nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-140-FR 飛行士
EuclidSCP-140-FR 飛行士Rate: 23
SCP-140-FR
scp-heritage-v3.png
Aviateur.png

収容時に撮影されたSCP-140-FRの写真

アイテム番号: SCP-140-FR

脅威度レベル:

オブジェクトクラス: Euclid Uncontained

特別収容プロトコル: 収容の損害とSCP-140-FRの損失を結果として招いた1992年4月28日のインシデント以来、現在人間による接近がオブジェクトの所在を理由に不可能であることに鑑み、収容手段はSCP-140-FRに関するすべての情報とダンケルクの戦い1の最中のAASFの作戦における結果の歴史的抹消に限定されます。

SCP-140-FRと同じ特性を示すSCP-140-FRのレザージャケットはサイト-アレフの異常物品倉庫のNVA-023-B2棚の中に保管されます。ジャケットの特性がその所有者に伝染することはありません。棚へのアクセスはすべてのレベル2職員に許可されます。

1998/08/06: SCP-140-FRの現在地を鑑みるにSCP-140-FRの再回収の物質的代価があまりにも大きいことから、その科学的価値は再回収を正当化するに充分とみなされません。ジャケットが我々の所有下にあることは異常性の研究を首尾よく進めるに十分です。新たな命令が下るまで、倫理委員会に対するSCP-140-FRの回収に関するすべての要求は拒否されます。しかしながらオブジェクトは無力化されたとは見做されません。 - ██████ ████████倫理委員

SCP-140-FRはサイト-アレフの標準人型収容セルに収容されます。常用する設備(ベッド、椅子、収納棚)はセルの天井が地面の代わりとなるように天井にボルトで設置されます。天井に固定できないもしくはする必要のない家具以外のものすべてについてはSCP-140-FRの手に届くよう家具に小さな鎖付き台座を取り付けます。

財団における収容の長さと協力的振る舞いに鑑み、SCP-140-FRは書籍並びに筆記具の所持を許可されます。これら物品の全ては前述の家具以外の物品と同じ手法で扱われなければなりません。

SCP-140-FRは食事の必要もなければ、発汗もせず、いかなる衛生設備も収容には必要ありません。清掃職員はセルの特別な清掃手順を知るために文書140m-e-4を参照することができます。

説明: SCP-140-FRは背中、うなじ、後頭部並びに顔面の右の大半にⅡ度からⅢ度熱傷に相当する深い傷を負った成人男性(1940年6月2日時点で31歳)です。異常性が発現する以前、SCP-140-FRはRAF AASF(英国王立空軍先進航空攻撃隊)に所属するパイロット████ █████で、ダンケルクの戦いの最中、1940年6月2日にルフトバッフェ2により撃墜されたことが利用可能な歴史的資料の検証とSCP-140-FRとの会談により示唆されました。

SCP-140-FRは自己限定的な重力的異常性の対象となっています。SCP-140-FRの体の全体は一般的な重力法則に影響を受けず、すべての点でこれに反対に反応します。つまり、引き付けられる代わりに押し返されます。この異常性は主たる結果としてSCP140-FRが地上を歩くことを妨げ、SCP-140-FRを空中へと常に引き付けます。SCP-140-FRはSCP-140-FRと空との間にあるすべての表面と物体の上を歩くことができます。これにより、SCP-140-FRは頭を地面に向けた姿勢を強いられます。SCP-140-FRの体全体は異常性の影響下にありますが、異常性はSCP-140-FRの凝集力に直接の影響を持ちません

SCP-140-FRは心臓の拍動も呼吸も一切行わず、消化器官は活動せず栄養を必要としませんが、それにもかかわらず、意識を持ち、自力での移動と論理的思考が可能です。周辺の温度が低下しない限り、SCP-140-FRの平均体温は14.3℃です(周辺気温が低下した場合、体温は低下します)。検査の最中に撮影された電気脳造影撮影(EEG)は様々な生命機能の不在にも拘らず脳活動が存在することを示していますが、脳活動はレム睡眠時に特徴的な活動に似た様相を呈します。同じく、検査はSCP-140-FRの目が機能することを示しているにも拘らず、常にレム睡眠の最中に観測される急速眼球運動を活発に行います。

回収時にSCP-140-FRが着用していた衣服(AASFの標準制服、一部が焼けている)はSCP-140-FRと同様の重力的異常性を示します。SCP-140-FRと異なる重力下にあることから、SCP-140-FRに代わりとして支給された他の衣服の全ては強い不快感をSCP-140-FRに与えます。

SCP-140-FRは1943年8月5日にダンケルク駅の廃墟で前述の特性により鉄道の上部にかかる架空電線の無傷の区画に「逆さに綱渡り」をしている状態で発見されました。

面会記録140-02 : 次の面会は1935年から1958年のサイト-アレフの研究チームの高位メンバーLasserre博士により1943年8月7日に行われました。SCP-140-FRとの2度目の面会で、初回では名前、年齢、その他基礎的情報を確認しました。SCP-140-FRは片言のフランス語しか話せないため、この記録は英語から翻訳されました。

記録開始

Lasserre博士: いつからあなたは…空に引っ張られるとでも言いますか、このような状況になりましたか??

SCP-140-FR: 母に電話してもよろしいですか?

Lasserre博士: 質問にお答えください。

SCP-140-FR: 一度でいいんです。たった一度です。母は体が弱いんです。小さいころに父が死んで母にはもう僕しかいないんです。母が心配していないか確認したいんです。

Lasserre博士: 我々にできることを確認しましょう。しかし、あなたの状態はお母様を安心させるどころか心配させてしまうように思いますが。話を戻しましょう。いつからこのような状況に陥りましたか?

SCP-140-FR: ドイツ野郎に自機を撃ち落されてからです。

Lasserre博士: 正確にお話しください。

SCP-140-FR: 3年前、RAFは国防軍のドイツ野郎に包囲された地上の哀れな同胞の撤退をカバーするため私たちをダンケルクへ派遣しました。ダイナモ作戦3ってやつです。要するに船が皆をイギリス海峡へ撤退させる間、制空権を保持しなくてはなりませんでした。

Lasserre博士: ええ、存じています。あなたに何が起きたか個人的なことをお話しください。

SCP-140-FR: はあ、要するに、僕は二人の戦友と戦闘機、役立たずのフェアリーバトル4に乗っていました。自殺行為です。目の前にはずっと早くて良い武装の戦闘機がいるわけですから。フェアリーバトルに乗ったことがありますか先生?それでメーサーシュミット5を撃墜しようとみてくださいよ、カモの前で空飛ぶタンスを操縦しているような気分になりますよ。つまり、ぼくたちは空飛ぶ棺桶のガラクタの中にいて、驚いたことにダンケルク駅の上で撃ち落されてたわけです。

Lasserre博士: メーサーシュミットによってですか?

SCP-140-FR: 他に思い当たりませんね。率直に言いますとね、先生が燃え盛る飛行機の中にいる時、一番初めに自分に投げかける質問はそうはなりませんよ。要は空飛ぶ棺桶が正に燃えているんです、僕たちと一緒に (SCP-140-FRは顔の右側を指で指し示す) これがずっと苦痛なんです、分かりますよね。三年、ずっと辛いし変です、そうでしょう?だってこれ以外三年間何も感じることがないんですよ。

Lasserre博士: 集中してください。どのように炎上する戦闘機から脱出したのですか?

SCP-140-FR: パラシュートを開けようとしました。あのガラクタは松明みたいに燃えてて、僕はもうコックピットから脱出していました。それで僕は石ころみたいに落ちていきました。(SCP-140-FRは震え、支給された天井に固定された椅子の上で座る位置を変えている) 人生であれほど怖かったことはありません。地面が近づくのを見ていると、その時あれが起こりました。

Lasserre博士: 「あれ」とは何ですか ?

SCP-140-FR: ええ、たくさんの色が見えました(SCP-140-FRは言葉を探す)小さな頃、目を閉じて瞼を押すと目の中に花火のようなものができるのを時々楽しんだでしょう。それに少し似ていました。目が開いていた以外は。僕が近づいていた地面はまるで光と星になったみたいに瞬きと色で一杯になって、一気に溶け合って空になりました。星空でした。飛行機が撃ち落されたのは陽が出ているときだったから意味が分かりませんでした。それから夜だってことやパラシュートの紐が架線に絡まっていること、僕が空に落ちていることに気づきました。

Lasserre博士: 空へ落ちていったのですか?

SCP-140-FR: はぁ、パラシュートの紐は架線に引っかかってて、僕は逆さになっていました。地面が頭の上にあって空が足元にありました。紐はそれが地面にしがみつくただ一つの術のように張っていて、そしてもし紐を緩めたら、僕は空へ落ちていくだろうと思いました。

Lasserre博士: つまり、あなたは何があなたの異常性を引き起こしたかわからないのですね。

SCP-140-FR: 聴いてくださいよ、先生、僕は燃え盛る戦闘機の中にいたんです、分かりますか?僕も焼けようとしているわけです。それで、色と星の嫌な花火が見えて、空へ落ちていくんです。これ以上何をあなたに話せばいいかわかりませんよ。

Lasserre博士: ええ、ええ。それであなたは地面に戻った…と言いますか、あなたの状況に鑑みますに、あなたが立っている表面に辿り着いのですね?

SCP-140-FR: ええ、そうです。紐を登って、僕を引き付ける空と一緒に架線を這っていきました。それで、まだしっかり立っていた駅の端に辿り着きました。あなた方が見つけてくれた時、この駅から出ずに3年経っていました。怖かったんだと思います。

Lasserre博士: 私たちがあなたを見つけた時、なぜ架線を歩いていたのですか?

SCP-140-FR: (SCP-140-FRは困ったように彼の右頬のやけど跡を掻く)

Lasserre博士: 隠れてからずいぶん経ってからなぜ架線の上を歩いていたのですか?

SCP-140-FR: (躊躇しつつ) 僕は死んだと思っているんです、先生。ほとんど何も感じなければ、三年間も食事していません。鼓動すら感じません。死んだのは当たり前でしょう、ねぇ?僕は死んでいて、隠れる代わりにその晩に空へ落ちないとならないと思いました。夜を待って星へ向かっていきたいと思ったのです。

記録終了

インシデント0██-04 1992/04/28: 1992年4月28日、SCP-███-FRにより引き起こされた、サイト-アレフの大規模収容違反はヒューマノイド収容セルの部分的損傷をもたらしました。SCP-140-FR収容セルの天井が抜け落ち、空中へ引きずり込まれるという主要な異常性を妨害するために、SCP-140-FRを取り押さえることが不可能になりました。当時試験中で使用されていたSCP-140-FRのジャケットは財団収容下の唯一のSCP-140-FRの構成要素となりました。

財団収容下において生命反応がほぼすべて欠如していたにも拘らず、SCP-140-FRの意識が持続していたことを鑑みるに、大気圏外に位置し、小マゼラン雲(SMC)の方向へ流されていますが、SCP-140-FRは常に自己の所在を確認できると考えられます。オブジェクトクラスはUncontainedに改定されます。

page revision: 6, last edited: 19 Aug 2019 10:20
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website