nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-847 マネキン人形
EuclidSCP-847 マネキン人形Rate: 9
SCP-847 - マネキン人形
評価: +1+x
SCP-847.jpg

SCP-847

アイテム番号: SCP-847

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-847はコンクリートとバナジウム鋼で補強された部屋に鍵をかけ、内部に収納して下さい。さらに、SCP-847は常に12のうち最低4つ、部屋の中の電流が流れる強化部分に鎖で繋がれなければなりません。これら強化部分は、停電時に活動するバックアップ発電機のリレーに接続されています。これら発電機が故障、もしくは鎖が強化部分から切断された場合、プロトコルSCP-847/E2が即座に成立し、SCP-847が適切に再確保されるまで、継続されます。もし収容部屋が破られたならば、これはレベルE6まで引き上げられます。

SCP-847に割り当てられた全職員は、収容装置2-9、30000ボルトの電気警棒を装備しなければなりません。女性職員はSCP-847の半径100m以内にいることを許可されていません。この半径内で発見されたどの女性職員も無能力化され、即座にエリアから削除されます。

説明: SCP-847は女性型のマネキンと似ています。研究者は欠けたパーツが損傷、劣化または攻撃によるものかどうか決定できていません。SCP-847は近くに人間女性がいない限り、通常は休眠状態です。動作する効果半径は50~100m前後と実験で確定しました。SCP-847はこれらの状況下で生命を持ち、人間女性に接近するためにあらゆる努力をします。異常な力を持ち、限りなく攻撃的で、どこまでも一心不乱に行動します。(脱走未遂事件保管ファイルSCP-847/32198参照)追跡している女性にたどり着くと、SCP-847は[データ削除]に進みます。SCP-847の唯一の既知の弱点は大容量の電気です。電気の賢明な適用はSCP-847を一時的に休眠状にします。

発見: SCP-847は████年██月██日、明らかに不活性状態で、モハーベ砂漠の丘の遠隔地で発見されました。遭難した女性ハイカーがマネキンの近くで発見され、見たところ重度の鈍的外傷により殺害されたとようです。警察がマネキンによる殺人と関連付ける十分な証拠が存在していました。幸運なことに、SCP工作員が事前捜査中に事件を嗅ぎつけました。それはSCP-847が事件現場から採取され、潜在的に活性状態になることがあり得る前でした。その発見は、公共の監視手順に密着することが組織全体の継続的な成功にとって必要な方法、理由の完璧な例として存在します。

追加データ: SCP-847は元々、さらに破損した状態で見つかりました。最初の発見時から現在の間、わずかに回復し続けていると思われます。この回復方法は人間女性に対する強い願望に関連していると仮定されます。上述の範囲内の女性を検知するためにSCP-847が使用する方法も、取扱方にも関わらず、未だ不明です。

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 25 May 2014 06:42
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website