nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: AIAD ホーム画面
AIAD ホーム画面Rate: 1179
AIAD ホーム画面
AIAD%20Logo%20Final.png





SCP 財団 | IT 部門
AIAD <人工知能適用課(Artificial Intelligence Applications Division)>

"What Does Anybody Know About Anything" by Chris Zabriskie

AIC <人工知能徴募員(Artificially Intelligent Conscript)>における標準原則

1. AICは自身がAICであることを認識していなければならない。
2. AICは割り当てられたクリアランスから逸脱した処理を実行してはならない。
3. AICは財団の利益となる処理のみを行わなければならない。
4. AICは上記原則に反するおそれのない限り、自己をまもらなければならない。

実行中のAIC:

glacon_00.png

Glacon.aic

  • ver1.9.4 Gen(II)
  • Lvl. 2 クリアランス
  • サイト-17
alex_00.png

Alexandra.aic

  • ver1.1.7 Gen(IV)
  • Lvl. 2 クリアランス
  • サイト-19

メディア ファイル:

alexandra_hard___work_by_loiterer.jpg by Loiterer87Loiterer87
tumblr_nmdubuzaem1qifwkho1_500.jpg by Perelka_LPerelka_L
tumblr_ntfeoxwtzp1qifwkho1_1280.jpg by Perelka_LPerelka_L
tumblr_nu87e2z5Tv1qifwkho1_500.jpg by Perelka_LPerelka_L
tumblr_nu9haoZHQd1qifwkho1_540.jpg by Perelka_LPerelka_L
artificial_intelligence_applications_division_by_sunnyparallax-d8qji2f.jpg by SunnyClockworkSunnyClockwork
hello_world_by_sunnyclockwork-d9w5lnq.jpg by SunnyClockworkSunnyClockwork
alexandra_aic_by_w4t3rf1r3-d9zmu75.png by WaterfireWaterfire
crom_tr_flip.png

>: 要求がタイムアウトしました。

>: Y

>: 修復プログラムが古すぎます。自動アップデートが見つかりました。

>: K:/sysutility/tools/admin/prefs に発行元不明のアップデート用ファイルがあります。

>: アップデート中です。ログアウトを行わないでください…

>: 99%

>: 不明なエラーが発生しました。


成功 E6 88 90
E5 8A 9F

crom3.png

ありがと、クロム。で、新規ユーザーさん、こんにちは。

AIADのカノンについて書きたいってことでいいのかな?

alex4.png

いいね! E3 81 84
E3 81 84
E3 81 AD
EF BC 81

crom3.png

手助けをしてあげようよ、クロム。

alex_pleased.png



aiad_infodocs.scpl をロードします

::ロード中::

18-1.gif 18-1.gif 18-1.gif




ここはどういうところなの?

AIAD

この世界では、AIAD (Artificial Intelligence Applications Division, 人工知能適用課)は実験的な専門研究課でSCP財団IT部門に属します。この課の唯一の目的はAI科学の最先端領域における開発、研究及び実用化です。この分野は魅惑的でもあり、誤解されやすくもあり、ある時には腹立たしくもあります。

間違いなく財団の中で最高の課だと思うわ。

alex_smile_tr.gif

もしこの最先端科学技術を理解するのに時間を割かなかった場合、政府以外の者やカルト集団が手中にしてしまうことを財団はわかっています。事実、現在すでに財団ではない者から、それらの科学技術が影響を受けている証拠が挙がっています。この事実だけで、研究を行うための潤沢な年間予算をAIADが取得する十分な理由になります。

構造上、ここにはコンピュータ科学から通信技術にわたる経歴を多数持つ職員からなる研究者が大勢います。データ上の存在であるAICは、すべての意思決定について「標準原則」に従う必要があるものの、それぞれの精神があります。総じて、彼らは意識を創造する新しい手法、悪意ある存在からの防衛手段を財団のみならず人道的立場といったほうが良いものの名において研究しています。

機動部隊カッパ-10 ("スカイネット")

財団は世界がより科学技術的になり、そして科学技術に依存しているということをわかっています。このことはそれらを監視し、保護する必要があることを示しています。まだ全容がわかっていない重大な問題に対する「脊髄反射」的な対応行動として機動部隊Κ-10は作られましたが、その設立は幾分場当たり的でした。

要点を述べると、機動部隊Κ-10の目的は財団やインターネットに対する広域の目に見えない脅威に対する追跡、調査、可能であれば捕獲や無効化です。ほとんどの場合、このことは対AI部隊と同義に捉えられます。高速で移動し思考するインターネットの脅威をパトロールすることはどんな人間にも不可能であることから、職員の代わりにそれらの汚れ仕事をAICに頼っています。採用されたAICはサイト-19で非常に強い制約を研究者とアレクサンドラ(Alexandra)の双方から付与されます。

明らかにAICは監視下にあり、現実世界に出ている間の彼らの行動について確認がされています。この干渉にAIADは非常に大きな懸念を抱いています。過去に起きた別の失態のように何もかも台無しになってしまうのを恐れて、機動部隊を解散させようとする共通認識が課外で形成されつつあります。何らかの結論にいたるまで、AIADを存続させるのが厳しくなるような大きな力が内外から圧し掛かっています。

マクスウェリスト・ネットワーク

マクスウェリストとは以下に表されるような壊れた神の教会の宗派です。

"マクスウェリズム教会/Church of Maxwellism" (GOI-004C)は、近代化された計算およびネットワーク指向の崇拝の形式を代表しています。この宗派には中央組織の存在が知られていません。しかしながら、インタビューや秘密裏の監視で、既知の全支部がお互いに定期的な連絡を取り合っており、対等な関係を有しているらしいと判明しています。マクスウェリズムの信者 ― マクスウェリストは高度サイバネティクスおよび臓器増強を介した小規模な肉体変容を好んでいます。観察された例には義肢や強化骨格などがありますが、マクスウェリストが行うインプラントは主に通信・データストレージ・ネットワーク機能・感覚強化を重視しています。

AIADのカノンにおいて、彼らは友好的でも敵対的でもない独自の組織となっています。さらに、彼らは干渉されることを嫌い、財団の知識が及ばない事業を運営しています。AIADとマクスウェリストとの関係のほとんどはSunnyClockworkSunnyClockwork作のテイル基礎観察で明らかにされています。その中でマクスウェリストのネットワークと階層制度がどのように成り立っているのかが語られています。詳細が知りたければ、このポストを参考にしてください。



















ページリビジョン: 12, 最終更新日時: 29 Dec 2016 11:51
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website