nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-069-UA 鋳鉄アイロン
EuclidSCP-069-UA 鋳鉄アイロンRate: 11
SCP-069-UA
iron069.jpg

SCP-069-UAの画像。

アイテム番号: SCP-069-UA

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-069-UAは最低でも幅10×10m、高さ2mの防音壁を備えた収容室に保管する必要があります。承認された実験を除き、SCP-069-UAの内部に物体を入れることは職員が強力な音や音楽の旋律に暴露するため禁止されています。SCP-069-UAを2×2×2m未満の密閉空間に配置する実験は禁止されています。

説明: SCP-069-UAは鋳鉄製で正確な重量が5.1kgの炭火スムージングアイロンです。アイロンの左側面には"Дата выпуска 19331"の文章とソビエト連邦の国章が刻銘されています。アイロンそのものは明記された年代に製造されており、異常な性質は後から取得したものと推測されています。

毎日午後5時にAEX-069と指定されたイベントが発生します。イベント開始時にSCP-069-UAは地上から50〜250cmの高さに上昇します。次の4分間、SCP-069-UAは特定の軌道に沿って領域内を飛行します。SCP-069-UAが室内にある状態でAEX-069イベントが発生した場合はサイト内に留まる必要があります。領域内に隣接する部屋がある場合、最大25部屋隣まで移動します。

SCP-069-UAがAEX-069中の行動を妨害する試みに対抗することは留意するべきです。実験では、AEX-069開始前にSCP-069-UAが何か(例として鎖など)で固定されている場合、イベント開始時にSCP-069-UAは鋭利な行動で固定具を破壊する(鎖の場合は引き裂く)ことが確認されています。全ての強度実験において固定具は破壊されています。このイベントは、SCP-069-UAが障害物を回避しようとした場合でも発生します。これらの実例から、実験中に1×2mのガラスシート30枚をSCP-069-UAの収容室に入れたところ、次のAEX-069イベント中ではSCP-069-UAはいずれのガラスシートとも追突しませんでした。

全てのAEX-069イベントの開始時にSCP-069-UAはSCP-069-M-UAと呼称される旋律を放出させます。通常のSCP-069-M-UAはソビエト連邦国歌で構成されており、このバージョンのSCP-069-M-UAはSCP-069-M1-UAと呼称されます。また、AEX-069の開始時にSCP-069-UAに木炭(または他の可燃性物質)が設置されていた場合、その物質は完全に燃焼し想定内の熱量を放出させます。木炭や燃料と見なせる他の多くの物質は、灰や残渣が残留せず完全に燃焼します。SCP-069-UAが非燃焼性物質で充填されている場合、結果は物質の特性にも寄りますが、大きく変わる可能性があります。

発見記録: SCP-069-UAはウクライナのドネツィク州、[編集済]の1991年に閉鎖し破棄された工場の倉庫から発見されました。更なる調査の結果、[編集済]の時期に5級の溶接工員が以前に健康上の理由から倉庫警備の仕事に転属しており、工場が閉鎖された直後に失踪していたことが判明しています。 被疑者は現地のソビエト連邦共産党の積極的なメンバーでもありました。後に機動部隊("噂話記者たち")はクリーピーパスタサイト(http://███████)で"取り憑く"アイロンについての物語を発見しました。物語には複数の写真が添付されており、そのうちの3枚は浮遊するSCP-069-UA、およびAEX-069イベントが携帯電話で撮影されていました。初期解析によって最も信憑性がある写真だと見なされています。目撃者の1人はSCP-069-UAが空中にいる時に取手を破壊したと証言しています。その後、SCP-069-UAは財団エージェントによって無事に回収され、全ての目撃者には記憶処理が行われました。カバーストーリーとして"浮遊するアイロン"がフィクションだという記述がサイトに投稿されています。


クリアランス2/069以上の職員は文書E2-069の一部実験記録を閲覧することができます:

実験番号:
日付:
手順:
結果:


実験番号: E069-A█
日付: 2011年6月1日
手順: AEX-069イベント中にソビエト連邦国歌を再生する。
結果: 国歌が再生されるとSCP-069-UAはSCP-069-M1-UAを1.5秒間停止させた。 AEX-069イベントは8分間も続き、SCP-069-M1-UAは国歌の律動を鳴らしていた。

実験番号: E069-A█
日付: 2011年7月5日~2011年7月30日
手順: AEX-069イベントが発生する度に歌曲"カチューシャ"を再生する。
結果: 録音の再生が開始されるとSCP-069-UAはSCP-069-M1-UAの発信を停止させた。2011年9月8日以降、SCP-069-UAが歌曲を模倣しようと試みていることが記録された。次の日にはSCP-069-UAから放出される音量と音質は増加しており、2011年7月30日には歌曲"カチューシャ"の旋律を完全に演奏した。再生された旋律はSCP-069-M2-UAとして認定された。その日以降、対象はSCP-069-M1-UAの放出を再開させたが、AEX-069イベント中のSCP-069-M2-UAの模倣は更に██回観察された。

実験番号: E069-A█
日付: 2011年8月7日
手順: AEX-069イベント中にビートルズのイエスタデイを再生する。
結果: 録音の再生が開始されるとSCP-069-UAはSCP-069-M-UAの放出を8秒間停止した。 その後、SCP-069-UAはSCP-069-M-UAの放出を再開させた。また、浮遊中のSCP-069-UAは数多くの鋭利な行動をし、収容室の壁に数回追突したことが確認された。

実験番号: E069-A█
日付: 2011年8月9日
手順: AEX-069イベント中にウクライナのNSBM2グループ"Dub Buk"のСва-Батальонを再生する。
結果: トラックの開始から47秒後、SCP-069-UAは収容室から飛び出し、更にセクション125の廊下を沿って進み、何度も壁や他の物に衝突した。イベントが終了するまでにSCP-069-UAは900mも飛行し[編集済]の近くで停止した。 また、対象が放出したSCP-069-M-UAの音量と速度が異なっていたことが確認された。観察の結果、SCP-069-UAは損壊していないことが示されている。
特定の条件下によっては、このオブジェクトは非常に危険となる。 - セクション125管理官、シェフチェンコ上級研究員


実験番号: E069-B█
日付: 2011年8月13日
手順: AEX-069イベント開始前に濡れた木材をSCP-069-UAに補充する。
結果: AEX-069の間、木材は焼かれ大量の燃え殻になった。燃え殻の質量は原木の質量██%分であった。

実験番号: E069-B█
日付: 2011年8月20日
手順: AEX-069イベント開始前にアイスキューブと削状の銅をSCP-069-UAに補充する。
結果: AEX-069の間、氷は完全に蒸発した。 削状の銅は酸化銅と水酸化物の粉末混合物に変化した。

実験番号: E069-B█
日付: 2011年8月23日
手順: AEX-069イベント開始前にSCP-069-UAの内部に温度計を入れる。
結果: イベント終了直後の温度計の示度は室温と一致した。加熱された痕跡は見られなかった。

実験番号: E069-B█
日付: 2011年8月27日
手順: AEX-069イベント開始前にSCP-069-UAの内部にイエスズメ(Passer domesticus)の標本を入れる。
結果: [データ削除済]
オブジェクトは音に反応し、時には非常に奇妙な行動をすることは覚えておく必要がある。 - E069-B関連実験主任研究員、シェフチェンコ上級研究員
注: 生きた生物をSCP-069-UAの内部に入れることによる更なる実験は倫理委員会によって禁止された。


実験番号: E069-D█
日付: 2011年11月7日
手順: AEX-069イベント開始前にSCP-069-UAはロックされた金庫の中に入れられた。 主任研究員は[編集済]観察室から実験を監視していた。
結果: イベント開始から1分後、SCP-069-UAは金庫の壁や幾つかの壁を突破し、この実験を開始した研究員を殺害した。事件の録画映像によるとSCP-069-UAは毎秒███mの最高速度に達していた。
AEX-069イベントは30分間続き、また対象からはSCP-069-M1-UAとSCP-069-M2-UAの他に"そして闘争は続く3"および"勝利の日4"、そして███ █████が鳴り響いていた。
SCP-069-UAを2×2×2m未満の密閉された空間に設置する更なる実験は禁止された。

実験番号: E069-NUC
日付: 実験は行われなかった。実験は現在、O5評議会の承認待ちです。
手順: SCP-069-UAを核実験場に移動させ、AEX-069イベント開始前にデューテリウムとトリチウムで満たされたカプセルを入れる。

オブジェクトは急激な速度で壁を突破したのにも関わらず破損したようには見えませんでした。 また、それは私たちが入れた可燃物質や科学燃料を燃やしてしまいます。 原子力または熱核燃料が内部に設置された時に何が起こることを知るのは興味があります。SCP-069-UAはそれを無視するか、それともしないかもしれませんが、もしもしなかった場合は大量の熱が放出されます。

その場合でも、このオブジェクトを有用なエネルギー源として使用できるかは疑問があります。しかし、我々はそれを瀬戸際の異常な爆弾として使用することができるかもしれません。 - █████████博士

ページリビジョン: 4, 最終更新日時: 29 Aug 2018 12:59
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website