nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1572 裏未知の地図
SafeSCP-1572 裏未知の地図Rate: 41
SCP-1572
1572-1.jpg

SCP-1572ルートで撮影した写真。

アイテム番号: SCP-1572

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1572はサイト-77の標準的収容ロッカーに保管されます。如何なる職員もSCP-1572を直接的に目視することは許可されておらず、SCP-1572を閲覧しているのが発見された対象者は影響力が消えるまで隔離されます。SCP-1572の異なるルートに関する実験が進行中です。全ての実験はDクラス職員の継続的損失によって打ち切られました。

対象者が到達する前に該当地点を破壊することによってSCP-1572の効果は即座に停止しますが、この手法は資産の浪費だと見做され、打ち切られました。

説明: SCP-1572は28×43cmのオレンジ色の子供用画用紙です。極めて古びているように見えますが、破れ目・裂け目はありません。“ひみつのスペシアルうらみさマップ[原文ママ]”という文言がSCP-1572の片面に書かれています。

1572-2.jpg

SCP-1572誘発性実体。

SCP-1572を視認した人間は、それを、対象者が重要視している一地点への道筋を記した地図だと認識します。これらの地点は対象者にとって幼少期から強く印象付けられている場所であり、カーニバルや公園などの楽しい思い出と関連する所からより抽象的な意味合いを持つ場所まで、対象者ごとに幅広く異なります。対象者はこの地図を、クレヨンまたはマーカーで粗雑に記された子供っぽい手書きの物であると報告します。最後の閲覧以降に示されている目的地が改変された/変化した場合、対象者は常に、初めから現在と同じように記されていたと主張します。SCP-1572の影響が及ぶのは一度に1人までです。

対象者はSCP-1572を使用して目的地に到達しようと試みることが可能であり、当該地点を再訪することが重要なのだと主張します。また、対象者は目的地の現状や、現在の位置からSCP-1572に示されている領域に移動するための正確な方法など、SCP-1572を閲覧するまで知り得なかったはずの地域に関する記憶について語り始めます。対象者はこの試みを放棄するように説得可能であり、SCP-1572の効果は対象者から46時間以上取り上げられると消失します。

目的地へ近付くにつれ、対象者はSCP-1572から声が聞こえ、日が沈むまでに目的地に到達しなければ“思い出しちゃう”だろうと語りかけてくると主張します。日が暮れるにつれて、対象者は遠距離から自分を観察している実体群が見えると主張し、それらは目的地に関連する存在だと述べます。目的地に接近するほどに、これらの生物は無形存在として視認可能になります。SCP-1572効果によって出現した存在は全て物理実体を持ちませんが、対象者を視界に収めている人物はSCP-1572実体を視認可能であり、写真やビデオテープに記録することもできます。

SCP-1572曝露によって出現した実体群は、対象者が目的地に到着するまでその後を追跡し、対象者が近接している場所と想起する記憶をベースにして姿を変化させます。場合によっては、実体群は対象者の隣人、子供の頃のペット、もしくは過去の経験に基づく姿を取ります ― 一例として、幼少期の家を目指していた対象者は、ヘビに咬まれて4歳で死んだ妹に類似する容姿のヒト型爬虫類が見えると主張しました。また、実体群は対象者にしか意味を理解できない抽象的な形態を取ることもあります。実験によって、これらは知性を持たず、純粋に対象者の記憶と反応に応じて変化するだけの存在だと示されました。

目的地に到着した対象者は子供時代と同じように当該領域への相互作用を開始し、通常は陶酔感を見せるか、突然の運動能力を発揮します。領域内の対象者は、観察されていない状況下において唐突に消失する可能性があります。詳細についてはSCP-1572実験ログを参照してください。SCP-1572曝露によって失踪した対象者らは、1987/11/16の時点で一人も回収されていません。

SCP-1572は、SCP-1967に関連する要注意人物“█████ ███”の調査過程で、彼の家にある壁金庫の中から発見されました。1987/11/16現在、SCP-1572はSafeに分類されています。

補遺: SCP-1572実験ログ

実験A

対象: D-3246
手順: SCP-1572は一棟の廃ビルに向かう道筋を示した。対象は、当該地域に住んでいた時期にこのビルを探検したことがあると主張した。
結果: 対象はSCP-1572曝露から3時間以内に目的地へ到達。領域内に入ったD-3246は横合いにある幾つかの入口から建物内への侵入を試みた後、最終的に施錠されていない正面ドアを抜けて入場した。
現状: 対象は建物への入場後に失踪した。

実験 B

対象: D-1055
手順: 対象は財団職員を[編集済]の森まで案内した。職員は、低い位置に枝を持つ木々が異常なほど大量に生い茂っていることに注目した。
結果: D-1055は直ちに木登りを始め、目的地への到着以前には確認されていなかったスピードと敏捷性で移動した。
現状: 対象は、追跡担当の職員が植生に遮られて姿を確認できなくなった後に失踪した。

実験CC

対象: D-0935
手順: D-0935はエージェントを、一軒の空家の床下にある、這って入り込める程度の空間まで案内した。対象は、アルコール中毒の父親が酔った時はいつもここに身を隠していたと主張した。
結果: 対象はエージェントから解放された直後、即座に空間内へと這い進んだ。映像記録装置を装備したエージェント エックブラッドがD-0935の後に続けて入り込んだ。
現状: エージェント エックブラッドとD-0935は、両者とも床下への侵入後に失踪した。映像は回収されなかった。

実験F

対象: D-3246
手順: 2日間に及ぶ移動の後、D-3246は子供時代を過ごした住宅団地跡の裏手にあるジャングルジムに到着した。移動に際してD-3246は睡眠を拒み、そんなことをすれば“フンズケくんたち(stompers)”によって踏み潰されてしまうと主張した。D-3246は当該実体群についての詳細な説明を拒否したが、視界に入る全ての施錠済みドアの裏からこの生物が潜んでいることを示す物音が聞こえると述べた。
結果: 疲労によってエージェントから搬送されていたにも拘らず、対象はジャングルジムを目に留めると即座に登り始めた。
現状: エージェントは、ジャングルジムが団地の壁に描かれた落書きの中まで延伸しているように見えると報告した。対象は建物の壁の中へと入り込み、失踪した。

実験ZA

対象: D-9026
手順: 対象は、ほぼ完全に陥没しているように見える[編集済]の小さな洞窟に到着した。
結果: D-9026は岸壁にある洞窟の入口へ、近くに生えた木をよじ登って到着した。
現状: 対象は洞窟への侵入後に失踪した。エージェントは、D-9026が洞窟から落ちそうになった直後、人間の手が洞窟から出てきてD-9026を引っ張り上げたのを見たと報告した。

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 01 Feb 2017 06:11
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website