nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1735-JP 交わり伝う変態
EuclidSCP-1735-JP 交わり伝う変態Rate: 11
SCP-1735-JP
blank.png
1735

左: SCP-1735-JP感染以前の██氏
右: 補足時の██氏(SCP-1735-JP-A) ステージ5

アイテム番号: SCP-1735-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1735-JP-Aの発生が新たに確認された場合、機動部隊え-3("タモーラの息子達")によるSCP-1735-JP-Aの確保と尋問が行われます。尋問によってSCP-1735-JPに感染している可能性のある対象が浮上した場合は、SCP-1735-JP-Aと同様に確保してください。

同機動部隊によってPoI-81-064の捜索も同時に展開されています。新たな感染が確認された地域にはPoI-81-064が潜伏している可能性があります。その場合、地元警察への虚偽の情報提供が許可されます。表向きは指名手配犯の捜索として共同捜索を行ってください。捜査終了後、捜査関係者への記憶処理を行ってください。

管理下にあるSCP-1735-JP感染標本は、サイト-8191のBSL-31指定研究室にて冷凍保管されています。活性状態にあるSCP-1735-JPを用いた実験及び解析には、研究責任者とサイト管理者による承認が必要です。

現在収容下にあるSCP-1735-JP-Aは、サイト-8191に併設されたBSL-3指定人型オブジェクト収容棟にて収容されています。SCP-1735-JP-Aに対しては標準的な人型存在収容プロトコルに則った生活を与えてください。これらSCP-1735-JP-AはSCP-1735-JP治療への検体としての利用が許可されており、現在は治療薬等の臨床試験及び人体実験に主として利用されています。

VI

SCP-1735-JPの電子顕微鏡写真

説明: SCP-1735-JPは、感染者に対して異常な肉体的変態を引き起こす新種のRNAウイルスです。SCP-1735-JP感染者は段階を経て、SCP-1735-JP-Aに指定される解剖学的に大磐井 千尋おおいわい ちひろ氏に類似した存在へと変態します。SCP-1735-JPは粘膜の接触、輸血、母子間の授乳等によって感染します。

体内に侵入したSCP-1735-JPは周辺に存在する細胞に選別性を示すことなく感染します。SCP-1735-JPは感染した細胞内においてウイルス粒子内のRNA合成酵素がウイルスゲノム2RNAを鋳型としてmRNAを転写し、DNA分解酵素(エキソヌクレアーゼ3)を産生します。SCP-1735-JPはこの酵素を注入することで感染した細胞のDNAをほぼ完全に分解します。

その後、SCP-1735-JPは核内に自らのウイルスゲノムを注入します。注入されたウイルスゲノムは直後に宿主DNAとの不可解な結合を始めます。この結合によりDNAの組み替えが行われた結果、新たなヒトゲノム4が形成されます。

SCP-1735-JPによって再形成されるヒトゲノムは常に同一の塩基配列を成しており、その大部分は大磐井 千尋氏と同一のものであることが判明しています。また、この形成されたゲノムには挿入されたウイルスゲノムであるプロウイルス5が存在しており、感染細胞はこのプロウイルスに基づいてSCP-1735-JPを細胞分裂と共に核内にて合成します。

合成が完了した後、SCP-1735-JPは独自の膜透過性ペプチド6によって接触した細胞膜を内部から開閉し、細胞を破壊することなく外部へと脱します。これにより、感染細胞は死滅することなく内部に残留したプロウイルスを元にSCP-1735-JPを産生し続けます。産生は感染した細胞が通常の細胞死に至るまで継続します。

SCP-1735-JPの増殖速度は極めて速く、2-5日程度での潜伏期間を経て感染者はインフルエンザに類似した症状を示します。これらの症状はSCP-1735-JPが胸腺や骨髄(厳密には造血幹細胞)7に感染するまで継続します。SCP-1735-JPに感染した免疫細胞はSCP-1735-JPに対しての反応性を喪失し、一切の免疫反応を示すことはありません。この段階に達するとインフルエンザ様症状は完全に沈静化します。

その後もSCP-1735-JPは様々な細胞に感染しながら増殖し、1ヶ月程度で脳細胞等の神経細胞を含む全ての細胞に感染します。その後感染者は新陳代謝に伴ってSCP-1735-JP-Aに変化します。この際、感染者の肉体には通常の代謝からは逸脱した異常な細胞更新が観察されます。これらは進行の程度により5つのステージに分類されています。

ステージ1

1-2ヶ月目


女性の場合
代謝の活発化が認められます。顆粒膜細胞、外卵胞膜細胞、副腎皮質において女性ホルモンの分泌量が僅かに増加し、ホルモンバランスに乱れが生じます。

男性の場合
代謝の活発化が認められますが、目立った異常は観察されません。副腎皮質と精巣における女性ホルモンの分泌量が僅かに増加します。

ステージ5に達し、変態が完了したSCP-1735-JP-Aは以降、自身を大磐井 千尋と称して振舞います。なお、大磐井 千尋氏は2004年7月9日-18日に発生した██████誘拐殺人事件の被害者であり、死亡していることが確認されています。

大磐井 千尋氏の身辺調査の結果、氏の父親にあたる大磐井 良雄おおいわい よしお氏は日本生類創研(GoI-8101)に在籍していた事が判明しており、PoI-81-064に指定されています。またSCP-1735-JPはPoI-81-064によって作成されたことが判明しています。

064

PoI-81-064。運転免許証より回収

PoI-81-064は日本生類創研ではウィルス学部門に所属していた事が判明しています。PoI-81-064は日本生類創研において"ヒト免疫不全ウィルスを用いた後天ヒト遺伝子組み換えに関する研究"に従事していました。PoI-81-064は2004年7月29日を機に行方不明となっており、大磐井 千尋氏の死を原因として自発的に消息を断っているものと考えられています。

日本生類創研へのサイバー攻撃の際に得られた情報から、PoI-81-064は失踪する際に"ヒト免疫不全ウイルスを用いた後天ヒトゲノム組み換えに関する研究"、"基底組成入力処理済みヌクレオチドによる神経システムの再構築と記憶の復元に関する研究8"等の複数の研究成果を外部に持ち出していたと見られています。これらはSCP-1735-JPの作成に用いられたと考えられています。

PoI-81-064の失踪と同時に██████誘拐殺人事件の容疑者である男性4名が消息を絶っており、財団はこれらの事件とPoI-81-064の関連性を調査していました。2005年11月9日、大阪府大阪市西成地区で行われた調査の過程でSCP-1735-JP及びSCP-1735-JP-Aは発見されました。

PoI-81-064が該当地区で目撃されたことから、財団は該当地域一帯への聞き込み及び観察調査を実施しました。この調査で同地域内の雑居ビルにPoI-81-064が潜伏している事が判明し、直ちに機動部隊によるビルへの突入作戦が実行されました。これによりPoI-81-064は問題なく確保されました。

内部では24体のSCP-1735-JP-Aが共同生活を送っており、これらも全て確保されました。また、内部の複数の部屋には諸々の研究設備が存在しており、そこから密閉容器に保管されたSCP-1735-JPが回収されました。確保されたPoI-81-064と全てのSCP-1735-JP-A、及びSCP-1735-JPはサイト-81██へと移送されました。

この段階ではSCP-1735-JP-Aの異常性は不明であったため、早急な異常性把握を目的としてPoI-81-064及びSCP-1735-JP-Aへのインタビューが実施されました。以下は移送後に行われたインタビューの記録です。

インタビュー記録-1735-JP-A#1

log.int-2005/11/9-1735-JP-A#1

日付: 2005/11/9

対象: SCP-1735-JP-A(以下対象)

インタビュアー 沼崎研究員(以下インタビュアー)

付記: インタビュー実施時点で対象には識別ナンバーが割り振られていなかった為、対象を"大磐井 千尋"と呼称しています。なお、対象は確保された24体のSCP-1735-JP-Aのうちから無作為に選ばれました。確保時の対象の心理的負担を考慮してインタビューは生物学的に同性である女性職員によって実施されました。


<記録開始>

インタビュアー: それではまず氏名と年齢を教えてください。

対象: えー、はい。大磐井 千尋。17歳です。

インタビュアー: …大磐井 千尋さん……はい。あなたにこれからいくつか質問をしていきます。

[沈黙]

インタビュアー: 大丈夫ですか?

対象: …はい。

インタビュアー: では、最初にお父さんのことについて聞きます。あなたが知っていることを教えてください。

対象: えー。パパですか?

インタビュアー: どんな事でもいいですよ。

対象: えーと。口が臭くて、太ってます。

インタビュアー: …はい。他には?

対象: …えーと…他には…。

対象: …優しいっていうか…甘やかしすぎっていうか…

インタビュアー: なるほど。

対象: 多分、私が一人っ子なせいだと思うんですけど、いつまで経っても子供扱いするんですよ。私だってもう17歳なのに…

インタビュアー: …なるほど。最近のお父さんとの暮らしはどうでしたか?教えてください。

対象: 最近は…パパが仕事を辞めたので、家でずっと一緒でした。

インタビュアー: 家というと、あの雑居ビルのことですか?

対象: そうです。

インタビュアー: あそこでの生活について詳しいことを教えてください。

対象: えー。あんまりプライベートなことは言いたくないんですけど…

インタビュアー: 言いたくないことは言わなくても構いませんよ。じゃあ、そうですね…あそこに住み始めるきっかけとか教えてくれませんか?

対象: あー…きっかけは…パパが家族の時間を大切にしようって言ってて…それであそこに住むことになりました。

インタビュアー: 他にはなにか言っていませんでしたか?

対象: えー…あ、パパの仕事の都合?とかって言ってた気がします。なんか、追われる身になったからって。

インタビュアー: 追われる身ですか。…千尋さんはお父さんの仕事についてどの程度知っていますか?

対象: 医療関係の研究所ってことぐらいしか…詳しいことは秘密って言って教えてくれないんですよー。

インタビュアー: なるほど…先程の話題に戻るのですが、あのビルでの生活について聞いても構いませんか?

対象: …答えられることなら。

インタビュアー: 分かりました。では質問しますね。

[対象が無言で頷く]

インタビュアー: あのビルの中で生活していた、あなた以外の千尋さんについて教えてください。

対象: えーと。それは他の私達についてってことですよね?

インタビュアー: はい。その通りです。

対象: んー。説明のしようがないというか…私達は私達でしかないというか…

インタビュアー: でも、自分と同じ人間が複数存在することは普通有り得ないことですよね?でも、千尋さんの生活していたあのビルには複数の千尋さんがいました。それについてできるだけ話して欲しいんです。

対象: おかしいことっていうのは分かります。でも私達は私達っていうか…説明のしようがないです。

インタビュアー: …了解しました。では、次の質問に移ります。かなり踏み込んだものですが…大丈夫ですか?

対象: ちょっと内容によるかもですけど、大丈夫です。

インタビュアー: では、質問します。

対象: はい。

インタビュアー: 大磐井 千尋さん。あなたは、記録上2004年7月18日に死亡していることになっています。司法解剖等の記録等、科学的にあなたの死を裏付ける根拠は十分に存在します。これについてあなたはどう思いますか?

対象: んー。別になんとも思いませんよ。覚えてますし。

インタビュアー: …あの…その…覚えている…とは?

対象: 私、男の人達に誘拐されて殺されたんですよ。9日からだから…8日?9日かな?それくらいずっと閉じ込められて…あんまり言いたくないんですけど金属バットで頭を何回か殴られて、それで死にました。

[対象はインタビュアーの反応を伺っている]

インタビュアー: …あなたには、千尋さんには、殺害される際の記憶まであるのですか?

[対象が微笑みながら前のめりになる]

対象: そうですよ。全部、全部覚えてます。絶対にお姉さんが知らない感覚も。何日も何日もずぅっと犯され続ける辛さも。顔の感覚が無くなるくらいボコボコに殴られる感覚も、指の骨をめちゃくちゃにおられる痛みも、頭の骨が割れる感覚も、死ぬ時の全部が楽になる感覚も。

インタビュアー: …なぜ、千尋さんはその記憶を持っているのですか?

対象: そんなの、生きてるからに決まってるじゃないですか。

インタビュアー: それは、どういう。

対象: パパが私を生き返らせたからですよ。

[対象が声を上げて笑う]

対象: あはは。突然こんなこと言っても意味わかんないですよね。ごめんなさい。

インタビュアー: その、千尋さん。あなたは、具体的に何をされたかを覚えているようですが、その、辛くはないんですか?

対象: あはははは。全然辛くないですよ。

対象: だって私にはパパがいますから。

<記録終了>


インタビュー記録-PoI-81-064#1

log.int-2005/11/9-PoI-81-064#1

日付: 2005/11/9

対象: PoI-81-064(以下対象)

インタビュアー 高沢警備担当職員(以下インタビュアー)

付記: PoI-81-064への尋問はクラス2標準的対人尋問プロトコルに則って行われました。その為、対象へのインタビューは手錠と腰縄による拘束下で行われました。


<記録開始>

インタビュアー: このインタビューでは便宜上、あなたの事をPoI-81-064と呼称します。

対象: えぇ。構いません。…やはり私は捕捉されていたんですね。

インタビュアー: では、早速ですが尋問に移ります。

対象: はい。

インタビュアー: まず、雑居ビル内で確保された大磐井 千尋さんについてお聞きします。彼女達はあなたが作成したものですか?

対象: はい。

インタビュアー: 詳しくお願いします。

対象: …どうせビルに置いてきた資料でバレてしまうのですし、白状します。

対象: 私が作ったのは、感染した被験者を千尋に作りかえるウィルスです。…詳しくは…まぁ、おたくが回収した資料でも参照してみてください。

インタビュアー: …了解しました。

インタビュアー: では、次の質問です。御息女、千尋さんは2004年7月18日に死亡していますね?あなたがその、ウイルスの作成に至った動機は千尋さんの死に関係していますか?

[14秒間の沈黙]

対象: …えぇ。そうです。

インタビュアー: それについて教えてください。

対象: あなた方は調べていると思いますが、千尋は4人の男達に誘拐されて、汚されたんです。体を滅茶苦茶にされて、嬲殺しにされたんです。

インタビュアー: ██████誘拐殺人事件ですね?

対象: 4人の男の下衆な性欲を満たす為だけに、私の娘は惨たらしく殺されたんです。まだ17歳ですよ?17歳の女の子が、8日間も毎日毎日…どれだけ怖かったか、どれだけ苦しかったか…なのに、そんなことをした男達はのうのうと生きている。司法によって裁かれたって、どうせ20年間そこらの懲役で外に出てくる。私はそれが許せないんです。

インタビュアー: 続けてください。

対象: …私は頭を潰された娘の死体を見た時、とても大きな絶望を感じました。悲しかった。妻は千尋の亡骸を見て、「こんなの千尋じゃない」と叫んでいました。私も妻と同じで、娘が死んでしまったことを認められなかった。…認めたくなかった。

対象: その時、あるひとつの偉大なアイデアが私の頭に湧いたのです。娘を取り戻す方法を、男共に真の意味で罪を償わせる方法を、そして、この世からそういうクソども丸ごと一掃する方法も。

インタビュアー: …そのアイデアというのは、あなたが作成したウイルスのことですか?

対象: えぇ、そうです。あのウィルスは完全に千尋を再現する。肉体も、精神も。私の技術を結集させればそれが可能なのですよ。

対象: …ウィルスは性交渉によって感染するように設計しました。そうすることで、千尋は守られる。千尋が汚されても、新たな千尋が生まれる。あのビルにいた千尋達はそうして生まれたんですよ。

インタビュアー: 24人全てですか?

対象: えぇ、そうですとも。彼女達はみな、千尋を汚したことで千尋になった人間達です。男が18人。女が6人。性欲に突き動かされて倫理観を失ったクソどもです。

対象: でも、今は違います。今の彼女達は皆、私の娘です。皆、千尋です。私の可愛い可愛い娘です。

インタビュアー: …つまり…その24人は全て…千尋さんとの性交渉によって産まれたと?

対象: えぇ。そうですよ。

インタビュアー: では、あなたは……最初に作成した千尋さん…要するに、あなたがウイルスを作成して生み出した千尋さんに…多数の人間と肉体関係を結ばせたということですか?

対象: んー。厳密には違いますね。

インタビュアー: 詳細をお願いします。

対象: んふふふ。言ったでしょ?男共に真の意味で罪を償わせる方法だって。

インタビュアー: …詳細を。

対象: 誘拐犯の4人には娘を生み出すためのウィルス散布装置になってもらったんです。

インタビュアー:

対象: 私は彼らにウィルスを投与し、千尋への変化を肉体のみに留めました。これは主に薬物を用いた技術なのですが…まぁ置いときましょう。とにかく、私は彼らの肉体のみを完全に千尋に作りかえることに成功したのです。

対象: なので私は、彼らをウィルス散布装置として機能できる場所に配置しました。まぁ、そういう場所は案外ありふれてる訳ですからね。いわゆる違法風俗だったり、公衆便所だったり、[編集済]だったり。他にも監禁願望のある男に直接送り付けたりもしたなぁ…

インタビュアー: …そのような行為に対して罪の意識等は感じなかったのですか?

対象: 感じるわけないでしょう。あの4人のクソ共に、千尋の気持ちを思い知らせてやることが出来たんですよ?他者の暴力と性欲の捌け口になることの恐ろしさと屈辱感を奴らに味合わせることが出来て、罪悪感なんて微塵も感じませんよ。

対象: それに、連中を配置した所にやってくるようなやつも屑だ。だって、そういう所を選んでますからね。そういう屑には、千尋になってもらうのです。屑は一人一人消えていって、代わりに私の可愛い可愛い千尋が一人ずつ増えていく。屑が消えて、千尋は何度でも蘇るのです。

インタビュアー: …なるほど。

対象: あははは。あなた、私のこの話を聞いて辟易としてますね。でもですね、千尋に囲まれる生活は私にとって最高のものでしたよ。千尋と暮らすためだったら、私は何でもします。何でも犠牲にします。私はただ、元がどんな奴であったとしても千尋と暮らせればそれでいいんです。たくさんの可愛い可愛い千尋と暮らせさえすれば。

[対象が声を上げて笑う]

対象: あはは。それにあの子もね、喜んでるんですよ。パパ生き返らせてくれてありがとうって。あははは。

インタビュアー: …インタビューを終了します。

<記録終了>

PoI-81-064の証言に基づいて広域調査を実施したところ、大阪府大阪市に存在する違法風俗店「█████」、東京都に居住する██氏の自宅、茨城県水戸市███公園内の公衆便所、宮城県仙台市の[編集済]コミュニティ集会所にて新たな4体のSCP-1735-JP-Aが発見されました。

4体のSCP-1735-JP-Aそれぞれの手の甲には██████誘拐殺人事件の容疑者の名前と共に「繁殖用」という刺青が彫られていました。また、これらのSCP-1735-JP-Aは外科手術によって声帯と四肢の腱を切除されており、小型の複合型生命維持装置に接続されていました。

脳機能の確認調査の結果、対象の脳構造はSCP-1735-JP感染者ステージ5の物とは異なり感染者独自の脳構造を維持していました。この結果とビル調査時に押収された画像データなどの情報から、これらのSCP-1735-JP-Aは██████誘拐殺人事件の容疑者4名が変態したものであると推測されています。


補遺1: 2005/11/17、サイト-81██のクラスⅡ重要人物収容棟からPoI-81-064が脱走しました。詳細は以下の添付資料"インシデント-2005/11/17-PoI-81-064"を参照してください。

インシデント-2005/11/17-PoI-81-064

log.inc-2005/11/17-PoI-81-064


事件概要: 2005/11/17、サイト-81██のクラスⅡ重要人物収容棟からPoI-81-064が脱走しました。個人収容房内の監視カメラにはPoI-81-064が左脇腹の皮膚を自らの爪で裂き、皮下からパッキングされた何らかの物体を取り出す様子が記録されていました。この物体は異常な技術によって圧縮された爆発物であると見られています。PoI-81-064はこの物体を収容房壁面に貼り付け、同じくパッキングされていた発火装置を用いて壁を爆破しました。収容房の破壊後、サイト-81██はアラートIVを発動しましたが、PoI-81-064は一切の痕跡を残すことなく姿を消しました。収容房爆破後の足取りは不明であり、調査は難航しています。

補遺2: 2005/11/17に発生したインシデント-2005/11/17-PoI-81-064以降、日本各地でPoI-81-064が目撃されると共にSCP-1735-JPの感染が確認されています。また、PoI-81-064の目撃された地域では複数名の行方不明者が生じる傾向がありPoI-81-064が新たなSCP-1735-JP-Aを作り出し、誘拐している可能性が指摘されています。PoI-81-064は発見当初のように、複数のSCP-1735-JP-Aと潜伏している可能性が高く、早急な発見と確保が求められています。

page revision: 12, last edited: 02 Jan 2020 11:05
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website