nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-137-FR 唯一つの真なる宗教
EuclidSCP-137-FR 唯一つの真なる宗教Rate: 8
SCP-137-FR
brochure1.jpg

閉じたSCP-137-FR、表紙。
“宗教の無い世界、それって有り得るの?”

brochure2.jpg

閉じたSCP-137-FR、裏表紙。
“はい。”

アイテム番号: SCP-137-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-137-FRはサイト-アレフの安全ロッカーに保管され、Dクラス職員を用いた実験目的でのみ収容から持ち出されます。これらの実験が行われていない時は、偶発的な開放を防ぐために、無宗教であると確認された職員のみがSCP-137-FRを取り扱います。

説明: SCP-137-FRは二つ折りにされた15×25cmの光沢紙パンフレットです。SCP-137-FRの表紙には、様々な宗教的シンボルに囲まれた地球の画像と共に、“宗教の無い世界、それって有り得るの?”という言葉が印刷されています。裏表紙には一言“はい。”とだけ記されています。最下部にはそれまで未知だった“SAPHIR”という組織のロゴがあります(回収ログ参照)。内側のページ2枚は白紙です。

閉じた状態のSCP-137-FRは全く異常性を示しません。しかしながら、何らかの宗教運動に属する人物が開いた時、SCP-137-FRと対象者は共に消失します。SCP-137-FRと対象者はその後、開かれてから1秒~8時間後に再出現します。

対象者は精神衛生の顕著な悪化を伴う激しいショック状態で帰還し、実験以前に属していた宗教への本能的な嫌悪感を表明します。対象者は例外無く、転移先は消失前と正確に同じ場所ではあったものの、自らの宗教のみが存在するディストピア的な世界であったと主張します。対象者が問題の世界に留まる正確な期間は断定されていませんが、実際の消失期間よりも大幅に長いようです。平均期間は3ヶ月程度と示唆されています。

対象者の深刻なショック状態が尋問に支障をきたすため、非常対応ユニットが設立され、また鎮静剤の使用が許可されました。

SCP-137-FR実験ログ:

対象D-9811は実験以前にはキリスト教徒(具体的にはカトリック)だった。D-9811はパンフレットを開いて予想通りに消失し、8分31秒後に再出現した。帰還したD-9811は激しいパニックを起こしており、両手足に穴が空けられ、深刻な脱水症状に苛まれていた。

インタビューログ:

ジェミニ博士: 落ち着きました? 初めても構いませんか?

D-9811: *無言で頷く。*

ジェミニ博士: 宜しい。あなたがパンフレットを開いた時、何が起こったかを教えてください。

D-9811: な… 何もしてません。私はここに居たままで… 全部が、私の周りが全部変わりました…

ジェミニ博士: 詳細にお願いします。

D-9811: 何もかも… あの… 壁とか、床とか天井とかは寸法の定まった黒い切石でした… 他は全て木材で… 男たちがいた…

ジェミニ博士: 彼らは何者でしたか?

D-9811: 彼らは私が“聖職者の神聖刑務所”に居るのだと言いました。「私が何をしたっていうんだ?」私はそう訊きました。「何も」と彼らは答えました、私はただ他の皆と同じように此処に居ると。

ジェミニ博士: 他の… 皆?

D-9811: *D-9811の目に涙がにじみ始める* お前はそれを通らねばならぬ。お前は贖罪を受けねばならぬ。お前はそれをやらねばならぬ。お前は—

ジェミニ博士: *指を鳴らす* 9811? 9811、お願いです、話を聞いてください。

D-9811: え? はい。いえ、願わないでください。その言葉を使わないでください。

ジェミニ博士: 分かりました。では続けてください。

D-9811: はい… 彼らが言うには… 人類は… 過ちの代償を贖う必要があった。我々はそうすべきであると。我々全員がです。その間、まだ罪を償っていない人たちは投獄されました…

ジェミニ博士: 償いとは何でしたか?

D-9811: *泣き始める*

ジェミニ博士: 質問に答えてください。

D-9811: *未だ答えを返さない*

ジェミニ博士: 何度も言わせないでください。償いとはどういう内容でしたか?

*尋問時の保安担当エージェントが銃をD-9811に向ける*

D-9811: く… 苦しみを受けなければいけなかった!

ジェミニ博士: 苦しむ?

D-9811: 先人たちと同じように苦痛を受ける。赦免されるために。私たちの涙と叫びだけが罪を贖う… それは彼らへの敬意だった…

ジェミニ博士: 先人たちとは誰のことですか?

D-9811: …彼らは私の名前を訊ねました。何か怪しいと思ったので、答えたくありませんでした。彼らは私を傷付けた。とても、とても、とても激しく傷つけて —

ジェミニ博士: もう暫く辛抱してください。それと、もっと詳しく。

D-9811: 彼らは… 我々に名を訊ねた。殉教者を知るためです、分かるでしょう? 贖罪は一人一人違いました。アガサは乳房を切り落とされ、ルーシーは目を抉られ、ローランは鉄格子の上で火炙りに…

ジェミニ博士: 成程、彼らは同名の聖人と同じ迫害を強いていたのですね。では…

D-9811: …鉄鉤に吊るされ、ヴァレンタインは殴打され…

ジェミニ博士: しっかりしてください、D-9811。

D-9811: …ピッチ、燃え盛る熱いピッチに! そしてジュリアは鞭打たれて…

ジェミニ博士: おい、D-9811、こっちを向け!

D-9811: …雄牛に引きずられて、終わりの無い道を何処までも…

*保安エージェントが再び銃をD-9811に向ける*

ジェミニ博士: 止せ、もう無駄だ。鎮静剤を持ってきてくれ。

[記録終了]

対象D-3004は実験以前にはイスラム教徒(具体的にはスンニ派)だった。D-3004はパンフレットを開いて予想通りに消失し、4時間12分後に再出現した。帰還したD-3004は極度に疲労しており、背中には深い裂傷が確認された。42時間の休息の後、インタビューが実施可能になった。

インタビューログ:

ジェミニ博士: こんにちは、D-3004。それとも、お帰りなさいと言うべきでしょうか。

D-3004: お前があそこに送ったんじゃねぇかよ、クソ野郎!

*D-3004は立ち上がってジェミニ博士を殴ろうとするが、肉体的疲労のため即座に倒れ込み、保安エージェントによって椅子に戻される*

ジェミニ博士: では始めましょう。少々早いかもしれませんが、あなたの経験を説明して頂けますか?

D-3004: [編集済]やがれ。

[D-3004が協力を拒否している間、記録は中断される]

ジェミニ博士: …さて、これで我々を支援する気になってくれれば幸いですがね。改めて訊きます。どのように向こうへ辿り着きましたか?

D-3004: 俺は… あの紙切れを開いて、そんで… 風景が丸ごとガラッと様変わりしたんだ。壁は金属で、信じられねぇぐらい熱かった。男たちが俺の周り中にいて、知らねぇ言葉で叫んでた。

ジェミニ博士: アラビア語から派生した言語でしょうか?

D-3004: 知らねぇよ、アラビア語なんて伯父さんから教わったきりだ… でもそれっぽい響きじゃなかったな…

ジェミニ博士: そうですか、続けてください。

D-3004: そいつらは全員裸で、病気っぽかった… すげぇ弱ってるというか… 少しだけ時間貰えるか?

ジェミニ博士: 今、協力して頂けるなら幸いですね。

D-3004: えーっと… そしたら男が1人来たんだ… とんでもねぇ巨人だ、筋肉の山だった。人間味が無かった。そういう奴らが他にも沢山いた。奴は仮面みたいなのを付けてて… *D-3004は精神病理学的な身震いを始める*

ジェミニ博士: 落ち着きなさい、3004。

D-3004: 奴ら… 俺を裸に剥いたんだ。まだ何を言われてるか分からなかったけど、外に連れ出された時に理解した。

ジェミニ博士: 外には何があったのですか?

D-3004: あぁ? 建造所さ、当たり前だろうが!

[注記: D-3004は財団の外世界と、SCP-137-FRに転送させられた空間の外世界の区別が付いていないようである。]

ジェミニ博士: 何の建造所ですか?

D-3004: 辺り一面それなんだ。地平線をいっぱいに占めてるんだよ。今まで想像したことも無い光景だった… 奴らから鎖に繋がれたのにも気付かなかった。何もかもがデカすぎて、眩暈に圧倒された。まるで山脈だ。奴らは鎖を引っ張りもした。俺は倒れたけど、もうどうでもよかった。あんな途方もないもんを見つめた後だから、地面を見てる方がずっとマシだった…

ジェミニ博士: しかし、要するに何の話をしているのですか?

D-3004: 窓から外見りゃ分かるだろ!

ジェミニ博士: *話を合わせようと決める* えー… はい、見えますとも。ですが私には理解できなかったのです。彼らは具体的には何を建造しているのですか?

D-3004: モスクだ。唯一のモスク。アッラーとその崇拝のための大いなるモスクだ。アッラーは偉大であり、その崇拝は普遍だ。モスクはそれに相応しくなけきゃダメなんだ。高く聳えてなけりゃ…

ジェミニ博士: 具体的にはどの程度の規模だったのですか?

D-3004: *身震いが再開する* そんなの… あー… 紙とペン貰えるか?

*ジェミニ博士は道具をD-3004に提供し、D-3004は紙に幾つかの図を描き込んでから返す*

ジェミニ博士: これは… 馬鹿げてる。

D-3004: それでも現物には程遠いぐらいだ。

ジェミニ博士: いや、しかし… こんなのは絶対… これだと成層圏まで届くんですよ、分かってます?

D-3004: 一つの大陸全体が採石所に変えられた。地球の半分から人が消えて、もう片方に集められた。何十億って数の人間が蟻に変えられて、全員鞭が唸る中で同じ目的に従ってたんだ。奴らは俺を鞭打ったんだ。鞭だぞ。何回も。俺は十分に早く仕事してなかったから…

ジェミニ博士: あなたの言う事が事実だとすれば…

D-3004: …十分に早くない… 十分に早くない…

ジェミニ博士: すみません、話を元に戻してください。

D-3004: 嫌だ。もう戻らない。絶対… 絶対に…

ジェミニ博士: 何を — 刺した! 早くしろ馬鹿、心臓が — ペンで自分を刺しやがった —

D-3004: モスクには帰らねぇぞ。俺は蟻じゃねぇんだ。

[記録終了]

対象D-11027は実験以前にはユダヤ教徒だった。D-11027はパンフレットを開いて予想通りに消失し、1秒後に再出現した。帰還したD-11027は頭部への銃撃により死亡していた。ユダヤ教を信仰する人物へのSCP-137-FR実験は追って通知があるまで無期限に中止されている。

対象D-9852は実験以前には仏教徒だった。D-9852はパンフレットを開いて予想通りに消失し、45分20秒後に再出現した。帰還したD-9852は非常に深刻な恐怖心とパラノイアを抱いており、当初は対話すら困難だった。しかしながら、非常対応ユニットはD-9852が財団世界に帰還したことを納得させるのに成功した。

インタビューログ:

ジェミニ博士: こんにちは、D-9852。

D-9852: こ… こんにちは… 菩薩様

ジェミニ博士: *溜め息* 何回も言いましたが、あなたは財団に帰って来たのですよ、9852。恐れる物は何もありません。

D-9852: そ… そうかな…

ジェミニ博士: 宜しい。では、SCP-137-FRを開いた時に何が起こったかを教えてください。

D-9852: ええと… 全部が変化した。同じ部屋の同じ場所にいたけれど… 本当に同じ部屋ではなかった。何もかも灰色で汚かったね。彼らは霊的準備センターと呼んでいた。私は数多くの男女に歓迎された。彼らは剃髪していて、奇妙な服を着ていた。白一色の少し未来的な服だ。けれど… 彼らの笑顔はどこか薄気味悪かった…

ジェミニ博士: 笑顔が?

D-9852: *軽いパニックを起こす* 素敵な笑顔だった本当に! 皆援助してくれた! とても優しくて、とても、とても…

ジェミニ博士: いいですか9852。全て終わったんです。こうしましょう、“ブッダに死を!” エリクソン、復唱してください。“ブッダに死を”。

エージェント エリクソン: えー… “ブッダに死を!”

ジェミニ博士: ね?

D-9852: あ… ああ、そうだね。そうとも… 奴に死を!

ジェミニ博士: 宜しい。ほら、何も起きないでしょう。続けてもらえますか?

D-9852: ああ… で、彼らの笑顔なんだが… 実に幸せそうな微笑みだった… 四六時中そうなんだ。そのまま固まったような顔つきだった。そしてあの目付き… ほんの少しの曇りさえ消えていた。ああいう曇りは最悪の怪物の目の中にさえあるものなのに。

ジェミニ博士: 何となく分かります。

D-9852: あれはただの巨大な再教育センターだった! 何もかも! ここも! 外も! 世界の全てが。何処へ行っても、いつ何時でも、ポスターやスピーカーがあった。昼も夜も監視されていた!

ジェミニ博士: どのようなメッセージが伝えられていましたか?

D-9852: どうか訊かないでくれ! 頭から離れない… 目を閉じると… またそれが浮かび上がって来て、乗っ取られんじゃないかと怖いんだ…

ジェミニ博士: 言いなさい。

D-9852: わ… 分かった。スローガンが沢山あった、例えば“欲とは苦痛である”とか、“覚醒のため自我を眠らせるべし”とか、“道を逸れし者、遁れの場を探すなかれ”とか… 残りは知らない男の演説だ。“新たなる権化”だと言われていた。彼の顔はそこら中にあった。壁にも、画面にも。ど… 何処へ行っても彼の顔が見える… 彼は二度と俺の頭から離れないんだ。分かる。

ジェミニ博士: その後に何が起きましたか? どの程度の期間そこで生活したのですか?

D-9852: 長期間。長すぎた。数ヶ月。地獄だった。一日中ほとんど何もする事が無かった。食べて、瞑想する。眠る時間はそれほど長くない。何もかもが悪く見えた。誰もが怯えながら暮らしていたのに、他の皆には幸せそうな顔を見せ続けなければいけなかった。穏やかな生活を装いながら、日を追うごとに苦痛が増していく。そういう風に生きさせられた。人々は… 銃を持っていて、少しでも落ち度があれば他人を撃った。勿論微笑みながら! 怒りもしないし、何か言いもせず、ただ… 処刑するだけだ。そうすれば無礼者は転生するまでの間に罪を贖うことができる、という理屈らしかった。

ジェミニ博士: それは人口問題を引き起こさなかったのですか?

D-9852: ああ、彼らは… 全員殺してはいない… 他の者たちは… “無明の家”に連れていかれた、そして…

ジェミニ博士: そして?

D-9852: それについては話したくない… お願いだ、少し時間をもらえないか…

ジェミニ博士: 分かりました。多分、少し瞑想でもして気を落ち着け…

D-9852: 瞑想なんて二度とするか、[編集済]!

*D-9852はジェミニ博士を殴ろうとするが、警備員によって即座に取り押さえられる*

[記録終了]

対象D-5541はかつて“メフィストの子孫”というカルト教団の一員であり、██人を儀式的に殺害した後に逮捕され、死刑判決を受けていた。彼はこの実験のために特別に移送された。D-5541はパンフレットを開いて予想通りに消失し、6時間52分後に再出現した。帰還したD-5541はほぼ心神喪失状態であり、建設的議論が望めなかった。とはいえ、他の対象者と類似するディストピア的シナリオによって彼は悪魔崇拝を放棄したと逆説的に推定されている。

実験後のD-5541の独白からの抜粋:

そんなはずが無い。在り得ない。在り得ない! 城だ、空に。高すぎる。いくらなんでも高すぎる。稲光。雷の馬たち。1。1、2。6。6、6、6。9! 9、違う、9! あぁ。ヘヘ。 [不明瞭] 人類は忘れていた。心の底から。薄れたのだ。永遠に! 永遠に? 違う。違ぁぁぁう。かの者は奴らに思い出させた。全て。かの者の息子たちも、かの者の娘たちも、かの者の二親もそうだ。 [データ削除済] 何という重荷だろう。何という歓びだろう。重荷、歓び、重荷、歓び。さようなら鳥たち。今は魚が支配する。谷間はもう気に掛けていない。そうだろう。そうだ。何故心配するだろうか? それは沈む、そして沈む。そして沈み沈み沈むのだ! 偉大なる魔術師の[不明瞭]! 彼らはそれを知らない。彼らは誤った王を崇拝した。そして別な偽王に寝返った。実に阿呆な真似をしたものだ。私は狂っていた。阿呆め、阿呆め、阿呆め、阿呆め、阿呆め、阿呆め、阿呆め! 後継者(高齢者?)が来た。膝。消えた。雷とその馬たち。 [不明瞭] 言葉を見てはならない! それは記されたものであり、悪しきものである! [不明瞭] それをするな、それをするな! 9頭の馬たち。さようなら。雲に火が付いた。私たちは海鳴り(海の理?)に餌を与えた。しかし飲む物は何も残っていなかった。乾き。 [不明瞭] 私はむしろ[不明瞭]を見るほうが良い。女王陛下の魚の後継者(高齢者?)。諸君はこの世界が安全だと信じるか? 至る所に安全があるぞ。彼らは皆泣いている、無限に向かって泣き続ける。そして彼らの涙は集い私の外套となる。何となればそれこそ[データ削除済]であり彼の望みだからだ!

対象D-11027は壊れた神の教会の元・信者であり、財団によって襲撃時に捕縛された。彼はこの実験のために特別に移送された。D-11027はパンフレットを開いて予想通りに消失し、8時間3分後に再出現した。帰還したD-11027は激しいパニックを起こしており、幾何学的な火傷に覆われ、錆が規則的に皮膚に埋め込まれていた。

インタビューログ:
[O5指令によりデータ削除済]

付記: 対象D-11027は壊れた神の教会への完全な拒絶を示し、精神的ショックから回復した後には、財団が壊れた神の教会と戦うのを支援したいと志願した。要請は承認待ちである。

数多くの宗派のDクラス職員を対象とする様々な実験に続いて、以下の事項が断定された。

  • カルト教団、ネオペイガニズム宗派、その他の広く知られていない/“公式の宗教”と見做されていない宗教団体の信者は、SCP-137-FRを活性化させることが可能だった。
  • 主要なアブラハム系三宗教に属する対象の一部はSCP-137-FRを活性化させなかった。心理インタビューの結果、彼らは自分自身の信仰心よりも、文化的/社会的環境や家族の影響を受けて宗教を受け継いだだけであると判明した。

SCP-137-FRが宗教を受容/拒否する条件を確定するために、エデノン・プログラムが発足された。
アンブロジー博士とジェミニ博士が主導するこのプログラムは、SCP-███およびSCP-███-FRを使用して対象D-1614を洗脳・調整し、対象の精神に“エデノン”という名の唯一神に基づく完全な架空宗教への粘り強い信仰心を植え付けるものである。

隔離独房での72時間の観察段階で、この人工宗教が正しく移植されたと示された。対象は暗示的に推奨された幾つかの儀式に従事し、その中には正確に内容を暗記した30分間の祈祷や、敬虔な信者以外は実行しないであろう自傷的な儀式も含まれていた。

検証のために[編集済]条件下で行われた実験により、自らが一切生存の望みを絶たれた死の危機に瀕していると信じ込まされたD-1614は、最後の手段としてエデノンに祈りを捧げることが実証された。

SCP-137-FRの実験で、D-1614はパンフレットを開いて予想通りに消失し、2時間12分後に再出現した。帰還したD-1614は緊張病状態であった。彼のうなじには財団記章に類似する、しかし新しい要素で改変・装飾されたシンボルが、熱した鉄で皮膚に焼き付けられていた。これは表面上、エデノン教が財団によって発明された事実と一致する。

これは、信仰心のみがSCP-137-FR活性化の要因であり、その対象となる宗教の状態には関連しないことを示すものと思われる。

財団が世界的な宗教組織と化したディストピアの研究が提言されている。観測探査が成功した場合は、収容面で新たな着眼点が得られる可能性がある。この提言は審査中である。

回収ログ: SCP-137-FRは████/██/██、SAPHIRとして知られる組織のボランティア数名によって、フランス国ディジョンの街区で複数部が配布されたようです。地元警察に潜入しているエージェントが、“人が突然消失”して“完全なパニック状態で再出現”したという目撃者の通報を受けた時点で、この事件は財団の注目を集めました。機動部隊ゼータ-8 “白鳩”が目撃者と被害者への記憶処理を施すために到着した時点で、SAPHIR構成員は全てのSCP-137-FRを回収または破壊した後に姿を消していました。幸い、SCP-137-FRは中を開かなかった民間人により、街区の近辺にあるゴミ箱に投棄された状態で発見されました。

SAPHIRの性質と目的を断定する研究が行われていますが、現在までのところ、殆ど成果は上がっていません。これまでの調査結果から判断する限り、SAPHIRは合理的な思考を促進するために宗教全体へ打撃を加えることを望む知識人団体のようです。ロゴの下に記されたモットー、“Nostram Assulam Pavete”(ラテン語: “我らの輝きを怖れよ”)は、SAPHIRが自らを脅威と見做していることを示します。今後の解明が期待されます。

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 20 Apr 2019 18:56
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website