nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: ジョナサン・ボールの提言
ジョナサン・ボールの提言Rate: 794
ジョナサン・ボールの提言

アイテム番号: SCP-001

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 現在までにSCP-001によってもたらされる脅威の可能性に対する適切な対処手段は開発されていません。これは封じ込めに関する事項や議論に物議を醸し出しやすい一面があるためです。その論点は当アイテムのオブジェクトクラスや、取扱方における利用手続きの変更に関するものです。現管理室はこのオブジェクトを被害妄想に起因する疑いによって、既知のアイテムの中で最も危険であると考え、このオブジェクトを最も高いオブジェクトクラスであるKeterに分類しています。

現時点でSCP-001は鉛合金で作られ、チタンで補強されたノードロック式のブリーフケースに保管されています。部屋とブリーフケースは監視カメラによって常時監視されています。ブリーフケースは現職のクリアランスO5のオフィサー全員の賛成がなければ開けることができません。ブリーフケースは███ ██████ ██████に建設された、一部屋しかない建物の狭い空間に照明に照らされて収納されています。この部屋を守るために配置されたClass Dの職員が05オフィサーの同意なしに入室した場合、軍事的脅威と見なされ処刑されます。この独立した建物はSCP-001の為だけに存在しており、緊急事態のために爆破用の配線が引かれています。

SCP-001は国家及び世界規模での安全保障への最大脅威が存在していることを表しているというのが現管理室の見解です。以前はSCP-001は最低限の警備状態で収容することが推進されていたにも関わらず、現在はその特殊な事情によりその使い方や機能について更なる研究を行うことが許可されていません。

説明: SCP-001は左上隅をホッチキスで留められたありふれた論文の束です。一番上の紙は表紙であり「Confidential Report on Special Items―Classified(極秘:特殊アイテムの機密報告書)」と簡潔に綴られています。このホッチキスと表紙の下のページ数は不確定であり、3枚から30枚の範囲で変動します。このレポートに署名はなく、誰が書いたのか不明です。

このレポートが初めて出現したのは████の███████ █にあった████████ █████(故人)のデスクの上でした。その時点で報告書には「‘生きている’部屋」(SCP-002)についての事柄が書かれていました。不審に思いながらレポートを読んだ後、████████ █████は上記のアイテムについて電話で連絡を取りました。次に████████ █████がSCP-001を調べると、「‘生きている’部屋」ではなく「有機的マザーボード」 (SCP-003)について書かれていました。████████ █████はすぐにSCP-001を閉じた後、それが自分が探しているSCP-002についてのレポートではなかったと考えました。彼がその項目を見つける為に再びSCP-001を開くと、SCP-003ではなく「12の錆びた鍵と扉」(SCP-004)について書かれていました。████████ █████はすぐにもう一度レポートを閉じた後に開きました。「合い鍵」(SCP-005)について読むために。次に████████ █████がどんな行動を取ったのかは分かっていません。この出来事の後、さまざまな時代で上記のアイテムが発見されました。

SCP-001と他の既知の全てのアイテムとの相関関係についての研究は不十分です。しかし、SCP-001の表紙の下に書かれている項目は、新しいSCPアイテムの発見に関する報告書と同じであることは、今までの出来事で実証されています。現管理室はこの偶然の一致に関して因果関係があると確信しています。

その他の注意事項: SCP-001が事前警報システムとしてみなされるべきか否か、SCP-001自体が特殊な封じ込めを必要とするアイテムの製作者であるか否かが注目されています。しかし、その違いは現管理室からすれば重要ではありません。事実は一つ:SCP-001を開いて読まない限り新しいSCPアイテムは出現しません。SCPユニットが把握しているだけでも1000以上に及ぶSCPアイテムが出現することに繋がったミスであり、現管理室はこの点から過去の過ちを繰り返すことを拒否しています。

SCP-001自体は非致死性であること、理論的にはSCP警報システムとして有効利用できること、または進歩的生物の先祖である、あるいは非生物的兵器であるなどの議論によって現管理室が左右されることはありません。また批判的意見のある極端に厳しい封じ込めやアイテムの利用に対する手続きに対しても、それが非道な行いだとは思いませんし、対応することもありません。これらの手順が意図していることは、このアイテム自体に関わるべきではなく、人間社会から排除すべき真の脅威と見なされるべきだからであることを批評家は思い出すべきです。

上述したように現管理室は特別な許可が無ければ隔離したオブジェクトを動かすことを拒絶します。過去の管理室はアイテムについてずっと協議していました、また将来の管理室についても同じようになることは間違いないでしょう。ですがやはり、このままSCP-001が破壊されないならば、その取扱いに対する責任は将来の管理室へと委譲する、というのが現管理室の意見です。

ページリビジョン: 9, 最終更新日時: 03 Nov 2016 05:26
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website