nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2198 世界を悼む
EuclidSCP-2198 世界を悼むRate: 29
SCP-2198
2395541237_0c8533183a_o.jpg

2007/██/██、写真家の████ ███████-████████によって意図せず撮影されたSCP-2198。SCP-2198は左側に写っているが、急速に消散しつつある。

アイテム番号: SCP-2198

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 前哨基地93-A、-B、-Cが、南極にあるSCP-2198の元々の出現地点直下に建設されています。SCP-2198の将来的な実例が形成される可能性はほぼ無いと考えられますが、当該エリアは地上の前記前哨基地群と空中の静止衛星を介して継続的に監視しなければいけません。

SCP-2198を介して現れる涙液および唾液は、限られた量をサンプルとして収集し、保管サイト-109の独立した収容容器に保管するものとします。

説明: SCP-2198は、2006/██/██から2007/██/██にかけて、南極圏の真上、および中国・インド・アメリカ・イギリス・ロシア・日本・韓国の限られた地域に形成される様子が観察された乱層雲の集合的な指定名称です。発生以降、全てのSCP-2198実例は消散しています。

南極大陸の大半を覆うように形成された最大のSCP-2198実例は、凍結したヒトの涙液(口語的には“涙”と呼ばれる)を降らせる様子が観測されていました。このSCP-2198実例の基本的な形状は、同エリアの上にあるオゾンホールの形状と直接相関するように思われたことには留意すべきです。

上記の国々の上に形成されたSCP-2198の二次的実例は、ヒトの唾液を56km/h以上の平均速度で降らせる様子が観測されていました。SCP-2198二次的実例の体積は200m3を超えず、出現地点は例外なく消火器・エアーコンディショナー・溶剤・エアロゾルなどを製造する工場の上空でした。

SCP-2198二次的実例の発見後、直下に存在する工場もまた特定されました。問題の産業部門を隔離し、可能な限り唾液の痕跡を浄化し、状況に応じてクラスA~Cの記憶処理を施すために、複数の共同機動部隊が選択的に指名されました。限られた量の涙液を採取するため、SCP-2198最大実例からの降雨がまだ続いていた南極で同様の措置が実施されました ― 流体が細かい雹の形で降り注ぐ結果、氷に衝突して完全に粉砕消滅するか、大部分が周辺の雪に溶け込んでしまうために、採取は然程成功したとは言えませんでした。

分析によって、保存された唾液・涙液の試料には███,███名を越える人物のDNAが含まれることが判明しました。DNA指紋データは、このようにして特定された人物の97%が既に死亡しており、現存する遺書はこれら対象者の死因の92%が2007/██/██の致命的自傷行為であることを確証もしくは示唆しています。上述の通りサンプルは部分的に喪失しているため、特定可能な人物の総数を確かめることは出来ません。他の2%の人物は失踪が確認されています。最後の1%は身分・居場所を特定されていますが、大半の人物はまだ財団からのアプローチを受けていません(補遺を参照)。

補遺: 以下は、収集サンプルから最初に特定された存命中の人物、█████ ██████へのインタビューの転写です。

質問者: H・ハムリン上級研究員
回答者: █████ ██████

<記録開始>

H・ハムリン上級研究員: こちらに見覚えはありますか?

ハムリン研究員は、雲の形状と南極上空における拡散状況を詳述したSCP-2198最大実例の図解表現を出す。

█████ ██████: オゾン層に空いてる穴の写真だろ。俺に分かるのはそれだけだ。

H・ハムリン上級研究員: 以下に挙げる名称には覚えがありますか? ― [編集済]。[編集済]工業団地。[編集済]・スクエア・ワークス。

[煩雑な転写部分を編集済]

█████ ██████: いいや。そんな名前には一切心当たりがないね。

H・ハムリン上級研究員: 貴方にはオゾン層の破壊、南極、クロロフルオロカーボン・ハイドロフルオロカーボン・ハロンを含む商品の製造に対する関心や関連する専門知識がありますか?

█████ ██████: いや、全く。言っただろ、俺は[編集済]。そいつは俺の仕事分野じゃないんだ。

H・ハムリン上級研究員: 今まで臨床試験に参加したことはありますか? もしくは血液・血小板・骨髄・精子・臓器の提供を、完全にはその必要理由を明らかにしていない団体に行ったことは?

█████ ██████: いいや。

H・ハムリン上級研究員: 貴方は最近、一般の範疇を離れる何らかの目的で意図的に泣いたり、唾液を出すように求められましたか?

█████ ██████: いいや。

H・ハムリン上級研究員: 定期的に唾を吐いたり泣いたりしてらっしゃるとか?

█████ ██████: いや、無論そんなことは無いさ。

<記録終了>

序: 自動音声リスク分析、視線追跡分析、およびSafe-Anomalousアイテム██████によって生成された正確な分光画像を組み合わせた結果、█████は ― とりわけハムリン研究員の第一・第二・第三・第五の質問に対する回答において ― 虚偽を述べていると結論付けられた。

<記録再開>

H・ハムリン上級研究員: 嘘を吐いていますね。

█████ ██████: 何?

H・ハムリン上級研究員: なぜ嘘を吐くのです?

█████ ██████: 嘘なんか吐いてない。なんで俺が… なんだ、Statistics Corporation Penrose? 統計会社だろ… なぁ、なんで俺が統計調査の会社に嘘を吐かなきゃならない?

ハムリン研究員はSCP財団の目的について詳しく述べ、█████のDNAが財団の最近発見した異常存在から検出されたことを説明する。ハムリン研究員は█████に対し、調査の優先事項はDNAサンプルから同定された人物の状況確認であることを保証する。

█████はおよそ10秒間の沈黙を保つ。

█████ ██████: 俺には実行できなかったんだ。

H・ハムリン上級研究員: 何を実行できなかったのですか?

█████ ██████: 支部の支部のそのまた支部があって、俺が参加したのはその一つだった。脱出を手助けするために。あれは脱出だったんだ、なぁ? そう… 精神的な脱出だ。

H・ハムリン上級研究員: 詳しくお願いできますか?

█████ ██████: 他にもう話せることは殆ど無い。あそこは“グリーンフライト”って呼ばれてた。他の名前もあったが、人気があったのはグリーンフライトだ。大体██,████人ぐらいのメンバーがいて、その一人が俺だった。

H・ハムリン上級研究員: 私が貴方に見せた画像について、何かご存知ですか?

█████ ██████: 雲は、皆が去らなきゃならない時に残してゆく置手紙だった。最後の“Fuck you”だ。どういう風に起こったのか、裏で誰が糸を引いてたのか、俺には分からない。でもあれは起こった。

H・ハムリン上級研究員: この“脱出”が2007年の██月██日に起こった事を確証できますか? この日に██,███名の人物が自殺し、その全員が雲の降雨に含まれるDNAから特定されました。

█████ ██████: それは、俺たちが皆… そうだ、それで ― それで合ってる。

H・ハムリン上級研究員: なぜ貴方は、他の者たちと一緒に“去る”ことを選ばなかったのですか?

█████ ██████: 俺が何かおかしかったからだろう、多分。俺はハッキリ言って、人類のことは十分に気に掛けてはいなかった。

H・ハムリン上級研究員: 脱出は成功したのですか?

█████ ██████: ああ、神のみぞ知ることだ。自分たちの命を捧げた奴らに聞いてくれ。

<記録終了>

終: █████ ██████はこの後、クラスB記憶処理を施されて解放された。“グリーンフライト”に関連する民間の文書は存在していない。SCP-2198の作成方法の確認を目的とする残り█,███名の存命中の人物への接触は、承認が保留中。“グリーンフライト”とその起源に係る調査は打ち切られている。

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 23 Feb 2017 16:15
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website