nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-666 精霊の小屋
EuclidSCP-666 精霊の小屋Rate: 116
SCP-666
SCP-666.jpg

SCP-666とクロント博士、およそ[編集済み]

アイテム番号: SCP-666

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-666は常に、チベットの山中にあるサイト73の監視付き金庫の中に収容されなければなりません。警備員は週ごとに交替します。その職務に当たる前にはドラッグやアルコールに対する中毒がないことを証明するテストに合格しなければなりません。

SCP-666の中には承認されたテスト手続きに従うDクラス職員か、許可を得たセキュリティレベル4以上の財団研究員のみが入ることを許されています。SCP-666へ入る非Dクラス職員は、過去に中毒があったかどうかにかかわらず、常に警備員に監視されなければなりません。もし彼らにSCP-666の影響を受けている兆候がある場合は、そこから即座に退去させられます。

説明: SCP-666 はミディアムサイズのチベットユルトで、結ばれた木の枝で作られており、ヤックの皮で覆われています。内部の天井は 2.44m (8ft) の高さで土台は 9.14m (30ft) の長さです。ユルトは円状の形状をしています。大多数の観察者には、ユルトの床は汚れており、内装は外側と同じ粗いものでできているように見えます。ユルトの枠組みを構成している枝は兎の毛皮に包まれており、ヤックの革紐に結ばれています。散発的に、SCP-666 は監禁エリアの範囲内においてその存在位置を変化させます。このことは直接観測されていない場合のみ発生しますが、遠隔監視を行っている場合、ユルトの内部にいる人はユルト全体が持ち上がり新しい位置へ移動する感覚を受けます。現在までに SCP-666 が監禁エリア外へ逃れようと試みたことはありません。

SCP-666 は1973年に、あるエリアから帰還した何名かの行方不明者が似たような説明をしたという報告に基づいて、山を調査していた時に発見されました。彼らは荒天の際にシェルターを探している間に、偶然 SCP-666 に出会ったと証言しました。同様の条件の元で調査に出発したところ、探索チームもユルトを発見することが出来ました。3名の調査員の内、2名は何の異常な効果も経験しませんでした。3人目は昏睡状態になり、鮮明な幻覚を経験し、意味不明な独り言をぶつぶつと呟きました。チームの帰還の際にユルトは回収され、さらなる調査のため近くのサイト 73 へ移されました。

重度の中毒歴のない個人がユルトの中へ入る時、ユルトは休止状態のままであり何も異常な効果があるようには見えません。アルコールや麻薬乱用の経歴のないクラスD職員は、適切な栄養を適宜与えらながらユルトの中に数日間座っていることが出来ましたが、夢が非常に強烈になったと報告しました。

しかしながら極度の乱用歴がある個人は、ユルトの中に入ると幻覚的な効果を経験します。それらの全ての被験者は、彼らの記憶の中の場所か自然な場所、つまり彼らの依存が最も強かった場所にいたと報告しています。これまでに、ナイトクラブのトイレ、1973年製フォルクスワーゲン ヴァナゴン、汚れた廊下、ロサンゼルスの [編集済] カジノなどの場所が報告されています。ある被験者は彼が共に頻繁に麻薬乱用を楽しんでいた “クロエ” という名の売春婦と一緒に、汚れたアパートの中にいたと報告しています。他の報告では、児童ポルノの配布により逮捕される前に持っていたのよりも、遥かに複雑なコンピューターのある自分のベッドルームにいたと報告しています。

これらの幻覚症状の間、被験者は SCP-666-1 と参照される個体と対峙したと報告しています。SCP-666-1 の説明は被験者により大きく異なり、その環境において “普通”であるという事を除いで人種や性別、外見に共通点はありません。SCP-666-1 は被験者を中毒に溺れさせようとしますが、初めは受動攻撃的(passive-agressive)な態度をとります。時が進むに連れて、被験者はもっと楽しむようにとそそのかされるのと同時に、やめるように励まされます。被験者が後悔を見せたり、中毒を克服したいという強い願望を見せると、SCP-666-1 はより優しく友好的な口調を用いてこの誘惑と説得の幻覚を続けていきます。この幻覚が最後まで進行した被験者の約94%は、依存からの離脱中は肉体的な症状が続くものの、ほぼ完全に心理的な中毒はなくなったと診断されます。

もし被験者が SCP-666-1 の誘惑に負けると、SCP-666-1 はますます敵意を見せてきます。こうなるまでの決まった時間や依存度合いなどはありませんが、もし確認をせずに放っておくと、例外なく SCP-666-1 は被験者を攻撃するようになり、被験者がオーバードーズするまで悪徳行為を強制させます。もしこの期間中に被験者を強制的に SCP-666-1 から回収しなければ、彼らは死に至ります。死因はその中毒に典型的なものであり、アルコール中毒ならば腎不全や肝不全、コカイン中毒ならば不整脈、ゲームやテレビ中毒者ならば座りっぱなしの生活習慣のために起こる極度の筋萎縮や健康の問題、というような具合です。

現在までに、SCP-666-1 に屈服する者とそうでない者の間の関係ははっきりしていません。有力な仮説は単にそれが個人の意志と信念の強さの問題であるとするものです。SCP-666-1 に直接インタビューをしようという試みは、SCP-666-1 がインタビューを会話へと向けさせるか、素っ気なく解答を拒否するために全て失敗しました。SCP-666-1 の性質を明らかにする唯一の言葉は、”我々はここでは重要ではない。これは全てあなたのことなのだ。” というものでした。これは SCP-666 に対して複数の SCP-666-1 個体がいるか、世界に他の SCP-666 が存在していることを示唆しています。類似の話が発生しているかどうかの調査が進行中です。もし他の SCP-666 個体が発見された場合には、即座にサイト 73 へ転送しなければなりません。

補遺SCP-666-1: カナダの北方の辺鄙な地域において、”ウェンディゴの小屋” と説明されるほぼ同一の話が先日発生しました。確証は取れていませんが、共通点から少なくとも 1 つの SCP-666 個体が野放しであると考えられます。

補遺SCP-666-2: SCP-666 に関してのテスト被験者 D-14390 のインタビュー記録 (音声のみ)

質問者: ラニス博士
回答者: D-14390
日付: 19██/04/17

L博士: 被験者 D-14390、気分はどうですか?

D-14390: あぁ、悪くはないよ博士。テントでまたもう一眠りしたい気分だ。

L博士: 実はそのことについて話をしたいと思っていましてね。SCP-666 の中での経験を説明してもらえますか?

D-14390: へっ、なんてことはないぜ博士。俺はただ言われたとおりにそこへ入ってくつろいだ。次に覚えているは、故郷の [編集済] にあるぼろい部屋に売女のクロエと一緒にいたんだ。

L博士: “クロエ”?

D-14390: そうさ、彼女は高くてケネディ南部で一番の美女ってわけじゃなかったがちょっとつながりがあってな。ハイじゃないときに会ったことは一度もなかった。

注: “クロエ” は D-14390 が逮捕された時に一緒にいた売春婦の源氏名です。

L博士: 分かりました。何が会ったのかを説明して下さい。

D-14390: ああ、そこは彼女のアパートだった。薄汚れていて数週間も掃除をしていないみたいにちょっと散らかっていた。でもな、そこへ観光しに行ったわけじゃないんだ。知ってるだろ?それで金をリビングのテーブルに置いたらベッドルームに向かった。彼女と一緒に薬をキメた、もちろん自分の注射針を使ってな。それで俺達はハイになった。つまりだ、俺たちは太陽の下であらゆることをした、陽の光を一度も見たことがないカップルみたいに!彼女は俺の知らない体位を知っていて、俺が”聞いた”ことすら無いドラッグを持っていた。その途中でまた元気づけしようとして、彼女のケツからコロンビアン(麻薬)を吸ってそれから―

L博士: それで十分です D-14390。簡潔のために、残りの話は異常個体である SCP-666-1 に関するものにして下さい。

D-14390: 何についてだって?

L博士: 人間…あなたの幻覚の中であなたを誘惑した人についてです。

D-14390: あぁ、そいつか! それは彼女が中国人の男から手に入れたっていう大麻を俺にくれようとした時だった。その間中彼女は滑稽な感じにものを言っていた、何だっけ、 back-faced comments とか言うんだっけ?

L博士: back-faced compliment1ね。

D-14390: それだな。で、俺は大麻を数回吸って、上機嫌になって、でも彼女はただ俺を睨んでいるだけだったのさ。それでどうしたんだって彼女に聞いたら、腕を構えて俺の顔を殴ってきたんだ!ヤク中の売女がするようなやわなやつじゃなくて、俺はタイソンにやられちまったのかと思った。彼女は俺に向かって叫び、俺を弱虫だと呼び、病的でクソみたいな売女にも負けるやつだと言った。だから俺は彼女の胸を蹴ったんだが、その時に彼女は変になった。次に気づいた時には彼女が俺を床の上に押さえつけていて、彼女の腕が俺ののどの周りにあって、目は大きく充血していた。俺の首の横に彼女の爪が食い込んでいくのを感じて、それで、博士、彼女は俺にヤクを打ったのさ。

L博士: SCP-666-1 が爪を通じてあなたにヘロインを注入したということですか?

D-14390: それが何だったかは分からないが、燃えるような感覚と心地よい感覚が同時に起こった。爪はもうなくなっていた。なんというかでかい猫の爪みたいだった。彼女はまだ俺に向かって叫んでいたんだが、顎が伸びていくように彼女の口がどんどんでかくなっていった。歯はどんどん鋭く大きくなっていって、俺の頭を食う準備ができたみたいだった!そんなクソみたいなひどい状況になって、俺は叫び始めたんだ。

L博士: そしてその時に警備員があなたをテントか引きずり出したのですね?

D-14390: ああそうさ、ただ夢でおかしくなったってみたいじゃなかったようだな。全くクソだった…引きずり出されてから5秒後、俺はクロエの声をもう一度聞いたが、その声は低いうなり声のようで、“おまえはやめられない”と言ってたみたいだった。

L博士: 協力ありがとう、D-14390。最後にもう一つだけ質問があります。これらのことの後で、あなたはもう一度テントに入りたいと言っていますね?それはなぜですか?

D-14390: ああ、簡単なことさ。(穏やかな笑い) 彼女は怖いさ、でも…あんなにハイになったことはこれまで生きててなかった。ここで起こってるクソみたいなことを見て、俺はどうせこの世界に長くはいないことは分かってるんだ。それなら笑って出ていきたいだろ?

注: このインタビューの後、D-14390は繰り返しSCP-666 の追加テストに志願しました。ラニス博士は最終的に屈しました。D-14390は幻覚状態に入ると約3秒間隔で叫び始め、一分未満の後に心臓発作により死亡しました。

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 31 Aug 2016 02:57
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website