nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-753 機械仕掛の芸術家
SafeSCP-753 機械仕掛の芸術家Rate: 194
SCP-753 - 機械仕掛の芸術家
評価: +1+x
753.jpg
マーシャル・カーター&ダーク社の記録より抜粋したSCP-753の画像

アイテム番号: SCP-753

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-753は現在セクター28に収容され、█████████ ██████に位置するSCP-753は常時監視カメラ監視の6m x 6m保持セルに収容されることになっています。SCP-753は各原色顔料5リットル、加えて24枚の標準的な絵画カンパスを毎日支給されることになっています。SCP-753の作成した絵画は全て研究職員が記録することになっています。

SCP-753が自滅しようとする場合には、保安職員はSCP-753を静止して、居合わせの研究職員の追加指示を待つことになっています。

説明: SCP-753は非常に先進的な自動人形であり、直径およそ10cm、幅6cm高さ8cmあります。SCP-753は円状の主要部からピンセット様の肢部を2本所有しています。これは低速に地上を移動するために用いられます。このことはSCP-753の移動機能が未知の時点で損傷を受けた為であるようです。

SCP-753は胴体の中心部に人間の目に似た赤色の感覚器官を有します。SCP-753の目は有機的であるように見えますが、人工的産物であるようです。目も同様に損傷を受け、SCP-753は部分的に盲目です。"Marshall, Carter and Dark Ltd."ロゴが、SCP-753の背部に彫り込まれています。

SCP-753の内部分析は、これは動作に極めて小さな球状の”脳”に調整される原始的な神経系を用いているという事を示しています。SCP-753の胴体上部は小型の"受信機"であり、現在その目的は不明です。SCP-753は置かれている環境に気づいていないように見え、職員が存在しているということを認識しません。

SCP-753の主目的は絵画の作成であるように見えます。SCP-753の生産する絵は非常に写実的でありますが、実際の所在とは一致しません。最近のSCP-753の生産する絵の大部分は、何らかの形でSCP-753の死と関り合いを持たせています。初めSCP-753は所有者が"壊れた"と不満を言うとのことでマーシャル・カーター&ダーク社の元へ返品されました。財団の二重スパイ██████ ██████は焼却前のSCP-753を回収しました。

SCP-753は、普段1時間に1枚の絵画を作成します。SCP-753に十分な顔料及び絵画カンパスが支給されていない時、最小1週間長の休止状態に突入するように見えます。このことは研究に重大な支障を与えるため、SCP-753は常時、顔料及び絵画カンパスが支給されることになっています。SCP-753は絵画に関心が無いように見え、完成させ次第それらを無視します。

絵画録:

時間 作成した絵画
01:00 AM 海の画像。水は赤色に観測されました。カモノハシに似た未知の水生生物が水面から飛び跳ねています。より詳細な検査により、SCP-753はその生物の顎で押し潰されているということが判明しました。
02:24 AM 点火された炉の画像。未知の赤色のヒューマノイドが炉の外を登っています。SCP-753は炉の中に見て取れます。
03:14 AM 星彩に対する人の瞳の画像。SCP-753は瞳に漂いそれを観察しています。
04:21 AM 都市の画像。都市には蜘蛛の巣が張られ、巨大な蜘蛛が住んでいるように見えます。SCP-753は蜘蛛の巣に囚われ、蜘蛛がその方向へ向かっているように見えます。
05:11 AM 核爆発の画像。SCP-753に似たシルエットが爆発の中に見えます。
06:02 AM SCP-753の封じ込め区域の画像。SCP-753はシャットダウンしているように見えます。研究助手██████はSCP-753を検査しています。より詳細な分析により研究助手██████の目が欠落していることが示されました。
06:59 AM セクター28の廃棄施設の画像。保全労働員████は焼却炉を作動させています。廃棄物の中に紛れ込むSCP-753が見て取れます。
07:42 AM レストランの画像。得意客が天井から落ちるシャンデリアを指差しています。SCP-753はシャンデリアの下に見て取れます。
08:35 AM 小屋の画像。斧と壊されたSCP-753を持った男性が小屋の方へ歩いています。
09:27 AM 砂漠の画像。6本の脚を持ったオオカミに似た生物がSCP-753を破壊するところです。
10:12 AM 森の画像。霞がかった人影が、首吊り縄にぶら下がっています。特にSCP-753の姿は絵画中に無いように見えます。
11:02 AM 森の画像。霞がかった人影は最早ぶら下がっていないが、地面で前を見据えています。拳の中に壊れたSCP-753を持っています。
12:29 AM 前方にSCP-753を持つ霞がかった人の顔の画像。霞がかった人の顔は怒りを顕にしている印象を与えます。
ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 19 May 2014 06:42
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website