nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2016-JP 臆病な大木
UnknownSCP-2016-JP 臆病な大木Rate: 49
SCP-2016-JP
blank.png
アイテム番号: SCP-2016-JP LEVEL 2/2016-JP
オブジェクトクラス: Safe Restricted

360px-Agathis_australis_Tane_Mahuta1.jpg

図1: SCP-2016-JP

特別収容プロトコル

SCP-2016-JPは大型植物収容棟に移植された状態で収容されます。SCP-2016-JPは標準植物収容マニュアルに基づいて育成環境を管理されます。SCP-2016-JPから半径7m以内にはセキュリティクリアランスレベル3/2016-JPをもつ職員及びSCP-2016-JP-A以外の侵入が禁止されています。SCP-2016-JP-Aは劣化状況に合わせて交換されます。

説明

SCP-2016-JPはナギモドキ属(Agathis)に分類される異常な樹木図1です。SCP-2016-JPは樹高74m、幹の円周が16mであり、現存する同種の中で最大のサイズになります。また樹齢は最低でも1000年以上はあると推測されています。SCP-2016-JPが繁殖を行う方法は確認されておらず、また人工的に増殖させる方法も発見されていません。

洞.jpg

図2: SCP-2016-JPの樹洞

SCP-2016-JPの根本には高さ3.3m、底面積6.7m2の樹洞図2があります。樹洞からは脊椎動物に対し働きかけるフェロモンが放出されており、これにより何らかの動物を樹洞の内部まで誘導します。

SCP-2016-JPは樹洞内に入った動物の内、1体に根に似た器官を伸ばし突き刺します。この動物をSCP-2016-JP-Aに指定します。この器官は2種類あり、1つはSCP-2016-JP-Aに栄養補給を行い長期に渡って生存させるために用います。もう1つはSCP-2016-JP-Aの神経節に絡みつき脳機能の一部を利用するために用います。またSCP-2016-JP-Aに突き刺す際、細胞の修復を活性化させる酵素を注入することで傷口の修復並びにSCP-2016-JP-Aとの完全な結合をします。

SCP-2016-JPはSCP-2016-JP-Aが感じる危機感、恐怖感等の生存本能に基づいて自身の周囲に確率改変事象を引き起こします。これはSCP-2016-JP並びにSCP-2016-JP-Aに対する危機的状況を回避する方向で働きます。この確率改変事象はSCP-2016-JP-Aの知能指数及び生存本能の強さに比例してより強力かつ範囲が拡大します。

SCP-2016-JPの樹洞内に複数の動物が入った場合、SCP-2016-JP-Aには呼吸が盛ん、体温が高い等の活発な個体が選ばれやすくなります。これはすでにSCP-2016-JP-Aが存在する場合も同様であり、その時点でのSCP-2016-JP-Aよりも活動的な動物が入れば入れ替わる場合もあります。また入れ替える際にはSCP-2016-JP-Aとの結合を解く酵素を分泌しながら分離させます。外部からの刺激により強制的に分離させようとした場合、SCP-2016-JP-Aの神経節に深刻な障害を与える可能性があります。

SCP-2016-JPはニュージーランドの████████████地区で発見されました。発見当時のSCP-2016-JPはSCP-2016-JP-Aとしてフクロギツネ(Trichosurus vulpecula)が用いられており、調査を行ったフィールドエージェントの一行に対して複数の妨害事象が発生しました1。その後にSCP-2016-JP-Aが入れ替わるタイミングを見計らってSCP-2016-JPの異常性を抑制させ確保しました。


関連事案

事案記録2016-JP-020


事案概要

2019年11月20日、倫理委員会管理官のアクセル・ローガンがSCP-2016-JPの収容棟に侵入しました。その後当時のSCP-2016-JP-AであったDクラス職員を外し、自身をSCP-2016-JP-Aにあてがいました。またこの時正式な手順を踏まなかったため、ローガン管理官の無闇な取り外しには、ローガン管理官自身に対する多大な影響が予想されます。そのため現在強制的な取り外しは保留にされています。以下は事案当時のSCP-2016-JP内部映像記録の抜粋です。

[23:00:54] SCP-2016-JPの内部にローガン管理官が侵入する。

[23:01:17] SCP-2016-JP-AであったD-2016-JP-1の元に近づく。D-2016-JP-1は激しく叫ぶがそれを宥めるようにローガン管理官は話しかける。

[23:01:33] ローガン: もう安心して大丈夫。こんなに色々つけられて…すまないがもう少し時間はかかる。

[23:01:40] ローガン管理官がD-2016-JP-1に取り付けられた器具を外し始める。

[23:02:15] D-2016-JP-1: [激しい叫び声]助けてくれ、出してくれ。

[23:21:59] ローガン: すまない…すまない…よし、何とかなった。立てるか?

[23:22:28] D-2016-JP-1: [茫然としている]俺は…俺は、どうなっているんだ…

[23:22:51] ローガン: これを使って外に出なさい。大丈夫、君はもうここに来る必要はない。

[23:23:16] ローガン管理官はD-2016-JP-1にセキュリティパスを手渡す。D-2016-JP-1はあまり事態を把握していないようであるが、ローガン管理官に促されて退出する。

[23:24:20] ローガン管理官がSCP-2016-JP内部に留まる。SCP-2016-JPから根に似た器官が伸び、ローガン管理官に突き刺さる。ローガン管理官は自身に周囲の器具を取り付け始める。

[23:36:22] ローガン: …私は…無力だ。

[23:40:11] ローガン管理官が自身に薬剤注入用の点滴を刺す。そのしばらく後からローガン管理官は激しく恐怖するような様相を浮かべる。

[23:45:58] ローガン管理官は内部に取り付けられた椅子に座る。



関連資料

アクセル・ローガン管理官・経歴


経歴
1985年 3月 ██████大学卒業
1985年 4月 株式会社████████████入社
1987年 11月 SCP-█████による大規模事故に遭遇、この時事態の収束を補助したことをきっかけに財団と接触する
1988年 8月 財団に入団
1989年 5月 SCP-█████-JPの研究チームに所属
2003年 2月 SCP-█████-JPの収容方法を確立させる
2003年 4月 上級研究員に昇格し、SCP-2016-JPを担当する
2019年 8月 本人の意向により倫理委員会に転向する
2019年 11月 事案2016-JP-020が発生する



インタビュー記録2016-JP-1


対象: ████管理官
インタビュアー: ██監査官


<記録開始>

[関連性の低い箇所は割愛]

████管理官: ローガンは真面目…というか、必死な様子だった、ように思えます。色んな研究に積極的に干渉しますし、Dクラスの消費が激しい所なんかは特にですね。度が過ぎていると言ってもいいかもしれません。彼の行動は明らかに各研究チームの活動を抑制しているほどでした。無論、彼1人だけですべてが決められるわけではないので我々も彼に対して忠告なりはしてましたが。

██監査官: もとより極端に過剰な人命重視の傾向があったのですね。それではSCP-2016-JPについてはどうでしょうか。ローガン管理官は元々そこでの上級研究員であったこともありますので。

████管理官: はい、そういった経歴もあるのであまり関わらせないようにはしていたのですが、ローガンはもう個人的によくアクセスしていましたね。特にプロトコル・ラブトレインについては中止の要請は何度も申請していました。倫理委員会が認可したものに倫理委員会が反対するというのはなんといいますか…前代未聞です。

[関連性の低い箇所は割愛]

<記録終了>




プロトコル・ラブトレイン概要


目的: プロトコル・ラブトレインはSCP-2016-JPを利用したサイト-01の防衛を目的としています。

手順: プロトコル・ラブトレインは以下の手順を以て施行されます。

  1. サイト-01の中央、地下にSCP-2016-JPを収容可能な収容房を建造します。基本設計は標準植物収容マニュアルに則って行われます。
  2. 任意のDクラス職員がSCP-2016-JP-A要員として選定されます。この条件としては心身ともに健康であり、比較的若い職員であることが優先されます。
  3. 選ばれたSCP-2016-JP-Aに外科手術でSCP-2016-JPとの脱着のための器具を取り付けます。これは緊急時のメンテナンスや交換を容易にするためです。
  4. 取り付けたSCP-2016-JP-Aに対して恒久的に恐怖を感じられるよう薬剤を投与し続けます。

説明: SCP-2016-JPは自身及び周囲の環境を防衛するためにSCP-2016-JP-Aの思考力を利用して確率改変を行います。この改変はSCP-2016-JP-Aの思考力や危機感に比例してより強力かつ拡大します。そのために生物の中で比較的知能が高く、また換えの利きやすい人間が最も理想的です。また何かしらの事態が発生してからでは遅く、SCP-2016-JP-A自身に周囲の監視を担わせるのには防衛上の懸念があるために常に恐怖を感じさせることにより恒常的に防衛本能を活性化させるのが効率がいいと結論づけられました。

プロトコル・ラブトレインにより活性化されたSCP-2016-JPの異常性の範囲は半径█kmにまで拡大されます。また確率改変については自然災害については発生確率の0%までの低下、人為的な攻撃については装備、兵装の故障を確実に引き起こす等の極めて強力な改変が行われます。

また、SCP-2016-JPを繁殖させる方法も並行して研究中です。繁殖が成功次第、プロトコル・ラブトレインは他の主要な施設においても実行される予定です。




インタビュー記録2016-JP-2


対象: ████研究員
インタビュアー: ██管理官


<記録開始>

[関連性の低い箇所は割愛]

████研究員: ローガンさんはいい上司でした。情熱的で、でも私達のことを気遣ってくださって。ローガンさんに乗せられて私達も研究に尽力出来ました。これは私だけではなく、他の職員も同じような思いだったと思います。

██監査官: それではプロトコル・ラブトレインの話が上がり始めたあたりの事はどうでしたか。

████研究員: あー…確かにそのあたりのローガンさんは何か焦ってたというか、とにかく別の方法を模索していました。ただ知能指数の問題から言っても人間を使う以上にSCP-2016-JPの異常性を活性化させる方法はありません。それはローガンさんが何よりも分かっていたとは思うのですが…

██監査官: ローガン管理官の研究は、最終的にはどの程度まで進んだのでしょうか。

████研究員: …いえ、様々な動物や手法を試しましたが、結局はローガンさんが思うようには。

██監査官: 倫理委員会への転向について、何か話していましたか。

████研究員: それについてもあまりですね。突然なのでみんな驚きました。あれだけの情熱を持っていたのにどうしてだろうと。

[関連性の低い箇所は割愛]

<記録終了>




インタビュー記録2016-JP-22


対象: ████サイト管理官
インタビュアー: ██管理官


<記録開始>

[関連性の低い箇所は割愛]

████サイト管理官: 入りたてのローガンは凄かったよ。もう一刻も早くアノマリーを完全に収容しないとって、もう熱苦しい勢いで。こっちも落ち着いてくれって言ってはいたんだけど、今でも苦しんでいる人がいる中で悠長になんか出来ませんって。まあ嫌いじゃなかったよ、ここいらにはあんまりいない熱血タイプ。俺も若い頃の情熱を思い出させられたというかねぇ。でもまあ焦ってばかりでは事は進まないし、そういうのも含めてローガンには色んなこと教えたけど、どこまで身についたかはあんまり分からないな。

██監査官: ローガン管理官はあくまで自分を貫いたと。

████サイト管理官: そういうことかね。あいつは色々と限度を知らなくて、人を助けるためならなんでもという感じだった。そりゃあ財団の理念としては全く正しいんだが、流石に度が過ぎているようだったな。あいつは財団を正義のヒーローか何かだと思っていたようだが、本当にその通りに動いちゃさすがに何も進まない。なんとかそこらへんのバランスを教えてやりたかったが、あんまりうまくいったかと言われると微妙かもしれないな。

[関連性の低い箇所は割愛]

<記録終了>




アクセル・ローガン面接時映像記録


以下の記録はローガン管理官の入団前に行われた面接の記録映像の抜粋である。


面接官: では最後に。ローガンさん、貴方はこの財団で、どのようにしていきたいと考えていますか。

ローガン: はい、私は人々を護るために尽力していきたいと考えています。私は昨年に起こった事故により、この世界には私の知らない人々の生活を脅かす存在が跋扈していることを知りました。それらはまったくもって理解不能であり、一寸の予断も許さないものばかりです。その中で私の力であってもそんな物に対して幾分かなら対抗出来るということも知りました。そして財団はそれが行える組織です。私も財団の一員となり、未来の仲間とともに人々のために頑張る所存であります。

面接官: …分かりました。ローガンさん、ありがとうございます。それではこれで面接は終わります。…貴方と働けることを私は強く願います。

ローガン: はい、ありがとうございます。



今後の対処法について

ローガン管理官のSCP-2016-JPからの切除は神経節にまでSCP-2016-JPが癒着しているためにローガン管理官の負担を考慮した場合極めて困難です。現在、自然に離れるまで観察するか、強制的な除去を行うかを審議中です。











新着メールが1件届いています

page revision: 8, last edited: 16 Feb 2020 17:05
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website