nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-3829 転移
EuclidSCP-3829 転移Rate: -2
SCP-3829

アイテム番号: SCP-3829

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル: SCP-3829は標準人型収容セルに鎮静された状態を保たれます。週に一度、過度に大きな腫瘍の一部は切除され、極低温で凍結されます。

2020/01/19 更新: SCP-3829はサイト-172を破壊した後未収容で、発見次第早急に無力化されなければなりません。

説明: SCP-3829はサイト-172のゾーマルケス元研究員です。

SCP-3829は異常な形態の進行がんを患っています。全体が合計で3トンを超えると推定される四次元空間を通して広がる特大腫瘍が絶えず成長しています。SCP-3829は体を動かすことができません。

各がん細胞は破壊されると時間を遡及します。化学療法および放射線療法の最初のラウンドでは、加速したか、SCP-3829の初期状態が引き起こされたように見えます。

SCP-3829にはほとんどの死に方に耐性があり、安楽死させる試みは試みを防ぐために腫瘍が現れます。致死注射では周囲の腫瘍が増殖し注射剤を中和します。窒息では酸素や二酸化炭素などを管理する腫瘍が肺内に形成されます。

SCP-3731の出現の後、SCP-3829の腫瘍はSCP-3731変異体に対して細胞を兵器化する試みのために採取されました。最も成功したプロトタイプはFigueroa-Palanez "LIFELINE"砲で、最大1kmの射線内の標的に改良腫瘍(非不死)を素早く誘発することができます。SCP-3829は増殖中に鎮静状態からほぼ目覚め、投薬量がわずかに増加しました。

FP-LIFELINEは以前はパランプだった場所の郊外に定住するSCP-3731突然変異体への最初の攻撃で実験されました。戦闘外骨格の地上部隊が北の壁を突破したときに近くの丘の上に設置されました。最初の戦闘の波の間、最前線に展開された重力砲は、比較的閉鎖された領域に突然変異体をに追いやるために使用されました。FP-LIFELINEはその時突然変異体を狙い撃つために使われました。頭部または重心を直撃すると、3分以内に制御不能な腫瘍の増殖と壊死が起こり、多くの場合、死亡後の変異の不安定性により付随的な損傷を引き起こします。

地震の振動および変異体が生成したダイヤモンドの壁によって前進が停止し、そして1体の変異体はFP-LIFELINEで足を撃たれました。その突然変異によって、腫瘍の形成は非常に遅くなりました。この突然変異体は異常空間を経由して残りの突然変異体の逃避を隠蔽するために自分自身を犠牲にして小型の星を爆発させました。

同時に、SCP-3829は突然鎮静状態から目覚めました。戦闘中に最後の突然変異体の癌細胞に吸収されたブルーマターがSCP-3829を遡及的に感染した原因となったと仮定されます。FP-LIFELINEと他のすべてのプロトタイプに破壊命令が下されました。

目覚めてすぐにSCP-3829は立ち上がることができ、SCP-3829の腫瘍は爆発し、数十の新たなSCP-3829が出現しました。これらの実体はサイト-172を襲撃し、腫瘍を空間外の源から通常の時空に激しく放出してサイトに莫大な構造的損傷を与えました。終了されたSCP-3829の実体は四次元空間に沿って崩壊して消えました。

他の実体が当サイトを破壊した中で、1体のSCP-3829実体が地下に進み、重要な箇所に沿って20個の大きな腫瘍を植えました。これらの腫瘍は分裂して激しい振動を拡大し、サイトの基盤を崩壊させました。

サイト-172は破壊され、SCP-3829とその複製はいくつかのSCPアイテムと実体とともに逃走しました。

ページリビジョン: 5, 最終更新日時: 30 Apr 2019 03:26
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website