nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-049 ペスト医師
EuclidSCP-049 ペスト医師Rate: 528
SCP-049 - ペスト医師
評価: +2+x
SCP-049.jpg
SCP-049は人間の目に非常によく似た眼球を露出しています

アイテム番号: SCP-049

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-049は研究セクター-██の独房に収容されています。SCP-049はLeve2以上の職員の許可を得た上で、鎮静させてから移動させてください。さらに、SCP-049に鉄の首輪をつけ2人の武装した警備の先導を受け、2mの鉄柱二本にしっかりと固定させて2人のLevel1以上の職員を同行させます。実験は必ず特別隔離房の中で実施してください(文書042-D-3-18を参照)。

SCP-049の独房は常に監視カメラで監視してください。異常な行動が見られたら████博士に報告してください。

説明: SCP-049は人型で身長1.9m、体重95.3kgです;肉体的研究が進んでいないため現在は不明です、15,6世紀のヨーロッパに伝わる"ペスト医師"の格好をしています。SCP-049の身体(顕微鏡と遺伝子実験により筋組織に似たものと判明)は粗い革とセラミックのマスクのように見えます。イングランドの██████の地元警察により発見されました。機動部隊[編集済]は[データ削除済]の発生が疑わしいと報告しています。最初の捕獲時に半径0.5km圏内の市民に対しクラスAの記憶処理を施しました。

SCP-049は話しません (補遺C-1を参照), しかし、英語は完璧に理解しているようで、手術をしようとするまではとてもおとなしいです。SCP-049からの物理的接触は人間に死をもたらします。SCP-049の手(両手)に触れた犠牲者(以下SCP-049-2)は[データ削除済]になり、即死しました。SCP-049はSCP-049-2に向かう前に手術の中断を避けるため、周囲の人間を同じ方法で殺そうとしました。メス、縫合針、縫合糸、数種類の薬(未知の薬も含む)の入った[データ削除済]でできたバックを体の中(X線実験などで身体を調べてみたが道具は見つからず)から取り出し、SCP-049-2を解剖すると身体の中に薬を注入して行きました。約20分後、SCP-049はSCP-049-2から後退し再びおとなしくなりました。

数分後、SCP-049-2は再び生体反応を示しました。しかし、知性はみられず、別の生きている人間に出会うまでさまよい続けました。人間を見つけ殺し██████とする間SCP-049-2のアドレナリンとエンドロフィンは約300%増量し、その後また喪失状態になりより人が往来する通りに行くまでさまよい続けました。この状態は極めて甚大な被害をもたらした末に終了しました。この実験手順(補遺T-049-12を参照)から外れた末に起きた失態に対し懲戒免職がくだされました。

SCP-049-2の検死報告書によると身体の中から[データ削除済]を含む数種類の珍しい化学物質(大量の一般的な化学物質も含む)が発見されました。しかも、さらに数種類かは未知の物質でした(レベル3以上の研究員かそれ以上のレベルの職員は補遺C-1を参考)。

補遺A-1: ████.A博士、20██-12-6、本日、初めてSCP-049が会話に応じました。全内容を記録しました。

対象: SCP-049
インタビュアー: ███████ ████博士
付記: SCP-049は実験施設に向かう途中、興奮した様子もなくぽつりぽつりと話し始めました。このとき████博士は携帯レコーダで記録。無意味な箇所は省きました。

SCP-049: “此処は何処だ?”
████博士: “何?ここは研…” [████博士がレコーダを落としてしまいその音にかき消される]
SCP-049: “研究施設?実に素晴らしい。道理で患者を見かけない筈だ。”
████博士: “あ…ああ。いや、君は話せないのかと思っていたよ。少し驚かされた、うん、話せるのか。”
SCP-049: “勿論話せるさ、紳士君。私はただ会話が好きじゃないんだよ。殆どの患者は鬱ぎ込んでしまって、会話をしてくれないしね。しかし改て見ると、貴方は病気を患っている様には見えないな、貴方は医者だね?”
████博士: “ああ、その通り。[編集済]と呼んでくれ…しかし、"病気"とはなんのことだい?”
SCP-049: “何を言っているんだ、御医者君、黒死病の事だ。其れ以外に何が在る?”
████博士: “こくし…ああ、ペストか。次回は用意したほうがよさそうかな。だが、ここではだれも罹っていないよ、保証する。”
SCP-049: “嗚呼、御医者君、貴方に保証しよう。此処にも黒死病が在るとね。私の使命は世界から黒死病を無くす事だよ。私の治療はとても効果的だ。”
████博士: “君の治療?君の治療で何百人も犠牲になっているんだぞ!君の治療は間違っている!”
SCP-049: “御医者君、私の治療こそが最も効果的なのだよ。”

[SCP-049は黙ると、それ以上話さなくなった。]

終了報告書: “その日は何とか彼が何故手術をするのか、彼の言う''ペスト''とは正確には何を指しているのか確かめるための実験をすることができました。今のところ、手術を受けたクラスDを調べても何もわかっていません。現在も研究中です。”
████博士

補遺C-1: レベル3以上閲覧可 20██-4-26、SCP-049が脱走しました。5分間逃走を続けた後、SCP-███と接触。捕獲した際、SCP-049は非常に穏やかで愛想の良い状態になっていました。以来、SCP-049は手術中におしゃべりになります。

ゼロ-四-九とあの呪われたマスクが何を喋っていたのか知らないが、彼はとても幸せそうに見えた。彼は独房で座ってじっとすることができないようで、何人かの職員は古い賛美歌を鼻歌で歌っているのを聞いている。さらに手術中、患者に話しかけ、苦しんでいると…患者を慰めるのだ。「治療しているんだよ」とか言ってね。我々の興味は彼と[編集済]の会話へと移った。- ████博士

ページリビジョン: 4, 最終更新日時: 06 Oct 2013 09:17
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website