nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1758-JP ひとつ上のサルになる
SafeSCP-1758-JP ひとつ上のサルになるRate: 0
SCP-1758-JP

アイテム番号: SCP-1758-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1758-JPはサイト-8181の低危険物収容ロッカーに保管されます。

一般市場にSCP-1758-JPの類似品が流通していないかを確認するため、財団Webクローラによる市場の監視が常に行われています。類似品が発見された場合は直ちに回収してください。

説明: SCP-1758-JPは1枚のDVDとパッケージで構成されています。DVDに収録されている映像の複製は不可能です。SCP-1758-JPのDVDには子供向けの教育アニメ形式の番組が4編収録されています。番組の再生時間はいずれも24分17秒です。

パッケージの表には「サルでもわかる!シリーズ」というタイトルと、サルを模したキャラクター1匹、白衣を着た初老の男性を模したキャラクター1人が描かれています。パッケージの裏は一部破損していますが、番組内容がさまざまな技術の紹介であることと、「この番組で勉強して周りのサルに差をつけて、ひとつ上のサルになろう!」という言葉が書かれています。
 
SCP-1758-JPの番組は、パッケージの表に描かれた白衣を着た初老の男性がサルに対して技術を教える内容です。4編の番組においてピアノ演奏、カラオケ歌唱、調理技術、絵画技法が紹介されています。しかし番組内で教授される内容には常識的な間違い1が1番組につき2~3個含まれており、視聴者はほぼすべての場合において"番組は不正確である"と評価します。

SCP-1758-JPの異常性は、ヒト(Homo sapiens)を除くサル目の生物がSCP-1758-JPの各番組を最後まで視聴した際に現れます。視聴した生物は、視聴後に当該技術を極めて高いレベルで習得します。その際、身体構造的に不可能と思われる技術の場合は、当該生物の身体の最適化(四肢の強化や延伸、障害の回復など)を引き起こします。

SCP-1758-JPは20██/██/██、"近所の家でチンパンジーがピアノを弾きながら鳴いている"との通報を受け、警察機関に潜伏していたエージェントによりピアノを弾きながら鳴き声を上げるチンパンジーとともに、北海道釧路市の故██████氏の自宅にて回収されました。収容されたチンパンジーは現在サイト内の大型動物収容房で飼育されています。オブジェクトとの関連が疑われるため、故██████氏の遺品調査が引き続き行われています。
 
実験記録1758-JP-1 - 日付20██/06/12

対象: チンパンジー(Pan troglodytes)

視聴した番組: カラオケ歌唱

結果: 曲の音程に合わせた発声能力を習得した。

分析: 音は合っているしビブラートなどの技術もできているが、鳴き声はチンパンジーのままであった。SCP-1758-JPにおいては、発話能力まではカラオケ歌唱技術に含んでいないようである。

実験記録1758-JP-2 - 日付20██/06/17

対象: D-1844(Homo sapiens)

視聴した番組: 絵画技法

結果: 番組視聴後も対象の絵画技術に向上は見られなかった。対象は番組内容を"でたらめ"と評価した。

分析: 人間が視聴した場合は異常性が発揮されないと思われる。念のため追加実験も計画すべきだろう。

実験記録1758-JP-3 - 日付20██/06/21

対象: チンパンジー(Pan troglodytes)(捕獲時に警察から拳銃による発砲を受けており、右腕に障害がある)

視聴した番組: ピアノ演奏

結果: 右腕の障害が完治するとともに、ピアノ演奏技術を習得した。

分析: 技術習得に支障がある身体的な問題についても対処されることが判明した。また習得した演奏技術は、プロのピアニストと比較しても遜色のないように見受けられる。

実験記録1758-JP-4 - 日付20██/06/27

対象: ゴリラ(Gorilla gorilla)

視聴した番組: ピアノ演奏、カラオケ歌唱

結果: ピアノ演奏、曲の音程に合わせた発声能力の両方を習得し、ピアノを弾きながら音程に合わせた鳴き声を上げることができた。

分析: 2つの番組を視聴した場合、両方の技術習得が問題なく行われるようである。個々の技術習得状況は、個別での実験と同様であった。オブジェクト発見時に確保されたチンパンジーは本実験と同様2番組を視聴したものと考えられる。さらに視聴番組を増やした場合の実験を進める。

実験記録1758-JP-5 - 日付20██/08/17

対象: オランウータン(Pongo Pygmaeus)

視聴した番組: ピアノ演奏、カラオケ歌唱、調理技術、絵画技法

結果: ピアノ演奏、カラオケ歌唱、調理技術、絵画技法をすべて習得した。

分析: 視聴させる番組数をさらに増やしたが、予測通りすべて同時に習得できるようである。調理、絵画のいずれも人間のプロと同等の技術を有しているようであった。

実験記録1758-JP-6 - 日付20██/08/22

対象: D-1856(Homo sapiens)

視聴した番組: 調理技術

結果: サイト内でSCP-████-JPの収容違反が発生し、番組の終了直前で視聴を中断した。技術習得は行われなった。

分析: 後のインタビューにおいて、D-1856は番組で教授される内容を真実であると認識していたことが判明した。これは視聴者が番組内容を不正確と評価しなかった、現在までに発覚している唯一の例である。

補遺1: SCP-1758-JPとともに収容されたチンパンジーが、飼育担当者に向かって一定のパターンでの鳴き声、およびジェスチャーと思われる動きを繰り返していることが報告されています。本動作について研究が行われていますが、現時点で意味は判明していません。

補遺2: ███博士のメモ

実験記録について、気になる点がいくつかあります。

実験記録1758-JP-1,3,4,5において、チンパンジー、ゴリラ、オランウータンとわざわざ動物種を変えて実験しています。対照実験として視聴する番組を変更するのであれば、対象の動物種は統一すべきだったはずです。

また、実験記録1758-JP-2にて追加実験に触れていますが、その後Dクラス職員を対象とした実験記録がありません。唯一Dクラス職員を対象とした実験記録1758-JP-6も中断で終わっています。

その他に、実験記録1758-JP-4,5の間に不自然な期間があるように見受けられます。オブジェクト担当者はこの期間中に何をしていたのでしょうか。

上記の通り本報告書には不可解な箇所が多く、SCP-1758-JPについてはさらなる実験及び調査が必要と思われます。


補遺3: ピアニストであった故██████氏の保有していた楽譜の束から、SCP-1758-JPのパッケージ裏の続きと思われる紙片が発見されました。
 
PrimatesTree.jpg

発見された紙片

ページリビジョン: 4, 最終更新日時: 19 Jun 2019 12:47
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website