nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1372 真西
KeterSCP-1372 真西Rate: 189
SCP-1372 - 真西
評価: +2+x

アイテム番号: SCP-1372

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 武装収容サイト-70は長期の軍事演習を目的としたUSPACOM軍事施設を装って███████島に設立しています。4隻のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦(DDG)をASC-70に配備し、常に2隻以上をゾーン-1372-アルファ(下記参照)にて巡視させます。

SCP-1372の性質上、異常を収容施設に移動させることはできません。その代わり、集中点は異常と一般人との接触を最小限に抑えることができます。異常から東に100km、南北に100kmの範囲を確保し、これをゾーン-1372-アルファとします。同じ範囲の距離5km、1km圏内をそれぞれゾーン-1372-ブラボー、ゾーン-1372-チャーリーとします。衛星監視によりゾーン-1372-アルファ全体を常に監視することになっています。

ゾーン-1372-アルファの境界線に船舶の接近が確認された場合、ACS-70職員が無線により連絡を取ることになっています。オペレーターは士官を名乗り、相手船舶の軍事演習を行っているため、直ぐ様にゾーン-1372-アルファから進路を変更するか脱出するよう勧告してください。相手が進路の変更を拒否、または無線連絡不能の場合、最も近いDDGの船員は船舶の進路を妨害し、塞いでください。ゾーン-1372-アルファに侵入した船員は確保し、クラスC記憶処置を施し、最も近い島へ空輸することになっています。

全てのSCP-1372-1はACS-70職員により即座に廃棄されることになっています。どのような状況でもSCP-1372-1がゾーン-1372-ブラボーから出ることは許されていません。船舶の場合はゾーン-1372-チャーリーの境界線を超えさせてはいけません。船員がSCP-1372の影響を受けている船舶は遠距離より爆撃し沈没させてください。更に、事案-1372-5以降、財団職員制御下を含む航空機をゾーン-1372-チャーリーに接近させることは禁じられています。

財団職員はSCP-1372の200km圏内の航空機、空港との連絡を維持し、航空管制官にUSPACOM軍事基地近辺であること、頻繁に軍事演習を行っているために民間航空機に危険を与える可能性があることを勧告してください。200km境界線に侵入した航空機に対しては即座に通信し、安全のために進路を変更するよう警告してください。警告を無視し、ゾーン-1372-アルファに侵入した航空機に対してはSH-60ヘリコプターで妨害し、船舶の場合と同様に島へと着陸させてください。

説明: SCP-1372は西経██°██''██"、南緯██°██''██"から██°██''██"までの場所に位置しています。SCP-1372を西から東へと航行している船舶に弊害は無いが、性質実験によりD-クラスは6時間に及び強制的に西を向き、反転して戻りたいという強い衝動に駆られたと報告しています。実験後の測定で船舶がゾーン-1372-アルファ境界線を出る前に反転しSCP-1372を横切ると、前述の継続的精神効果は観察されませんでした。

船舶が東から西へと航行しSCP-1372に接近すると、船で最も東にいる船員は地平線の果てを観察します。より接近すると、地平線の果てが船員の言う地球の"端"に見えるようになります。この効果はゾーン-1372-アルファ内ではどこからでも見れます。この段階では"端"の認識とより接近して見ようとする軽度の好奇心以外に精神的効果は見られません。

更に接近すると"端"に対する認識が増加します。ゾーン-1372-ブラボー圏内では被験者は危険に気付いたり伝えられても進行を続けたいという軽度の衝動に駆られ、進路変更に対して抵抗します。この効果はゾーン-1372-チャーリー圏内でさらに顕著になり、離脱して被験者に対しあらゆる治療を試みても、被験者は船を建造または入手してSCP-1372へと向かおうとします。未解明ですが、少数の被験者はこの効果に対して免疫があります。

SCP-1372を横切る船舶はすべて視界から消えます。船舶が完全に横切るとGPSは突然切れます。船首がSCP-1372を横切ると即座に、船舶が下るように下へと傾くと監視官は報告します;しかし、遠隔監視では同様の効果は現れません。SCP-1372を横切ったあとに職員を回収できたことはなく、遠隔探針は正常に機能しません。SCP-1372域を船舶で横切った時の性質はまだ完全に解明されていません。現在判明していることはすべてSCP-1372-1に関する分析、目撃報告による推論です。

時折、SCP-1372から帆船が浮上します。これらはすべてSCP-1372-1とします。帆船の帆はボロボロか無くなっていて、エンジンは実用できないほどに腐食しています。少なくても5つの事例では船舶の舵は故障しており、SCP-1372-1の1隻では喫水線の下に大きな穴が発見されました。どのようにして帆船が航行しているのかは現在不明です。今日までに50隻を超えるSCP-1372-1が財団によって観測され、内██隻は行方不明と報じられた、または以前SCP-1372を横切ったことのある船舶と一致しています。SCP-1372-1に乗り込むとその全てで[削除済]が収容されているのが発見されます。事案1372-1後、SCP-1372-1船内にいる存在との通信の試みは許されていません。

付記: 事案1372-3後、船舶のみならず航空機に対してもSCP-1372の影響が及ぶことが現在判明しています。従って収容手順を修正します。SCP-1372上での飛行機による実験は許されなくなる可能性があります。高い速度と機動性を考慮すると、飛行可能なSCP-1372-1が生成されることは非常に好ましくありません。

以下は[編集済]号の乗組員であるF████████ R████████の航海日誌より抜粋、スペイン語から翻訳。

12-04-████
今日はやたら変な感覚を感じる。海はこれまでにないくらいに穏やかだ、だけど…進むべき航路に進んでいないような感じだ。備えはまだある、何も傷んでない、しかし、東ではなく、西へと航路を進めなければいけないという考えが振り払えない。思い当たる理由はない、貿易路も見つけていない、だからまだ誰かに相談しないでおこう。

13-04-████
違和感を覚えているのは俺だけじゃないようだ。船長も俺と同じ感覚だと打ち明けたので、聞きまわってみるとかなりの数の船員が同じ感覚に陥っている。S██████が言うにはこれは前兆で、俺達は地球の端へと近づいているんだそうだ、だが船長は船を走らせ続けろと言う。

付記: 日誌から推測するに████年4月12日に[編集済]号とその乗組員はSCP-1372を横切ったものと思われます。

19-04-████
俺達は小さな島へと接岸した。島には人が住んでいて、ありがたいことにとても友好的だ。その上、とてもすごい製図者達だ。ここより東500リーグまでを記した地図があるのだが、不思議な事にその地図には西側には何も記されていない。この島の宗教的なタブーに違いない;おそらくは、彼らはこの島を神に最も近い土地だと考えているのだろう。俺達はここに来るまでに多くの奇妙なことを目撃したしね。なんにせよ、島民たちは親しみやすく、俺達の目的地へと続く地図を持っている、それになんといっても多くの必需品がここにはある。
…それなのになんでまだ西へと戻らなければならないと感じているんだ?

22-04-████
今日、船長は反転を命じた。曰く、食料が駄目になっているかもしれないそうだ。確かめるために下へ行ったが、すでに殆どが投げ捨てられていた。別に心配することはない、皆以前は反転したいと思っていたのだから。

23-04-████
今日の地平線はなにかおかしい。ほとんど止まっているように見える。まだ西へと航行中。

25-04-████
以前の島へと接岸している。酋長は俺達を待っていたかのようだ。船は今夜出航する。幸いなことに西風は俺達に味方している。

27-04-████
…もし誰かこれを見つけたなら、ここより西には航行するな。結局、俺達が馬鹿にしていたことは全て正しかった。世界は平らだ、俺はその端を見た。船長は船員のほとんどと共に航海を続けた。俺と他に3人の船員は制止をするのを諦め、船のロングボートを盗み、残った船員の"臆病者"という叫び声を聞きながらできるだけ速くボートを漕いだ。船は舵を切ることはなく、船長の旗艦は世界の端へと落ちていった…神よ、彼らの魂に安らぎを。

30-04-████
漕ぎ続けて、なんとか俺達は島へと戻ることができた。残った船で次はどうすべきか決めるまで酋長は俺達の世話をしてくれた。

02-05-████
驚くことに今日、旗艦が戻ってきた。船長と船員は船にいる;ここからあいつらが見える、俺達は会うために航海中だ。あいつら世界の端を越えて航海したのに戻ってきやがった…俺達[編集済]の国民にとってなんて素晴らしい日だろう!

03-05-████
船長は…一応船にいた。他の船員も同じだ…今、あいつらはいない、炎があいつらを連れ去った。今日起こったことはほとんど覚えていない。覚えていることは船で男が話していて、俺はその遠い言葉を理解したくなかった事だ。奴らがもう一回話し始める前に奴らを殺してやりたかった。神は、俺が奴らにそうしてしまうの止めてくださった。今、旗艦は沖合に停泊し、1枚の無傷の帆が風ではためいている…許してくれ、船長、俺はもうあなたが地球の端の向こうで何を見たのか理解したくない。

01-09-████
あの日以来、俺は海に戻る気はなくなった。俺達はロングボートで船を脱出したが、あいつらは気が狂ったのか軽率に端を越えていった…地獄か何かが超えてあったのか…生き残ったのはただ一人だ。島民の助けで、俺達は北にアジアへと向かい、島を超えて西へと戻った…俺達は200人以上もの船員が死んだのか説明するために絵空事を考えなければならない。夜明けにはカナリア諸島に出航する;うまく東から行けば、俺達は大西洋を越えてきたと信じさせることができるだろう。

世界の端はないと皆に話す事が世界の平穏のためには必要だと思う。一部の馬鹿共は探しに行くだろうが、再び[編集済]に終わるだろう。海を自由に航海することを考えればこの場所は秘密にしておくべきだろう。誰かに尋ねられたら、俺達が世界を回ってきたと答えるだろう。最初の男。とんでもない名誉だ。嘘は恥ずべきことだ、嘘は罪だと知っている、だが聖書の人間は誰も俺が暗闇の船で目撃したものを見ていない。神よ、お許し下さい、世界に必要なのはお伽話であり、一人の男の真実ではないのです。

以下文書は最高機密に指定されています。アクセスはクリアランスレベル4/1372以上の研究員に制限されます。

インタビュー記録1372-1

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 08 Oct 2014 02:33
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website