nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2428 ミスター・いかれ
SafeSCP-2428 ミスター・いかれRate: 85
SCP-2428

アイテム番号: SCP-2428

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2428は、実験以外ではサイト██の██ホールにある安全ロッカーに収容します。各実験の終了時、影響を受けた被験者はSCP-2428-2を摂取してください。

説明: SCP-2428は、要注意団体“ワンダーテインメント博士”によって、“リトル・ミスターズ”シリーズの“ミスター・いかれ”購入証明として作成された文書です。下記の影響を受けている者が1人もいない状況下でSCP-2428を直接視認した人物は、SCP-2428-1と指定される男性ヒト型生物の幻覚を知覚し始めます。

SCP-2428-1は外見的にはスラヴ系民族の男性ヒト型生物であり、身長167cm、体重55kgと推定されます。SCP-2428-1は肘から先の袖が引き千切られた多彩色の拘束着と、灰色のスラックスを着用しています。「リトル・ミスターズ®の一員、ミスター・いかれ by ワンダーテインメント博士」という言葉がSCP-2428-1の左前腕に刺青されています。

SCP-2428-1は知的存在であり、SCP-2428に影響された対象者の情報を保持し続けますが、各出現間の時間経過を認識していません。また、SCP-2428-1は被験者が知覚している他の幻覚と、それが異常であるか否かに関わらず、相互作用することが可能です。インタビューの結果、“リトル・ミスターズ”関連の異常存在たちは、影響者が周辺にいればSCP-2428-1を知覚できることが証明されました。

記憶処理はSCP-2428の異常な影響を除去するのに効果的でないことが証明されています。しかし、SCP-2428-1は、摂取5分後にSCP-2428のあらゆる効果を終了させられる、様々な形状の錠剤型幻覚(SCP-2428-2と指定)を影響者に提供することができます。

補遺: 実験ログ

目的

D-49851による初期の相互作用。サイト██の玄関でワンダーテインメント博士ブランドのマーク入りの箱が発見され、D-49851による開封時にSCP-2428が発見された。

対象

D-49851

結果

SCP-2428-1は好意的で会話に熱心である旨が報告される。SCP-2428-1は、日付に基づき、約3年間にわたって人間と関わる事無く過ごしてきたと主張。実験終了時にSCP-2428-1はスラックスの左ポケットからSCP-2428-2を生成したことが報告されており、D-49851にそれを提供した。D-49851はSCP-2428-2を摂取し、箱にSCP-2428を戻した。SCP-2428はその後、カタログ化され、さらなる実験のために除去された。


目的

詳細なインタビュー

対象

アンドレア・セガストローム博士

結果

SCP-2428-1: 僕はただ何というのか…そこに居たんだ、あの日。他の何人かは、おかしな感じがするって言ってたよ。脳みそが正しく嵌まってないような気がするってね。博士は時々誰か一人に目を止めて、彼の作業室だか何処だかに姿を消して、皆は少し違った感じで帰ってきたんだ。違う話し方に、違う見た目。あまあまちゃんなんかはもっとすごい変わり方をしてたよ。でも僕は、古い僕が ― もし古い自分なんてものがいるとすればだけど ―まだそこに居たと思う。ここに。何処であれ。

セガストローム博士: つまり貴方は、ワンダーテインメント製品になる前の人生があったはずだと言うのですか?

SCP-2428-1: そう思うよ。それが一体どんな物だったかさっぱり分かんないけどさ。多分僕はもっと…君風に言う“安定した”精神状態だったと思う。そう考えるとちょっと面白いけどさ。他の皆はテーマに沿うためにちょっと捻くれた感じがあったけど、僕はただの…想像上の人間なんだから。見た目そういう所はあるけど、特にイカレてる感じは無かった。まぁ実際イカレてる人たちもそんな感じはしないんだろうけどね。

セガストローム博士: 何かしらそれに理由はあったと思いますか?

SCP-2428-1: 忘れっぽい君の近くにいた時、幾つか見たものがある。他の皆には、存在するための理由みたいなものがあると思うんだ。彼らには目的がある。でも、ワンダーテインメントさんが僕を作ったのは、単にそういう事ができるかどうかを試すためだけみたいな気がするんだよね。僕はこれまで長いこと何も出来なかったわけだし、多分僕が“起きて”いたのは数年前の1時間ぐらいだと思うよ。

セガストローム博士: それで、その論法からいって、どう感じますか?

SCP-2428-1: クソみたいだよね。作られた途端に捨てられたような感じ。もしかしたら僕はパラノイドなのかも。でも僕はさ、この…依存、みたいな感覚を振り払えないんだよ。ほら、僕の存在そのものは、君の精神が異常で僕を知覚してくれてることに完全に依存してるじゃないか。もし僕の引継ぎが完全には行われなかったら? もし僕が保持者の反射みたいなものに過ぎないとしたら? 想像の産物だとしたら? 今では“僕”自身がどの程度現実なのかすら疑問に思うんだ、僕は明らかに非現実的な存在じゃないか。

セガストローム博士: いかれさん、これに関しては私たちが盲検法による検査を行いました。貴方の記憶は、その時点での保持者が知っているか否かに関わらず、引き継がれることが判明しています。

SCP-2428-1: でもそれは僕が保持者に改変されてることへの反証にはならないじゃないか! 確かに僕は同じ思い出を持っているかもしれないよ、でも僕はまだ同じ人物なのかい?

セガストローム博士: 何かしら矛盾があれば転写を読むものが気付くでしょうが、そのためには対象者 ― いえ、保持者全体の大規模な実験が必要になるでしょう。貴方は自分が知的存在ではないかもしれないと考えているのですか? もし私が他にも幻覚を見ていたとしたら、貴方はそれらに影響を及ぼすことが可能ですか、それとも単に意識するだけですか?

SCP-2428-1: 何だろう、どっちの質問にも違いがあるとは思えないよ。君の幻覚のリアルさは、ここで僕が座ってるテーブル以上のものでは有りえないし、それ以下でもない。これだって君の幻覚かもしれない。それを確かめるために、他の人を呼んでテーブルを使わせることは出来る。でももしかしたらその人たちも幻覚かもしれないね。僕の観点から言わせてもらえれば、当面の違いは無いのさ。具体的に“本物”なのは君だけ。君の認知力がどれだけ信頼できるかに拘らず、僕は君のためにここに居るだけだ。

セガストローム博士: では、どうします?

SCP-2428-1: 分からない。実験せずにそれを知る現実的な方法は無い、と思う。

セガストローム博士: 実験をしてみるつもりですか?

SCP-2428-1: そのつもりだよ。僕が何者で何をしたいのか、これまで深く考えてみたことが無かったんだ。でも、僕が何者であるかは変えようがない。それで、何とかして跡を残すことを試したいと思うんだ。僕にとって本物だと分かっている人たちの手助けもしたい。次回までに、やるべきことを覚えていられたらの話だけれどね。

注記

幻覚に苛まれている対象者への実験や、幻覚関連の異常なオブジェクトとのクロステストが現在検討中。


目的

非異常性の幻覚との相互作用の可能性を探る

対象

D-96485、幻聴あり

結果

D-96485からの書面による声明: 私にはいつも、起動中のエアコンに近づくと、そこから誰かが漠然とした脅し文句を囁いてくるのが聞こえていました。私は通風孔が付いたこの部屋に入れられて、例のSkipとかいうものを与えられました。私はミスター・いかれと少し話をして、彼は声について尋ねてきました。彼にそれを説明すると、彼は少しの間、通風孔を見つめていました。

やがて彼は、はしごとドライバーを持って来てほしいと言い出しました。そこで私はそう要求して、█████さんに持ってきてもらいました。私はドライバーをいかれさんに手渡そうとしましたけれど、彼はそれを取ろうとはしませんでした。はしごを上って通風孔を目を細めて覗いていたけれど、それだけです。彼は戻って来て、怖がることはないと私に言いました。なので私は上っていって、私を囁き声で脅し続ける通風孔のネジを外しました。そしてカバーを外した時、私はそこに一匹のバケモノを見て肝を潰しました。もう少しではしごから落ちそうになり、できる限り速く降りました。

いかれさんは私の肩を撫でて、またはしごを上り、少し驚いた様子でしたが、あの小さな怪物を引きずり出しました。通風孔の中にいたゴブリンは暴れ続けましたが、いかれさんは片手ではしごを掴みながらゆっくり降りてくると、部屋の隅へ歩いていきました。私は彼があの時何を言ったのか分かりませんが、とにかく1分ほどでゴブリンは黙り込みました。いかれさんはまた幾つかのことを言い聞かせて、ゴブリンは頷きました。いかれさんは多分脅し文句のようなことを言ったのでしょうけれど、その後でアレを通風孔に戻し、私にカバーを閉め直すように言いました。

今ではアレは、私が今までやってきた良い仕事のことを話し続け、明るい面を見るようにと告げています。どれだけ長く続くかは分かりませんけれども。

注記

D-96485の幻聴に起こった改変は実験後3週間にわたって持続したが、彼女がSCP-2428実験外で問題の生物を目撃することはなかった。D-96485の士気は顕著に向上しており、似たような幻覚に苛まれている他のDクラス職員をSCP-2428実験に割り当てるように複数回要求している。


目的

影響を受けた対象者が死亡した時、何が起こるかを判定する

対象

D-24282、D-24283

結果

D-24282にはSCP-2428が、D-24283には銃器が与えられた。D-24283が銃を向けるとD-24282はよろめくように動き、結果的に最初の1発は外れた。D-24282は数秒間SCP-2428-1と格闘しているように見えるが、その後D-24283の銃撃により死亡。D-24283はその後SCP-2428を閲覧し、数秒の硬直の後、腕を上げて防御態勢を取りつつSCP-2428-1から暴行を受けていると主張した。闘争の後、D-24283は何かを掴んで口に放り込むような動作を行う。異常効果が終了する前の最後の5分間には、これ以上の暴力行為は見られなかった。

注記

SCP-2428-1はその後数回の実験で意思疎通に応じようとせず、2例においては影響を受けている対象者の口に無理矢理SCP-2428-2を捻じ込もうと試みた。

目的

異常な幻覚との相互作用

対象

D-24286、SCP-1212

結果

クロステスト中の出来事を明確にするため、編集されたログが以下に掲載されている。

(D-24286はSCP-2428を閲覧し、SCP-2428-1にSCP-1212の基本的な性質を説明している。ただし、D-28246はSCP-1212の致命的な性質について認識していない。彼はその後SCP-1212に座り、SCP-1212は暗い緑色のクッションが付いた金属棒付きのスツールに変化した。)

D-24286: うわっ、マジ汚ぇ場所に来ちまったぜ。ちょいとこの場所を褒めすぎてやしなかったかい、博士さん。アンタ ― っと、誰かさんが俺の言ったことに機嫌損ねてやがる。ああ、大丈夫だ、相棒。行ってみようぜ。

(約4分間、予想通りのSCP-1212の相互作用が継続。)

D-24286: おっ、よう、ミスター・いかれ。ちょっとの間アンタがそこにいるのを忘れちまってたよ。済まんな。アンタも飲めよ、楽しもうぜ。(数秒の沈黙) いや、俺は大丈夫。楽しんでな。心配するなって。

(SCP-1212の効果が約2分間継続。)

D-24286: なぁオイ。これ以上はどれだけ飲めるか分かんねぇぞ。こいつがやっとの ― マジかよ、アンタ! 何でもないように飲み干しやがって。俺もしかしたら ― あ?

(SCP-1212の影響力により、D-24286は次の一杯を取ることを強制される。若干咳き込むが、それ以外は問題なく飲み干す。)

D-24286: クソッ。オーケイ、手が止まらねぇ。博士さんよ、まさかここまでが予定通りか? 待てよ、畜生め、あの女にゃ聞こえてねぇのか。それとも…俺の方が向こうの声を聞けないのか? 何でもいいさ。うーん。いや、立てねぇんだ。

(D-24286の右腕が横にピクピクと動き、SCP-2428-1が彼を引っ張ってSCP-1212から降ろそうとしていると思われる。約40秒後、D-24286は移動途中で動きを止め、別の一杯を飲み干す。)

D-24286: ダメだ、降りられねぇ! いいさ、多分もうすぐ終わるか、そうでなけりゃ博士の方で俺を気絶させるなり何なり出来るはずなんだ。

(続く2分間でD-24286は2杯飲み干す。)

D-24286: オエッ、吐き気がしてきやがった。オイいかれ、アンタの方で俺を気絶させることは出来るか? 効くかな? つまりだ、それで痛むってことは多分無いん ― っ痛ぇ! オーケイ、痛むんだな。いや、もういいんだ。もしかしたら ― アンタ何を ― オイッ!

(D-24286は目の前のテーブル/カウンターを掴んで仰け反るような動きをする。彼はその後、自身の目を庇い、SCP-2428-1に対する驚きを示す。7秒後、彼は腕を叩かれたかのような反応を示し、SCP-1212から引きずられているかのように移動し始める。)

D-24286: 離しやがれ、畜生!

(D-24286は押しやるような動作の後に拳を振り回し、明らかに幻覚内の加害者とやり取りしている。彼は近くの何かを掴むように動いて腕を振り回し、恐らくは酒瓶を武器として使用していると想定される。これは相手に効いているようだが、彼はその後、他の攻撃者にも向かい合う。)

(D-24286は、SCP-1212が平時の形状に戻るまでの約40秒間、パントマイムを続行した。)

D-24286: 何だっ ― おぉ! 終わったか、こん畜生め。ハッ! 冗談じゃねぇよ全く。なぁ博士? アンタは全くもってクソだな。うん?

(D-24286はSCP-2428-2を手に取るような動きを見せる。)

D-24286: あとよ、いかれの奴が、これ以上実験を続けるつもりかどうか知りたいとさ。

ページリビジョン: 4, 最終更新日時: 12 Jan 2017 16:15
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website