nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1732-JP 東帝 - インヴィテーション
EuclidSCP-1732-JP 東帝 - インヴィテーションRate: 6
SCP-1732-JP
SCP-1732-JP

実験中のSCP-1732-JP。内部にSCP-1732-JP-C-22が出現している

アイテム番号: SCP-1732-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1732-JPは電源を除去された状態で、サイト-8181の中等度危険物ロッカーに単独で収容されます。SCP-1732-JP-Cは、サイト-8181の小型物品収容ロッカー内に一括で1個ずつ小分けにして収容されます。

SCP-1732-JPおよびSCP-1732-JP-C群を用いた実験はサイト-8181の特設実験室308内で行われます。実験者は特設実験室308内に用意される各種の玩具・遊具を利用することが可能です。
現在、SCP-1732-JPを用いた実験は不可能な状態となっています。

SCP-1732-JP-Bはサイト-8181宿泊棟1E-503号室に収容されます。標準プロトコルに従い、3人以上の職員による交替制でSCP-1732-JP-Bの介助が行われます。SCP-1732-JP-Bに危害が及ぶことのないよう、実験等の必要時以外はSCP-1732-JP-Bを常に映像監視下に置くことを遵守してください。
SCP-1732-JP-Bは財団の保護下から外れました(追記を参照)。GoI対応チームによる捜索活動が続けられています。


説明: SCP-1732-JPの外見は象牙色の21インチCRTディスプレイとほぼ同様ですが、ブラウン管が取り外されており、代わりに平面の不透明なガラス板が前方に取り付けられています。SCP-1732-JPと同型の非異常性ディスプレイと同様、SCP-1732-JPの前方下部には製造社██████ と製品名████████████ ██████のロゴがラベルされていますが、これに加えて、SCP-1732-JPの底面には「TOUHEI Co.,Ltd.」の刻印が存在しています。本来であれば映像を表示するために必要な内部構造のほぼ全てが欠如しているにもかかわらず、一般家庭で使用されるPCに接続されたSCP-1732-JPは、ディスプレイとして問題なく機能します。

グラフィカルユーザインタフェース(GUI)を採用したOSが搭載されているPCにSCP-1732-JPを接続して起動した場合、デスクトップ画面上に「おもちゃ道場」と名付けられたショートカットリンクが出現します。この「おもちゃ道場」のプログラム(以下、SCP-1732-JP-A)は通常のファイル操作手段によって起動することが可能です。しかしながら、PCのHDDをはじめとする記録媒体にSCP-1732-JP-Aを保存する試みは全て失敗しており、SCP-1732-JPのデスクトップ画面のショートカットリンクを経由する以外の手段でSCP-1732-JP-Aを起動することは不可能であると推測されています。

SCP-1732-JP-Aが起動されると、SCP-1732-JP画面上に以下のようなトップメニューが表示されます。

とうてい先生の おもちゃ道場!


きみがだいじにしているおもちゃ、もっとおもしろくしてみないかい?
おもちゃを、とうてい先生にでしいりさせてみよう!
とうてい先生が、きみのおもちゃが大きくなって、りっぱなおもちゃになるのをてつだうよ!

→ とうてい先生におもちゃをでしいりさせる
  やめる

「やめる」を選択してEnterキーを入力すると、SCP-1732-JP-Aは正規の手順を経て終了します。

「とうてい先生におもちゃをでしいりさせる」を選択してEnterキーを押した場合、画面表示が切り替わり、青い道着を身につけた男性(以下、SCP-1732-JP-A-1)が登場し、画面下部にメッセージが表示されます。メッセージは、「とうてい先生」(SCP-1732-JP-A-1を指すと思われます)が、「まさるくん」に対し、所有している玩具を自分の元に送るよう要請する内容となっています。この画面が表示されてから10秒が経過すると、SCP-1732-JPの画面であるガラス板が上方へと引き上げられ、正面からSCP-1732-JPの内部が観察可能になります。引き上げられたガラス板がどこに収納されているのかは判明していません。SCP-1732-JPの内部は実際の体積より拡張されており、1m×1m×1m程度の立方体に近い空間を有しています。壁面は黒一色となっており、光源は存在しません。SCP-1732-JPのガラス板が引き上げられてから60秒が経過した場合、ガラス板は元の位置へと戻ります。その後、SCP-1732-JP-A-1が画面から消失し、先述のトップメニューが再び表示されます。

SCP-1732-JP-Bと指定された人物(後述)により、自身が所持している玩具(詳細は後述)がSCP-1732-JPの内部空間内に投入された場合、その時点でSCP-1732-JPのガラス板は元の位置へと復元され、ガラス板の画面上に更なるメッセージが出現します。メッセージでは「とうてい先生」が「まさるくん」に対して玩具を預かったことを確認し、翌日以降に修行によって立派になった玩具を返却する旨が述べられます。その後、SCP-1732-JP-A-1が画面から消失し、「おもちゃ道場でしゅぎょう中 あしたをおたのしみに!」という一文と「やめる」の選択肢2のみが表示されるようになります。この状態のSCP-1732-JPの透視画像を撮影したところ、内部に投入された玩具が消失していることが確認されました。

SCP-1732-JPが異常性の対象とする玩具は特定の種類に限定されず、6歳前後の一般的な児童が使用するものであれば模型・ぬいぐるみ・音響玩具3・練習玩具4など非常に広範囲が該当します。ただし、加工されていない木の枝などの完全な自然物、および電子ゲーム機などの複雑な構成を持つものは対象外です。玩具がSCP-1732-JP-B自身の手によらない方法で投入された場合、およびSCP-1732-JP-Bにより玩具以外の物品が投入された場合はSCP-1732-JP-Bは一切の反応を返さず、投入された物品が消失することもありません。投入する玩具にGPS発信機を埋め込んで実施した玩具転送先の調査実験は、玩具から除去されたGPS発信機のみがSCP-1732-JP内部に残されるという結果をもたらしました。

SCP-1732-JP内部に玩具を投入した翌日のAM7:00以降にSCP-1732-JP-Aを起動すると、SCP-1732-JP-A-1が画面に表示され、立派になった玩具を「まさるくん」の元に返却する旨のメッセージが表示されます。10秒後にSCP-1732-JPのガラス板が引き上げられ、SCP-1732-JP内部に玩具が出現します。この出現した玩具はSCP-1732-JP-Cと指定されます。SCP-1732-JP-CがSCP-1732-JPより取り出されると、SCP-1732-JPの画面は復元され、最初のトップメニューが再度表示されます。

SCP-1732-JP-Cの外見、材質および機能は投入前の玩具と完全に同一であり、経年劣化や着色・記名等も投入された玩具と全く同じ部位に残されています。15種のSCP-1732-JP-Cを使用し、サイト-8181宿泊棟の児童70名を対象として実施した二重盲検法試験の結果、SCP-1732-JP-Cが玩具として使用された場合に使用者が得る満足感は、同型の通常の玩具と比較して有意に大きいものとなることが確かめられています。1ヶ所に集積された多数のSCP-1732-JP-Cが発揮する異常性に関しては補遺2を参照してください。これまでに生成されたSCP-1732-JP-Cのリストは別紙に記載されています。


発見経緯: 2004/██/██、東京都██区██████の住宅に居住していた██ ██氏により、近隣の家電量販店である███電機に「友人宅のPCのディスプレイの中から航空機の模型が出現した」という旨の電話が行われたことをエージェント・██が感知しました。以下はSCP-1732-JPの回収当時、家電量販店員に偽装したエージェント・██により、██氏の友人である栂埜 ██氏の住居内で行われたインタビューの記録です。

インタビュー記録1/1732-JP

日時: 2004/██/██
対象: 栂埜 ██氏、栂埜 █氏、栂埜 勝氏(両氏の息子。当時6歳)
インタビュアー: エージェント・██(以下、A.██)

<記録開始>

A.██: なるほど、これが仰られていたパソコンですね。先月に購入されたとお聞きしましたが。

██氏: はい。

A.██: その際に、何か変わったことはありませんでしたか。

█氏: うちに小さい子供がいることをお店の方に言ったら、店員さんから「遊び盛りのお子さんを満足させてあげられる特別サービスがある」という話を持ちかけられまして。折角なので、そのサービス5も付けてくださいってお願いしたんですよ。

██氏: それで家に来たパソコンを見たわけですが、これ凄いシステムですね。勝が使い倒して飽きてしまったお古のおもちゃが、サービスのお陰で見た目はそのままでも見違えるように新鮮なものになるみたいで。勝もたいそう喜んでおります。

A.██: ちょっと、そのサービスというのを実際に見せて頂いても良いですかね?

██氏: いいですとも。勝、やってみてごらん。

勝氏: はーい、パパ、やってみるね。

[██氏がSCP-1732-JP-Aを起動し、SCP-1732-JPのガラス板が開かれる]

勝氏: 今日は██████のロボットを先生に送ってあげるね。

[勝氏がおもちゃ箱からロボット型の玩具を取り出し、SCP-1732-JPに投入する。SCP-1732-JPのガラス板が閉まる]

A.██: [しばらく沈黙]えーと、██さん、普通はパソコンの画面が今みたいに開いたり閉じたりすることは無いと思うんですが、今の光景を不自然に感じたりしないんですか?

██氏: あ、普通じゃないんですか、これ?最近のテクノロジーはこんなこともできちゃうなんて凄いなー、くらいにしか感じていませんでした。

█氏: ただ、この前に勝が立派になったおもちゃで遊びたいからって、幼稚園の友達を何人か連れてきたことがあって。みんな楽しそうに遊んでたんですけど、途中で勝が他の子たちにこのパソコンを見せたんです。そしたら、丁度その前の日に先生のところに出した飛行機が戻ってきて、パソコンから飛び出してきて。██ちゃん6がビックリしたみたいで、泣き出しちゃったんです。

A.██: なるほど、お話はわかりました。ひとまず、このパソコンは私達の方で回収させていただいて、新品と交換させていただきます。

██氏: ええ、お願いします。実は、このサービスに不満がひとつだけありまして。

A.██: はい、お聞きします。

██氏: 先生のところにおもちゃを送れるの、勝だけなんですよね。勝が寝てる間にも私や妻が先生におもちゃの修行をお願いできれば、きっと勝を今よりもっと喜ばせられるのに。その辺を何とか、よろしくお願いいたします。

<記録終了>

終了報告書: 栂埜家の3人はオブジェクトの特異性に対して全く疑問を抱いていないようだった。オブジェクトの持つ異常性に汚染されている可能性があるため、オブジェクトと共に家族も回収することを提案する。

インタビューの後、カバーストーリー"転居"が適用され、SCP-1732-JPおよび18個のSCP-1732-JP-Cと共に、栂埜家の3名が一時的な収容下に置かれました。初期調査の結果、SCP-1732-JPの異常性を完全に発現させることが可能な人物が栂埜 勝氏のみである一方で、栂埜夫妻が受けていた精神影響はSCP-1732-JP自体には起因していないと結論づけられました。勝氏はSCP-1732-JP-Bと指定された上で本収容されました。夫妻はクラスC記憶処理が施され、カバーストーリー"子供の急死"が適用された状態で解放されました。

SCP-1732-JPの販売時に栂埜夫妻への対応を行った店員の情報は、███電機の全ての雇用データベースから抹消されていました。SCP-1732-JP底面の刻印から要注意団体「東弊重工」の関与が指摘されています。本オブジェクトと同種の異常性を持つサービスが他の店舗においても提供されている可能性があるため、現在はGoI対応チームによる店員の捜索および異常サービスの摘発活動が全国区で行われています。

事案記録1: 2006/██/██に実施されたSCP-1732-JP-Cの実験中、実験に携わっていた研究員4名およびSCP-1732-JP-Bが激しい幻聴を訴えました。彼らは苦悶の様相を見せながら実験室内の1ヶ所に集められて置かれていたSCP-1732-JP-C群へ接近し、掴んで投げる等の干渉により散乱させました。その結果として幻聴は収まったと報告されています。幻聴は「映画で用いられる恐竜の咆哮のような音」で、SCP-1732-JP-C群から発生していたと██研究員は述べています。なお、実験時のSCP-1732-JP-C群には恐竜を模した玩具は含まれていませんでした。

当該事案を受け、SCP-1732-JP-Cの収容体制が更新されました。

事案記録2: 2007/██/██ AM2:00頃、SCP-1732-JP-Bの収容室内に複数の実体が出現し、睡眠中だったSCP-1732-JP-Bが恐慌状態となったことが監視カメラによって確認されました。出現した5体の実体はそれぞれSCP-1732-JP-C-3、-18、-22、-38、-87と同一の外見でしたが、打撃・焼損、並びに何らかの生物による咬傷によるものと思われる物理的な損傷が多数見られました7。収容担当チームがSCP-1732-JP-B収容室に突入した瞬間にこれらの実体は全て消失し、SCP-1732-JP-Bは再度通常の睡眠状態に戻りました。当該インシデントの際、小型物品収容ロッカー内のSCP-1732-JP-C群には変化は見られませんでした。

以下は、翌朝にSCP-1732-JP-Bに対して行われたインタビュー記録です。

インタビュー記録2/1732-JP

日時: 2007/██/██
対象: SCP-1732-JP-B(当時9歳)
インタビュアー: ██研究員
附記: SCP-1732-JP-Bは精神発達遅滞の症状があり、発達年齢は収容当初の6歳の状態のままだと診断されている。SCP-1732-JPとの因果関係は立証されていない。また便宜上、インタビュー内ではSCP-1732-JP-Bを本名の「栂埜 勝」と呼称している。

<記録開始>

インタビュアー: おはよう、勝くん。夕べは大変だったみたいだね。気分は大丈夫?

対象: うん。今はそんなに怖くないけど、お化けはすごく怖かった。

インタビュアー: お化け?昨日に君の部屋に出てきたおもちゃはお化けだったのかい?

対象: うん。全部、ぼくが「とうてい先生」にお願いして、立派にしてもらったおもちゃだった。

インタビュアー: なるほど。お化けたちは君に何をしようとしていたの?

対象: みんな怒ってた。ぼくがとても悪いことをしたみたいな目で、ぼくを見てた。ぼくがみんなを立派にしてあげたのに、みんなずっと遊べるくらい楽しくなったのに、なんで…。

インタビュアー: 落ち着いて、勝くん。[30秒の中断]それで、お化けのおもちゃ達はその後どうなったのか分かる?

対象: 首なしロボット8がぼくに話しかけてきたんだ。「とうてい先生」に叩かれたり、熱いお湯に入れられたり、火で焼かれたり、色々なひどいことをされたって言ってた。そして、[沈黙]

インタビュアー: 勝くん?

対象: 食べられたって。とてもおっきな青いドラゴンに、ガブリって。

インタビュアー: 青い、ドラゴン?

対象: うん。青いドラゴン。ロボットの話のあと、ほかのお化けもみんな食べられたって言ってた。自分たちが恐ろしい目に遭って、おもちゃの中から追い出されたのはぼくのせいだって。でもその後すぐ、お化けたちがぼくに何かしてくる前に先生たちが入ってきて、そしたらお化けはみんないなくなったんだ。

インタビュアー: なるほどね。

対象: 先生。ぼく、パソコンを使ってたせいで、知らないうちにおもちゃたちに悪いことしちゃってたのかな。ぼくって、悪い子なのかな。

インタビュアー: うーん、どうだろうね。おもちゃのお化けたちのお話の他に、もっと色々なデータがないと、勝くんが悪いとは言えないと思うよ。

対象: ううん。先生。ぼくは悪い子だよ。

インタビュアー: どうしてだい?

対象: おもちゃを立派にすることがおもちゃたちにとって悪いことでも、立派になったおもちゃで遊ぶのはとても楽しいから。それをやめて他のことをするなんて、考えられないや。だから、ぼくは悪い子なんだ、先生。

<記録終了>

終了報告書: 昨晩のインシデントでSCP-1732-JP-B収容室に出現した実体は、タイプXII随意霊的存在、いわゆる「付喪神」であった9と考えるのが妥当でしょう。タイプXIIの顕現には元となる物体の分解処理が要求されることを考え合わせると、SCP-1732-JPに投入される玩具と出現するSCP-1732-JP-Cが同一の存在であるという前提を疑う必要がありそうです。異常性の源泉の検索も兼ねて、SCP-1732-JP-C群に対する霊的スペクトル検査を実施すべきだと思われます。

上記インタビューの後、SCP-1732-JP-C群に対する薄氷式スペクトル抽出術が実施され、全てのSCP-1732-JP-C個体が同一のアズール放射を発生させたことが記録されました。これはSCP-1732-JP-Cの各個体が持つ霊的性格が、損傷したSCP-1732-JP-Cの姿を取って顕現した霊的実体の集団とは根本的に異なる単一の存在に由来していることを示唆します。この単一の存在とSCP-1732-JP-Bが語った「青いドラゴン」、並びに補遺2の事案において発生した「恐竜の咆哮のような幻聴」の間に何らかの関連性があるものと推測されています。

SCP-1732-JPの収容を開始してから4年が経過しましたが、オブジェクトが自身に玩具を投入する人物を判別するメカニズムは未だに解明されていません。SCP-1732-JP-Bの代替となりうる存在を我々は総力を挙げて探していますが、その手がかりは全く掴めていないのが現状です。

一方で、10歳になったSCP-1732-JP-Bの精神発達もまた6歳の段階から全く進展がなく、今でも玩具で遊ぶこと以外への関心を持っていない状態です。そしてSCP-1732-JPの異常性プロセスを完全に進行させられるのが彼だけである関係上、追試験は不可能であり、SCP-1732-JPの異常性によって使用者の精神発達が妨げられることを事実として記載することもできません。

異常性再現の保証をSCP-1732-JP-Bに完全に依存している現行の収容プロトコルは不安定性が大きすぎますが、しかし我々はより良い方法を有していません。一般人の罪なき子供であり、オブジェクトに着実に精神を蝕まれているであろう彼を見殺しにせざるを得ないのは非常に口惜しいことではありますが、我々には現状を維持するという道しかありません。

事案記録3: 2011/██/██、サイト-8181宿泊棟が複数の不明な実体による襲撃を受け、児童█名と警備員を含む職員██名が殺害され、同時にSCP-1732-JP-Bが行方不明となりました。収容室内の監視カメラには、一人で笑い声を上げているSCP-1732-JP-Bの身体および着衣が黒色・霧状の存在へと分解され希釈されていく様子が記録されていました。この際、SCP-1732-JP-Bが何らかの他者と談笑しているかのようなジェスチャーを行なっていたことは特筆に値します。サイト-8181宿泊棟の生存者からは「子供らしい無邪気な笑いに似た音を発しながら移動する、黒い靄のような影」の目撃情報が寄せられました。この実体の持つ特徴が要注意団体「だいすきなせかい」構成員と一致していることから、当該団体によりSCP-1732-JP-Bが拉致された可能性が高いと見られています。なお、「だいすきなせかい」と「東弊重工」間に接点があるという情報は現在まで確認されていません。

収容室から発見された以下のメモ用紙は、インシデントの前日にSCP-1732-JP-Bによって書かれたものと見られます。このメモと襲撃事件発生との関連性が調査されています。

りっぱなおもちゃであそぶのはとってもたのしい
でも、おもちゃだけあってもつまらない
いっしょにあそべるすてきな友だち10がいたらいいのにな

まさる

SCP-1732-JP-Bを喪失したことにより、SCP-1732-JPを用いた更なる実験を行うことは不可能となりました。



ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 03 Feb 2018 23:55
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website