nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-921 記憶博物館
EuclidSCP-921 記憶博物館Rate: 145
SCP-921 - Museum of Memories
評価: 0+x
St_Ninian%27s_Cave_-_entrance.jpg

SCP-921への入口

アイテム番号: SCP-921

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 研究サイト-346がSCP-921内部に建設されています。噴火や地震災害の兆候が、一般市民の訪問を妨げるべく、SCP-921収容地区近辺にて公表されます。財団エージェントは合衆国林野局の者に扮し、地区一帯に常に人が居ないようにせねばなりません。SCP-921-1との接触は、当該サイトの一般的な承認プロセスを通過した職員であれば誰でも許可されます。ただしSCP-921-2との直接の接触はサイト所長のDr. Sirilより承認を受ける必要があります。

説明: SCP-921は地下にある部屋やトンネルや様々な大きさの広間からなる複合体であり、中央広間を囲むような構成となっており、██の████████近辺の山岳地帯に所在します。幾らかの部分は自然の洞窟に見えますが、その他の部分は明らかに人工であるか、未知の手法によって形成されたものです。SCP-921の特異な性質は、SCP-921に存在する種々の物体(以下、SCP-921-1)に接触した人物への効果に起因します - SCP-921の部屋の多くは岩石層や地下植生(洞窟状の部屋)、日用品(人工の部屋)やその他の物体(未分類の部屋)を持っています;これらの物体は『感覚をもたらす物』を持っているように見られます - 接触すると、各物体は使用者に対し、景色や音や方向などといった感覚入力と共に感情をもたらします。SCP-921-1との接触に起因する持続的ないしは有害な影響は確認されていません。

SCP-921の中央広間は非物質的な存在(以下、SCP-921-2)がおり、この存在はSCP-921の中央広間に進入した人物に呼びかけます。SCP-921-2の声は中央広間の天井から発生していますが、明確な発生源は発見されていません。SCP-921-2はガイドとして振る舞い、SCP-921内のSCP-921-1に対しては学芸員のような存在として働くと見られます;指示されると、特定の物体や場所への道順を提供したり、あるいは1つの物体に収められた感覚についての一定量の説明を行います。SCP-921-2の感覚性の正確な広がりは明らかになっていません。

SCP-921-2はSCP-921の様々な区域を『翼』と呼び、SCP-921-1個体を『焦点』と呼びます。各翼、部屋、物体には名前が付けられています。新たな部屋や翼が不定期にSCP-921内に現れ、それらは新たな焦点を収めています。これらの新しいSCP-921の場所は、既に存在している翼の中で同じ構成であるものに接続されます。

説明: 一連の広大な自然洞窟であり、複数のトンネルと接続し、多くは地下水に沈んでいます。この翼の区域のいくらかは自然の日光が差し込みます。この小区域の焦点は石筍や鍾乳石の累層です。

注目すべき焦点:

  • 焦点#3 (『夏至』): 1本の石筍で、8.6メートルの高さを持ち、触れることによって活性化します。強烈なめまいの感覚を与え、加えて抑えられた寒さ(被験者によって、この感覚は寒い所で暖かな服を着ている感覚と似ていると説明されました)、薄い空気を感じます。被験者は時折いくつかのドイツ語や英語の言葉が繰り返されるところを耳にします(『なんて険しいんだ』、『彼は置いて行くぞ』、『戻らなきゃ』、『全くの無駄だ』)。

SCP-921-2のコメント: 『これは失敗した探検です。乗り越えられない挑戦を、しばらく。死が徐々に近づくにつれて、彼らは回顧し、やがて逃げ出します。』

  • 焦点#12 (『裁判』): 小さな石筍で、2本の大きな石筍の前に立っています。果敢な挑戦、悲しみ、恐怖、そして他者の潔白を確信するような感情、また古い木材や火のついた蝋燭の芳香の感覚を与えます。オランダ語やヘブライ語での話し声が遠くから届いているように聞こえます(『危険な思想』、『この社会、この街から追放せねばならない』、『汎神論者!異端者!』、『もはや我々の一員ではない』)。

SCP-921-2のコメント: 『小さな者が大きな考えを抱いたことで非難されています。彼の世界は、彼の隣人にとって完璧で平穏すぎました。だから彼は迫害されたのです。彼の聡明さは苦悩を凌ぐ盾にはなりませんでした。』

  • 焦点#12 (『鉛の防波堤』): 2本の石筍を囲むようにして形成された11本の鍾乳石です。1本を除く全ての鍾乳石は損壊しています。困惑、不安、血への渇望といった感情、また火薬の臭いや機関銃の轟音や軍靴が砂を踏みしめる音などの感覚を与えます。

SCP-921-2のコメント: 『鉄の渦潮が血なまぐさい小さな島を沈めるべく流れています。ところが、波は岸で砕け、鉄は砂を汚すだけです。渦潮に勝ち目はありません。』

mt-havre-underground-office.jpg

サブエリア-11、焦点#4

説明: 一連の書斎やオフィスで、各部屋は机や筆記用具が備えてあり、直接山に切り開かれ大通路に接続しています。この区域の焦点は机または筆記具です。

注目すべき焦点:

  • 焦点#4 (『安らぎのひと時』): 華美な書斎に配置されたタイプライターです。地下のバンカーで、数人の軍服を着た若い女性が焦点と同じ形のタイプライターで作業をしている光景の感覚を与えます。爆撃が行われている音が上方から聞こえます。加えて、葉巻の煙のかすかな芳香や安心感や沈着といった感覚を受けます。

SCP-921-2のコメント: 『燃える嵐が頭上で猛威を振るい、生命の土台が脅かされているにも関わらず、彼女らは自分たちの力で出来るかぎりの支援を行っているという認識を固持し、彼もそうしています。』

  • 焦点#9 (『秋』): 小さな木製のテーブルの他には何もない部屋にある、羽ペンとインク入れです。互いに『重なり』あう2つの競合する感覚を与えます: 一方は秋の田舎道の光景で、熟したリンゴの香りや小川を流れる水の音です。もう一方は暗くカビ臭い部屋の光景で、汚れたベッドシーツや強い胸部への痛みです。

SCP-921-2のコメント: 『多くの体験をせずに過ごしてきた者によって記録された、素晴らしい瞬間です。早く撮られすぎたので、彼は自身の情熱に呑まれてしまいました。彼の大火は他者の心の中でまだ燃えています。』

  • 焦点#13 (『悔恨』): 万年筆で、ルイ15世様式の書き物机に配置されています。不安や疑念、そして不名誉の感情を与えます。質の悪い木材の感触が首の周りに感じられ、大群衆からの野次や喝采(フランス語)が聞こえ、腐った果実や錆の臭いもまた感じられます。

SCP-921-2のコメント: 『犯すことを避けられなかった過ちによって軽蔑され、肉親の一人に両者がかつてに失った目標のために裏切られ、単なる愚か者ではなく暴君として記憶される運命にありました。真の暴君はその次に現れました。』

wine-cellar-in-underground-edinburgh-edinburgh.jpg

サブエリア-15

説明: レンガの敷かれた穴蔵の一群です。各室は4つのコンパートメントを持ち、そのうち2つは通し番号が付けられ、他の2つには付けられていません。この区域の焦点は番号の付けられていないコンパートメントです。

注目すべき焦点:

  • 焦点#1 (『起源』): コンパートメント#1の上にある、番号の付けられていないコンパートメントです。長い木製の机と13脚の革張り肘掛け椅子が備えられた会議室の光景の感覚を与えます。英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語やスペイン語の話し声が聞こえますが、それらは不明瞭で聞き取り難いものです。憂慮や決意、そして隠し事をしているような感情もまた与えられます。

SCP-921-2のコメント: 『園芸家達が最高の作品について話し合うために集まっています;彼らはそれをテューポーンやヨルムンガンドル、グリフィンやヘルハウンドと共に閉じ込めようとしています。しかし彼らは神ではありませんでした。』

  • 焦点#13 (『砂漠の中で』): コンパートメント#13の上にある、番号の付けられていないコンパートメントです。焦点#1と同じ会議室の光景の感覚を与えます。5脚の椅子が無く、声は全く聞こえません。裏切りや憤り、疑念の感情もまた与えられます。

SCP-921-2のコメント: 『虫たちが偉大なブドウの木を噛み、食い、刺します。貪欲にも、彼らは木の甘い果実を探しています。彼らはその下に埋まっているモノを気にもしません。園芸家達は見ていることしかできません。』

  • 焦点#21 (『聖ジョージとドラゴン』): コンパートメント#21の上にある、番号の付けられていないコンパートメントです。憤怒や興奮、憎しみといった感情、そして湿った地面や血の匂いといった感覚が与えられます。激しい怒声が2つの離れた音源から聞こえます。

SCP-921-2のコメント: 『このジョージは聖者ではなかった、ということを従者たちは知ることになりました。戦いに釘付けになり、騎士とドラゴンの間には騎士道精神など全くありませんでした。やがて、両者とも再び獣のように閉じ込められてしまいました。それがふさわしかったのです。』

説明: 1キロメートルの長さを持つトンネルで、組成や製造法の不明なタイルに包まれています。発見された中では最大のサブエリアです。このエリアの焦点はタイルの穴の中で見つかります。

注目すべき焦点:

  • 焦点#327 (『ノコ刃の洗礼』): トンネルを132.5メートル進むと見つかる穴です。圧倒的な身体的苦痛や恐怖、続いて高揚感や平静感といった感覚が続きます。未知の言語で詠唱する声が聞こえ、金属の臭いもまた感じられます。

SCP-921-2のコメント: 『鉄の狼が、肉の羊飼いの群れからまた一匹連れ去ります。さらわれた者はもはや羊ではありません。』

  • 焦点#585 (『素晴らしい結束』): トンネルを301メートル進むと見つかる穴です。少人数の人々が異なる言語(顕著な例はアラビア語やラテン語やヘブライ語)で祈っている光景の感覚が与えられます。陶酔感や緊張感、疑念といった感情もまた感じられます。

SCP-921-2のコメント: 『大火事に怯えて、森の動物達はかつての怨恨を忘れました。火のついた燃えさしがより近づくとき、何が狼となるのでしょうか。』

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 18 May 2014 09:36
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website