nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1421-JP オトナ帝国を夢見た者達とその結末
EuclidSCP-1421-JP オトナ帝国を夢見た者達とその結末Rate: 46
SCP-1421-JP
360px-EXPO_TOWER.jpg

SCP-1421-JP

アイテム番号: SCP-1421-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル: 現在、SCP-1421-JPは半径300メートル以内への立ち入りが禁止されています。入園客に変装した財団エージェントが定期的に周囲を巡回し、SCP-1421-JPへの民間人の侵入を阻止しなければいけません。

SCP-1421-JP-Aは発見次第直ちに拘束し、恒久的な収容下に置く必要があります。SCP-1421-JP-Aの親族や友人に対しては、カバーストーリー「交通事故死」を適用して死亡したものと偽装して下さい。

SCP-1421-JP-1内部の様子を撮影した映像や画像がインターネット上に公開された場合は、速やかに財団のネットパトロール部隊によって削除されなければなりません。速やかな削除が困難な場合はカバーストーリー「記念写真」を適用して情報工作を実施して下さい。事態を収拾した後は映像・画像を公開した人物を速やかに特定・追跡し拘束して下さい。

説明: SCP-1421-JPは大阪府吹田市の█████████公園に存在する、内部に異常な空間が広がっている展望塔です。SCP-1421-JPは全長約127メートル・全14階で構成され、60メートルから85メートル付近の7階から9階にかけて複数の展望室が設置されています。また、老朽化が進行しているように見えるにも関わらず、極めて高い耐久性を有していることが判明しています。

展望室の内部に入室した人間(SCP-1421-JP-Aと指定)は異空間(SCP-1421-JP-1と指定)へ転移します。内部ではかつての日本万国博覧会に酷似したイベントが開催されており、室内であるにも関わらず上部には大空が広がっています。SCP-1421-JP-1は非常に広い構造のように見えるにも関わらず、GPS反応は常に同じ場所を示し続けます。また、外部からの通信は問題なく可能です。

SCP-1421-JP-AはSCP-1421-JP-1の様子について例外なく「非常に懐かしい雰囲気を感じる。」と表現します。その後、20~30分程が経過すると、「子供の頃に戻ったような気持ちになる。」と称し、SCP-1421-JP-1内部のアトラクションや展示物に熱中するようになります。実験では、被験者となったSCP-1421-JP-Aが内部に存在するアトラクションや展示物の様子を記録する指示を無視して、遊行を優先する様子も確認されています。

SCP-1421-JP-1には様々な年代で構成された多数の人型実体(SCP-1421-JP-2と指定)が存在します。彼らは入園客やスタッフとして振舞っているように見え、基本的にSCP-1421-JP-Aに対して親切であり危害を加えようとする様子は見られません。コミュニケーションを行うことは可能ですが、1970年以降の歴史や出来事については全く知らない素振りを見せます。SCP-1421-JP-2をSCP-1421-JPから連れ出す試みは全て拒絶される結果に終わりました。

SCP-1421-JP-1のイベントは遅くともSCP-1421-JP-Aの入室から約半日後には終了することが明らかになっています。SCP-1421-JP-Aはイベントの終了後、警備員の姿をしたSCP-1421-JP-2に促されSCP-1421-JPから帰還します。

320px-Osaka_Expo'70_Kodak+Ricoh_Pavilion.jpg

SCP-1421-JP-1の内部で撮影された写真

SCP-1421-JP-AはSCP-1421-JPから帰還すると、それまでと比較して生活態度や行動に著しい変化が生じるようになるミーム汚染を発症します。このミーム汚染はこれまでの実験からSCP-1421-JP-1に一定時間滞在する、若しくはSCP-1421-JP-2とコミュニケーションを取ることで発症するものと考えられています。これまでに確認されているSCP-1421-JP-Aによる帰還後の変化で特筆すべき主な点は以下の通りです。

  • 極端な懐古主義への傾倒。
  • 勤務している職場・学校への無断欠勤。
  • 子供や児童の話題に対する無関心化。
  • 育児放棄や児童虐待の発生(実子が存在する場合)。
  • 過去の所有物に対する執着心の発達。

上記の変化によりSCP-1421-JP-Aは多くの場合、正常な社会生活を営むことが困難となり、社会的な地位の喪失や家庭の崩壊に至ります。また、他人がSCP-1421-JP-Aが行う懐古主義的思想・行動に疑問を呈すると、可能な限り反論・攻撃し自身の正当化を試みるようになります。SCP-1421-JPによるミーム汚染は非常に強力であり、記憶処理を行っても除去することができません。SCP-1421-JP-Aの記憶ではなく、性格や人格そのものに影響を及ぼしている可能性が高いと財団は推測しています。

補遺1: SCP-1421-JPはSCP-1238-JPの回収後に実施された追加調査がきっかけで財団の関心を引くこととなりました。追加調査の一環として、SCP-1238-JPの元々の所有者だった青田氏の交友関係について調査を行った結果、青田氏が過去にGoI-1958(夏鳥思想連盟)1の構成員として活動していたことが判明しました。事件ファイル-1238のインタビューで、青田氏と夏鳥思想連盟との間に何らかの関わりが存在していた可能性が示唆されていたこともあり、青田氏と交流の存在した人物に対してインタビューが実施されました。

以下はインタビュー記録の内容です。

対象: 佐藤 守(ホームレス)
インタビュアー: 梅田綾
付記: 佐藤氏には財団が調査した青田氏の情報について事前に説明が行われている。

<録音開始>

インタビュアー: では、インタビューを始めます。佐藤さん、質問に正直にお答えください。

佐藤: ハァ…仕方ねぇな。どうせ答えるまで拘束しておくつもりなんだろ?お前らみたいな連中はいつもそうだ。

インタビュアー: ではさっそくですが、青田氏と「夏鳥思想」の関わりについて、何か聞き覚えはありますか?

佐藤: 昔、青田の奴が1度だけ話してくれたことがあるんだが、なんでも昔、職場の上司に勧誘されて夏鳥思想連盟とかいう組織で活動していたことがあるらしい。最初はバカバカしいと思っていたらしいんだが、活動している内に自分も昔は良かったと強く思うようになったと言ってたな。

インタビュアー: 青田氏の過去について他に何か聞いていませんか?

佐藤: そうはいってもよ、俺達ホームレスは他人の過去に触れないことが不文律なんだ。その時は偶然青田の機嫌が良かったから話してくれただけで、俺の方からあれこれ聞くなんてことはできねえんだよ。俺が知ってる事といえば…その「夏鳥」っていうのががかなりヤバい組織だってことぐらいだな。

インタビュアー: 夏鳥思想連盟についてご存じなのですか?

佐藤: 仲間から聞いた話だが、「夏鳥」と関わった人間は過去に縋って生きていくようになっちまうんだ。それも俺達ホームレスのような底辺の人間じゃない。家庭を持って働く普通の人、過去に縋る必要があるとは到底思えない人が、俺達みたいになっちまうんだって言うんだよ。それで人生を狂わされた人が大勢いるらしい、恐ろしい話だよ。今思えば、青田の奴もそうだったんじゃないかって思う。…そうだ、思い出した。青田の奴、妙なことを言っていたな。「夏鳥」で活動していた時に神秘的な体験をしたって。

インタビュアー: 神秘的な体験とは…具体的には何でしょうか?

佐藤: 何でも、子供の頃に経験した大阪万博を再び体験したって言うんだよ。知り合いに紹介されたっていう建物の中に入ったら、あの当時のままの光景が広がっていて度胆を抜かれたんだって俺に興奮気味に話してたな。それから「夏鳥」の教えを正しいと本気で信じるようになったと…。俺も行ってみないかと誘われたが、バカバカしくて相手にもしてなかった。もし行ってたら、俺も青田のようになっちまってたかもしれねえと思うとゾッとするよ。

インタビュアー: なぜそのように思うのですか?

佐藤: その話をしていた時の青田の顔を見ればあんたも絶対そう思ったはずだ。あの時の青田の様子はなんというか、宗教とかそういうのを勧めていたのに近かったんだよ。俺が相手にしてないと見ると、激昂して殴り掛かってきたし、絶対にまともじゃなかった。それから、例のライターの件があるまでずっと距離を置くようになったんだ。

インタビュアー: そうでしたか…貴重な情報ありがとうございます。

佐藤: 最後にもう1ついいか?

インタビュアー: 何でしょうか?

佐藤: 「夏鳥」は一時期、ホームレスへの支援活動とか言って、仕事の斡旋をしていたことがあるんだが、行ったきり消息がわからなくなった奴が大勢いるって話なんだ。皆「夏鳥」がヤバい仕事させたんじゃないかって噂しているよ。最近はめっきり「夏鳥」の話を聞かなくなっちまったが、あんたももし「夏鳥」について調べるんだったら気を付けた方がいいぜ。

<録音終了>

インタビュー終了後、佐藤氏の証言を元にホームレスとなる以前の青田氏について追加調査を実施しました。その結果、青田氏が199█年頃まで夏鳥思想連盟にて活動を行っていたことが確認されたものの、当時の青田氏に過激な言動や行動は特に見られませんでした。財団は青田氏が過度な懐古主義に傾倒したのは夏鳥思想連盟が保有しているとみられる何らかのアノマリーが関わっている可能性が高いと判断し、大阪府内に存在する夏鳥思想連盟の拠点と思われる複数の秘密施設を襲撃した所、SCP-1421-JPとの関連性が疑われる文書が回収されました。この文書にSCP-1421-JPの存在が記載されていたことから、存在が発覚し収容に至りました。特筆すべきことに、襲撃した施設は既にほとんどが放棄されており、どの施設においても内部には昭和時代の玩具が無数に散乱していた状態となっていました。

夏鳥思想連盟の秘密施設で回収された文書:

平成██年1月25日

七零展望塔(仮)の竣工についてのご案内


夏鳥思想連盟 大阪支部代表

この度、我々が待ち望んでいた展望塔がついに竣工を迎えます。
我々が子供の頃に体験した理想郷が遂に実現する時がやってきたのです。
私も事前に展望室の内部を若干確認致しましたが、非常に素晴らしいものでした。
あの頃の情景を本当にそのまま体感できることは間違いありません。

さて、今の世情は我々にとって、非常に厳しく辛いものです。常に技術の進歩が叫ばれ、
我々が本当に大切にしてきたものが置き去りにされている現状は決して看過できるものではありません。
更に、昨今では酩酊街という、「全てを忘却することで救われる」と宣い、過去に存在した大事なものを
全て忘却することが、まるで救いであるかのように吹聴する者達が存在することを当団体で確認しています。
本当に許し難い話であります。
しかしながら、我々は組織としてまだまだ非力な存在であり、そのような状況を打破するために
四苦八苦しているのが遺憾ながら実情であります。

そんな折、我々の状況を知って是非御力になりたいと言ってきた人達がいました。
彼らはなんと酩酊街の元住民であり、我々と同じく
「過去を忘却することで救いを求める」ことに強い反感を抱いていると言うのです。
そして、我々の「かつての懐かしい雰囲気を思い出したい。」との願いを一緒に実現しませんかと言って下さり、
「連盟の志は我々と同じである。」と熱く語ってくれたことを今も覚えています。
連盟に多大な協力をして下さった如月工務店の皆様方へこの場を借りて感謝を申し上げる次第であります。

さて本題ですが、七零展望塔の竣工に当たって記念式典を行いますので、参加者は以下の日時と住所までお越し下さい。将来的な一般公開を如月工務店様と共に検討致しておりますが、現状は連盟構成員に限らせて頂きます。

平成██年2月1日 午後2時 
大阪府吹田市 █████████公園



以上です。
疑問点が存在する方は私の所まで連絡して頂くようお願いします。

これらの文書から、SCP-1421-JPは懐古主義思想に基づく活動の一環及び、GoI3-104(酩酊街)に対する対抗策として、夏鳥思想連盟の発注を受けたGoI-8114(如月工務店)が建造したものと結論付けられました。また、財団が夏鳥思想連盟に対する追跡調査を実施した所、大阪府内における組織としての活動規模が激減していたことが判明しました。構成員だった人物の多くが社会的地位の喪失を経験したり、児童に対する虐待及び暴行で逮捕されていたりとSCP-1421-JP-Aと思われる行動が確認されています。このことから、夏鳥思想連盟はSCP‐1421-JPについて、詳細な異常性について知らされないまま利用し、多数の構成員がSCP-1421-JPの異常性に曝露してしまったものと見られています。

文書を受け過去に大阪府内にて行方不明となった人物の調査が実施されました。その結果、行方不明者の一部の中に、SCP-1421-JP-2と風貌が一致している人物が存在していることが判明しました。このことから、佐藤氏の証言にあった大阪府内のホームレスに仕事を斡旋していた業者とは、夏鳥思想連盟ではなく実際には如月工務店だったものと考えられています。

インシデント1421-JP: 2025/05/01、SCP-1421-JP内部の定期検査を実施した所、SCP-1421-JP-1内部が完全に廃墟と化し、無人状態となっていたことが判明しました。直ちに、SCP-1421-JP-1内部に対する詳細な調査を実施した結果、下記に後述する文書が複数の施設で回収されました。このことから、財団はSCP-1421-JP-2による大規模収容違反が発生した可能性が高いと判断し、オブジェクトクラスをKeterクラスへ再分類する方針を決定しました。現在、SCP-1421-JP-2の再収容を実施するための機動部隊設置を準備中です。

以下は、回収された文書の内容となります。

令和7年5月1日

博覧会をお楽しみ中の皆様へ

有限会社 如月工務店


新たなる時代へのご案内


こんにちは、皆様。この博覧会をお楽しみ頂けてらっしゃるでしょうか?

喜んでいただけたのなら、この施設を造営した甲斐があったというものです。

さて、もうすぐこの大阪の地で新たなる時代の幕が上がります。

それ自体はとても素晴らしきことです。

しかしながら、そのことが古き良き時代を忘れる理由となってはいけません。

長きに渡る苦難を受けてきた皆様のことが忘れ去られること等あってはならないのです。

そこで、弊社はこの新時代の幕開けを絶好の機会と捉え、

皆様の存在を、あの素晴らしき時代が存在したことを

今を生きる世界中の人々に知らしめようと思い立ちました。

これは皆様が楽しんでいる博覧会の主催者様とのお約束でもあります。

皆様が博覧会をお楽しみになっている所、ご迷惑とお感じになる方もいらっしゃるでしょう。

それでも、弊社の考えに賛同して頂ける方は新たな時代にこれまで生きてきた証を刻めるよう

弊社が全力で努力することをお約束する所存です。

多くの方のご賛同をご期待致しております。


謹白

文書中の「新たなる時代」がどのような意味を示しているのかは現在調査中ですが、如月工務店が近日中に何らかの行動を起こす可能性が極めて高いと財団は判断しました。2025/05/02現在、大阪府内に全国から財団の機動部隊及びエージェントを集中させ、厳戒態勢を敷く方針を決定しています。

page revision: 13, last edited: 08 Nov 2019 07:59
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website