nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1406-JP 安息の灯
EuclidSCP-1406-JP 安息の灯Rate: 161
SCP-1406-JP
blank.png
lamp1406.jpg

SCP-1406-JP、点灯。

アイテム番号: SCP-1406-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1406-JPは当オブジェクトのため新たに建造されたサイト-81██に収容されます。SCP-1406-JPは可視光外部透過率が70%を超える全面ガラス張り容器内に、完全に水没させた状態で留め置かれます。収容室には自動消火装置と緊急排気システムが備えられ、複数の独立した電源から電気供給を受ける照明具の照射により常時500lux以上の明るさが保たれます。少なくとも週に1度、収容設備に対するメンテナンスが実施されますが、これらの作業はすべて日中のうちに完了しなければなりません。またサイト-81██内に存在する照明を除いたすべてのセキュリティ関連設備は発光機能が除去されたものが使用されます。SCP-1406-JPと一定時間以上近接した職員は、その後の精神鑑定によってSCP-1406-JPによる精神作用の影響下にないことを証明する必要があります。

説明: SCP-1406-JPは起源不明のオイルランプです。SCP-1406-JPはその地域における日の入りから日の出までの時間帯、かつ1lux以下の明るさの環境下に置かれたとき、内部で異常性を有する炎(以下、SCP-1406-JP-1)を発火させ点灯します。SCP-1406-JP内のSCP-1406-JP-1は燃焼に燃料を必要としている様子がなく、気流の衝突、無酸素空間への曝露、不燃性液体への浸漬といった外的要因によって鎮火されない限り燃え続けます。

SCP-1406-JP-1から3.7km以内に存在する発光体は負の影響を受けます。それらは電気系統の故障、急速な消耗や劣化、物理的な崩壊、化学組成の変化、エネルギーの散逸など、様々な要因をともなってただちに発光能力を喪失します。これは可視光線を発しているものであれば、映像機器や携帯機器といった電子機械、ルミノールやアルミン酸ストロンチウムなどの化学発光体、ホタル科や発光性キノコなどに見られる生物発光、炎など、照明を目的としたものに限らず影響を受けます。財団が把握する限り、この影響への完全な耐性を有する光源はSCP-1406-JP内で燃焼するSCP-1406-JP-1だけです。この耐性はSCP-1406-JP内から持ち出された時点で不完全なものとなり、SCP-1406-JP-1は自身の特性によって火勢を削がれ続けます。

SCP-1406-JP-1から発せられる光は、直接の目視をトリガーとする認識災害的性質を有しています。この影響を受けた被験者は時間の経過とともに夜盲症に似た著しい視覚機能の減衰と、具体的対象の存在しない漠然とした恐怖、不安、焦燥、緊張といったネガティブな感情の過剰な増進を報告します。多くの被験者は当初これに対して当惑するに留まりますが、視覚的/精神的な影響が深化するにつれ、やがて自身を現在の心理状態に至らしめるに足る何らかの要素の可能性を考え始めます。この疑惑は不確かな知覚情報、もしくは拡大した視認不能な領域から、被験者の想像力によって見い出されることで正当化されます。こうした一連の思考プロセスは、SCP-1406-JP-1の精神作用から生じた認知的不協和を解消しようとする潜在意識の防衛機制だと考えられていますが、この結果として被験者は現状への危機意識を確固たるものにまで強化するに至ります1

こうした症状はSCP-1406-JP-1から遠ざかることで容易に回復しますが、あらゆる光源を駆逐するというその性質上、必然として周囲の人間はSCP-1406-JPの元へ誘引されます。彼らはSCP-1406-JP-1を種火に焚火を起こすなどして光源の確保を試み、無自覚にその症状を最大まで悪化させます。

SCP-1406-JPは██県に存在する山村のおおよそ中心部で発見されました。財団が異常を知覚した時点で、集落は火災によってその大部分を炎上させていました。火災は周囲の山林付近にまで及びましたが、未明からの降雨、まばらに点在する建造物、そしてSCP-1406-JP-1を延焼させる役割を担う住人の大半が死亡したことで火勢は衰え始め、大規模な林野火災への発展は免れました。

対象: ██氏

インタビュアー: ██博士

付記: ██氏はSCP-1406-JP回収時に救出された生存者の一人である。重度の全身火傷のため財団の医療施設で治療中であり、インタビューは同施設の病室で行われた。

<録音開始, 19██/██/██>

██博士: こんにちは、██さん。お加減は如何でしょう。ここ何日かあまり眠れていないとのことですが……痛みがひどいようなら私から薬の量を増やすよう伝えることもできますよ。

██氏: いや、それはいい。大丈夫だ。始めてくれ先生。

██博士: 結構。ではこれからあなたには、あの夜起きた出来事について話していただきます。まずはあなたがSCP-1406-JP……例のランプを見つけた時のことから。

██氏: わかった……といっても、あれをうちに持ち込んだのは俺じゃなくて兄貴だった。言うには、山道の中程で置き去られているのを見つけたんだと。俺は登山客が残したものなんだろうと思って気にもしなかったが、兄貴は違うようだった。山に入るには時季外れだし、それらしい連中も見かけていない。なによりうっかり忘れていったにしては置かれた場所があまりにこれ見よがしだったと気味悪がっていた。

██博士: ランプに異常なところは見られましたか?

██氏: 最初のうちは何も。言ったようにさして興味もなかったし、兄貴にしたって話のタネに持ってきただけだったんだろう。ちょいと弄った後は軒先に放置してたよ。だからそう、おかしなことが起こり始めたのはもっと後……日が沈んで、しばらく経った時分のことだ。前触れなく、家中の明かりが一斉に消えたんだよ。電灯から、吸ってた煙草の火まで、文字通り全部だ。手探りで引き出した明かりもどういうわけかまるで役に立たない。あの日は厚い雲がかかっていたから月明かりにも頼れなくて、二人して途方に暮れていたら女房の声が上がったんだ。"こちらに明かりがありますよ"って……。

[対象は固く目を閉じ、十数秒間沈黙する]

██博士: 続きを、██さん。

██氏: ああ……すまない。それで見てみたら、確かに軒先のランプに火が点いていた。誰もあれに触れていなかったから妙だとは思ったが、とにかく困り果てていた俺たちはそれに頼った。あのときはようやく明かりを手に入れられたことに胸を撫で下ろしたのを覚えている。とはいえ、そのまま腰を落ち着けちまうわけにもいかない。この状況で妻子を連れ歩くのには抵抗があったが、結局みんな連れ立って順繰り近所を伺っていくことにした。奇妙な停電は村中で起きていて、案の定どこも明かりが使えなくて参っていた。独り身や年寄り、他にもそれなりの数の村人がそのまま俺たちにひっついてきて、ひと段落ついたころにはちょっとした大所帯になっていたよ。だから俺たちは広場に集まって、起こした焚き火を囲みながらこれからどうするかみんなで相談することにしたんだ。

██氏: そんな中、まず騒ぎだしたのは婆さん連中だったと思う。暗い、怖い、よく見えないからもっと火を焚けとな。確かに火持ちは奇妙なほど悪くて、気づけば焚火はすっかり小さくなっていた。だがそれにしたって大げさだろうと最初の内はみんなで宥めすかしていたんだが、そのうち同じようなことを言う奴が増えてきた。やがて焚き木が次々と炎の中に突っ込まれ、焚き火の数が増えて、大きくなって……あとはその繰り返しだ。それが焚き火なんて域を超えた頃には、誰もそんなこと気にしちゃいなかった。いつの間にか村中の人間が集まって、みんながみんな火を大きくすることだけに執着していた。仕方がないんだ。誰だってあんな暗闇の中、一人きりなんて耐えられない。

██博士: 一人? 広場には多くの住民が集まっていたはずでは?

██氏: そんなのは頼れる明かりがあって、辺りを見渡せられるから言える理屈だよ、先生。周囲は暗くてロクに見えやしない。隣にいた連中は残らず暗闇に消えちまった。そこにいるのは自分一人で……いいや、確実に一人ってならまだ良い。でも、実際はそれすらわからないんだ。聞こえてくる息遣い、視界の端をよぎる影、得体の知れない何かの気配……ここはどこで、そこにはいったい何がいる? 暗がりの中じゃ確かなことなんて何もない。だからまずは、何にも優先して十分な明かりが必要なんだ。馬鹿馬鹿しいと思うかもしれないが、あのとき俺たちはそう信じてた。

██博士: 少なくとも、あなたはそのように考えたと。

██氏: ああそうだ。なにせ気がつけばそんな有様だ。俺は一刻も早く家族を見つけないといけなかった。とにかく必死で、少しでも辺りを見通せるように、俺は……[顔を歪める]そうだ……俺には明かりが必要だった! 息子は歩き始めたばかり、家内は身重だったんだぞ! 必死になって何が悪い!

██博士: 落ち着いて██さん、動かないで。ナース、すまないが来てくれ。鎮静剤の準備を  

██氏: 待て! [息を吐く]待ってくれ先生。悪かった、少し興奮したんだ。もう落ち着いたから大丈夫だ、大丈夫……。

██博士: 本当に? ……いえ、しばし時間を置きましょう。続きはあなたが十分落ち着いてから。

██氏: すまない、すまない……[手で顔を覆う]ただ先生、これだけは分かってくれ。誰も好きであんなことをしたわけじゃない。奪おうだとか傷つけようだとか、そんなつもりであんなことをやったわけじゃないんだ。ただみんな不安で、心細くて……安心したかっただけだ。見慣れた場所で見知った奴らと、夜を越えたかっただけなんだ。だから俺たちは火を焚いた。辺りを明るく照らし出しさえすれば、そこには昼間と変わらない、いつも通りの景色が広がっていると信じて。……けど、それは間違いだった。ようやく待ち侘びた朝がやってきたとき、そこに広がっていたのは炭と灰と、焼け焦げた地面と、誰かもわからない黒焦げの……。

[数十秒間、対象はすすり泣く]

██氏: 日が落ちる。夜が来る。けれど、街に明かりは灯らない。ただそれだけのことが、あんなにも恐ろしいとは。夜が、あんなにも長いとは……。

██博士: 十分です、██さん。今のあなたには、休息が必要だ。ナース、頼む。

██氏: よせ、違うんだ聞いてくれ。あの夜は本当に暗くて、手元だってロクに見えなかったから……なあ先生、俺はあの夜、いったい何を炎に投げ込んだんだ? もう今となっちゃわからない。わからないから……夢に見るんだ……。

[投与された薬剤の効果によって、対象は鎮静化する]

<録音終了, 19██/██/██>

ページリビジョン: 8, 最終更新日時: 12 Jan 2019 14:53
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website