nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-4389 毛虫眉毛
EuclidSCP-4389 毛虫眉毛Rate: 41
SCP-4389

アイテム番号: SCP-4389

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 財団エージェントは美容院や化粧品店などのフロント企業を通してSCP-4389の存在を監視します。SCP-4389の影響地域での拡散を抑制するために、殺虫剤4389-Xが開発され、シャンプー、化粧品、スキンケア製品の成分に導入されています。皮膚病学者を装った財団エージェントは、殺虫剤4389-Xの適用によって死亡したSCP-4389個体を新種の皮膚病として説明し、それに応じて死骸を除去します。

説明: SCP-4389は寄生性の蛾の一種です。

SCP-4389の卵は直径僅か200µmで、ヒトの顔に付着するまで空気中を漂います。ヒトの皮脂に接触すると、SCP-4389の幼虫が複数孵化し、対象者の眉毛へと移動して毛包に巣穴を掘ります1。対象者の睡眠中、幼虫は眉毛や仲間の消費によって急速に大型化し、宿主のそれと一致する体毛を生やします。最終的に生き残った2匹の毛虫は、皮膚と眉弓に身体をめり込ませて、かつて眉毛があったのと同一の場所を占拠します。

その組成や身体構造がヒトの顔面の質感を模倣していることから、SCP-4389感染は滅多に気付かれず、宿主はしばしばSCP-4389個体の動きをただの引き攣りや顔面痙攣に過ぎないと思い込みます。SCP-4389は主に皮脂、死んだ細胞、皮膚ダニ、スキンケア製品などを食べ、3~5ヶ月の幼虫期の大半を通してあまり成長しません。

他の鱗翅類と異なり、SCP-4389は幼虫期を通して定常的に産卵します。これらの卵は通常、宿主からはフケと誤解されます。糸を用いた抜毛処理やその他の美容プロセスは毛虫を興奮させ、より多くの卵を生成します。1匹のSCP-4389は生涯で500,000個以上の卵を産むと推計されています。しかしながら、これらの卵は人体の適切な部位に到達しなければ短命であるため、孵化まで生き残るのはごく少数です。

幼虫期の終わりに、SCP-4389は体毛から繭を形成し、往々にして宿主に重度の頭痛、片頭痛、場合によっては意識喪失をもたらします。約24時間後、繭は破裂して、大きさや形がイザベラタイガーモス(Pyrrharctia isabella)に類似する80~120匹の蛾の群れを放出します。これらの蛾は全て、自律活動性を持つ非常に長い毛で構成されています。

SCP-4389は、数十人の宿主からSCP-4389の成虫を採取し、その体毛を高品質なカツラや付け毛(旧SCP-6263)の作成に利用していたマリソル・パラシオスの所有する倉庫を財団が襲撃した際に発見されました。財団がこの事案に介入したのは、カツラが休眠期間を経て着用者の頭蓋に癒着し、全身を繭状に包み込んで、着用者を巨大な蛾に変身させる異常性が発覚した後のことです。パラシオスは現在も発見されていません。

page revision: 1, last edited: 28 Sep 2019 09:00
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website