たわる何千人もの人々を見ました。神はこれが未来であると明確になさいました、それは確かです。唯一の問題はある疑問でした: “これはいつ起きるのか?”

シュトルヒ: マタイによる福音書24章36節、“その日、その時は、だれも知らない。天の御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる。”

ピヒラー: 私もそれは判っています。私はその日、その時を知りませんでした。しかし、テサロニケ人への第一の手紙5章1節から6節までで述べられるように、その時期は分かっていました。神を畏れるキリストの信者として、我々には主の帰還を注意深く待ち続けるのに必要な洞察があります。私に届く言伝の内にいる神は、それが直ぐに起こるだろうと語りました。そして、かの嚔の時が近付くにつれて、私の確信は強まっていきました。

シュトルヒ: 明確に、くしゃみについてあなたに送られた言伝はありましたか?

ピヒラー: ええ、数多く。一例として、疫病の幻視にはくしゃみとの明確な関連性があります。しかしそれよりさらに強い言伝ですと、これは私の言葉を信用していただけねばなりませんが、かの嚔が起こる直前に開いた日曜礼拝では、7人の出席者が祈りの最中に同時にくしゃみをしました。最初のうち、私はこれこそ幻視中の決定的な出来事、訪れるものの証明かもしれないと考えましたが、その数日後に起きた事とは比べものにすらならないのは言うまでもありません。そして終焉が訪れるという私個人の確信は、あの水曜日に皆が一斉にくしゃみをするまで極みには至らなかったのです! 実を申せば、あれが起こった時の私は全くの一人きりだったのですが、尋常のくしゃみでないのは直ぐ判りました。

シュトルヒ: では、私たちが神からこの兆しを受け取った今、これから何が起こるのでしょう?

ピヒラー: 我々は絶対の確信を持ってキリストの到来を待ち受けます。ありとあらゆる者が目撃した例の事象を為すほどに力ある存在は、神ご自身より他に在りません。そして何ゆえにかの御方はあのような事をしたのか? 我々を弄ぶため? いいえ、神はそれ以上のお考えをお持ちです、かの御方は我々の信仰を試すためにこの事象をお創りになったのですよ。近代史上で最も不可解なこの出来事への神の明らかな関与を否定するのは、地獄の業火を受けるに足る者たちのみです。他に誰がそんな事をできるでしょう?

シュトルヒ: 終焉が真に私たちに降りかかるのはいつになるか、お考えはお持ちですか?

ピヒラー: かの嚔は、私に対する神の最後の御言葉でした。あれ以来私はかの御方の声を聞いておりませんので、“直ぐに”という以上に語るべき言葉はありません。貴女もお気付きのように、キリスト再臨の時を我々が正確に知るのは不可能ですが、兆しはここにあります。今、我々は待たねばなりません。

<記録終了>

結: インタビュー後、エージェント シュトルヒは、ピヒラー師による2014/04/13の日曜礼拝の出席者数名に連絡を取った。全ての目撃者はピヒラーが説明した出来事と概ね一致する証言をした。関連する預言に進展があった場合に備えて、エージェント シュトルヒはピヒラー師と連絡を取り続けている。本稿執筆現在まで、ピヒラーはSCP-3336関連の更新情報を何ら提供していない。

補遺3336-2:

これを読むと我々が藁にすがりついているように思えるかもしれないと気付いた。実際その通りだが、それでも良い。状況を鑑みると、全てのSCP-3336に関連する所見は極めて貴重だ。性質そのものが一般社会の目に明らかであるアノマリーは、ここ財団における我々のあらゆる努力を覆すものだ。我々は世界全体を保護するためにいるはずなのに、今や世界を恐怖の中に取り残している。我々は、地球上のあらゆる生命に、一瞬にして手を伸ばすほど強力であることを証明したアノマリーの目撃者である。単なるくしゃみ以上に、そいつはどんな被害を及ぼし得るだろう? もし我々が何か、何でもいいからSCP-3336の起源を指し示すものを発見できたなら、黙示録を心配する必要が一つは減るかもしれない。

神のご加護がありますよう。God bless us all

フォン・ヘヒト博士

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 26 Nov 2018 15:06
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website