nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-3467 何はとモアれ、異常あり
EuclidSCP-3467 何はとモアれ、異常ありRate: 39
SCP-3467

アイテム番号: SCP-3467

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3467は、サイト-64の近くに建設された標準飼鳥園に収容され、施設の他部分から隔離されています。この飼鳥園のあらゆる維持管理は自動化機構を介して、または指定収容連絡員(DCL)のペギー・マルケスによって実施されます。

DCLマルケスを除く全ての職員はSCP-3467との交流を認められません。継続的な収容のため、マルケス女史にはDCLの地位と暫定的な財団雇用資格が付与されています。

SCP-3467が収容違反した場合、再収容はDCLマルケスのみによって行われます。領域内にいる全ての武装職員はSCP-3467の進路から避難し、対象を攻撃/捕獲しようと試みないでください。

説明: SCP-3467は体長およそ1.4mのヤブモア(Anomalopteryx didiformis)1です。

SCP-3467は自らを捕獲、狩猟、殺害しようと試みる知性体に異常な影響を及ぼします。この影響力は眩暈、記憶喪失、運動失調、視覚障害を含む様々な症状を引き起こしますが、影響者がSCP-3467の追跡を止めると約2時間で収まります。

2人以上の人物がSCP-3467を狙うと、SCP-3467の影響力には追加効果が発生します。影響者たちは偏執的になり、彼らのお互いに効果的な協力または意思疎通を行う能力は、一度に影響された人物の数に正比例して損なわれます。

補遺: 回収報告
SCP-3467は、ワシントン州バンクーバー各地における“狂気の鳥”または“狂気の恐竜”の複数の報告に続いて発見されました。機動部隊ファイ-2(“クレバー・ガールズ”)が動員され、スクランブル・バイザーその他の対抗ミーム装備と長距離鎮静剤ライフルが配備されました。

機動部隊ファイ-2は、SCP-3467をワシントン-オレゴン州境の南まで追跡しました。同じ頃、機動部隊ベータ-4(“キャスタウェイ”)が調査に派遣されました。

両機動部隊はSCP-3467と直接遭遇し、異常性に曝露したことが明らかになりました。全ての隊員はお互いに鎮静剤を撃ち合ったため、または平衡感覚の喪失によるものと思しき自傷のために無力化しました2

その後間もなく、GOI-466(“ウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズ”)従業員ペギー・マルケスは、ウィラメット川の水質調査に関する無関係な業務中にSCP-3467と遭遇しました。SCP-3467は慎重にマルケスに接近し、マルケスはSCP-3467を撫でて食事を分け与えました。GOI-466と財団の接触後、マルケスはSCP-3467をGOI-466本部へ連れ帰ろうと試み、問題なく対象を飼鳥園へ誘い込むことに成功しました。

この出来事と全ての機動部隊員の回復後、ボーリング協定に則ったSCP-3467の収容が宣言されました。

ページリビジョン: 1, 最終更新日時: 29 Apr 2018 16:56
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website