nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1319 けんかわかれ
SafeSCP-1319 けんかわかれRate: 190
SCP-1319 - けんか別れ
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-1319

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1319-1およびSCP-1319-2は現在、サイト-██で別個の収容室に保管されています。SCP-1319-1とSCP-1319-2同士を3m以内に近づけないようにしてください。これは、両者による暴力行為を防ぎ、かつ、収容に対する協力関係を確実のものにするための措置です。SCP-1319-1には脚がなく、そのために移動するのが困難である場合は、担架を使用することが許可されています。

SCP-1319-1あるいはSCP-1319-2が関与する実験を行う際は、1名以上のレベル3職員の許可が必要です。

説明: SCP-1319は2体の異なる実体の総称です。

  • SCP-1319-1は研究助手█████の上半身です。SCP-1319-1は█████の胴体上部、頭部および腕で構成されています。█████の頭部があるため言葉を話すことができ、SCP-1319-2よりも意思疎通が非常に容易です。脚が無いことに順応するため、手で自身を引きずって移動します。食物の摂取を好みますが、摂取された食物は必ず胴体に開いた穴を通じて体内から出てきます。
  • SCP-1319-2は研究助手█████の下半身です。SCP-1319-2は█████の胴体下部および脚で構成されています。頭部や関係する器官が無いのにも関わらず、研究者から与えられた命令を聞き取ることができ、また、周囲の状況を知覚することができます。頭部が無いため、SCP-1319-1よりも意思疎通が非常に困難です。

SCP-1319-1およびSCP-1319-2はどちらも互いに対して激しい敵意を抱いており、両者を引き合わせた際は頻繁に暴力行為に及ぶことになりました。質問の際、SCP-1319-1は互いに敵意をもっているのは「別れた」事情が原因であると述べています。この「別れた」というのはおそらく両者が生じた出来事をさしていると思われます。両者は肉体の半分が喪失していることや、分離した際に生じた負傷に対して不安感を抱いているようには見えません。

SCP-1319-1およびSCP-1319-2はともに研究助手█████の元来の人格を有しておらず、また、互いが完全に無関係の別個の存在であるように振る舞っているわけでもありません。両者は食物や空気を必要としませんが、食物の摂取や呼吸などを行うことを好んでいるようです。しかし、両者の肉体には栄養を獲得したり酸素を取り入れたりするための機能を有していません。

SCP-1319-1およびSCP-1319-2が生じたのは20██年██月██日午後1時25分のことです。このとき、研究助手█████はサイト-██の食堂で昼食をとっていました。突如、彼は「おい。何だよこれは。何なんだよお前は」と言ったかと思うと、数秒後にSCP-1319-1およびSCP-1319-2に勢いよく分離しました。SCP-1319-2はその場から逃走を図った一方、SCP-1319-1はテーブルをよじ上り、研究助手█████の昼食を食べるのを再開しようとしました。その後、両者は収容されました。この出来事が起こった潜在的な原因について調査が行われていますが、依然としてその原因は判明していません。

インタビュー対象: SCP-1319-1
インタビュアー: ████博士

<インタビュー開始>

████博士: こんにちは、SCP-1319-1。

SCP-1319-1: やあ、博士。

████博士: いくつか質問したいことがあるのですが、よろしいですか。

SCP-1319-1: いいよ、もちろん。

████博士: ただ、言っておきますと、質問というのはSCP-1319-2についてで……。

SCP-1319-1: ああ、あいつか。

████博士: お答えいただけますでしょうか。

SCP-1319-1: まあ、うん。(沈黙) 大丈夫だ。俺は正直、そんなに気にしていない。あいつにこの話をしたら馬鹿げたことを言うだろうしな。でも、あいつをここに連れてくるなよ。

████博士: ご存知でしたら、あなたとSCP-1319-2がどうして別れたのか教えてほしいのですが。

SCP-1319-1: (沈黙) 大した話じゃないかもしれないけど、聞きたいって言うならな。あいつはな……とにかく役立たずなんだ。俺たちが廊下とかを歩いたりなんかすると、あいつはつまづいて、それで俺は「何だこの間抜けは」という目で見られるんだ。あいつは知らんふりしているけどな、俺はあいつがへまをしたってことは分かっているんだ。俺がこんなことになっているのも、あいつに進歩というものがまるで無いのが悪いんだ。あいつは俺の話を聞きやしないし、自分の仕事に俺の助言を活かしたこともないんだ。

████博士: 仕事というのは……歩行のことですか。

SCP-1319-1: それだけじゃない。車の運転もあいつはろくにできなかった。信じられない話かもしれんが、あるとき、俺たちが通りを運転していたときのことだ。俺は仕事をきっちりこなしていた、車の操縦とか、そういったこと全部をな。それで、あのチンコ野郎が何をやらかしたと思う? 赤信号なのにそのまままっすぐ行っちまったんだよ。あいつがまっすぐ進もうとしたもんだから、俺もそれに引きずられちまったんだ。

████博士: それであなたは別れたということですか。

SCP-1319-1: そうだよ。俺はもうあの馬鹿の面倒はごめんなんだ。言い訳をさせてもらうとな、あのときも俺は出て行って堂々と振る舞うつもりでいたんだ。俺は騒ぎを起こしたくなんてなかった。でもな、あいつは走り出していらない注意を引きやがるんだ。その場に残って尻拭いをするのはあいつじゃなくて俺だからな。

████博士: 分かりました。SCP-1319-1、ありがとうございました。

SCP-1319-1: どうもな。

<インタビュー終了>

インタビュー対象: SCP-1319-2
インタビュアー: ████博士

<インタビュー開始>

████博士: こんにちは、SCP-1319-2。いくつか質問したいのですが、いいですか。いいえならば1回、はいならば2回足を鳴らしてください。伝わりましたか。

(SCP-1319-2は2回足を鳴らす)

████博士: 分かりました。それでは、今自分がどこにいるか分かりますか。

(SCP-1319-2は2回足を鳴らす)

████博士: どうしてでしょうか。SCP-1319-1とつながっていたときにここにいたことを覚えているのでしょうか。

(SCP-1319-2は1回足を鳴らす)

████博士: それでは、本当は周囲のものが見えるのですね。

(SCP-1319-2は2回足を鳴らす)

████博士: なるほど。それでは、SCP-1319-1の話をしたいのですが、よろしいですか。

(SCP-1319-2は動きを止める)

████博士: SCP-1319-1が気に食わないのですか。

(動きなし)

████博士: えっと、SCP-1319-1が嫌いなのですか。

(動きなし)

████博士: SCP-1319-1が大嫌いなのですか。

(SCP-1319-2は2回足を激しく鳴らす)

████博士: 彼はあなたと別れたのはあなたのせいだと言っています。あなたもそう思いますか。

(SCP-1319-2は1回足を激しく鳴らす)

████博士: それでは、彼が悪いのだと思いますか。

(SCP-1319-2は2回足を激しく鳴らす)

████博士: ありがとうございました。以上で終了です。

<インタビュー終了>

ページリビジョン: 5, 最終更新日時: 11 May 2015 21:39
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website