nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-067-EX SCP-067-EX
UnknownSCP-067-EX SCP-067-EXRate: 0
SCP-067-EX

アイテム番号: SCP-067-EX

オブジェクトクラス: Euclid Explained (補遺参照)

特別収容プロトコル: SCP-067は〒04554メイン州ブリストル市エベレット通り2番地で現地収容とします。エベレット通りはあらゆる地図記録から削除・秘匿し、同時に偶発的侵入を阻止するため現地には私有財産の標識を設置します。建物の周りには防護柵を構築し、常時撮影機材で監視します。

月に1度、バーモント州ジェイ市のSite-162に常駐するSCP-067研究班がSCP-067の内部調査を行います。この際、内装への干渉は許可されませんが、適宜外部の補修作業を行ってください。

詳細な調査の後、レベル2以上のクリアランスを持つ職員に対して、SCP-067滞在の権利が与えられました。滞在を希望する職員は、フォームW-067-19から申請を提出してください。Site-167セキュリティ統括者及び申請者の所属施設統括者の承認をもって滞在許可が下ります。SCP-067内部への連続滞在期間は3日間を超過することが無いようにしてください。本手順は完全に取止めとなりました。収容プロトコルは大幅な変更を受けています。補遺067cを参照してください。

補遺 2004/06/11: 現在、SCP-067は異常性を有していないと考えられており、解明済み(Explained)認定を受けています。上記の収容プロトコルは無効となり、今後記録のみを目的として保管されます。建物自体は既に解体されており、土地は財団の武装や技術の実地試験用地として使用されています。GoI-L19に関する情報は現地当局に引き渡されました。

説明: SCP-067は、メイン州のブリストルに位置する、「Rurik Inn」という看板を掲げた田舎風の宿屋です。建物は非常に良好な状態にあり、16の客室を有しています。外部からの観測では、SCP-067の内装はこの地方に一般的なそれと完全に一致しているように見受けられます。

SCP-067内部のあらゆる面を覆う形で約11,200種の真菌が生息しています。これらの真菌のうち、幾つかの種は同定されていますが、大部分が未知の種で構成されます。SCP-067内部に生息する真菌は、移動能力と、瞬時に成長する能力を示しており、多くの場合に於いて相互に連携する様子を見せています。幾つかの有毒な黴が建物内部で発見されています。それらが職員の健康に被害を齎す可能性は非常に小さなものですが、職員は可能な限りそれらとの接触を控えるべきです。

注目すべき点として、SCP-067内部には体の大部分に腫瘍の肥大及び真菌感染を患っているシカ、ブタ、リス、小鳥などの複数の種類の動物の生息が確認されています。またこれらの動物は屡々礼装を纏い、直立歩行している様子が観察されています。これら実体を総称してSCP-067-1に指定しています。SCP-067-1は宿屋の従業員として機能しています。多くの場合に於いて、建物内部に侵入した「宿泊客」を歓迎し1、彼らに食事を提供し、寝室への案内を行います。

撮影・録音機材はSCP-067内部では正常に機能せず、また現在のところこの現象の原因は判明していません。このため、当該アノマリーに対する調査・研究は全て職員の手で行われます。

SCP-067内部とSCP-067-1実体を視覚的に認識した人間は緊張と不安を報告しますが、これはSCP-067の異常な影響ではなく、正常な反応であると考えられます。これらの情動反応にも拘らず、寝室へ案内された人間は間もなく強い幸福感と安心感を報告します。SCP-067内部で一夜を明かした人間は、快適な夢を見つつ信じられないほどよく眠れた旨、また爽快で精神的圧力から解放された素晴らしい目覚めを体験した旨を報告します。現在この現象に関する研究が継続されています。

補遺067a: SCP-067に対する最新の土壌調査の結果、酢酸、屍蝋2及びチオールの含有濃度が異常なほど高いことが判明しました。動物組織の分解は、これらの物質の発生要因として挙げられています。またこれはSCP-067内部の異常な菌類密度や刺激臭の説明にもなります。

加えて調査に使用する機材のうち、外部条件に特に敏感なもの─記録装置などに限って破壊されることも判明しています(具体的な破壊過程は依然調査中です)。これを受けて研究班は使用する機材を変更しました。建物内部から記録された映像は、説明の記述に対して多数の矛盾・不一致点があることを示しています。とりわけ、SCP-067-1実体は「宿泊客」を迎える際、食事を提供する際、寝室を案内する際、いずれにおいても衣服を着用している様子は確認されませんでした。これはSCP-067-1の外観が、認識災害によって変化することが可能であるということを示していると考えられています。


補遺067b: 分析の結果、SCP-067内部で発生する出来事は人間による観察と録画の間に相違が発生するだけでなく、個々人ごとに異なっていることを示しています。Dr. Kleinsmann、Dr. Orion、そして三脚を取り付けたいくつかの撮影機材を用いて記録を行う確認試験が実施され、以下のような結果が得られました。

実験067-b6
実験監督: Dr. Kleinsmann 日付: 2004/5/02 場所: SCP-067
備考
実験監督付記: 都合によりDr. Loginovaが欠席しているが、実験は予定通りに行う。代替担当としてOrionが参加する。 関与人員: Dr. Kleinsmann、次席研究員Emily Orion、収容担当職員
手順

1. 建物内部の様々な場所に記録装置を設置する。

2a. SCP-067内部に8時間滞在し、それぞれの出来事を分析する。

2b. このとき可能な限り、撮影機材の視界内に留まることを心がける。

3. 記録を確認する。
結果
Kleinsmann Orion 撮影
13時33分、SCP-067-1実体の最初の出現。アライグマがダイニングテーブルの上に横になっている。 1時35分、ダイニングテーブルの上にアライグマが出現。眠っているようね。 談話室に設置された機材は、午後1時28分にアライグマが室内に侵入し、その後数時間テーブルの上で眠っていたことを記録していました。SCP-067-1らしい様子は一切無く、これはおそらく通常のアライグマでした。
SCP-067-1(シカ)実体が我々に近づき、寝室へと案内する素振りを見せる。14時18分だ。シカは酷い疥癬にかかっている。 午後2時18分、身振り手振りでSCP-067-1から伝えられたところによると、どうやら夕食の準備が始まるみたい。 廊下に設置された機材は、酷い疥癬の症状を呈するシカが時折後ろ足で立ち上がる動作を挟みつつ激しく暴れまわる様子を記録していました。
16時55分、Emilyと私は冷蔵庫の中に切断されたヘラジカの脚が保管されているのを発見した。 午後4時59分、Kleinsmannがカビの生えた鶏手羽のような何かを持って近づいてくる。壁が動いてる。 調理場と談話室に設置された機材双方で、Dr. Kleinsmannが冷蔵庫付近から茸に覆われた棒を取得し、「彼らは共に作業にあたっている」と小さく繰り返しながらDr. Orionを探し歩く様子が記録されていた。この時Dr. Orionは居間のソファに座り込み、茫洋とした様子で壁を見つめていたことが記録されています。
17時41分 黴に覆われた動物たちが私に何かを見せようとしてきた。私はそこ(原文ママ)の目にそれを見ることが出来た。まるで自宅にいるときのように心が安らぐ。 私は素敵なキツネさんに寝室へ案内してもらいました。彼は今私のベッドに座っています。ありがとう、キツネさん。時間は午後6時2分です。 屋外に設置された機材は、Dr. Kleinsmannが熱心に数匹の見当識を失っているように見えるリスを観察している様子を記録していました。Dr. Orionは寝室で剥製のように動かないアカギツネを愛でる姿が記録されていました。
実験監督所感
SCP-067の性質は、当初我々が考えていたほど物理的なものでは無かった。SCP-067の影響下に置いて、実験中に撮影された動物は全て何の異常性も持たない通常の動物であったと思われる。宿そのもの、或いはおそらく内部の異常な量の真菌類が、建物内部に侵入した動物や人間に心理的な影響を与えている可能性がある。これは記録された動物の異常行動の説明にもなる。

注目すべき点として、上記に記録されるシカによく似た個体が、当日の夜、3km程離れた地点でトラックに撥ねられ死亡している3。警察が運転手から聞き出したシカの説明は、実験記録におけるシカの不安定な行動と一致しているのだ。

現在のSCP-067説明の一部は明らかに誤りであると、SCP-067研究班は考えている。これはおそらく自然の中にごく普通に存在しているミームや幻覚などの精神作用である。

To: 収容スペシャリストArmstrong
From: Dr. Kleinsmann
Subject: 067の収容手順改定の提案

追加の土壌分析(Dr. Loginovaにより実施)の結果、アノマリーの周囲と内部に存在する有機物から1mSv/hのベースライン放射線レベルが検出されました。良い知らせとして見れば、我々はSCP-067についてより深く知ることが出来たということです。悪い知らせとして見れば、貴方のおかげで、私とEmily Orionは調査1日につき平均24mSvの放射線(これは自然放射線被爆10年分に相当する)を浴びることとなったということだ。そして過去6か月間に我々は11回もの調査を実行している。これが以前使用していた機材故障の原因です。

別添えの試料に目を通したならば、出来るだけ早く返信をください。


補遺067d:
2004/06/11時点で、SCP-067は解明済み現象であると見做されることとなりました。この決定は2つの異なる重要な発見を受けて行われたものです。

1. "オリオンズ・カップ"(Calicem orion)と名付けられた、これまで未知であった菌の発見。この菌は、(セロトニン及びドーパミンの再吸収を含む)神経伝達物質に干渉し、軽度の幻覚や多幸感を与える化合物(「CT4」と命名)を生成します。また、人間に対する影響の程度は不明ですが、CT4は平衡感覚の部分的損失効果を持ちます。建物内の動物の奇妙な行動は、豊富な食糧源となった菌が生成するCT4が原因であったと推定されます。

また、この真菌の存在自体は非常に珍しいものではありますが、潜在的には多量の腐敗有機物と高レベルの放射線の両方或いはいずれかの存在下において確認できるものであると結論付けられました。

2. 土壌内の高い放射線の検出に続いて、20██/██/██、辺り一帯の掘削が収容スペシャリストLisa P. Armstrongによって承認されました。SCP-067-EX付近の掘削の結果、██kgのウラン鉱石と分解の様々な段階にある29体の人間死体が発見されました。遺体の調査の結果、悪性腫瘍の増殖(慢性放射線中毒の症状)が死亡の原因であると判断されました。原子炉の製作において使用される物品に類似したいくつかの部品が、ウラン鉱石と共に発見されました。遺体の腐敗と放射線が建物内部の真菌の増殖を誘発し、これが更に他の動物を集めたと考えられています。

鉱石、部品、遺体に拘わる責任者(GoI-L19と指定)は特定されていません。この組織が未だ建材であった場合、危険な/不正な条件下で労働者を消耗品のように使用しての原子炉の建設を計画している可能性があります。所在、動機、一切が不明ですが、全ての関連情報は地方及び連邦政府の各部門に引き渡されました。この組織に所属する人間が発見された場合、情報漏洩防止の徹底のため、拘留する必要があります。

更に厄介なことに、遺体の大部分が、エリア一帯を財団が収用し管理下に置いたafter死亡したと推定されるという事実があります。SCP-067-EXの敷地へと、何者かが夜闇に乗じて侵入していた可能性があります。エリアの周囲に設置された監視カメラは赤外線フィルタを搭載しておらず、低光量では信じられないほどに機能低下を引き起こす状態にありました。これは重大な職務違反であり、また定期調査も同様に財団規格を満たしていたとは到底考えられません。

SCP-067-EXの収容班の怠慢は、GoI-L19の継続的な活動の要因となっており、また民間人の死亡や潜在的なセキュリティ違反を招きました。収容チームには懲戒処分が下されました。

ページリビジョン: 1, 最終更新日時: 13 Feb 2017 08:48
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website