nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-202-JP 小型煮沸浄化槽
SafeSCP-202-JP 小型煮沸浄化槽Rate: 19
SCP-202-JP
評価: +18+x

アイテム番号: SCP-202-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-202-JPはサイト-81██の専用収容室内の耐熱耐水重量センサー上に設置されています。重量センサーと連動した自動給水システムが構築され、SCP-202-JPの内容物が65L以上を維持するよう常に注水されています。内容物を汲み出す際は必ず同量の水を追加し、その際一時的にでも水量が60Lを下回らないようにしてください。自動給水が停止した場合、手動による給水と水資源を確保できる施設への移送を行ってください。SCP-202-JPの周囲は満水の小型貯水タンクで囲み、その内側は緊急時を除いて立入禁止とします。保守員は別添の手順書に従い、定期的にSCP-202-JPの状態検査と水質検査を行ってください。

説明: SCP-202-JPは直径45cm、高さ45cm、満水容量71Lの調理用鍋です。SCP-202-JPは投入された液体を熱源なしに摂氏100度まで加熱します。SCP-202-JPに水以外の液体または小さな個体が投入された場合、時間をかけて消滅し、SCP-202-JPの内容物は水のみに戻ります。消滅にかかる時間は投入物の量と大きさに比例します。SCP-202-JPの温度は摂氏100度に保たれていますが、これは内容物から伝搬した熱による影響であり、SCP-202-JP自体は発熱していないことに注意して下さい。

またSCP-202-JPは接近した生物に脱水症状を起こさせる特異性を持ちます。この影響はSCP-202-JPの内容量が60Lを下回っている状態で、SCP-202-JPに最も近い水源の内側へ進入した場合にのみ発生します。このためSCP-202-JPは常時注水と内容量測定が行われており、周囲の貯水タンクの内側は立入禁止とされています。

SCP-202-JPで沸かされた湯は安全に利用可能であり、最大██L/時の湯量を得ることができます。これは保守の費用を考慮しても、通常のボイラー室を用いた給湯コストに比べてはるかに高効率です。このため現在はサイト-81██の給湯システムにSCP-202-JPが導入されています。この処置に関する再検討の申請は、議事録202-JPを読了したレベル4職員のみが可能です。

SCP-202-JPは████県████市の廃工場内の遊水池付近の小屋で発見されました。遊水池には付近の川から常に一定量の水が供給されていました。発見時、鍋の蓋に次の内容が記載されたタグが結び付けられていました。タグは一般的な厚紙と綿紐で構成されています。タグと蓋に特異性はありません。

給水・衛生事業支援プロジェクト
極地および貧困地域向け小型煮沸浄化槽 試作品
©東弊重工

実験記録 202-JP-██~██ - 日付20██/██/██

実験方法: 対象物を投入し5分ごとに濃度を測定する。
対象1: 食塩500g
対象2: オレンジジュース500ml
対象3: シアン化ナトリウム1g
結果: 全ての実験において徐々に濃度が低下し、1~2時間で完全に除去された。
分析: SCP-202-JPは水以外の不純物を除去する能力がある。

実験記録 202-JP-██ - 日付20██/██/██

対象: 微生物を含む泥水10L
結果: 約2時間後に土砂および微生物が完全に除去された。
分析: 清浄な水の確保が難しい地域での作戦行動に有効である。ただし豊富な水源が確保できることが条件であり、また浄化効率は通常の設備よりも低いため、導入の申請は保留とする。

実験記録 202-JP-██ - 日付20██/██/██

対象: 鉄のインゴット1kg
結果: 変化なし。
分析1: SCP-202-JPは内部の物体を「何でも沸騰させられる能力」はない。溶鉱炉に転用する案は却下。
分析2: 大きな物体は消化できないのか?

実験記録 202-JP-██ - 日付20██/██/██

対象: 豚肉1kg
結果: 大量のアクが発生したが、約15分後にすべて消失した。豚肉は消失せず、異常は認められない。Dクラス職員に摂食させたところ「パサパサでマズイ」との感想を述べた。健康上の影響はなし。
分析: 物体を茹でることはできる。水以外の液体や不純物とみなされるものだけが徐々に除去されるようだ。おそらく肉の脂もそうなったのだろう。

実験記録 202-JP-██ - 日付20██/██/██

対象: 豚肉1kg
実施方法: SCP-202-JPから湯を汲み出し、別の鍋で沸騰させながら、豚肉を茹でる。
結果: アクは消失せず、肉の脂も残されていた。
分析: 湯に特異性は転移しない。通常の湯として利用可能。
補足: 経理課から苦情が通達されました。実験には安価な材料を使用してください。国産有名ブランド以外の肉でも同様の実験は可能です。-████研究員

SCP-202-JPは内容量が60Lを下回った場合、近隣の水源または物体から水分を採取し、内容量を60Lに保つ特性を持ちます。採取する内容は純粋な水分だけではなく、塩分、化学物質、植物繊維、血液、[データ削除]などを含みます。この性質のため、水が供給されていない状態のSCP-202-JPへの接近は深刻な健康被害をもたらします。採取可能な距離の上限は確認されておらず、無制限であるおそれがあります。しかし距離が近い水源を優先する性質と、採取速度が十分に遅いことから、大量の水をSCP-202-JPの周囲に用意しておくことで収容違反を防ぐことができます。

実験記録 202-JP-█ - 日付20██/██/██

目的: SCP-202-JPの組成調査
結果: 実験の準備中、████研究員がめまいを訴えた。検査の結果、████研究員は脱水症状を起こしていた。
分析: SCP-202-JPへの接近は人体に悪影響を与えるおそれがある。実験には慎重を期すこと。

実験記録 202-JP-█ - 日付20██/██/██

被験者: Dクラス職員 D-1348
実施方法: SCP-202-JP内の湯をすべて別の容器へ移し、被験者はSCP-202-JPの近傍にて待機。
結果: 容器へ湯を移し替えた直後から、SCP-202-JP内部に沸騰する赤黒い液体が出現した。出現プロセスは不明。その後D-1348が失神。SCP-202-JPの内容物は60Lを超えた時点で増加を停止した。D-1348は明らかに体積を失っており、また移し替えた容器の湯も半分以下に減少していた。その後の解析で、SCP-202-JP内部の物体は、D-1348の血液、脳漿、[編集済]であることが判明した。D-1348は失血と全臓器の脱水により死亡。
分析: SCP-202-JPは湯量が減った場合、近隣から水分を集める性質がある。その際、水分以外の物質も同時に取り込む。

実験記録 202-JP-██ - 日付20██/██/██

実施方法: 未開封の缶ジュース1本をSCP-202-JPの近傍に配置し観察する。
結果: SCP-202-JP内に缶の内容物が移動。缶は内部の減圧により変形した。
分析: 密閉による封じ込めは不可能。また採取の際に代替物は補充されない。

実験記録 202-JP-██ - 日付20██/██/██

実施方法: 水を満たした容量20tのプールの上でSCP-202-JPを上下逆に設置する。
結果: SCP-202-JPからおよそ500ml/分の水が連続的に排出された。プールの水量はほぼ変化なし。
分析: これが一番安全な収容方法と思われる。

補遺:
20██/██/██ SCP-202-JPのさらなる安全な収容手順として、海上施設への移送が提案されました。提案は懸案事項の多さから保留中です。

20██/██/██ SCP-202-JPから発生する蒸気でタービンを回すエネルギー炉の開発に関する提案は却下されました。エネルギーを得るには水蒸気量が少なすぎることが原因です。同様に、排出される水を用いた永久機関も、得られるエネルギー量が少なすぎるため不採用とされました。

20██/██/██ SCP-202-JPをサイト-81██の食堂に設置する案が提案されました。食堂では十分な安全管理ができないことから提案は保留中です。より安全で確実な収容プロトコルを検討し、通常のボイラー室を用いた場合の給湯コストとの比較結果を添付して再提出するよう指示が出されました。

20██/██/██ 現在の特別収容プロトコルが提案、承認されました。以後SCP-202-JPから採取された湯はサイト-81██の給湯器に供給されます。

20██/██/██ SCP-202-JPの一部の情報の公開範囲をセキュリティクリアランスレベル4以上に限定します。SCP-202-JPの性質について知った職員は現在の収容方法に疑問を持ち、すでに終わった議論を蒸し返す事例が非常に多いことが主な理由です。次の議題に関しての議論と調査は十分に行われ、すでに結論が出ています。
・議題1:SCP-202-JPの将来的な変質のおそれ
・議題2:体液や[編集済]を煮た鍋を飲料水の提供に使用することへの生理的嫌悪

 

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 28 Feb 2015 09:24
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website