nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1411-JP 全部
EuclidSCP-1411-JP 全部Rate: 26
SCP-1411-JP

アイテム番号: SCP-1411-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:SCP-1411-JPは、サイト-81██内の鍵付きチャンバーに収容してください。担当者は平日の15:30、土日の10:00に、SCP-1411-JPに記載されている内容を確認してください。記載内容の変更が必要と判断される場合は、SCP-1411-JPの責任者へ連絡の上、指示を受けてください。SCP-1411-JP-aがチャンバーの外へ出る場合は、追跡用のドローンを稼動させてください。
また、SCP-1411-JPの責任者は月に1度██高等学校の校則の内容を確認するようにしてください。

説明:SCP-1411-JPは、山形県立██高等学校に存在していた90×270×3cmの部活動連絡黒板です。白線で24個のスペースが区切られ、スペースの上部には部活動名を記載する欄があります。平日の15:30、土日の10:00になるとSCP-1411-JPに活動予定(以下、予定)が出現します。この予定が出現する瞬間は、あらゆる方法を用いても確認することができません。この予定は、部活動名の欄に「全部」と書かれたスペースにのみ出現し、「~を全部~する」という形で書かれます。SCP-1411-JPが当初設置されていた██高等学校には、「全部」という名の部が存在していないことが確認されています。予定が記載されてから数分後、SCP-1411-JPのある部屋に人型実体(以下、SCP-1411-JP-a)が出現します。SCP-1411-JP-aは最大で██体同時に出現したことがあります。SCP-1411-JP-aは自身を「全部に所属する部員」と認識しており、SCP-1411-JPに書かれた予定を部活動の一環として行います。SCP-1411-JP-aの外見、能力は通常の人間と大差がなく会話も可能ですが、SCP-1411-JP-aへの攻撃は透過し、障壁はすり抜けます。そのため、現在までSCP-1411-JP-aの収容及び行動の妨害は成功しておりません。SCP-1411-JP-aは、予定が完遂されるまで活動を続けますが、18:30になると活動を停止しその場から消滅します。SCP-1411-JP-aにはいわゆる「部長」の役割を果たしている個体(以下、SCP-1411-JP-a-1)が存在しており、予定の決定やSCP-1411-JP-aへの指示は、SCP-1411-JP-a-1が中心になって行っています。

以下は、SCP-1411-JP-aが行う活動の観察記録及び映像記録です。

観察記録01 - 日付2010/4/12

予定内容: 「トランプを全部半分に切る」
結果: 15:32にSCP-1411-JP-aが3体出現。 トランプをハサミで切断し始めた。3分後全てのトランプを切断。SCP-1411-JP-a群は全員雄たけびを上げ、喜んでいる様子だった。SCP-1411-JP-a-1が本日の活動の終了を宣告。掛け声を上げながら太陽に向かって走りだした。15:47にSCP-1411-JP-aはその場から消失した。

分析: 難しいことでなくとも、かなりの達成感を得ているようです。-砂川研究員

観察記録05 - 日付2010/4/16

予定内容: 「██のラーメン(特盛)1を全部食べ切る」
結果: 15:32にSCP-1411-JP-aが3体出現。 雄たけびを上げながら██まで走っていった。15:45に██へ到着後、ラーメン(特盛)を注文。最初は勢いよく食べていたが、徐々に速度が低下。15分後には箸が止まってしまう。しかし、SCP-1411-JP-a-1が部員を鼓舞し、再び摂食を開始。制限時間間際の19分48秒で完食。SCP-1411-JP-aは雄たけびを上げた。周囲の客と店主は、歓声を上げながら拍手をしSCP-1411-JP-aを讃えていた。終了後、店主から完食の賞金が渡されるも「部活動の一環なので受け取れない」と固辞。店内から退出した。その後出現位置まで戻り、SCP-1411-JP-a-1が本日の活動の終了を宣告。掛け声を上げながら太陽に向かって走りだした。17:18にSCP-1411-JP-aは消失した。

分析: 途中から応援してしまった。-砂川研究員

観察記録06 - 日付2010/4/17

予定内容: 「京浜東北線の駅名を全部言う」
付記: この予定は10:00に出現しました。また、この日は土曜日です。
結果: [重要度が低いため割愛]

分析: 出現時間が初めて午前中になりました。規則性を見つけるためにも、観察を続ける必要がありそうです。-砂川研究員

観察記録07 - 日付2010/4/18

予定内容: 「██公園のゴミを全部拾う」
付記: この予定は10:00に出現しました。また、この日は日曜日です。
結果: 10:02にSCP-1411-JP-aが5体出現。雄たけびを上げながら██公園まで走っていった。途中何度かの休憩を挟んで、13:45に██公園へ到着。ゴミ拾いを開始した。18:25にSCP-1411-JP-a-1が部員に集合をかけ、本日の活動の終了を宣告。掛け声を上げながら太陽に向かって走りだした。18:30にSCP-1411-JP-aは消失した。なお、ゴミ拾いは完遂していない。

分析: この活動が部活であるという点を鑑みると、10:00にスタートするのは授業のない土日のみであると予測されます。明日の出現時間で確認します。また、今回初めて予定が完遂されずに活動が終了しました。その場合どのような行動をとるのか、非常に楽しみです。-砂川研究員

観察記録08 - 日付2010/4/19

予定内容: 「██公園のゴミを全部拾う」
付記: この予定は15:30に出現しました。また、この日は月曜日です。
結果: 15:32にSCP-1411-JP-aが10体出現。雄たけびを上げながら██公園まで走っていった。途中何度かの休憩を挟んで、██公園へ向かっていたが18:25に突如足を止め、SCP-1411-JP-a-1が本日の活動の終了を宣告。掛け声を上げながら太陽に向かって走りだした。18:30にSCP-1411-JP-aはその場から消失した。

分析: この観察で、土日は10:00に、平日は15:30に予定が出現する可能性が高くなった。また、前日の予定が完遂していない場合は、翌日に持ち越すようだ。さらに、SCP-1411-JP-a群の活動は18:30までと決まっているようだ。律儀なものだ。
そうなるとかわいそうだが、彼らは次の土曜日までランニングしかできないことになるな。-砂川研究員

観察記録13 - 日付2010/4/24

予定内容: 「██公園のゴミを全部拾う」
付記: この予定は10:00に出現しました。また、この日は土曜日です。
結果: 10:00にSCP-1411-JP-aが16体出現。雄たけびを上げながら██公園まで走っていった。途中何度かの休憩を挟んで、13:22に██公園へ到着。SCP-1411-JP-a-1を除くSCP-1411-JP-aが1チーム3名の5チームに分かれ、公園のゴミ拾いを開始。進捗の遅いチームには、SCP-1411-JP-a-1が補助に行き、大きなゴミが発見されると、SCP-1411-JP-a-1がSCP-1411-JP-a全員に手伝うよう指示を出し、回収をした。18:10にゴミの収集が完了。SCP-1411-JP-aは雄たけびを上げた。中には泣きながら抱き合うものや、踊りだすものが現れた。SCP-1411-JP-a-1はその輪には混ざらず、笑みを浮かべながらその様子を見ていた。18:25にSCP-1411-JP-a-1が部員に集合をかけ、本日の活動の終了を宣告。掛け声を上げながら太陽に向かって走りだした。18:30にSCP-1411-JP-aはその場から消滅した。

分析: よく頑張った。-砂川研究員

[再生開始]

SCP-1411-JP-a-1 — よし、皆集まったな!今日の活動はこれだ!(SCP-1411-JPを指さす。“白のパンダを全部並べる“と記載されている)

SCP-1411-JP-a-2 — 先輩!白いパンダ何ていませんよ!俺たちどうしたらいいかわからないっす!

SCP-1411-JP-a-1 — 慌てるな。確かに白いパンダなどいない2だろう。だがこういう時、今まで俺たちはどうしていた?

SCP-1411-JP-a-3 — ・・・そうか!

SCP-1411-JP-a-1 — 作るんだよ、白いパンダを。俺たちの手で!

SCP-1411-JP-a-3 — そうだ!全部最初から作ればいい!

SCP-1411-JP-a-1 — そうと決まれば、いくぞ。██・████3へ。

SCP-1411-JP-a-2、3 — はい!

██・████でパンダの置物27体と白いペン10本購入し、出現位置に戻る。

SCP-1411-JP-a-1— よし、そろったな。では取りかかれ!

SCP-1411-JP-a-2— 先輩!これでどうっすか?

SCP-1411-JP-a-1—ダメだ!まだ黒いところが残ってるだろう!自分を甘やかすな!やり直しだ!

SCP-1411-JP-a-2— すみません!直してきます!

[中略]

SCP-1411-JP-a-1— よし、完成だ!

SCP-1411-JP-a-2 うおおおおおお!先輩!俺たち全部やり遂げたんですね!

SCP-1411-JP-a-1—ああ、お前たちよくやった!さすが全部の部員だ!

SCP-1411-JP-a-2、3 — ありがとうございます!

SCP-1411-JP-a-1 — そうしたら最後にいつものいくぞ!

SCP-1411-JP-a — はい!

SCP-1411-JP-aは、掛け声を上げながら夕日に向かって走りだした。

5分後、SCP-1411-JP-aは消失しました。

[再生終了]

活動時間内にSCP-1411-JP-a-1へのインタビューを試みました。以下がその内容です。

対象: SCP-1411-JP-a-1

インタビュアー: 砂川研究員

付記: SCP-1411-JP-a-1には、砂川研究員が██高等学校の講師であると説明してインタビューを行っています。

<録音開始>

砂川研究員: こんにちは、あなたは「全部」の部長と聞いていますが、間違いありませんか。

SCP-1411-JP-a-1: こんにちは!はい、私が「全部」の部長です!

砂川研究員: この部はどのようなことを目的に活動しているのですか?

SCP-1411-JP-a-1: 先生は、学校のテストの時に100点を目指せと言いますよね!

砂川研究員:そうですね。

SCP-1411-JP-a-1: 100点満点、つまり「全部正解すること」は良いこと・・・もしくは、俺たちに喜びを与えてくれるものだと思ってるってことですよね?それと同じで俺らは「全部完遂させること」が一番良いことで、一番喜びを感じられることと考えているんです!だから俺らはなんでもいい、「全部完遂させる」ために活動しているんです!中途半端は悪だ。それならば「一切何もやらない」方がよっぽど良い。

砂川研究員:あなたたちの考え方はよくわかりました。ところで・・・

SCP-1411-JP-a-1: はい。

砂川研究員:あなたたちの部活は高校の正式な認可を受けていません。

SCP-1411-JP-a-1: えっ

砂川研究員:なので、このままでは部としての活動と認めることが出来ません。

SCP-1411-JP-a-1: ・・・えっと、先生すみません。僕たちてっきり認められているものと思っていました。必要な書類や活動記録は全部提出します。なので、僕たちの部活を認めていただけないでしょうか。


<録音終了>

付記: このインタビューの後、SCP-1411-JP-aの活動が1週間見られなくなりました。無力化の恐れがあったため、部活登録申請書を作成し、SCP-1411-JPへ貼り付けておきました。その際にサイト-81██内の鍵付きチャンバーを部室とすること、今までの活動記録を提出することを条件に付けました。翌日、SCP-1411-JPに記入済みの部活登録申請書と活動記録書が貼り付けてありました。活動記録書はSCP-1411-JP-bとして保管されています。SCP-1411-JP-aの出現は、部活登録申請書が正式に認可された翌日から再開しました。


補遺1:SCP-1411-JP-aの行動に対して妨害実験が行われました。

観察記録34 - 日付2010/5/23

予定内容: 「持っているボールペンを全部折る」
付記1: この予定は10:00に出現しました。また、この日は日曜日です。
付記2: SCP-1411-JPの行動を妨害する実験を並行して行いました。
結果: チャンバー内にDクラス職員を入れ、SCP-1411-JP-aの出現後、その行動を妨害するように指示した。10:02にSCP-1411-JP-aが3体出現。所持していたボールペンを雄たけびを上げながら破壊し始めた。Dクラス職員は妨害を開始。Dクラス職員が行った攻撃は全て透過し、SCP-1411-JP-a本体もDクラス職員の体を透過した。
SCP-1411-JP-aが47本目のボールペンを折って粉々にしたところで、SCP-1411-JP-a-1が本日の活動の終了を宣告。掛け声を上げながら太陽に向かって走りだした。10:58にSCP-1411-JP-aはその場から消失した。なお、破壊したボールペンの破片も、SCP-1411-JP-aの消失と同時刻に消失した。

分析: SCP-1411-JPへの妨害は全て失敗しました。警戒が必要です。-砂川研究員

この実験でSCP-1411-JP-aの行動を妨害することは極めて困難であることが分かりました。これを受け、オブジェクトクラスはEuclidに指定されました。


補遺2:SCP-1411-JPに予定が発生する前に、砂川研究員が予定を書き込んだところ、その予定が活動内容となりました。以下は、その観察記録です。

観察記録43 - 日付2010/6/1

予定内容: 「█████4を全部読む」
結果: SCP-1411-JP-aは違和感を覚えることなく予定を遂行した。

分析:「~を全部~する」という構文であるならば SCP-1411-JPに書き込むことが可能でした。さらにその予定は正式なものと認められるようです。オブジェクトクラス変更を検討すべきです。-砂川研究員

このことからSCP-1411-JP及びSCP-1411-JP-aは外部からの干渉が可能であることが分かりました。そのため、現在keterへの格上げが検討されています。格上げは見送られました。詳細は事案記録-1411-JPを参照してください。

事案記録-1411-JP: サイト-81██内に保管されていたSCP-███-JPが要注意団体の襲撃及び自爆テロの間に、持ち出される事案が発生しました。この混乱に乗じ、財団に潜入していた別の要注意団体の構成員によって、SCP-1411-JPへ予定が書きこまれました。書き込まれた内容が「SCPを全部売る」でした。その場にいた職員で記述の変更を試みましたが、妨害工作及び自爆テロの継続により失敗しました。この事案による大規模な収容違反の発生が予想されましたが、記述して15分経過してもSCP-1411-JP-aが出現せず、予定も遂行されませんでした。翌日以降は予定通りの時間に出現しています。

当該事案についてSCP-1411-JP-a-1へのインタビューが行われました。

対象: SCP-1411-JP-a-1

インタビュアー: 砂川研究員

<録音開始>

砂川研究員: こんにちは。

SCP-1411-JP-a-1: 先生こんにちは。先日は部活動としての認可をしていただきありがとうございました。

砂川研究員: これからも頑張ってください。ところで、先日活動を行わずに帰ってしまったようですが、どうしたのですか。

SCP-1411-JP-a-1: あの日ですか。あの日は完遂できない予定が書かれていたので、集まらずに解散しました。

砂川研究員: そうだったんですね。ただ、これによって「全部完遂させること」が出来なくなりました。あなたたちのポリシーに反するのではないですか?

SCP-1411-JP-a-1: そうですが、先生・・・。校則に「アルバイトは禁止する」と書いてあるじゃないですか。

<録音終了>

付記:この後のインタビューでSCP-1411-JP-aは校則、法律などのルールを遵守すること、他人に迷惑をかけないことをポリシーにしていることが分かりました。

これを受けて、オブジェクトクラス変更の見送りと共に、特別収容プロトコルが一部変更されました。

ページリビジョン: 7, 最終更新日時: 15 Jul 2018 20:22
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website