nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-3466 アメリカンドリームなんて夢見て生きるのは鳥頭だけ
EuclidSCP-3466 アメリカンドリームなんて夢見て生きるのは鳥頭だけRate: 164
SCP-3466

アイテム番号: SCP-3466

オブジェクトクラス: Euclid

newbk.jpg

SCP-3466の定例会議場。写真は事案-3466-02前に撮影された。

特別収容プロトコル: ボーリング協定1に則り、完全な収容はGoI-446(ウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズ)に委託されます。ボーリング協定の第4次改正を要約すると、SCP-3466個体群には雇用状態を模倣した活動が提供され、賃金が支払われることになっています。

GoI-446によるSCP-3466回収が不可能となるような収容違反が起きた場合は、サイト-64所属の現地機動部隊ベータ-4(“キャスタウェイズ”)2がSCP-3466の完全収容を任じ、個体群をサイト-64の鳥類飼育場に封じ込めます。サイト-64はボーリング協定第4次改訂に詳述されているバックアップ収容プロトコルを実装します。

ボーリング協定についての詳細は、サイト-64管理部門に連絡すれば最新版コピーが閲覧可能です。

説明: SCP-3466は、オレゴン州のクラカマス郡、より具体的にはボーリングの町に永住しているアメリカガラス(Corvus brachyrhynchos)の大群です。この群れに属するカラスへの実験では、同じ地域にいる同種のカラスと比較した場合、問題解決能力・意思疎通・顔認識・率先力において平均よりも高い数値が得られます。SCP-3466個体群はまた、通貨および事業への高い感性を有しているようですが、これが知性を得る一歩手前の状態か否かは確証されていません。SCP-3466が不動産・事業免許書・その他アメリカ国内でのレストラン経営に必要な法的書類を入手するために異常な手段を用いているか否かは現在も調査中です。外部の存在から影響を受けている可能性はまだ除外されていません。

異常な行動の初期報告は2013/3/16、GoI-466が攻撃的な鳥に対処するための即時援助を求める電話通報を受けた(そして共有した)時に発生しました。全ての通報者は屋外で襲われており、その多くが玄関先に置かれた幾つかのテイクアウト用食品容器に言及しました。

(通報者がGoI-466に電話を掛ける。GoI-466の従業員、以下“応答者”が電話を取る。)

応答者: はい、こちらはウィルソンズ・ワイルドライフでございます。お電話は鳥の件でしょうか?

通報者: そうだ、そう — 他の人も襲われてるのか? 俺の家の外にいて窓をつついてる!

応答者: 落ち着いてください、まず—

通報者: 奴らは賢いぞ。とんでもなく賢い。俺を罠に嵌めやがった、バーガーキングの箱を玄関先に置いて、俺がそれを拾いに出たら襲い掛かってきた!

応答者: ええ、他にも何人か同じ事を—

通報者: 俺の金を盗んだ、財布を持っていかれた — 奴らがポケットから抜き取ったんだ!

応答者: ええ、他にも何人か同じ事を報告しています。カラスたちは財布を返しに来るでしょう。

通報者: おお。そうかよ。 (沈黙) 待て、何だと?

応答者: 今までのところ、彼らは幾らか小銭を抜いてから財布を返却しています。

通報者: そ—

応答者: いいですか、まずは住所を教えてください、そうすれば私どもが状況を収めに行くことができます。 (沈黙) もしもし?

通報者: あー、奴らはいなくなった。

応答者: お怪我や建物への被害はありませんか?

(沈黙)

通報者: いや、奴らはその、ただ帰っていった。

応答者: では、まだ支援が必要ですか?

(沈黙)

通報者: いや、もう平気だと思う。マジでビビったけど、他は大丈夫だ。あー… (沈黙) …また後で。

(通報者が電話を切る。)

この後、現地エージェントが状況を近隣のサイト-64まで通知しましたが、当該事案は不自然に知的ではあるもののごくありふれたカラスの発生と判断されました。異常な状態の確認と収容が達成されたのは、4ヶ月後の事案-3466-02の後です。

補遺-3466-A | SCP-3466経営事業の確立 (事案-3466-02)
2013/7/20、クラカマス-ボーリング高速道路沿いの敷地にある、以前は放棄されていた建物に、バーガーキングの店舗が開店しました。新しいチェーン店(建設中とは報告されていなかった)の内部にカラスが群れており、店員が一人もいないという通報に続いて、GoI-466は現場に従業員2名を派遣しました。カラスに関わる異常活動(GoI-466の不自然性スケール基準で“僅かに不自然”に分類)の確証に続いて、以下の文書がSCP財団との間に共有されました。

ファストフード・カラスへの対応

目標

クラカマス-ボーリング高速道路の、カラスによって経営されているバーガーキング系列チェーン店の意図/機能/適切な情報を得る。

関係者

調査員 / フェザー・ファヌッチ
調査員 / ジャスティン・“チカディー”・ハープ
通報者 / ヴィンセント・プライマウス
応答者 / ゲイリー・ハープ

報告

筆記者 / フェザー・ファヌッチ

「ゲイリーがある男、ヴィンセント・プライマウスという名ですが、その人物からクラカマス-ボーリング高速道路のバーガーキングについての通報を受けました。私とチカディーが装備を整えて現場に向かい、入店すると、実際にカラスたちが仕事をしていたのです。彼らは我々に注目し、我々はデカいバーガーキングの制帽を被った鳥が会計レジに留まっているカウンターに歩み寄りました。メニューはどれもこれも鳥が引っ掻いたような悪筆でしたが、写真は全て予想通りだったので、チーズバーガー2つとフライドポテトのLサイズを注文しました。カラスたちは我々の言葉を理解できなかったので、メニュー表の品を指差したんですがね。厨房の鳥たちが仕事に取り掛かりました。

我々は状況を最後まで見定めてから脅威度を評価しようと決め、テーブルに着きました。30分ほどで注文したチーズバーガーが運ばれてきましたが(彼らはフライドポテトを忘れていました)、ごく普通のバーガーキングのバーガーでした。どうやって材料を手に入れたのかはよく分かりません。食べ終えると、カウンター裏のカラスたちは白紙のレシートを持ってきました。我々はチーズバーガーが2個なら多分2ドルだろうと見積もり、1ドル札を2枚置きました。彼らはこれを理解していない様子だったので、数ヶ月前のテイクアウト事件を思い出したチカディーが硬貨を取り出しました。

カラスたちは大変に興奮した様子で、カァカァ鳴いて羽ばたきながら小銭を分け合いました。チカディーはこれを面白がって、小銭入れの中身を全部空けてしまいました。群れは大狂乱でした。ひと騒動あって硬貨が飛び交った後、彼らは皆落ち着いたようでした。静かにはなったんですが、去ろうとして立ち上がると甲高い声で呼びかけるので、我々は座り直しました。胴回りにネクタイを巻いた大柄なカラスが低い声で鳴くと、他のカラスたちは皆キッチンや建物の他の場所に散っていきました。ドアを守っているように見えたため、我々は座ったままで待機しました。敵対的な群れだとは思えなかったので、攻撃的な振舞いに及びたくなかったのです。沈黙が1分ほど続いた後、カラスの1羽が、明らかに最近泥の中から掘り出したばかりと分かるミッキーマウスの首振り人形を持参しました。我々は笑顔で礼を言い、建物を退出した次第です。私は今でも洗った首振り人形をデスクに飾っていますよ。極めて異常であるとはいえ、このカラスたちが脅威ではないという点でチカディーと私の意見は同じです。私、フェザーは平和的な対処を提案いたします。」

編集 2013/8/1: 提案が通過した。

結果

許諾およびサポート(衛生指導員がいないようである)を以て、監督者たちは、我々の組織自体の従業員を雇う際と同じ雇用枠からバーガーキングにスタッフを配属させることを承認しました(同一または類似の訓練を伴う。詳細はボーリング協定の第四次改正版を参照)。カラスたちはレストランに自ら勤務できないのを悲しがっているようでしたが、我々は現在、利益の一部を彼らに与え(硬貨のみ)、会議への参加を認めています。彼らにはバーガーキングのバーガーを食事として供給し、夜間にはウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズの事務所までテイクアウト食品を配送することを許可しました。以来、士気は両当事者ともに高まっています(サラ・ガードナーは例外です。我々は彼女が鳥を見ないように取り計らっています)。

要請に従い、カラスたちは公共の場で道具類を装備することが認められません。私、ゲイリー・ハープはより多くの会議を開くことを提案いたします。我々の黒羽の仲間たちは、会議を心底から好んでいるようです。

編集 2013/9/25: 提案が通過した。

ステータス: 対処済
報告結果: 肯定的
更なる行動: 予定有り

よくやってくれた、諸君!

補遺-3466-B | 外部存在による影響の疑い
機動部隊ベータ-4 / GoI-466による建物の合同調査で、経営者オフィスのデスクに散乱する法的文書の山が発見されました。予想されていた全ての書類に加え、SCP-3466がバーガーキングを取得した際の取引を示唆すると思われる書類が発見されました。文書の転写は以下の通りです。

あなたの餌台をつつこう
ヒヨッコのための
ビジネス


あなたは今まで求めたことがありますか
ビジネスを?
小さな光り物に憧れてはいませんか? 私、カァソーン博士があなたの力になれるかもしれません。こんにちは、私はカァソーン博士。私は
ビジネスの
訓練を受けていて、あなたにあなた自身の
ビジネスを
伝授する方法を知っています。しかし何でしょうか
ビジネスとは?

たった
4
枚の25セント硬貨の
4
回払いだけで、私、カァソーン博士はあなたにあなた自身の
ビジネスを
伝授してあげることができます。お支払いが完了した時点で私があなたに送る全ての
ビジネス
書類にサインさえすれば、あなたはお望みのままに経営ができます。以下から選べます

肉の塊販売者
肉のお粥販売者
紙類販売者
電源コード販売者
そして
透析クリニック

25セント硬貨はあなたのお近くのカァソーン
ビジネス
代理者に渡してください。良い一日を。あなたの巣から飛び出して

ビジネスの
翼を
広げましょう

書類と共に、大量の“カァソーン博士: 経営学の博士号あります”を宣伝する名刺が大量に発見されました。“大型餌台の優良販売者!”など幾つかの文言が判読できる一方で、その他の電話番号や住所などは短い垂直線で記されていました。

ページリビジョン: 6, 最終更新日時: 28 Apr 2018 06:43
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website