nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-4838 痴話喧嘩
UnknownSCP-4838 痴話喧嘩Rate: 28
SCP-4838

アイテム番号: 4838
レベル1
収容クラス:
neutralized
副次クラス:
none
撹乱クラス:
vlam
リスククラス:
notice

sasidome-yokonaga.png

キャンディス・ハーカー氏の家宅(左から二番目)。最初の既知のSCP-4838イベントが発生した場所である。


特別収容プロトコル: 収容は必要ありません。

説明: SCP-4838は、イギリス・グロスター出身の27歳の女性、キャンディス・ハーカー(Candace Harker)に影響された一連の超常的な事案です。当該事案は、同氏の個性を明示する人工物の一群という形で、2017/02/19より氏の家宅において開始しました。

得られた物品は、全て「ロバート・グリーン(Robert Green)」により署名されていました。彼が2016/11/07に行方不明になる以前に、両者は短い期間の間恋愛関係にあったことが判明しています。SCP-4838実例は特異な認識災害を有しているとみられています。出現する物品は無害、もしくは心の温まる内容であるにも関わらず、キャンディス・ハーカー氏は偏執病1を発症し、差出人が敵対的な目的を持っていると見做しました。症状が1~3時間以内に回復するため、対抗ミーム療法は有効性が限られています。

補遺 4838-1: SCP-4838イベントの時系列

キャンディス・ハーカー氏が地方警察への連絡を繰り返し試み続けていることに対し、財団のボットが注視したため、2名のフィールドエージェントが彼女の住居へ派遣されました。ハーカー氏はアノマリーの特性を説明し、警察が嫌がらせに対する苦情を即座に無視したことに言及しました。以下は、彼女が財団に明け渡した実例です。

日付: 2017/02/19
伝達手段: タイプライターで打たれた手紙
発見場所: 郵便受け

君が恋しい。僕のことを忘れないで欲しい。

あれから一年経ったが、君は元気かい?

日付: 2017/02/20
伝達手段: 手書きの手紙、差出人住所は近隣の湖
発見場所: 郵便受け

今日は窓の外にキジがいた。それで、どうすれば落ち着いていられるか気づいたんだ。キジのこと、好きだったよね?

日付: 2017/02/20
伝達手段: 手書きの付箋
発見場所: 郵便受け

ああそうだ、忘れられる訳がない!マガモのほうが好きだったね。とても愛おしい鳥だよ、君みたいに。

日付: 2017/02/21
伝達手段: 手書きのメモ
発見場所: 郵便受け

君の写真を見て、しょっちゅう感服してしまう。僕にとって、君はこの世で最も美しい女性だ。

エージェントらはサイト-70司令部に折り返し報告をし、SCP-4838の次の出現を確認するために郵便受けの内部にカメラを取り付けました。

日付: 2017/02/22
伝達手段: 手書きの手紙
発見場所: 玄関のマット

辛いのは分かっている。でも、僕は心の底から君を愛している。僕たちは強い、うまくやり遂げるさ。

ハーカー氏の承諾を得たうえで、エージェントらはSCP-4838実例の起源をより明瞭に究明するために、監視カメラを彼女の家宅の内部に広範囲に設置しました。

日付: 2017/02/23
伝達手段 手書きの手紙
発見場所: コーヒーテーブルの、監視カメラの死角になっている部分

真実からは逃げられない。君のために僕はここにいる。この辛い時期の間、僕は君のことを守りたいんだ。

日付: 2017/02/24
伝達手段: タイプライターで打たれた羊皮紙
発見場所: 天井に張り付けられていた

限りなく近くいられることが嬉しい。僕に心を開いてくれてありがとう。

SCP-4838実例の直接的な監視・収容の失敗を受けて、サイト-70司令部はキャンディス・ハーカー氏を人間型オブジェクトとして収容することを承認し、住居自体が異常存在であったか否かを判断しました。

日付: 2017/02/25
伝達手段: タイプライターで打たれた羊皮紙
発見場所: 何の変哲もない小包

今日はとても美しいね、と言いたかっただけなんだ。
(花束も添付されていた。)

日付: 2017/02/26
伝達手段: タイプライターで打たれた羊皮紙
発見場所: ハーカー氏の胸(彼女が目覚めた際に発見された)

君のことを切に愛している、絶対に忘れられないよ。

現象はハーカー氏の個性に関連していたため、異常存在を無力化または管理する方法が発見できるまでの間、氏の収容を維持する決定が下されました。

安全な財団の施設内にいるにも関わらず、心理評価中にハーカー氏は繰り返し恐怖を示しました。氏は処方された精神向上剤の摂取を拒否しました。

日付: 2017/02/27
伝達手段: 羊皮紙に付着した、乾いたインクの汚れ
発見場所: サイト-70の食堂で昼食をとっていた最中

君と食事を共にすると、僕の一日はいつも明るくなる。

日付: 2017/02/28
伝達手段: 潤滑油
発見場所: ベッド

君と一緒になってから、かなりの時が流れてしまった。君が恋しい。

日付: 2017/03/01
伝達手段: ブルーベリージュースで書かれた文字
発見場所: 浴室の壁

元気にしていることを願うよ、僕の愛する人。僕たちの好きな食事を作って、それを一人で楽しんでいた。…君がここにいたらなぁ。

日付: 2017/03/02
伝達手段: 後れ毛2で形成された
発見場所: サイト-70の休憩場所のソファー

僕はいつも君を愛している、忘れないでおくれ。

ハーカー氏の精神衛生の悪化を受け、適切な対抗ミーム療法を実行できるまでの間、収容室への完全な留置を維持する決定が下されました。

日付: 2017/03/03
伝達手段: 埃と塵
発見場所: 収容室の床

辛い一日だった。けど君の笑顔を見れば、僕は日の光りと幸福感で満たされる。

日付: 2017/03/04
伝達手段: ハーカー氏の月経血
発見場所: 浴室の鏡

僕が出会った人の中で、君は一番最高だ。

日付: 2017/03/05
伝達手段: 標準配給食料に付着したタールの飛沫
発見場所: ハーカー氏が朝食をとっている最中

君は本当に素敵だ。僕は今仕事から帰宅しているところなんだ。近いうちに一緒になれるよ :)

補遺 4838-2: 事案 4838-FINAL

2017/03/06、サイト-70の監視システムが停止し、全てのセキュリティ担当者が意識を失いました。侵襲からの復旧後、キャンディス・ハーカー氏の収容室が強制的に開放されていたことが判明しました。ハーカー氏は壁に横たわった状態で発見され、既に死亡していました。現場からは破れた衣服、飛散した血痕、遺体に確認された多数の裂傷など、争った痕跡が確認されました。

特筆すべき点として、ハーカー氏の内臓は「君を守るために、僕はそこにいる」と綴るように配置されていました。この事案以降、SCP-4838イベントは発生していません。

page revision: 2, last edited: 28 Feb 2020 12:10
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website