nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1393 誰かのゴミ捨て場
EuclidSCP-1393 誰かのゴミ捨て場Rate: 86
SCP-1393
SCP-1393.GIF

サイト97で行われている清掃作業の写真

アイテム番号: SCP-1393

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1393の周囲の土地はかつてJ.W.アンド・サンズ株式会社によって所有されていたもので、現在はサイト97として指定されています。機動任務部隊ベータ7(通称“イカれた連中”)は清掃作業と現地の警備任務を遂行します。SCP-1393はその能力を無力化するために十分な量の土と共に埋没させることとします。SCP-1393から出現した物質は外因性有害物質に関する標準的プロトコルに従って処理してください。

物質は湿った粘土質の土と3:1の割合で混合した上で運搬し、現地で適切に処分を行ってください。処分はサイト97の北西の隅に物質を運搬し、地面に投棄することで行います。いったい冷却されると、粘土質の土が高さ30センチまで堆積します。将来の再利用計画として、サイト97を清掃作業が完了した後に輸送コンテナの保管所として転用する計画があります。

SCP-1393によって生産される物質のサンプルを採集し、隔週で行われる定期試験のために研究サイト45へ送ってください。

説明: SCP-1393は直径1.8メートルの球状のポータルで、地上から10センチメートルに位置しています。SCP-1393は2013年2月17日(最初の発見から2日後)から活動を行っています。その活動中は、SCP-1393は12立法メートル/時間の速度で、部分的にガラス質である鉱滓状の物質を表層部から継続的に滲出させます。この物質の温度は1500度から1800度の間であると測定されています。この物質のおよそ85パーセントは主にシリカ、生石灰、アルミナ、ホウ酸ナトリウムおよびマグネサイトの混合物で構成されています。少量の水銀、ウラン、リン、硫黄、ラジウム、あるいはその他のさまざまな量の有害物質も検出されています。

SCP-1393が現在の活動状態に入る以前、SCP-1393-1として指定される人型実体が当該エリアの偵察と調査を行っているところが目撃されました。SCP-1393-1は偏光フェイスシールドとSCBAユニットを装着したレベルA/タイプ1のHazmatスーツを着用していたと報告されています。財団はその際に接触を試み、SCP-1393-1にその行動と目的についてインタビューを行いました。SCP-1393が活動を開始して以来、SCP-1393-1は現在まで姿を見せていません。

フィールド・インタビューの抜粋1393-12

インタビュー対象: SCP-1393-1

インタビュアー: ハーマン・マンツ博士

前文: マンツ博士は8名のフィールド・エージェントを伴ってSCP-1393-1に接近しました。SCP-1393-1は梱包された機器やその他の装備をケースに入れ、立ち去る準備をしているようでした。

<記録開始、[2013年2月17日 / 11:23]>

マンツ博士: あー……あの、すみません!

[SCP-1393-1は彼らの存在を無視している]

マンツ博士: すみません!

SCP-1393-1: [ため息] なあ相棒、俺はホントに時間が無いんだ。忙しいんだよ。

[SCP-1393-1は装備を箱詰めする作業を続ける]

マンツ博士: いくつか質問してもいいですか?

SCP-1393-1: そいつは素晴らしいな。頼むから俺に仕事をさせてくれ。俺は今日のうちにあと5件の仕事をこなさなきゃならなくて、さもないと延ばした時間の分だけボスにケツを引っぱたかれちまうんだよ。

マンツ博士: その装備はなんのためのものですか?

SCP-1393-1: 調査だ。

マンツ博士: ええと……何のための調査ですか?

SCP-1393-1: 見りゃわかるだろ。俺はここに―

[SCP-1393-1のスーツ内部でビープ音が鳴る]

SCP-1393-1: 旦那、ちょっと待ってくれ、これに出なきゃならん。[ビープ音] どうした?……別に、ただ地元民が俺に……「連中はどんな奴らだ」とはどういう意味だ?……[嘲笑] おいおいジミー、おまえは俺と仕事をするときにゃいつもそのくだらねえ質問をしてくるよな……連中の格好がどうだかなんて気にしてんのはおまえくらいだぞ!? ……おまえはシステムを準備しときゃいいんだよ、なぁ? ここを片付けたら昼飯の時間にしたいんだからな……[ビープ音]……役立たずの新入りめ。

マンツ博士: あー……今のは誰―

SCP-1393-1: なあ兄弟、俺は本当に時間が無いんだよ。公式に苦情を出したり上司と話をつけたいってんなら、この名刺の連絡先に頼む。

[SCP-1393-1はマンツ博士に、85ミリメートル×55ミリメートルの紙製のカードを手渡し、装備を持ってSCP-1393へ向かって歩き出す。]

SCP-1393-1: それじゃあんたたち、後始末の方はよろしく頼むぜ。

マンツ博士: 待ってくれ! もう少しだけ!

[SCP-1393-1はSCP-1393に入る]

SCP-1393-1: [SCP-1393の反対側から聞こえる] いいぞジミー、開けてくれ!

[大きな機械音がSCP-1393から聞こえ、マンツ博士とエージェントたちはエリアから避難する。]

<記録終了、[2013年2月17日 / 11:29]>

後記: このインタビューが終了した直後、SCP-1393は活動を開始しました。

SCP-1393-b.jpg

SCP-1393-1から渡された名刺のスキャン画像


アース・プライム
ごみ処理業
現場作業と総合サービスを提供
ガイア株式会社の子会社です

住所:
大メトロポリス地域
94761地区 / 912号ビル

連絡先:
[231]00-AIO-[56.8898]+ΨΞΔ

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 21 Dec 2015 20:29
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website